体臭を確かめる方法を3つご紹介

体臭を確かめる方法をお探しではありませんか?

私自身、今は生活習慣の改善やサプリメント等のおかげで体臭がある程度改善されていますが、もともと体重がとてもひどい体質であり、自分はこのように匂いを感じているけど、他の人は私の体臭をどのように感じているのだろう?と気になっていた時がありました。

自分自身の匂いは、自分自身だとなかなか気づきにくいですよね。そこで誰でも簡単にすぐにできる体臭チェック方法を3つご紹介していきたいと思います。

 

入浴後、脱いだ衣類の匂いを確認

これはシンプルにその日自分が着ていた衣類の匂いを確認するというものです。しかしこの時に重要なのがお風呂に入った後にそれを行うことです。

人間と言うのはある程度臭い臭いでもずっと嗅いでいるとその匂いに慣れてしまい、その匂いがノーマルになってしまいます。この状態で脱いだ後の衣類の匂いを嗅いでも、他人がどう感じているかを正確に知る事は厳しいです。

しかし、お風呂に入った後と言うのは、自分自身の体もきれいに洗い流され、なおかつボディーソープやシャンプーなどの心地よい香りに包まれる時間がありますから、鈍ってしまった嗅覚がいったんリセットされます。

その状態でその日着ていた衣類の臭いチェックを行います。私もこれをやったことがありますが、結構自分自身に幻滅しますよw

 

ビニール袋に衣類を詰める

ビニール袋のサイズや色は何でも良いので、とりあえずビニール袋を用意し、その日に着用していた衣類などをビニール袋に入れます。

そして空気が入らないように袋を縛って、数時間程度放置します。その後そのビニール袋の匂いを深呼吸して一気にチェックします。

この方法であればお風呂に入らずとも自分の体臭がある程度チェックできます。

 

脇汗の匂いを確認

これは非常にシンプルです、その辺にあるティッシュもしくはタオルなどで脇汗を拭き取ります。そしてそのまま匂いを嗅いでください。

なお、ちょっと汚い方法にはなりますが自分の手でさっと脇汗を拭き取り、それで匂いをかぐのでも構いません。他の部分の体臭とは違い脇の下は結構すぐにわかりますよ!

 

耳の後ろの髪の毛の生え際を手で擦る

耳の後ろの髪の毛の生え際の部分は、その人の体臭がそのまま発生すると言われています。なので、その部分の匂いを把握することで、他人は私の体臭をこのように感じているのだな。というのがわかるかと思います。

手を洗った後によく拭き取り、耳の後ろをこすってみてください。あまり大きな変化が感じられなければさほど体重は気にしなくても良いのかもしれません。

 

ワキガ体質かどうかをチェックする方法

ピンポイントでワキガ体質であるかどうかを確認する方法についてみていきたいと思います。

ワキガ体質と言うと、エレベーターなどの閉ざされた空間だけでなく開けた場所だとしてもその人が半径1メートルから2メートル以内に近づけばすぐにわかってしまう。とも言われていますよね。しかし、それほどでは無いけど脇の下の汗の匂いは他の所に比べてやたら臭い。となると、これがワキガ体質なのかどうか曖昧ですよね。

そういった時に試していただきたいのが綿棒で耳垢を掃除すると言う方法です。通常であればお風呂上がりでないタイミングで耳垢を掃除してもパサパサした粉が出てくる位だと思います。

しかし、ワキガ体質の方の場合、この耳垢が湿っていることがあるのだそうです。なので耳掃除をしてみて耳垢が湿っているようであればワキガ体質である可能性が高いと考えられます。

 

まとめ

体臭対策をする上では、自分がどの程度の匂いなのか、どんな体臭がするのかと言う部分を把握することがとても大切なことです。

誰かに聞いても遠慮気味の答えが返ってくることも多いと思います。

自分自身で確かめる方法としてはこちらでお伝えしたような内容がベストだと思われます。試してみてはいかがでしょうか?

朝シャンが体臭に効果的?間違えるとハゲの元になることも

体臭と朝シャンの関係について考えていきたいと思います。

海外では朝学校に行く前もしくは会社に行く前に朝シャンをして身支度をする。この流れは割と一般的ですが、日本では朝シャンをしないでそのまま出発する。と言う方も意外と少なくないですよね。

そんな朝シャンですが、多くの方が体臭対策のために行っているかと思います。果たして実際に体臭予防効果はあるのでしょうか?

また、間違えたあさちゃんの仕方をしてしまうと、それがいずれハゲの元になってしまう。と言う話を聞いたことがあります。

その点についてはページの後半部分で一緒に見ていきたいと思います。

朝シャンは体臭予防に効果的?

結論から申し上げますと、朝早起きして朝シャンをすると言う事は体臭予防に効果的です。

まず人間の体が臭くなってしまう原因は、皮膚から分泌された皮脂や、たくさん分泌される汗に含まれるアンモニアやミネラルなどの様々な成分が皮膚の常在菌によって分解され悪臭を伴うガスが発生してしまう。といった仕組みが関係しています。

朝シャンをすることによって余分な皮膚の常在菌を洗い流すこともできますし、寝ている間に大量に分泌された皮脂による汚れや汗の臭い成分などを洗い流すことができます。

このような事実から朝早起きして朝シャンをすると言う行動自体に体臭予防効果があることは間違いないと考えられます。(あくまで一時的なものにはなりますが)

朝シャンをするとハゲになるってどういうこと?

巷では朝シャンをするとハゲになりやすい。と言う噂が流れているようです。

これについて調べてみたのですが、どうやらこの噂はあながち間違ってないようで、深く調べてみたところ、頻繁に頭皮を洗浄しすぎてしまうことが頭皮環境を悪化させ、それが薄毛もしくは抜け毛の原因になってしまう。と言うことがわかりました。

多くの方はシャワーを浴びる=そのタイミングでシャンプーをするかと思いますが、夜もお風呂に入って朝シャンもしてとなると、1日2回シャンプーで頭皮を洗浄することになりますよね。

これでは確かに頭皮を洗浄しすぎてしまうことになります。実は私たち人間の頭皮には、多少の皮脂が必要だと言われています。この多少の皮脂が頭皮に侵入してくる雑菌など様々な悪いものから守ってくれる働きをしてくれるのですが、1日2回朝と夜にシャンプーでがっつり頭皮を洗い流してしまうと、頭皮を守ってくれるわずかな皮脂も完全に洗い流してしまうことになります。

このような生活を続けてしまうと、次第に頭皮環境が悪くなり髪の毛が弱々しくなってしまったり、髪の毛が抜けやすくなってしまい結果としてハゲになってしまう。という仕組みです。

しかし、だからといって朝シャンをしない方が良いのかと言われればそうではありません。抜け毛や薄毛にならないような朝シャンの仕方がちゃんとあります。

頭皮環境を守りながら体臭予防のための朝シャンをする方法

このやり方は意外とシンプルです。朝シャンのタイミングもしくは夜お風呂に入るタイミングのどちらでも良いので、シャンプーを使うのは片方どちらかだけにします。そしてシャンプーを使わないで頭皮を洗う際は、暑すぎず冷たすぎずの適度なお湯の温度で指のお腹を使って優しく頭皮マッサージをするように洗ってあげます。

実はこれをするだけでも余分な雑菌のほとんどがきれいに洗い流せると言われています。また、頭皮と同じ原理で首から下の部分も、1日2回のボディーソープはあまり良くないと言われています。

なので、夜はしっかりと体全身をシャンプーやボディーソープなどを使って洗い、朝シャンのタイミングでは温かいお湯でささっと臭い成分や雑菌を洗い流してあげるだけイメージで行うのが良いのかもしれません。

こうすることで体臭予防をしっかりと行いながら、頭皮環境をいたわりハゲ防止にもなります。朝シャンを行いたいと言う方は、ぜひこのような方法を取り入れてみてはいかがでしょうか?

心配性の人が体臭が悪化しやすいってほんと?

心配性の方は楽天家の方に比べると体臭が悪化しやすい。と言う記事を先日読んだのですが、これは果たして本当なのでしょうか?

そしてこれが本当なのであれば、どのような仕組みから心配性の方が体臭が悪化しやすくなってしまうのでしょうか。

心配性と体臭の関係

心配性、つまりネガティブな考え方と言うのは体臭に実際に影響を及ぼすと言われています。なぜならば人間が汗をかくタイミングは気温が高かったりスポーツをした時とかだけではありません。強いストレスを感じた時も汗をかくものです。

例えばですが、アルバイトや何か仕事の面接に行く時、多くの方がとても緊張すると思います。もちろん私もその1人です。その時たくさん汗をかきませんか?

私の場合は特に手汗、足の裏、脇の下がとても汗をかきます。このような緊張状態つまりストレスを感じている状態と言うのは、精神性発汗といいます。お馴染みのわかりやすい言い方で言うと、冷や汗も精神性発汗の1つだと言われています。

なお、人それぞれ個性が違い考え方も違ってきますから、同じシチュエーションに遭遇してもどの程度緊張や不安などのストレスを感じるかは人によって違ってきます。なので、比較的あがり症であったり、不安を感じやすい方は冷や汗つまり新京成発汗が多くなってしまい、汗の分泌量が多いが故に体臭が悪化しやすい。と言うことになるのです。

楽天家の人はなぜ体臭が悪化しにくいの?

一方楽天家の方の場合は、心配性の方に比べると精神性発汗の分泌の機会が少ないため、体臭が悪化しにくいと言われています。

これについてはとてもシンプルですよね。

心配性の人は口臭も悪化しやすい

心配性の方と言うのは、実は口臭も悪化しやすいと言われているんです。その理由は、先程の緊張性発汗の時と仕組みが少し似ているのですが、ストレスを感じたとき人間は唾液の分泌量が極端に減ってしまいます。口が渇くため水分が欲しくなりますよね。まさにそれがこのような現象です。

なお唾液と言うのは、口の中のお掃除係のようなものであり、口臭の原因となってしまう口の中の雑菌などを洗浄してくれる働きを持つのです。

その他にも歯周病や虫歯などの原因菌を洗い流してくれる役割を持ったりします。つまり、人前に出て話す場面や、目上の人と会っていて緊張している時などは、唾液の分泌量が極端に減ってしまうため、口の中で臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすく、口臭も悪化しやすいと言うことです。

まとめ

心配性の人は楽天家の人に比べると体臭が悪化しやすい。と言うのは、仕組みを見ても事実であることが考えられます。

しかし、要は考え方次第ですので、心配性の性格とうまく向き合うことでこれは改善することが十分可能ですし、汗をたくさん分泌してしまった時は、その後濡れタオルなどで汗をたくさんかいてしまった体を拭き取り、インナーを交換するだけでもまた元の状態にリセットすることは可能です。

また、唾液の分泌量が減って臭くなってしまった口臭については、お茶を飲んだりガムを噛んだりして口の中を再びうるおいのある状態にすることですぐに改善することが可能です。

心配性の方が体臭や口臭が悪化しやすいのは事実のようですが、ちょっとした対策方法をとることですぐに改善することができますので、深く気にしすぎる事は無いのかもしれませんね。

ヨーグルトが体臭悪化になる原因と予防に良い食べ方

ヨーグルトは腸内環境整える働きがあるため、汗のニオイを抑制するような体臭予防効果が期待できるのですが、実はヨーグルトの食べ過ぎは体臭の元になるとも言われているんです。いったいなぜなのでしょうか。

また、このページではヨーグルトが体臭の原因になってしまう理由と、そうならないための予防向けのヨーグルトの食べ方について見ていきたいと思います。

 

ヨーグルトの食べ過ぎが体臭の原因になる仕組み

ヨーグルトが体臭の原因になってしまう。とした時は正直驚きました。しかしそこを深く掘り下げてみると、ヨーグルトの食べ過ぎが体臭の原因になってしまう理由が理解できました。

 

ヨーグルトは消化不良になりやすい

ヨーグルトの食べ過ぎは胃腸に想像以上の負担を与える原因となります。なぜならばヨーグルトは動物性のタンパク質だからです。動物性タンパク質と言うのは体の中で消化されにくい特徴があります。

なのでヨーグルトを食べ過ぎると体の中で消化不良を起こしやすく、胃腸に大きな負担をかけてしまいます。そして消化不良と言うのは、食べ物が腸内環境に長く滞在することを意味しますので、摂取したヨーグルトが腐敗し発行してしまいます。

それが口臭や体臭の原因となってしまうんですね。

 

ヨーグルトの脂肪分が体臭の元

ヨーグルトには沢山の脂肪分が含まれています。これが体臭悪化の原因になるとも言われています。また、ヨーグルトの影響で中性脂肪が増えてメタボリックシンドロームのようなお腹になってしまったり、皮脂の分泌量が増えるため皮脂の酸化臭や加齢臭の原因にもなると言われています。

 

ヨーグルトは食べ過ぎるとおならが増える&臭くなる

ヨーグルトを食べ過ぎるとおならの量が増えてしまうそうです。それだけでなく臭くなることもわかっています。というのも、ヨーグルトに含まれている乳糖と言う成分が腸内環境で消化する働きが弱い人に対して、消化されずに残ってしまった乳糖が悪玉菌によって分解されてしまうそうです。

そして悪臭を発生させるガスを作り出すのです。また先ほどお伝えしたように動物性タンパク質が含まれていたり脂肪分が多く含まれているのでヨーグルトを食べ過ぎるとおならが臭くなってしまうんですよ。

 

体臭が臭くならないための体臭予防向けヨーグルトの食べ方

ヨーグルトを食べて体臭予防を行うためにはどれぐらいたべるか、どのように食べるかこれらが大切です。なお1日の摂取量としては、ヨーグルトの場合100グラムから300グラムが目安だと言われています。

実際にヨーグルトのパッケージを見ても1日の目安量としてそのぐらいの数字が記載されています。そしてこの量をいちどにたくさん食べるのではなく、何回かに分割するのが効果的です。

また、これを2週間位週間からすると来週に良い影響が現れ始めると言われています。またヨーグルトには相性と言うものがあるらしく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と自分の腸内環境の腸内細菌が相性が悪かった場合、腸内環境整える効果が期待できなくなってしまうため体臭改善効果があまり期待できないのだそうです。

その点ケフィアヨーグルトと言うロシアのコーカサス地方で長年親しまれてきたヨーグルトにはたくさんの種類の乳酸菌が含まれています。多くの場合手作りで作らなければいけませんが、こういったヨーグルトを選ぶとより効果的に体臭予防ができるかもしれませんね。

 

ハチミツと混ぜるとヨーグルトの体臭改善効果倍増?!

ヨーグルトには沢山の乳酸菌が含まれています。この乳酸菌と言うのは腸内環境で善玉菌の働きをしてくれます。そんな善玉菌は、オリゴ糖が餌になり、オリゴ糖を同時に摂取すると腸内環境でより良いパフォーマンスをすることができます。そんなオリゴ糖がたくさん含まれているのが蜂蜜です。

なのでヨーグルトにハチミツをかけて食べると乳酸菌とオリゴ糖を同時に摂取することになりますので、腸内環境を整えたり体臭改善をする効果が倍増になるのではないかとも言われています。

また、ヨーグルト独特のきつい酸味を蜂蜜の甘い味がカバーしてくれます。味の相性を見てもベストマッチなので、ヨーグルト+蜂蜜は個人的にオススメです。朝ご飯にどうでしょうか?

体臭対策にオススメの下着と使い古した下着を捨てた方が良い理由

体臭と下着についてこのページで特集していきたいと思います。

夏本番が近づいてくると、いろんな体臭対策の話が飛び込んで来ますが、今回注目したいのが体臭と下着の関係です。
下着と言えば体に触れる衣類ですし、最近では体臭対策に特化したような下着持ってていますね。そのことをから、どんな下着を選ぶかも体臭対策では非常に重要となってきます。
また、巷では一定期間来ていた下着は買い換える方が良い。と言う話もあります。これについても後半部分で触れていきたいと思います。

 

夏の体臭対策にオススメの下着(インナー)はどれ?

耐汗性のあるインナーなど、最近では体臭対策に特化した下着がたくさん登場しています。そうなるとどれを選ぶのが最も最適なのか迷ってしまいますよね。
結論から言うと、口コミサイトで人気だった下着は、ユニクロが発売したサラファインと言う名前の下着です。
このサラファインは何が優れているのかと言うと、汗をかいてもその乾きが圧倒的に早いのだそうです。
体臭と言うのは、汗の成分と体や衣類に生息する目に見えない常在菌が混ざり合って汗の成分が分解され、雑菌が増殖する事で悪化していきます。そして汗がいつまでも乾いてないベタベタした状態と言うのは、体臭の原因である雑菌が繁殖しやすい状態を意味しています。なので通気性が良くすぐに汗が乾くと言う特徴を持つサラファインは、実際に体臭対策をする上で理にかなっている下着だと言えるでしょう。

 

一定期間着た下着は買い換えろ!これって一体どういうこと?

私自身もこの記事を書くまでは知らなかったのですが、巷では一定期間使った下着は洗うより買い換えるのが良い。と言う話もあるようです。
というのも、下着は他の衣類に比べるとたくさん汗を吸うままですが、洗濯すればその汚れはきれいに落ちますね。
…おそらく多くの方がそう思っているかと思いますが、実は違うようです。厳密に言うとある程度汚れがきれいに落ちる。というのが正解なのだそうです。最近は洗濯洗剤の力もパワーアップしていますから、昔に比べると衣類の汚れや常在菌などの微生物を落としてくれる力はレベルアップしているのですが、すべての汚れを完全に落としきれるわけではないのだそうです。
つまりこれは何を意味するかと言うと、使う頻度が長ければ長いほど、微妙に残ってしまう汚れが蓄積されるため、結果としてきちんと洗っている下着でも長年使っていると少し汗をかいただけで体臭が発生しやすくなってしまう。ということなのだそうです。
今までこの事実を知らなかったため、正直私も驚いていますが、実際にこの情報をキャッチしてみて素直に、あながち間違っていないのかな。と私は感じたので、1年に1回もしくは2年に1回位の頻度で下着を買い換えようかなと検討中です。

ミドル脂臭のメカニズムと改善方法

ミドル脂臭と言うのは、30代から50代の年代で最も強くなる傾向があると言われており、ミドル脂臭の原因成分はジアセチルと言う成分になります。

近年では、日本の社会でもスメルハラスメントという言葉が広がりつつあり、それに伴って新種の体臭であるミドル脂臭の注目を集めています。

このページではそんなミドル脂臭の匂いが発生してしまうメカニズムについて詳しく見ていき、後半部分にてミドル脂臭の改善方法について解説していきたいと思います。

 

ミドル脂臭ってどんな体臭?

ミドル脂臭はどんな特徴を持った体臭なのかを簡単におさらいしていきます。

先ほどお伝えしたように30代から50代の方がこの臭いが発生しやすく、男性だけでなく女性もミドル脂臭の匂いは発生するものです。

その他の特徴としては

  • 体中ではなく主に後頭部を中心に発生すること
  • 油が腐ったような臭いや古いろうそくのような匂いなど様々な匂いの表現がある

ざっくりとこんな特徴があります。ではそんなミドル脂臭の発生のメカニズムについて次の段落で見ていきましょう。

 

ミドル脂臭のメカニズム

ミドル脂臭は臭いは「ジアセチル」と言う成分が臭いの原因になります。

このジアセチルと言うのは汗の中に含まれた乳酸を体の常在菌が分解することで発生します。そしてこのジアセチルが皮脂由来の中鎖脂肪酸と混ざり合うことでミドル脂臭に変化します。

それではその流れを見ていきましょう。

  1. まず最初に皮膚の皮脂腺から皮脂が分泌。
  2. 皮膚の常在菌が皮脂を餌にしてその成分を分解、その過程で中鎖脂肪酸が発生(発生直後は後頭部の皮膚の周辺に滞在しています)。
  3. 同じく皮膚にあるエクリン汗腺と言う汗の分泌先から汗が分泌。
  4. 皮膚の常在菌であるブドウ球菌と言うものが、エクリン汗腺から分泌された汗の中に含まれる乳酸を餌にして分解、増殖を繰り返す(この後にジアセチルが誕生)。
  5. 皮脂が分解されることによって発生し、皮膚の表面にとどまっていた中鎖脂肪酸とジアセチルが混ざることによってミドル脂臭が誕生。

なお、ミドル脂臭は皮膚に蓄積されていくと言われています。これがミドル脂臭の発生のメカニズムです。

 

ミドル脂臭はどのように対処すれば良いの?改善方法まとめ

先程の段落でミドル脂臭発生のメカニズムについて簡単にご紹介させていただきましたが、ではメカニズムを踏まえてその改善方法としてはどんな方法があるのでしょうか。

ポイントは後頭部に蓄積されたミドル脂臭を丁寧に洗い流すと言うものです。特に小難しいことが必要ではなく、意外とシンプルですよね。

では今度はミドル脂臭改善の流れを見ていきましょう。

 

ミドル脂臭改善の流れ

  1. まずは髪が乾いた状態でブラッシングをし頭皮に付着した汚れを浮き上がらせます。
  2. 次にお湯のみで髪の毛と頭皮の汚れを指の腹を使って洗い流す。
  3. シャワーを使う際えりから先に丁寧に洗っていく(絶対に爪を立てずに指の腹を使って小刻みに動かし頭皮をマッサージするように洗う)
  4. シャンプーを洗い流す時も指の腹を使って洗い残しがないように時間をかけてしっかりと洗い流す。
  5. あらかたシャワーが終わったら、タオルドライで髪の毛だけを乾かすのではなく、ドライヤーも使って頭皮をしっかりと乾かす。

丁寧にシャンプーをしている人からすると、ごく普通の頭皮の洗い方かもしれませんが、特に重要なのは後頭部に重点をおくことです。

 

普通のシャンプーだとミドル脂臭には良くない?!

ネットで検索してみるとミドル脂臭に効果的と歌われているシャンプーなども登場しています。

実際にそういったものには根拠があるかと思いますが、では普通のシャンプーだとだめなのでしょうか。これについては、正直あまりお勧めはできません。

なぜならば、まずミドル脂臭発生のメカニズムを思い出していただきたいのですが、ミドル脂臭は皮膚から分泌される皮脂や汗の成分が発生の元ですよね。つまり主に後頭部からの皮脂や汗の分泌が盛んに行われると、それだけミドル脂臭の匂いが強くなりやすいことにもつながります。

ここで一般の普通のシャンプーの話に戻りますが、ドラッグストアなどで買えるお手軽なシャンプーの多くは、頭皮の脂を落としすぎてしまう特徴があると言われています。

これは一見頭皮にとって良いように思いますが、実は人間の皮膚は若干の油分は必要だと言われています。その若干の油分のおかげで目に見えない雑菌などから頭皮を守ったりします。

これを洗浄力が強すぎるお手軽なシャンプーでごっそり洗い流してしまうと、皮膚をカバーしてくれる油分がなくなってしまいます。すると外気に生息する雑菌などに頭皮がやられてしまい、皮膚の防衛反応が反応し、過剰に汗や皮脂を分泌してしまうと言われています。

その結果必要以上に分泌が行われてしまい、余計に頭皮が臭くなりやすくなるのです。

先ほど私は市販などで手軽に手に入るシャンプーはあまりオススメできないとお伝えしましたが、それにはこのようなメカニズムが関係しているのです。

絶対に使ってはいけないわけではありませんが、シャンプー選びをする際は石油系界面活性剤など、洗浄力が強すぎてしまう成分が含まれていないものを選ぶと良さそうです。

本人に体臭がキツイことを伝える上手な方法

自分とよく接する人が体臭がきつくて、どのように伝えたらいいのかわからない。このような悩みをお持ちでは無いでしょうか?

私も最近ありましたが、その人は体臭と言うよりは口臭がきつい人でした。仲が良い友達だけど、毒舌を言い合えるような中ではなく、どのように伝えたら良いのか本当に迷いました。

長らく付き合っていく友人ですし、自分的にもそうですが、本人の為にもどうしても伝えたかったのです。

結局私は本人に体臭のことを伝えました。結果として友人を酷く傷つけることなく、前向きに口臭改善をしようとする気になってくれました。

その時私が意識したポイントをこのページ内でご紹介していきたいと思います。

ポイントは前置き

もしもあなたとその体臭のことを伝えたい相手が、ストレートなことを言い合えるような仲であれば、そのままあなたが思うように普段の感じで体臭がひどいことを伝えてあげれば良いと思います。

しかし多くの場合はストレートに直接言えないと思います。

その時に意識していただきたいのが前置きです。具体的には、「伝えておきたいことがあるんだけど、傷つけちゃったらごめんね。」と言う前置きを先に伝えておきます。

そうすることで、ネガティブな話を開いても取り乱さずに受け止めようと言う気持ちの準備をしてくれます。そうした上で体臭、もしくは口臭が気になっていることを伝えます。

もしも前置きをなしにしてストレートに本題から入ってしまうと、間違いなく相手は感情的になるもしくは傷つけ、怒らせるなど関係性がネガティブな方向に行きかねません。

なんせこのようなネガティブな話題は、相手も反応に困ってしまいますからね。

だからこそ前置きを置いて本人に直接伝えるのが効果的です。

いろいろ考えましたが他に方法は思いつきませんでした

私自身もできれば本人に直接言わないスタイルで体臭のことを伝えたかったのですが、いろいろ考えた結果わかりやすく伝えるのにはやはり直接言うしかないのではないかと言う結論に行き着きました。

こういった事はメールや電話で言うことではありませんし、メモを残すのもどうかと思います。誰かにお願いするわけにもいきませんし、直接言うこと以外の方法で伝えてしまうと、ほとんどの確率で誤解を生んでしまうのではないかと思います。

普段関わる相手だからこそそれだけは絶対に避けたいですよね。そういったことも踏まえてトータルで見てやはり1番だと思いました。その時に前置きを入れるか入れないかが非常に大切です。

まとめ

今回は私の体験談の話になってしまいましたが、相手に体臭のことを伝えたいけどどうしたら良いか分からない。こういった場面は意外と多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

もしも今後このようなシチュエーションがあった時、「前置き」を有効活用して優しく伝えてみてくださいね。

口臭の原因がわからない!いくら歯磨きをしてもだめな人必見

毎日ちゃんと歯磨きをしているのに!糸ようじやマウスウォッシュなどもちゃんと使ってる…。なのになかなか口臭が治らない。ガムを噛んだりブレスケアを使ったりしても、それはあくまでその場しのぎの対策方法。。根本的な原因を改善したいけれどその原因がわからない!

このような時に考えられる「口臭の原因」はいくつかあります。また、口臭の原因にはいくつかあり、それをしっかりと突き止めないと口臭対策の業界の餌食になってしまうことだってあります。

だからこそ、このページをご覧の方には口臭の原因が分からないからといって、むやみに口臭対策アイテムを買い漁ってしまわないように正しい知識を身に付けていただきたいと思います。

口臭の原因を突き止めないとただのお金の無駄になってしまう

口臭対策と言えばちゃんと歯磨きをすることや、食べ物を変えるなど様々な方法がありますが、実はそれらもごく一部のものに過ぎません。口臭には様々な原因があり、その原因に対して適切な対処方法をとってあげなければ一向に口臭は改善されていきません。

すごく大雑把な例えですが、例えば頭皮ケアをしたいと考えている方が、頭皮ケアに効果的なシャンプーもしくはその他のアイテムを購入せずに、めちゃくちゃ高いトリートメントなどを購入したとしましょう。トリートメントはそもそも頭皮に良い影響もたらすものではなく、髪の毛の状態を整えてくれるものです。なのでいくら高いものを使おうがそのトリートメントを使ったところで永遠に頭皮ケアは行えません。 これと同じで口臭対策も間違った方向性で力を注いでしまうと、単なるお金と時間と労力の無駄遣いとなってしまいます。

口の中のオーラルケア不足以外に考えられる口臭の原因

口の中で起こっている事以外に考えられる口臭の原因は意外とたくさんあるんですよ。

有名なのが膿栓です。これはいわゆる喉の奥にできる膿の白い塊のことをいいます。別の言い方では臭い玉とも言われます。

自分に限ってそんなものはないだろうと思われがちなのですが、いくら歯磨きをしてもだめ。このような方が鏡で喉の奥をチェックすると、大体長年蓄積された大きな白い膿栓が発見されるそうです。

実際に指で触ってみてその匂いを嗅ぐと、長年悩まされていた口臭と全く同じ匂いに感じます。

ではこの膿栓はどうしたら良いのかと言うと、膿栓を指でぎゅっとしてみます。たったこれだけです。まるでニキビを潰すような感覚で膿栓をつぶしてしまえば良いのです。しかし、話によるとこの膿栓はしばらくするとまた再生するそうです。結局はいたちごっこになってしまい、これを根本的に対策する方法は今もはっきりとはわかっていないそうです。ただ原因の1つとしてこういったものもあると言うのは知っておくと便利かもしれません。

腸内環境の悪化も口臭の原因に

これは特に女性に多い口臭の原因なのですが、慢性的な便秘に悩まされていませんか?実は腸内環境が悪く便秘の状態だと口臭が悪くなってしまうことがわかっています。

便秘の状態と言うのは、あの臭い排便がお腹の中に必要以上に滞在していると言うことです。これは次第にお腹の中で腐っていきもともと臭いものよりもはるかに臭い悪臭物質を生み出します。便秘の時におならが究極に臭くなってしまうのもこれが原因です。おならが臭くなってしまうのも十分に嫌な話ですが、これが慢性化すると体内から逆流して口臭として外に出てしまうことがあるようです。

なのでもしも慢性的な便秘がある場合は、この便秘を解消することで口臭も次第に落ち着いてくるかもしれません。

その他に考えられる口臭の原因

いくらオーラルケアを行っても口臭が改善されない。どうしたら良いか分からない。このような状態の時に考えられる口臭対策としては先ほどお伝えした膿栓と腸内環境の改善が効果的な場合がほとんどです。ですがそれ以外にもいくつかの原因が存在します。いくつかあるので一覧にしてまとめてみました。

  • 後鼻漏(鼻水がのどに落ちてくる症状のこと)
  • 副鼻腔真菌症(鼻の奥にカビが繁殖してしまう症状)
  • 歯性上顎洞炎(虫歯などの細菌が上顎洞に入って炎症を起こすこと)
  • 口の中の渇き(アルコール入りのマウスウォッシュを使ってたり、口呼吸の癖がある方)
  • 内臓の病気(肝臓や腎臓など)

これらのことも原因として考えられます。

これほどにもたくさんの口臭の原因があるとなれば、テレビコマーシャルで放送されているような口臭対策アイテムだけではどうにもならないことがお分かりいただけたかと思います。

例えば病気が進行していることが原因で口臭が発生している場合は、間違いなく目先の口臭対策で口臭が治るわけがありません。むしろいくら口臭対策として考えられることを行ってもどうにもならないと言う場合は、体の内側で何らかのトラブルが発生していることも考えられます。場合によっては病院に診てもらった方が良い場合もありますので、可能性があると直感で感じた場合は病院に行くことも1つの手段です。

口臭対策のガム選びのポイントと選ばれているガム

口臭対策方法としては、オーラルケアを徹底したり腸内環境整えたり、様々な方法がありますが、中でも身近で手軽な方法として多くの方に取り入れられているのが「ガム」です。

テレビコマーシャルでも口の中をすっきりさせるがたまに放送されていますよね。

そこでこのページでは、口臭対策に選びたいガムの見極め方と、実際に選ばれているガムをいくつかご紹介したいと思います。

ページの最後の部分では、口臭対策にガムが効果的な本当の理由について、本質的な部分を少しお話ししたいと思います。

口臭対策に良いガム選びのポイント

口臭対策のためのガム選びのポイントとしては、香りが強いもの、クロロフィル、フラボノイドと言う成分が入っているもの、味が長続きするもの。

この3つのポイントを選ぶのが効果的だと言われています。特にクロロフィルやフラボノイドが含まれているものは効果的です。

もっと言うならば個人的には歯医者さんに置かれているようなキシリトールガムが良いのではないかとも思っています。

実際に選ばれている口臭対策のガム

先程の段落では、口臭対策に選ぶ際にガムを見極めるポイントいくつかご紹介しました。そこでそういった内容を踏まえて実際にどんなガムが選ばれているのか見ていきましょう。

  • クロレッツXP
  • ACUO
  • キシリトールガム
  • ポスカエフ
  • ブレスコントロールガム

この5つが実際に多くの方に選ばれているガムです。

ガム選びに悩んだ時はぜひこちらのラインナップを参考にしてみてください♪

その場しのぎの口臭対策ならこだわる必要はない?

これはあくまで個人的な見解ですが、ちょっとしたときのその場しのぎにガムを使うのであれば、わざわざ上記で挙げたようなガムを無理して探さなくても、ガムなら何でも良いような気もします。

大抵口臭とガムについて調べると、先程の段落のように「おすすめはこれですよ!」と出てきます。実際にオススメを紹介して欲しい方もいらっしゃると思いますので、念のためこちらのページでも書かせていただきましたが、特に強いこだわりはなくちょっとしたその場しのぎで。と言う内容であれば、繰り返しになりますが、正直何でも良いと思います。

では、なぜこだわらないのであれば何でも良いと言い切れるのか。それにはガムが口臭対策をする仕組みが関係しています。

ガムの口臭対策の仕組み

口臭対策といえばガムが選ばれますが、ではなぜガムが口臭対策に良いのでしょうか。それにはいろんな要因がありますが、1番大きな要因としてはガムを噛むことによって分泌される唾液が関係しています。

ガムを噛むと誰でも唾液が分泌されます。この唾液には口の中の口臭や虫歯の原因となる様々な雑菌などを除去してくれる効果があるのです。

つまり、ガムを継続的に上続けることによって永遠と唾液の分泌が促進されますので、口の中で口臭が発生しにくい状況が継続されていくのです。

もちろんキシリトールなど、口内環境に良い成分が含まれたガムを選べば良いに越した事は無いのですが、そういったものでなくてもただガムを噛み続けるだけでも唾液の分泌は盛んに行われますので、それだけでも十分口の中が洗浄され、口臭対策の効果は得られます。

だからこそより本格的な口臭対策をガムで行いたい。と言う内容でないならば、正直何でも良いのかな。と思ったりもします。

あくまで1個人の意見にはなりますが、このような仕組みがあることは覚えておくと今後役に立つかもしれません。

ガムを噛むと幸せになる?上に期待されるストレスコントロール効果

最後に豆知識として、ガムを噛むことによるストレスコントロール効果について簡単にお話ししたいと思います。

例えばですが、メジャーリーガーが試合中にガムを噛んでいる。このような場面をニュースか何かで見たことがないでしょうか?

メジャーリーガーだけでなくその他のスポーツでも試合中にガムを噛んでリラックス効果を得ている選手はたくさんいらっしゃると思います。これにはちゃんと根拠があります。

実は人間の体は一定のリズムを刻んだ動きをすると、体内からセロトニンと言う幸せホルモンが分泌され始めます。これはガムを噛むと言う一定の動きでも分泌が行われます。

そのセロトニンには、ストレスを緩和してくれる働きがあると言われています。人の心を緊張や不安、イライラやストレスなどから解放する作用が期待されているため、ガムを噛み続けると遠回しにメンタルケアにもなるんです。

また、このセロトニンは目覚めホルモンとも言われており、眠気をうまくコントロールしてくれる作用も期待されています。

運転の時にガムを噛むと良いと言われているのもこういったことが関係したいたんですね。

ちょっと口臭とは全く関係ない話になってしまいましたが、ガムを噛むと言うことは意外とメリットがたくさんあることがお分かりいただけたかと思います。

普段持ち歩くバックの中にガムのボトルが1つあると便利かもしれませんね♪

夏に向けて予習しよう!汗臭い原因となる成分を徹底解説

汗のニオイの原因となる成分についてこのページで詳しく見ていきたいと思います。
その前に質問なのですが、私たちが普段「汗臭い」と言っているその臭いの原因となる成分は一体何かご存知でしょうか?
この正体と汗の匂いが発生する仕組みを理解することで、今までの間違った汗の臭い対策を卒業し、より本格的な汗の臭い対策をすることができるでしょう。
それでは、汗のニオイの原因となる成分について早速見ていきましょう!

汗の成分は99%が水分で残り1%が臭いの原因に

汗の成分は約99%が水分でできており、残り1%に含まれる成分が汗の匂いとして悪さをする。と言う話は何となく聞いたことがある。と言う方もいらっしゃるかもしれません。その残りの1%の悪い成分と言われるものの中には、
  • 塩分
  • アミノ酸
  • 乳酸
  • 尿素
  • アンモニア
  • 鉄分
などこの他にも様々あります。

腸内環境が悪いと汗のニオイの原因となる成分が増加

実は体臭と腸内環境は非常に密接な関係にあります。主に汗のニオイの原因となる成分は先ほど挙げた通りなのですが、もしも腸内環境が悪いとそれらにプラスしてさらに汗の匂いとなる成分が増えていきます。
その仕組みについて簡単に言いますと、まず腸内環境が悪い状態と言うのはいわゆる便秘の状態で、必要以上にあの臭いうんちがお腹の中に滞在していることになります。
それが腸内環境でさらに腐敗してしまいさらなる悪臭物質や毒性のある成分を作り出します。やがてそれは血液中に流れ込みます。
汗と言うのは血液から作られますから、腸内環境が悪い状態の血液中にはそういった悪臭の原因となる成分などがたくさん混入された状態なのです。
これが腸内環境が悪いと体臭が臭くなってしまう原因です。

汗の成分は悪いことばっかりじゃない

これは最近知ったのですが、汗の成分に含まれる尿素や乳酸などには優れた保湿効果があると言われています。
もともと乳酸や尿素には、保湿の働きが期待されており市販で販売されているような保湿力にもよく使われる成分なんだそうです。
なので適度に汗をかくと言う事はナチュラルに肌を乾燥から守ることにもつながっていたのです。
この事実は医学的にも証明されています。汗をかくのはちょっと気持ちが悪いですが、たった1つでもメリットがあるとなると少しほっとした気持ちになりますよね(笑)

時間が経つと汗が悪臭に変わる理由

汗をかくと体が臭くなってしまうと言う事は皆さんご存知かもしれませんが、汗をかいた直後匂いを嗅いでみてもさほど臭くは無いですよね?
それはその通りで、汗の成分は先ほどもお伝えしたように99%が水分でできていますのでそもそも風自体が強烈に臭いものでは無いのです。
ではなぜ時間の経過とともに悪臭に変わってしまうのか。それには皮膚の常在菌が関係しています。
実は私たちは皆、皮膚に見えない常在菌を持っています。この常在菌は体の免疫機能を保ってくれたり、ほどよく存在する分には良い働きをしてくれるものなのですが、汗から分泌されるわずか1%の成分を餌としてそれを分解しながら増殖を繰り返していきます。
このように分解と増殖が繰り返される過程であの強烈な汗臭い臭いを発生させるのです。

ワキガ臭の仕組みも同じ

普通の汗臭い臭いとワキガ臭は一般的に全く別物と思われがちですが、仕組み自体は同じです。
ワキガ体質の方は普通の方よりもアポクリン汗腺と言う汗の分泌先が多く存在します。もう一つはエクリン腺と言うものがあります。
このアポクリン汗腺から分泌される汗には常在菌が好む成分がたくさん含んでいると言われています。
だからこそアポクリン汗腺が人よりも多いいわゆるワキガ体質の方は、常在菌が繁殖しやすい体質とも言えます。だからこそ脇の下が強烈臭いを発生させやすいのです。

汗の匂いを対策するには

ここまで汗の匂いの成分や汗が臭くなってしまう仕組みについて見てきましたが、それを踏まえて汗の臭い対策ではどんなことができるのでしょうか?
汗が臭くなってしまう仕組みを簡単に振り返ると、分泌された汗の成分と皮膚の常在菌が結びついてしまうことが原因です。
つまり、皮膚をこまめに拭き取ってあげれば汗のニオイの原因となる成分と余計な常在菌を排除してあげることができるため、汗の匂いをストップすることができます。
なので汗をかきやすい夏は、ハンカチやミニタオルなどを携帯してこまめに濡れタオルで皮膚を拭いてあげるのが効果的なのです。
コンビニやドラッグストアなどに行けばデオドラントスプレーなどがありますが、デオドラントスプレー等は結局スプレーの力で汗の分泌を抑制するというものです。
しかしデオドラントスプレーの力をもってしても汗の分泌を完全にシャットアウトするのは不可能です。時間の経過とともにまた元の状態に戻ってしまうため正直コストパフォーマンス面では微妙です。
なので、少々画期的とは言えないような対策ですが、こまめに汗を拭き取ってあげること、もしくはインナーをこまめに取り替えること。これが汗の匂いを防ぐために効果的な対策だったんです。