口臭対策にミンティアってどう?押さえたい要点と最大限に活かすコツ

ミンティアはコンビニやスーパーなどで手軽に手に入る口臭をごまかしてくれるありがたいアイテムです。

そんなミンティアについて口臭対策として、ぶっちゃけどうなの?といった点や、ミンティアで口臭対策をすることについてのメリットやデメリット、ミンティアを最大限に生かすコツなどを特集していきたいと思います。

ミンティアでの口臭対策ってどうなの?

ミンティアでの口臭対策は、用途を抑えて多くを求めなければ、持っていて損はない口臭対策アイテムだと思います。
というのも、ミンティアが本格的な口臭対策に良い。と思われている方に知っていただきたいのが、ミンティアはあくまで良い香りを口の中に漂わせて口臭をごまかすと言うものです。それも超短期間です。

なぜミンティアはその場しのぎの口臭対策しかできないのか

これには口臭の仕組みが関係しています。
口臭の原因や仕組みを簡単に言うと、口の中のお掃除不足や、腸内環境が悪化していることなどが原因です。
それに対してミンティアは口の中をお掃除してくれるような食べ物ではありませんし、当然腸内環境に良い影響を与えてくれるものでもありません。
ただ単に、良い香りが口の中で広がる。と言うものです。
だからこそすぐに発生してしまっている口臭に対して、根本的なアプローチをすることができないんです。
なので、ミンティアの成分が時間の経過とともに口の中からなくなっていけば当然また口臭がぶり返してきます。
こういった理由から、ミンティアはその場しのぎの口臭対策として使うことをお勧めします。

ミンティアで口臭対策をするメリット

ミンティアを使って口臭対策をするならば、メリットとデメリットをきちんと押さえた上で使うことをお勧めします。
それではまずミンティアで口臭対策をするメリットについてみていきたいと思います。

  • 唾液の分泌を促すことができる
  • かまずに舐めることで一定期間の効果継続が可能
  • 持ち運びがしやすい
  • すぐに取り出せる
  • すぐに効果が現れる

といったところでしょうか。
インターネットで口臭対策。と検索すると様々な口臭対策の方法が出てきますが、その中でもミンティアのように使い勝手が良くて即効性のある口臭対策方法はさほど多くはありません。
確かにミンティアの場合は効果の持続性にかけてしまいますが、その他の面では口臭対策については多くのメリットがあると言えるでしょう。

ミンティアで口臭対策をするデメリット

それではミンティアで口臭対策をすることのデメリットについて見ていきたいと思います。

  • ミンティアを食べた後は口内細菌が増殖しやすい(口臭が悪化しやすい)
  • 虫歯ができやすい

といったところです。
ミンティアに限らず私たちの口の中は食べ物を口にした後は口の中の状態が酸性に傾くと言われています。この状態だと口内細菌が発生しやすく、口臭の悪化、虫歯になりやすいなどの状態となります。
ちなみに、このような状態は唾液の働きによって時間の経過とともに弱アルカリ性の口臭が発生しにくい状態に戻っていくと言われています。
つまり、ミンティアをちょくちょく食べていると、口の中の状態が弱アルカリ性の状態に戻りにくいため、多用しすぎてしまうと逆にその後の口臭悪化につながってしまうと言うデメリットがあります。

ミンティアを最大限にいかすコツ

先ほど特集したように、ミンティアにはメリットとデメリットがありました。
これらをしっかりと理解した上でミンティアを最大限に生かすためのコツを紹介します。

それは非常にシンプルで、常にポッケに携帯し、勝負時の直前に口に含むことです。
私もミンティアをたまに持ち歩いているのですが、学生時代はよくこまめにミンティアを口にして、常にミンティアで口臭の状態を保とうとしていました。
ですが、デメリットの部分を見てわかったように、こまめにミンティアを服用してしまうと、その後の口臭の悪化につながりやすいため、ミンティアを服用しすぎるのはあまりお勧めできません。
なので、ミンティアを最大限に生かすためには、ここぞ!と言う時以外は使わないことをお勧めします。

なお、ミンティアのような手軽なタブレットやサプリメントのようなもので、継続して口臭議事を行いたいのであれば、ネット通販などで販売されているようなちょっとお金をかけた口臭対策アイテムなどを活用することをお勧めします。

そういったものの多くは、口臭の発生源となっている腸内環境にアプローチをしたり、口臭の発生の仕組みに対してアプローチをするものが多く存在します。
継続的に口臭を改善するためにはやはり根本的な対策を行う必要があるため、根本的な口臭対策をお望みの方は、そういったアイテムを活用することをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*