男性のきつい体臭とスメルハラスメントについて

数年前から主に体臭がきつい男性のことを指すスメルハラスメントという言葉が流行っていますが、実際どのような種類の体臭のことをスメルハラスメントと言うのか、そしてその対策方法はどのようなものなのか見ていきたいと思います。

・スメルハラスメントとは

スメルハラスメントとは、職場での体臭や加齢臭、口臭や香水などのきつい臭いのことを指します。一昔前まではスメルハラスメントと聞くと男性のイメージがありましたが、今となっては男性よりも女性の加害者が気づかずに増えているそうです。しかし、本人が気づいていない場合が多く、周りの人が気づいていても、なかなか言い出せない問題なので我慢している人が多いです。

・スメルハラスメントの原因は

スメルハラスメントの原因は様々ですが、中でも男女に共通しているものは、口臭体臭香水柔軟剤です。

口臭は喫煙者の方や、ニンニクなどのキツイ匂いを食べた後などはガムなどを噛んで対策される方も多いと思いますが、自覚症状がないケースもあります。それは虫歯や歯周病または内臓疾患などの原因がある場合です。普段から口内ケアをしっかり行っているにもかかわらず、朝起きたとき自分の口臭が気になるようでしたら専門医に相談してみることをお勧めします。
体臭は加齢臭が原因であったり、糖尿病やワキガなどの病気が原因で臭う場合など様々な原因があります。
体臭が急に強くなる場合は、なにか身体からのサインかもしれませんので、専門医に見せ早期発見して治療していきましょう。
香水や柔軟剤のは、自分ではとてもお気に入りの良い香りだと思っていても、職場や車内などでは臭いがこもったり、他の人との匂いが混ざってしまって周囲からは臭い・気持ち悪いなど、不快に思われる可能性もあります。これは香水を適量以上に付けてしまったり、柔軟剤など匂いに慣れてしまい多く入れてしまいしていることが原因なので、一度見直してみるといいですね。

・男性の体臭がキツくなる時期

男性の体臭は20代から40代と年齢を重ねるにつれ、汗の臭いから加齢臭へと変わっていきます。
10代から20代の主な体臭の原因は汗が原因で引き起こされるものがほとんどですが、30代になるとミドル脂臭と言う、後頭部や首の後などから発せられる脂臭い臭いが出てきます。
そして40代になると加齢臭が出てき、ミドル脂臭と加齢臭が合わさると、とても嫌な臭いになってしまいます。

・スメルハラスメントの対策方法は

まず中高年の方の臭い対策として石鹸やボディーソープなどを見直してみるのが良いでしょう。加齢臭には抗菌作用のあるボディーソープを使うことをおすすめします。食事ではポリフェノールが加齢臭の原因である皮脂の酸化を抑えてくれる働きがあるので、赤ワインやチョコレートを摂取してみるのも良いでしょう。
その他にも上記で書いたように、香水や柔軟剤などの量を見直すなど身近なものから対策していくことが良いでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*