4種の体臭の予防対策は意外とシンプルだった!?

現代では、社会人の間でも、スメルハラスメント(スメハラ)と言う言葉が浸透しつつ、ビジネスシーンにおいても、自分の匂い(体臭)を気にする方が増えているようです。

体臭と一言で言っても、種類は様々あります。

頭皮から湧き出る体臭、脇の下から空間全体に広がるどぎついワキガ。

外回りをして帰ってきた後の汗臭い臭い。
みんなで行った居酒屋の席が座敷だったときの気まずさ。

…このように、ビジネスシーンだけでなく、日常の様々なシーンでも、体臭は大きな悩みにつながる要因だと言えるでしょう。

ただ、それらの体臭は、体臭ごとの対策をきちんと取ることで、きちんと改善される場合がほとんどなんです。

なので、ご自身の体臭にお悩みの方は、諦めずに、それぞれの体臭にあった予防対策をきちんと知ることから始めていきましょう♪

目次

  • 多くの社会人が悩む4つの体臭とその原因
  • これら4つの体臭の予防対策とは?
  • まとめ

まずは、実際に多くの方が悩んでいる、代表的な体臭の種類と、それらの原因について見ていきましょう。

多くの社会人が悩む4つの体臭とその原因

それでは、現代の社会人の多くが悩む代表的な4つの体臭について見ていきましょう。

なお、現代の代表的な体臭とは、以下の4つになります↓

  • 加齢臭
  • ワキガ
  • 足の裏
  • 頭皮

それでは、上から順番に見ていきましょう。

加齢臭

加齢臭と言えば、おじさんの臭いと言うイメージで有名な体臭ですね。

加齢臭と言うのは、、ノネナールと言う年齢とともに増えてしまう物質のせいで発生してしまう体臭です。

でも実はこの加齢臭と言うのは、歳を重ねるごとに必ず誰もが発生する。
というものでもありません。

先ほども触れたように、確かに加齢臭の原因となるノネナールは、年齢とともに増加していく傾向があるため、おじさんの臭いと言うイメージは半分正解とも言えます。

しかし、ノネナールが生まれてしまう大きな理由は、活性酸素の増加が関係しています。

つまり、この活性酸素の増加を防ぐことにより、歳を重ねても加齢臭をしないような体質にしていくことができるんです♪

なお、加齢臭の予防対策方法については、次の段落で詳しく紹介していきます。

ワキガ

ワキガは、年齢問わず10代の方でも悩んでいる方がたくさんいらっしゃる、年齢層の広い体臭になります。
ワキガと言えば、近くにいるだけでも発生源が特定されてしまうほど、その拡散力はとても強力です。
協力であるが故に、ワキガに悩んでいる方は、外出するたびに様々な場面で気まずい思いをしているかと思います。

そんなワキガの原因は、体全体の汗の匂いの原因の強力版のような感じです。

まず、脇の下に限らず、人間は汗をかくことで、汗に含まれるごくわずかな臭い成分と、皮膚の表面に滞在する常在菌が混ざり合うことで、嫌な体臭を発生します。

ここでは、汗の成分と皮膚の常在菌が混ざり合うというのがポイントになります。

ワキガ体質の方は、どうも皮膚に存在している常在菌が多く存在することと、脇の下に存在する汗を分泌する腺(アポクリン線)の数の違いが原因となっているようです。

このアポクリン線からは、皮膚の常在菌の餌となる汗の成分がたくさん出ているため、アポクリン線の数が多い方は、ワキガ体質と言うことになります。
このアポクリン線は、生まれつき数が決まっているようで、いわば生まれつきの個性とも言えます。

では、どのような予防対策を取ったら良いのか?
と言う部分については、次の段落で詳しく紹介していきます。

足の臭い

人間の足の裏と言うのは、体全体の中でも、特に汗をかきやすい場所だと言われています。

そのような状況であるが故に、体臭がきつくなりやすい場所とも言えます。

足のにおいが臭くなってしまう原因は、ワキガと仕組みは似ていて、皮膚から吹き出る汗に、肌の常在菌が混ざり合うこと。

足の裏と言うのは、汗が出るせいが非常に発達しており、足の裏だけでも、1日にコップいっぱいもの汗をかくとも言われています。

汗を頻繁に各状況であるが故に、皮膚の常在菌と混ざり合い機会がとても多いため、体臭が発生しやすいんです。

頭皮

頭皮は、これまでの体臭の原因とは少し違い、頭皮ならではのフケが原因となっているようです。

仕組みとしては、剥がれ落ちたフケが頭皮に滞在したままだと、それを栄養とする常在菌が繁殖してしまいます。

そして、頭皮の汗と、その常在菌が混ざり合うことで、ワキガや足の裏の時と同じように、体臭が発生してしまいます。

結局、行き着くところはワキガや足の裏のような仕組みと似ているのですが、頭皮の場合は、フケによって常在菌が繁殖。そして汗をかくと、増殖した常在菌と汗の成分が混ざり合い、悪臭を放つ。

と言うような感じです。

これら4つの体臭の予防対策とは?

ここまでで、4つの体臭の原因が分かりました。

では次に、それらの体臭を、どのように予防対策していくのかについて紹介していきたいと思います♪

加齢臭

加齢臭の場合は、原因の段落でも少しお話しをしましたが、加齢臭の原因となるノネナールを発生させないためにも、

ノネナールが生まれる原因となる活性酸素を増加させない事。

が加齢臭の予防対策として有効な方法です。

ではそれをどのように行ったらよいのか?については、

生活習慣を見直すことがポイント

になってきます。活性酸素の発生をコントロールしていくには、乱れてしまっている生活習慣を整えることが重要だと言われています。

具体的にはどんな生活習慣の整え方をしたら良いのかについては以下の5つがポイントになります↓

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらの習慣を改善することがポイントです。

逆を言えば、これらの習慣は活性酸素を増加させる原因となり、活性酸素が増加した分加齢臭の原因となるノネナールが生まれる要因となってしまうため、元をたどるとこのような生活習慣を見直すことが大前提になってきます。

ワキガ

ワキガの予防対策の方法についていろいろ調べてみたのですが、ワキガに関しては生まれつきの体質が大きく関係しているため、頭皮や加齢臭などの体臭の改善方法とは少し違う形の手段をとる必要があるようです。

インターネットで調べてみると、ワキガの臭いを抑えるためのクリームなどのアイテムも存在するようです。

そのようなアイテムを使って一時的にワキガを抑えると言うのも、使い方によってはオススメな手段だといえます

しかし、その方法では、根本的な解決にはなりません。
原因の段落でお話ししたように、ワキガには、生まれつきのアポクリン線の数が深く関係しており、根本的な対策を取るには、これを取り除く必要があります。

その際は、病院行手術を受ける必要があるようです。

生活習慣の改善などではワキガは改善できませんので、手術をするまでの間は、ワキガ対策のアイテムを使ってみるなどして工夫をしていきましょう!

足の臭い

足の裏の臭いは、靴を履いているうちはまだ大丈夫ですが、仕事中も靴を脱ぐシーンがある方もいらっしゃるでしょう。
靴を脱いだ瞬間にあの強烈な匂いが広がってしまいますから、相手から受ける印象は決して良いものではありません。

そんな足の裏の匂いは、原因の段落でお話ししたように、汗と皮膚の常在菌が混ざり合わないければ良いわけですから、濡れたタオルでふきとってあげるなどして、皮膚の表面を清潔に保つことで、予防対策を行うことができます。

こまめに行うのは面倒かもしれませんが、1時的な対策としてそのような手段を知っておくと言うのは便利かもしれません。

頭皮

頭皮の臭いの予防対策の場合は、まず皮膚の常在菌が繁殖してしまわないように、フケ対策を取る必要があります。

フケ対策のシャンプーを使うなど、様々なアプローチ方法はありますが、そのような方法を取るよりも、フケの原因となる生活習慣の乱れやストレスなどを改善していくほうが効果的だと言われています。

なお、生活習慣の改善については、加齢臭の段落でもお勧めしたように

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらのポイントを意識していくことが重要になってきます。

まとめ

このページでは、多くの大人たちが悩む4つの体臭の種類と、その原因、予防対策方法などについて詳しくまとめました。

内容が似ているものもありましたが、基本的には体臭ごとに原因も対策も変わってくるため、まずはご自身の体臭の種類をきちんと理解し、それに合った予防対策をとるようにしていきましょう!

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*