足の臭いが深刻な方ほど、過去にいろんな方法を試したけどどれも自分の足の臭いの改善にはつながらなかった。と言う方も多くいらっしゃるかと思います。
このページでご紹介するミョウバンを活用した足の臭いの改善方法は、そんなあなたにこそ試していただきたい、非常に効果が期待できる臭い改善の方法になります。
ここでは、まず最初に足の臭いが臭くなってしまう原因や、ミョウバンで足の臭いが改善されていく仕組み、ミョウバン水の作り方や、ミョウバン水で足の匂いを取る際の注意点などについても見ていきたいと思います。

足の臭いが臭くなってしまう原因は?

 
ミョウバンでの足の臭い改善の話に入る前に、そもそもなぜ足の臭いが臭くなってしまうのか?と言う原因の部分について簡単に解説していきたいと思います。
まず最初にお伝えしたいのは、脇の下やデリケートゾーンなどの、体全体に言える大衆と、足の裏の臭いは、仕組みが同じだということです。
体臭が発生してしまう原因と言うのは、汗を分泌した際に、その汗の臭いの成分を皮膚や衣類に生息する常在菌が分解し増殖する過程で、あの悪臭を発生する。と言うものです。
特に体の中でも、脇の下やデリケートゾーンなどは他の部分に比べると蒸れやすく、臭いを発生させる常在菌が繁殖しやすいため、臭いがきつくなってしまいます。
それ以上に、足の裏や足の指の間と言うのは、まず足の裏自体が汗をかきやすい部分であるのに対し、靴下を履いていたり靴を履いていたりする関係で、体の他のどの部分よりも、臭いの原因である常在菌が繁殖しやすい環境にあるわけです。
これが、足の裏の臭いが臭くなってしまう原因です。

ミョウバンで足の匂いを取るのは本当に可能なの?

結論から申し上げますと、ミョウバンを活用した足の裏の臭いの改善は可能だといえます。
なぜならば、ミョウバンには、殺菌作用があり、汗を抑制する作用などもあります。
また、臭いの原因の1つであるアンモニアを中和して、臭い和らげる働きもあるため、ミョウバンを活用した足の臭い取りは実際に根拠のある改善方法だといえます。

ミョウバン水の作り方

それでは、実際にミョウバン水の作り方をご紹介していきたいと思います。
ミョウバン水に必要なのは、焼きミョウバン(50グラム)と、水道水が入った1.5リットルのペットボトルだけです。
要は、水とミョウバンさえあれば簡単に作ることができるわけです。
ちなみに、焼きミョウバンは、薬局やドラッグストア、スーパーマーケットでも購入することが可能です。
では、実際にどのように作るのかと言うと、計量カップに用意した焼きミョウバン50グラムを入れて、大体500ミリリットル程度の水道水を入れて溶かします。
それを、用意した1.5リットル以上のサイズのペットボトルに入れて、残りの1リットルの水道水をペットボトルの中に入れて混ぜるだけです。
なお、ミョウバンがしっかりと解けるまでは、風通しが良い所で二日間程度放置して、保管します。たまにペットボトルを振って混ぜてあげるのも良いですね。
すごくシンプルですが、これがミョウバン水の作り方です。

ミョウバン水での足の臭いの取り方

それでは、ミョウバン水が作れたところで、実際に足の匂いの取り方をお話ししたいと思います。
ちなみに、先ほど作ったままだと少々濃度が高すぎてしまうので、実際に足に使う時は約20倍程度に薄めていきます。
先ほど作ったミョウバン水を、10ミリリットル使うのであれば、水を約200ミリリットル加えて薄めてあげる。このような感じです。
私は、100円ショップで買った霧吹きになる容器に入れて使っています。
では、完成したミョウバン水入りのスプレーを、お風呂上がりなどの足の裏が清潔なときに吹きかけます。
その後、時間があればそのまま乾くまで待っていただいても構いませんし、タオルもしくはティッシュなどを使って軽く拭き取るのも大丈夫です。
また、学校もしくは会社などに行く前に、同じような要領で足の裏にミョウバン水をスプレーします。
以上がミョウバン水を活用した足の臭いの作り方です。

ミョウバン水で足の匂いを取るときの注意点

ミョウバンを活用した足の匂いの取り方についてはここまでお伝えした通り、そのままやっていただければ改善効果が期待できるかと思います。
ただ、実際に行う際の注意点としてお伝えしておきたいのが、最初に作った原液をそのまま使わないことと、小さなお子様がいらっしゃる方であれば、用意したミョウバン水を小さなお子様が間違って飲んでしまわないように、保管をする際は十分に注意することです。
基本的なことではありますが、安全のためにもお伝えさせていただきました。