対策

頭皮の臭いの原因|洗ってもクサイにはなぜ?!

頭皮から発生する原因不明の嫌な臭いにお悩みではありませんか?

頭皮の匂いと言うと、働き盛りのサラリーマンのイメージが強いかと思いますが、実は10代や20代の若い女性も意外と悩んでいる方が少なくないんです。

年齢に限らず特に女性であれば頭皮の匂いに限らず体から発生する嫌な大衆は何でも気になってしまいますよね。

若い女性であればなおさら異性からの印象も気になるでしょうし、原因を突きとめて適切な改善方法をすぐにでも取り入れたいところですよね。

そこでこのページでは、きちんと清潔にしているはずなのに頭皮から嫌なにおいが発生してしまう原因や、自分の頭皮の匂いを確認する方法、頭皮から発生している不快なニオイの改善方法など、頭皮の匂いに関する様々な内容を特集していきます。

男女年齢問わず雨、頭皮の匂いに悩んでいる方はぜひチェックしてみて下さい!

頭皮のニオイの原因

 
きちんと洗っているのに頭皮が臭くなってしまう理由は、何かしらの原因から過剰分泌されてしまった皮脂や、正しく排出することができなかった古い角質などが空気に触れて酸化してにおいが発生していると言われています。

それに加えて、過剰分泌された皮脂や古い角質を餌として群がってくる目に見えない雑菌たちが繁殖することによってそれが臭いの原因になるとも言われています。

つまり、酸化と雑菌の繁殖が頭皮の匂いに深く関係していると言うことです。

毎日お風呂に入ってちゃんと正しく頭皮を洗っているのに…。何なら出かける前はちゃんと朝シャンもしてるのに…。なんで頭皮から嫌なにおいが発生するの?

と嫌なニオイの原因がわからずに悩んでおられる方は少なくないんです。

毎日頭皮を洗っていないのであれば頭皮から嫌な匂いが発生しても仕方がありませんが、きちんと清潔にしているつもりなのに頭皮から匂いが発生するとなると、これ以上どうしたら良いのかと困ってしまいますよね。

ですがあなたが今悩んでいる頭皮の匂いには上記のようなことが関係していたんです。

自分の頭皮の匂いを確認するコツ

 
基本的に自分の頭皮のニオイは自分ではなかなか分かりませんよね。あるとすればお気に入りの帽子の匂いをかいだときくらいでしょうか。

あとは親しい友人もしくは家族から指摘された時などが圧倒的に多いですね。

ただ、帽子の匂いを嗅ぐだけではちょっと不十分ですし、誰かに言われたならばなおさら自分でもきちんと確かめたくなると思いますので、ご自身の頭皮のニオイをチェックしたい場合は、以下の3つのポイントを試してみてください。

・手の指または嫌なにおいのしないタオルで頭皮を少しこすってからその匂いをチェックする
・毎日使っている枕の匂いをチェックしてみる
・後からドライヤーをかけて風から悪臭がしないかをチェックする

正直どれも画期的な方法とは言えませんが、体の他の部分と違って鼻を近づけて直接かぐことができませんので、こういった方法で確かめるしかありません。

頭皮のニオイの改善方法

先ほどご紹介した頭皮の匂いを確認することで改めて自分の頭皮から嫌なにおいが発生していることがわかったら、次は具体的な改善です。

先ほど頭皮の匂いが発生してしまう原因を一緒に見ましたが、そこでは

・過剰に分泌された皮脂
・古い角質
・これらを餌とする雑菌の繁殖

これらが頭皮のニオイの主な原因だと言う話がありました。

そこでこれらの原因に直接アプローチするためのポイントを頭皮のニオイの改善方法としてご紹介していきます。

正しいシャンプーの仕方を行う

頭皮の事ですのでやはりシャンプーを正しく行うと言うのは大切なことです。

正しいシャンプーの仕方と言うと、意外と間違った方法でシャンプーをしているという方も少なくないんです。

それでは正しいシャンプーの仕方を見ていきましょう。

ブラッシング

38度位のお湯で軽くすすぐ
シャンプーをしっかりと泡立ててから頭皮をマッサージするように指の腹でやさしく洗う
すすぎは時間をかけてしっかりと行う
トリートメントは毛先だけにつける
根元までしっかりとドライヤーで乾かす

最後の方はもはやシャンプーの仕方ではありませんが、1連の流れとして必要な事ですので加えさせていただきました。

なお、多くの方は頭皮をしっかりとお湯ですすいできちんと泡立てて指の腹でやさしく洗う、そしてしっかりとすすぎを落とす。といった事はできているかと思いますが、いろんな方の話を伺うと、その前のブラッシングの項目が欠けている方が多いように感じます。

シャンプー前のブラッシングは、表面の汚れを落とす作業になりますので意外と重要なんです。

また、まれにトリートメントを髪の毛全体につけたいがために頭皮までべっとりと塗ってしまっている方がいらっしゃいます。

これはしっかりとすすぎを落とせなかった際頭皮環境を悪化させ匂いを悪くさせる原因になりますので、絶対に避けましょう。

また、ドライヤーを使わずに自然乾燥を行う方がいらっしゃいますが、これでは髪の毛が痛んでしまいますし頭皮環境にも良くありません。

しっかりタオルドライをしてドライヤーできちんと乾かし切ってくださいね♪

頭皮環境を整えるシャンプー

 
頭皮環境を整えると言う事は過剰な皮脂の分泌つや古い角質を防止するためにも必要なことです。

なので安く手に入るお手軽なシャンプーよりも、頭皮環境を整えるのに適したシャンプーを使うことをお勧めします。

しかし、どんなものが頭皮環境を整えるのに適したシャンプーなのかと言う部分がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

よくわからないと言う場合は、以下のポイントを気にしてみてください。

・頭皮環境に特化したスカルプシャンプーや育毛シャンプー
・頭皮のトラブル改善に効果的な薬用シャンプー
・必要な皮脂だけを洗浄してくれるアミノ酸系のシャンプー、石鹸シャンプー
・皮脂に負担の少ないオーガニックシャンプー、無添加シャンプー、ノンシリコンシャンプー

商品を手に取ってみるとどれがどうなのかは大体お分かりいただけるかと思いますが、曖昧だったりちょっとよくわからない。と言う場合は近くにいる店員さんにこんなシャンプーが欲しいんですが。と聞いてみるのも1つの手ですね。

またドラッグストアなどではめちゃくちゃ安いシャンプーから、なかなか買う気になれないような値段のシャンプーがありますよね。
シャンプーにしても高ければ良いと言うわけではありませんが、先ほど紹介したような頭皮環境に良いとされているシャンプーはどちらかと言うと通常のシャンプーよりもやはり少し高めになっています。

ですが、そういったシャンプーを使って正しいシャンプーの仕方を実践することで、頭皮環境は徐々に良いほうに傾いていくでしょう。

頭皮環境はおよそ3ヶ月から半年ほどのサイクルで変わると言われていますので継続が重要ですが、正しく行うことで大幅な頭皮のニオイ改善効果が期待できます♪

血流改善

 
先程の頭皮のニオイが悪化する原因の部分でお伝えしていませんでしたが、実は血液循環が悪い状態と言うのは巡りにめぐって頭皮のニオイを悪化させる原因にもなると言われています。

というのも、頭皮の血液循環が悪いと頭皮に生息する雑菌たちが好む悪い汗をかきやすくなると言われています。

わかりやすく言うと、私たちが生命活動をするためにはエネルギーを作り出すと言う働きが一瞬でも止まってはいけません。

それは頭皮でも同じことが言えます。

そのエネルギーを作り出すためには酸素が必要で、その酸素を頭皮に運ぶのは血液です。

つまり頭皮の周辺の血液循環が悪い状態だと酸素が届きにくいということになります。

酸素が届きにくい状態が継続されるといずれ頭皮が酸素不足になります。

それでも生命活動するためには何とかしてエネルギーを作り出すなければいけないため、酸素以外の方法でエネルギーを作り出そうとします。

この時に発生する成分が乳酸とアンモニアと言う成分です。

乳酸は疲労物質とも言われておりアンモニアに関しては小学校の理科の実験で匂いをかいだことがある方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、これがめちゃくちゃ臭いんです。

同時にこの成分を頭皮の常在菌が好むんです。

要は、頭皮周辺の血液循環が悪いと、雑菌が好む乳酸とアンモニアを多く含んだ汗が出やすくなってしまうため雑菌の繁殖がさらに盛んに行われてしまうんです。

少し説明臭くなってしまいましたが、このような仕組みから血液循環が悪いと頭皮のニオイも悪化してしまうと考えられているんです。

これを改善するためには血行に良い食べ物や運動、半身浴などが効果的ですが、それに加えて美容師さんがやってくれる頭皮マッサージのような頭皮のマッサージが効果的です。

なお、頭皮が乾燥していると頭皮が硬くなってその部分の血液循環が悪くなってしまいますので、シャワータイムの時に頭皮マッサージをやってその部分の頭皮をほぐしてあげるだけも大きな違いがあるでしょう。

デリケートゾーンの臭いの原因とシンプルな改善特集

デリケートゾーンの臭いにはたくさんの種類の原因があり、それに伴って陰部の体臭の対策方法も様々あります。ここではいろんなパターンの臭いに対する改善方法をご紹介しています。

デリケートゾーンの臭いの原因と対策方法総まとめ

デリケートゾーンが臭いと、彼氏とエッチをするときに臭いをかがれたらどうしよう。と不安になってしまいますよね。

また、この悩みに関してはお母さんにも相談できないし、友達にも中々相談しにくい内容ですよね。。

そこでこのページでは、デリケートゾーンの臭いに悩むあなたのために、デリケートゾーンが匂ってしまう原因から様々な種類の対策方法をご紹介していきます。

なお、デリケートゾーンの臭いについてはいろんな種類の原因があるとも言われています。
次の段落では、デリケートゾーンの臭いの種類をいくつかご紹介しますので、ご自身に1番近いものはどれかをまずはしっかりと把握しましょう!

デリケートゾーンの臭いの原因 

実際にデリケートゾーンの臭いは他の体臭と細かい仕組みはほとんど同じで、ほとんどの原因が雑菌です。

ただ、さらに細かく見ていくと他にも5つの臭いの種類があることがわかりました

アンモニア臭

これは陰毛に残ったおしっこなどの排泄物が臭いの原因となってしまうパターンです。

これはアンダーヘアの処理をするのが1番手っ取り早い解決方法です。

酸っぱい臭い

このデリケートゾーンの臭いの原因は、主におりものの場合が多いと言われています。
特に異常と言うわけではありませんが、おりものの量が多いとその分デリケートゾーンの臭いも増してしまいます。

そうなるとやはり放って置けませんよね。

この場合はおりものシート等で対策をし、おりものの色が黄緑色だったり、明らかにいつもと違う。と言う場合は病院に診てもらったほうがよさそうです。

鉄のような臭い

これは主に生理のときのデリケートゾーンの臭いですが、この時期はやはりどうしても鉄のような臭いがしてしまいます。

この場合の対策方法は、こまめに清潔を保つことです。
ありきたりですが、ナプキンをこまめに交換したり、月経血をきれいに拭き取ったりなどが有効です。

ただし、清潔を保つたいがゆえにゴシゴシしすぎてしまうと、その刺激によってデリケートゾーンの黒ずみのきっかけとなります。
なので、専用のウエットティッシュなどを使ってさっときれいにしてしまいましょう。

生臭いニオイ

この臭いは
・膣内環境の悪化
・雑菌性膣炎
・腸内環境の悪化
・性病
など様々なことが考えられます。

この臭いの場合、雑菌の繁殖を防ぐためにも陰毛処理したり、デリケートゾーンを清潔に保つなどがポイントです。

イカくさい臭い

この臭いの場合は、スソワキガの可能性があると言われています。
実はデリケートゾーンにも脇の下と同じようにアポクリン汗腺があるため、アポクリン汗腺が多い方の場合、ワキガと同様の独特な臭いが発生してしまうと言われています。
この場合の臭いの対策は、正直自力で改善するのは難しいと言われており、手術をする必要が出てくるようです。

デリケートゾーンの臭いは病気のサインかも? 

デリケートゾーンの臭いについては基本的に先程のような原因が該当しますが、中には婦人科系の病気のサインになっている場合もある事は頭の片隅に入れといてほうがよさそうです。

と言うのも、例えばおりものの量が急に増えたり、おりものの色が変わったりあるいは、おりものの臭いが急に強くなったりするような場合は注意が必要です。
この場合、もしかすると子宮頸がん、子宮内膜炎、トリコモナス膣炎などの病気の可能性も考えられるんです。

また、おりものの状態が地図のように変わってきた場合は、カンジダ膣炎の可能性もあると言われています。
このような病気に関連するデリケートゾーンの臭いの場合、清潔を保とうとして石鹸などで洗いすぎてしまうと逆に悪化させてしまうきっかけともなります。

ですので、デリケートゾーンの臭いから明らかに何かおかしいと感じた場合は、一度お医者さんに診てもらった方が良いかもしれません。

基本的なデリケートゾーンの臭い対策 

デリケートゾーンの臭い対策は基本的に清潔感を保つことで多くの場合は改善されます。

なのでまずはシャワータイムの時にお風呂でしっかりとデリケートゾーンを清潔にしてあげることです。
ただ、デリケートゾーンの皮膚は非常に薄くなっており、その名の通りとてもデリケートな部分になりますので、石鹸や体を洗うための布などでゴシゴシ洗ったりせずに、泡をたっぷりと使って指の腹を使って優しく丁寧にデリケートゾーンを洗っていきます。

また、大陰唇、小陰唇付近は恥垢などの汚れがとてもたまりやすいため、上から優しくシャワーをかけた程度ではなかなか落ちてくれません。

なので指を使って入念に溜まった汚れを落としていきましょう。
これが取れるだけでもデリケートゾーンの臭いに大きな変化があります。

その際は、洗浄力が強くて体刺激なデリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのも1つの手ですね。

また、服装に関しては通気性の良いショーツを履くようにしたり、汗、またはおりものなどでデリケートゾーンが汚れてしまった場合はこまめに取り替えたりする等の清潔管理が大切です。

その他にできるデリケートゾーンの臭い対策

 
基本的に多くのデリケートゾーンの匂いは、先ほど紹介したような簡単な衛生管理で解決されることが多いのですが、それ以外にも何か試したい!徹底してデリケートゾーンの臭い対策を行いたい!と言う方は、これからご紹介するいくつかのデリケートゾーンの臭い対策方法を何か取り入れてみてください。

アンダーヘアを全脱毛する

 
デリケートゾーンの匂いの鍵となるのは雑菌です。そして陰毛がたくさん生えている状態と言うのはこの雑菌が繁殖しやすい状態でもあります。
そのため、デリケートゾーン周辺の陰毛をブラジリアンワックスなどで一掃してしまうだけでもデリケートゾーンの匂いに大きな変化があるでしょう。

慣れない方にとってはパイパンにする事はとても抵抗があるかと思いますし、痛そう。なんて不安もあるかと思います。

ですが最近ではアンダーヘアを全部処理している方も実は珍しくないんです。

また、自分でブラジリアンワックスを使って脱毛するのが怖いと言う方は脱毛サロンへ行ってプロにやってもらうのも安心です。

カミソリなどでこまめに処理するのも1つの手段ですが、それだとまたすぐに生えてきてしまいますし、こまめに剃刀で処理してしまうと、それだけお肌がかなり傷ついてデリケートゾーンの黒ずみの原因となってしまいますので、正直あまりお勧めはできません。

体臭対策|あまり意味ないと言われている3つはコレ

体臭対策であまり効果がないのはこの3つ!

体臭対策は世間で知られているもの全てが効果バツグン!というわけではありません。
中には“びみょー”な体臭対策も、もちろんあります。

でも、よく見てみると知らずにそれをやってしまっている方もいなくはないんです。

そこでここでは、どんな体臭対策があまり意味がないのか?
そして、根本的な体臭対策をするなら何が良いのかについて紹介していきたいと思います。

びみょーな体臭対策3つ

これから紹介する体臭対策は以前私が行っていたものでもあるのですが、調べたところ正直微妙な体臭対策だったことがわかりました。
その体臭対策は
・市販のシャンプーを使った頭皮ケア
・5本指ソックスを履く
・デオドラントスプレーを使う
この3つです。
全く意味がないわけではありませんが、体臭対策としては実はあまり意味がないとも言われているんです。
その理由について解説していきたいと思います。

市販のシャンプーを使う

市販のシャンプーがすべて該当するわけではないかもしれませんが、実はドラッグストアに並んでいる手軽に入手できるシャンプーのほとんどは、使えば使うほど頭皮環境を悪化させ頭皮のニオイを悪化させることにもつながっている可能性があるようです。

というのも、少し専門的な話になってしまいますが、市販の手軽に手に入るシャンプーのほとんどは、石油系界面活性剤と言う成分が配合されています。
この成分が配合されたシャンプーを使うことで、頭皮に付着している油汚れ等をこすり洗い流して、キュッキュした状態にしてくれる働きがあります。

ごっそり汚れが洗えるならいいじゃん!

と言いたいところですがそれもそうでは無いようです。
というのも、頭皮には適度な皮脂が必要だと言われているんです。

もしこれがごっそり洗い流されてしまうと、頭皮の表面を守ってくれる意思もなくなってしまうため、外気に潜む雑菌など皮膚が過剰に反応してしまい、余計に皮脂を分泌してしまうという悪循環が生まれてしまうようです。

このような理由から使えば使うほど頭皮環境が悪化し、頭皮の嫌なニオイが悪化することにつながってしまうと考えられているんです。

五本指ソックスを履く

 
私はこの方法を学生時代から信じて使っていました。
学生時代は運動部だったためとても汗をかきます。
そのため普通のタイプの靴下を履くとどうしても靴の中が臭くなってしまうんですよね。

そこで親からのアドバイスを受けてご本指ソックスを履くようになったのですが、正直あまり変化はありませんでした。
それでも五本指ソックスを履くと少しは変わる。

そう言われていたので履き続けていたのですが、正直これも根本的な改善にはなりません。

正直私にはあまり大きな改善効果もありませんでした(笑)

デオドラントスプレーを使う 

デオドラントスプレーは夏場になると学生を始めいろんな人が携帯してピンチの時に活用しているかと思います。

確かにその場しのぎの体臭アイテムとしてはとても優秀なデオドラントスプレーですが、こちらもあくまでその場しのぎのものであり人によっては数分後にはまた元の状態に戻ってしまいますよね。
確かに持ち歩いているとごろ強いアイテムにはなりますが、使っては買って送り返していると、根本的な解決ができないため臭いは継続するだけでお金ばかりかかってしまいます。

このような理由から本気の体臭アイテムとしてはデオドラントスプレーは、正直びみょーです。。

どんな体臭対策が良いの?

 
先ほど3つの微妙な体臭対策を紹介しました。

では次に、本格的な体臭対策を行うのならは何をするべきなのか?について紹介していきたいと思います。
本気の体臭対策を行いたい方は必見です!

食生活を改善する

本格的な体臭改善をするのであれば食生活の改善は必要不可欠だと言われています。
なぜならば、日々の食生活が体臭に大きな影響を与えていると言われているからです。

例えば、肉や油ものばかり食べている人は、やはりどうしても食物の消化が追いつかなかったり、腸内環境で悪玉菌を増加させるきっかけともなります。
腸内環境が悪化しまうと、うんちなどの排泄物が体の中で腐ってしまい悪臭を放つ原因になると言われています。

そうなったとき悪臭物質は、腸内環境にとどまらず血液中に溶け込み汗となって体の外に排出されます。そうなると俗にいう、汗臭い体臭となってしまうわけです。

一方、野菜や果物中心の食生活をする方は、体の消化や吸収、排泄等に負担をかけることなく、体の中の循環もスムーズになっていきます。
そうなると腸内環境悪化させるような要素につながることもなく、善玉菌優勢の腸内環境が良い状態を保ちやすいと言われています。

このように、体の目に見えない部分で体臭につながるかどうかの大きな変化が起こっていくんです。
それに食事が大きく関係しているため、食生活の見直しが重要だと言われているんです。

運動を行う

運動も体臭対策をする上では欠かせない要素になります。
なぜならば、適度な運動をしていないと、体の代謝が鈍ってしまい、本来排出されるべき老廃物などのデトックスも鈍ってしまいます。
老廃物などは体の中に滞在すればするほど悪臭を放つものに変わりやすいとも言われています。

また、汗をかく習慣がない方は汗が出る汗腺が鈍ってしまい、それもまた体臭の原因になると言われているんです。

体臭対策まとめ

 
2つの体臭対策について簡単に紹介させていただきましたが、体臭サプリメントを使おうが何をしようが、やはり体臭を根本的に改善していくためには、体臭が悪化してしまった原因を根本から正してあげる必要があります。
ほとんどの体臭の原因が食生活の乱れや運動不足などが関係しているといわれています。

なので、普段の生活習慣を正すことや、日々運動を取り入れること、食事に気を使うことなどを取り入れることで、ものに頼らずとも体臭を改善することが可能だと言われています。

汗の臭いの根本的な対策法とすぐにできるとっさの改善法

汗の臭いは思春期の10代から大人まで男女問わず幅広く人々を悩ませる体臭の1つでもあります。

ですが、中にはいくら汗をかいてもそんなに臭くならない人っていますよね。(うらやましい限りです。。)

 

実は汗の臭い対策にもとっさにできる対策から、時間はかかるけれども根本的な対策ができるものまで様々です。

ただ、色々な対策があるとは言っても、最終的には汗をかいてもそんなに臭くならないようにしたいですよね。

そうするためには、目先の汗の臭い対策を永遠としていてはいけません。

汗の臭いの原因や仕組みをきちんと理解し、長期的に根本的な対策方法をコツコツを行っていく必要があります。

 

そこでこのページでは、汗の臭いの原因を簡単に説明し、今すぐなんとかしたいときの汗の臭い対策や、臭くない汗に変えていく根本的な対策方法についてもご紹介していきます。

汗の臭いの原因

汗の臭いは元々無臭だと言われていますが、その割には汗をかいてしばらくたつと鼻をつまみたくなるほど臭くなってしまいますよね。

では、汗はなぜ臭くなってしまうのかと言う点ですが、これには汗に含まれる成分と雑菌が関係しています。

というのも、私たちがかく汗の成分の99%は水分なのですが、残りの1%はアンモニアやタンパク質、鉄分等の血液中に含まれていた様々な成分が混ざっています。

 

そもそも汗は血液で作られるのでこれは仕方がないことなんです。

私たちは汗をかくと、皮膚の表面に付着した汗の成分のアンモニア等を目標にして、皮膚の常在菌が集合します。

 

そして汗のわずか1パーセントの成分を餌にして分解します。

こうして増殖を繰り返していくのですが、これが行われる段階であの汗臭い臭いが発生すると言われているんです。

 

また、私たちが身に付ける衣類にも雑菌は存在しますので、例えばインナーが汗の成分を吸収すればそこに雑菌が集まり分解、増殖を繰り返します。

洋服が汗臭くなってしまうのはこういった仕組みが関係していたんですね。

 

つまり、汗対策をする上では、汗の成分と皮膚の常在菌をどうするか?がポイントになってくる事がわかります。

なお、汗の臭いの原因はもっと細かく見ると奥が深いのですが、より深く詳しく知りたいと言う方はこちらを参考にしてみてください↓

www.bodyodorlabo.com

それでは、ここまでお話しした内容を踏まえて汗の臭いをさっと消す方法と、汗の臭いの根本的な対策方法を見ていきましょう!

汗の臭いをサッと消す方法

汗の臭いをすぐになんとかしたい。一時的でいいから何かいい方法はないか?と言う場面ってどうしてもありますよね。

そんな時に行える汗の臭い対策は

  • 汗を拭き取る
  • デオドラントスプレーを使う
  • シャツを変える

この3つです。

すごくシンプルで有名な対処方法ですので、既に知っている。と言う方も少なくないかと思います。

なのでここは簡単にご説明していきたいと思います。

汗を拭き取る

汗を拭き取ることによって、皮膚の表面に付着した汗の臭いの成分と皮膚の常在菌を一瞬にして除去することができます。

汗の臭い成分は汗をかけばまた復活してしまいますし、皮膚の常在菌も時間が経てばまた現れます。

 

ですが、拭き取ることによって一定期間とは汗の臭いを消すことができますので、休憩時間が来る事に汗をこまめに拭き取ると継続的な汗の臭い対策も可能です。

デオドラントスプレーを使う

デオドラントスプレーにも色々なタイプがありますが、中には銀イオンの力で菌をやっつけるタイプのものもありますし、皮膚をサラサラの状態に保ってくれるようにするタイプのものもありますね。

これらも一時的な対処法にはなりますが、皮膚の常在菌をやっつけたり、皮膚をサラサラにしておくと言うのは、汗の臭いが発生する仕組みに対する対策としてとても理にかなっているためその場しのぎの対処法にはとてもオススメかと思います。

 

なお、その際はスプレーを使う前にティッシュやハンカチまたはタオルなどで一度汗を拭き取ってから使うとより高い効果が期待できます。

シャツを変える

ここまでご紹介した2つの対策方法を実行しても、衣類ににおいが移ってしまっていてはあまり意味がありませんね。

多くの場合、肌着が汗を吸収してそこに雑菌が群がって悪臭を発生しているので、肌着をそのまま取り替えてしまうのも1つの手です。

 

汗を頻繁にかく時期や汗をかきやすい体質の方は、替えのインナーを持ち歩いているといいかもしれませんね。

汗の臭いの根本的な対策方法

汗の臭い対策では場面によってはとっさにできる対策方法も必要ですが、正直そういった方法はかなり手間がかかりますし、デオドラントスプレーや汗ふきシートなどを使うとなるとお金もかかってしまいます。

欲を出すならば汗をかいてもさほど臭くならないのが理想的ですよね。

 

ただ、どれだけ根本的な対策方法とっても、どんな形でも汗の成分に雑菌が好む成分が含まれてしまうのは避けられないことですので、それは先にお伝えしておきます。

完全に臭わない汗に変えるのは不可能ですが、限りなく臭わない汗、また臭いにくい汗へと変えていく事は可能です。

そのための方法はいくつかありますので、それを全てご紹介します。

有酸素運動を行う

実は汗臭い方の多くは運動不足だと言われており、実際に運動不足と汗の臭いは密接な関係があると言われています。

ではどんな運動をすれば汗の臭いを根本的に改善できるのかと言うと、タイトルにも書いてある通り有酸素運動を行います。

 

有酸素運動にもジョギング、ウォーキング、サイクリングなど色々ありますが、どれでも構いません。

とにかく有酸素運動をして汗をかく習慣をつけると言うのが大切です。

 

なぜ運動不足で汗をかかない人は汗が臭くなってしまうのかを簡単に言うと、運動不足になると体の新陳代謝が悪くなります。

その結果、血液中に含まれている臭い成分が汗となって出てしまう割合が高くなるからです。

つまり、たった1%の臭い成分を含む汗の中の臭い成分の割合が増えやすいと言うことです。

だからこそ効率よく汗をかける有酸素運動を日常的に行って体の新陳代謝を活発にさせることが大切なんですね。

ストレスを解消する

体に関するトラブルにストレスがつきものですが、汗の臭いとの関連性はよくわかりませんよね。

実はストレスを感じてしまうと体内の自立神経である副交感神経が緊張状態になり、臭い物質を発生させやすい汗腺からの汗の分泌が盛んになります。

そしてストレスは活性酸素を発生させやすいとも言われており、活性酸素がたくさん発生すると、臭い物質自体をたくさん作ってしまう原因となるんです。

 

少し小難しい話になってしまいましたが、簡単に言うとストレスを感じ続けてしまうと汗の臭い成分を作り出しやすくなり、なおかつその成分が汗として出る割合が増えると言うことです。

なので、発表会やコンクール、会議などの緊張した場面でかく汗はかく汗よりもちょっとタチが悪いんです。

ストレスを抱えた状態が継続されてしまうことで、悪い汗の分泌が継続されてしまうため、結果として常に臭い汗をかいてしまうことにつながってしまうんです。

ストレス解消方法は人それぞれ違うかと思いますが、できることならストレスの原因を改善し、日常の中でストレスが解消できる時間を所々設けたいところです。

食生活の見直し

汗の臭いを始め、口臭や頭皮の臭いなど様々な体臭に関係するのが食事の要素です。

なので食事の改善は根本的な汗の臭い対策をする上でとても重要なポイントになります。

食生活の見直しでは、まず最初に汗のニオイを悪化させてしまう飲食物を控えることが大切です。
では具体的にどうするのかと言うと

  • 塩分や糖分が多く含まれている食物を控える
  • 動物性タンパク質や、動物性脂肪を控える
  • 刺激の強い食べ物を控える(辛い食べ物など)
  • ジャンクフードやインスタント食品を控える
  • アルコールを控える

といったことがポイントです。

簡単に言うと、油ギッシュで肉々しい食べ物や、ジャンクフード、お酒を控えましょう。と言うことですね。

 

逆にどんな食べ物や飲み物に変えていけば良いのかと言うと

  • 緑黄色野菜
  • ヨーグルト
  • 海藻類
  • 大豆類

などに変えていくのがポイントです。

いわゆるヘルシーな食べ物にして、水分補給はコーヒーやジュースなどではなく純粋な水で行いましょう。と言うことですね。

 

今日開始して明日体臭が変わる。と言うわけではありませんが、酵素の力で食べ物の成分を代謝して徐々に体の状態が変わっていくのでこれを継続するだけで大きな汗の臭い改善効果が期待できます。

汗の臭い対策まとめ

ここでは汗の臭いの原因から、すぐにできる対策方法や長期的に見た根本的な汗の臭いの対策方法をご紹介しました。

 

長期的な汗の臭い対策は、今までの習慣を根本的に変えていかなければいけないので簡単なことではありませんが、継続して行くことで1ヵ月後には自分でもびっくりするぐらい汗の臭いが変わっているかもしれません。

 

また、こういった生活習慣や食生活の改善は汗の臭いを根本的に変えていくだけでなく、風邪をひかない強い体を作ったり健康寿命を底上げしていくことにもつながります。

まさにいいこと尽くしですので、まずは自分のできそうなものから少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか?