口臭の原因

口臭を生む舌苔の改善方法・予防方法と考えられる他の原因

口臭の原因は様々あると言われていますが、その中でも多くの場合舌苔が原因であると言われている事をご存知でしょうか?

舌苔とは簡単に言うと舌の表面に付着するあの謎の白いやつのことです。

気づけば現れるこの舌苔は、発生する原因も様々なのですが、これを放置してしまうときちんと歯を磨いているにもかかわらず臭い口臭がする原因となってしまうため、口臭対策を検討されているのであればこの舌苔を正しく取り除いてあげることが必要になってきます。

そこでこのページでは、舌苔にが舌の表面に発生してしまう原因を見た後、舌苔を適切に除去する方法や、その際の注意点などについてみていきたいと思います。

 

また、ページの最後の部分では舌苔を取り除いても口臭がまだ消えない時に考えられる別の原因についても特集していきますので、合わせてそちらもチェックしてみてくださいね。

なぜ舌の表面に舌苔が発生するのか

そもそもなぜ舌苔が口臭の原因になるのかを簡単に言うと、それには口臭を感じさせる硫化水素と言う成分が関係しています。

硫化水素は通常食べかすなどが口の中の雑菌によって腐敗されることによって発生するのですが、それが起こりやすい条件が舌苔にあるため、舌苔がある場所からは嫌な口臭が発生しやすいと言うことです。

 

つまり、舌苔を除去してあげれば硫化水素による口臭を予防、改善してあげることができるわけです。

それでは、舌の表面に舌苔が発生してしまう原因を見ていきましょう。

  • 口の中の雑菌
  • 舌の表面の剥がれた上皮のカス
  • 食べかす
  • 口呼吸
  • 唾液の分泌量が少ない
  • 舌の機能の低下
  • 舌のポジションが悪い
  • 抗生物質による影響

すべて口の中で起こっている事ですが、舌の表面に舌苔ができてしまう原因はこれほどたくさん存在するんです。

では、これらの内容を踏まえて舌苔を取り除く方法や、発生しにくくするための予防方法などを見ていきましょう。

舌苔を取り除く方法

舌苔を取り除く際は舌ブラシを活用します。

これはドラッグストアや薬局等で手軽に手に入るアイテムですので、ドラッグストアに寄る機会があった際に購入しておくと良いかと思います。

では舌ブラシを使った舌苔状況の仕方を解説します。

やり方自体はとても簡単です

  1. まず鏡を見ながら舌を目一杯出す
  2. 舌ブラシを水に浸してから舌の奥から手前に引くように舌の表面をなぞる
  3. こまめに舌ブラシを水道ですすぎながら舌ブラシの先端に舌苔がつかなくなるまで繰り返します

なお、舌ブラシを手前に引く際は力を入れすぎると舌の表面が傷つき、逆に口臭が発生しやすい状態になると言われていますので、あくまで優しく行うのがポイントです。

舌苔を予防する方法

舌苔を予防するためには、こまめな舌ブラシによるケアも必要ですが、少し前に紹介した舌苔が発生する原因を根本から改善してあげることが重要です。

では具体的にどんなことができるのか見ていきましょう。

口呼吸を止める

口呼吸をすると口の中が乾燥しやすく口の中の汚れがこびりつきやすくなるため舌苔が出やすくなってしまいます。

唾液の分泌量を増やす

ストレスや体調不良等の影響から大樹の分泌量が減ってしまうことがあるのですが、唾液の分泌つ量が減ると舌苔ができやすいと言われていますので、可能であればキシリトールガムを噛み続けると大樹の分泌が促せるのでオススメです。

舌苔を取り除く際の注意事項

このページでは舌ブラシを使って舌苔を取り除くという方法を紹介しましたが、気をつけていただきたいポイントがあります。
それは

  • 舌ブラシは1日1回までにすること
  • 舌に傷があるときは舌ブラシを着替える
  • 普通の歯ブラシで舌苔を取ろうとしない

これらのポイントを抑えて舌の表面をケアするように心がけてくださいね。

舌苔を取り除いたけど口臭が変わらない場合

きちんと歯を磨いているのに口臭がなかなか改善されない。

そこで考えられる次の原因が舌苔だったため舌苔を除去してみた。

それでも口臭が改善されない。

こういった場合に考えられる他の原因があります。

それは、

  • 虫歯もしくは歯周病
  • 体調不良、または内臓の病気

です。
ちゃんと歯磨きをしているのに、ちゃんと舌をケアしてるのに、口臭がなかなか落ち着かない場合は上記のような他の原因が考えられます。

なお、心当たりのある方は以下のページをチェックしてみると良いかもしれません。

ここでは、様々な口臭の原因を一つ一つ詳しく解説しています。

口臭対策はいくつかある原因ごとに変わってきますので、まずは自分の口臭は何が原因なのかを知る必要があります。

そのために役立つ記事となっていますのでぜひ参考にしてみてください。

口臭と蓄膿症の関係

きつい口臭になる原因の1つとして蓄膿症があげられます。
そこで蓄膿症とは、どういう症状や特徴があるのかまたどんな匂いがするのか紹介していきたいと思います。

蓄膿症ってなに?

蓄膿症とは副鼻腔炎と言われるているものです。
始めは風邪の症状と似ており鼻が詰まったり黄緑っぽい鼻水が出るようになります。
これは細菌などが原因で、鼻の中の副鼻腔に炎症が起き膿が溜まってしまう症状です。
腹鼻腔炎には、急性と慢性の2種類があり、急性副鼻腔炎は風邪をひいたときに突発的に起こる症状で、黄緑色っぽい鼻水が出たり、喉に痰のような塊が流れてくる場合があります。
この急性のものが3ヶ月以上続くと、慢性副鼻腔炎になります。
これが蓄膿症と言われる症状で、慢性になるとほっぺたや目の周りなどが痛くなり、ぼーっとしたり頭痛や熱を出す時もあります。
鼻の病気なの口臭と関係ないように思われますが、この蓄膿症がきつい口臭の元になっている場合が結構あります。
膿から臭いが出ることも原因にありますが、蓄膿になると鼻づまりになって口呼吸メインになることが口臭の主な原因です。
これを予防するには、こまめに水分を摂取して、口の中の乾燥を防ぐことです。

蓄膿症になると口臭はどんな匂いになる?

蓄膿症による口臭は、生臭い匂いや腐敗臭などと言われています。

蓄膿症が原因の口臭対策

蓄膿症が原因で出る口臭対策を紹介していきたいと思います。

鼻を温める

鼻づまりの解消法として鼻を温めると言う方法があります。
洗面器に温かいお湯のを入れて湯気を吸い込んだり、温めたタオルを鼻の部分にかけて、鼻の粘膜の血流を良くする方法です。

鼻うがいをする

生理食塩水や専用の洗浄液で、鼻の粘膜についたほこりや細菌などを洗い流す方法です。
このやり方は痛みなどはないので気軽にうがいが行えます。
生理食塩水は、ぬるま湯200CCと塩小さじ半分程度を混ぜるだけで作れます。
逆に水道水を使ってしまうと粘膜を痛める危険性があるので気をつけてくださいね。

ハッカ油を使う

外出時や睡眠時にハッカ油を数滴たらしたマスクの着用をすると効果的です。
ハッカ油はマスクの外側に付けます。
ハッカ油に含まれるメンソールを呼吸をするときに吸い込むことで、鼻づまりを改善してくれます。
マスクの着用ができないときはハンカチなどに垂らしておくと便利です。

口の中の乾燥を防ぐ

口臭対策として口内環境を良くすることも大切です。
そのためには唾液の分泌を増やす必要があります。
簡単にできる方法として水分補給をする事で口の中を潤し唾液量増やすことができます。
また梅干しなど、酸っぱい食べ物を食べると唾液の分泌を促進してくれるので、積極的に食べることも良いでしょう。

蓄膿症の治療をする

どれだけ細かい対策をしても、蓄膿症を治さないと口臭の根本的な改善にはなりません。
蓄膿症の治療は、軽いものなら溜まった膿を吸引して生理食塩水で洗浄する方法や、霧状の薬を鼻から吸い込んで炎症を抑える治療法があります。
このような方法で症状が改善されない場合は、内視鏡などを使った手術をします。

ここではいくつかの蓄膿症が原因でなる口臭対策を紹介してきました。
病院で治療する以外は、どれも一時的しか口臭対策ができませんので、症状などに心当たりがある方は耳鼻科に行くことをお勧めします。

口臭の元である臭い玉(膿栓)の原因と対策

膿栓は臭い玉と呼ばれていることで有名な口臭の原因になるものです。
この臭い玉は米粒ほどの大きさで乳白色の色をしていて、くしゃみなどをしたときに突然喉から飛び出てくることがあります。
この塊は細菌の死骸などが固まっているものなのでつぶしてしまうと悪臭を発します。

膿栓ができる場所

一般的に臭い玉ができるのは喉の左右両側にある扁桃腺にできます。扁桃腺にはいくつもあるのでその穴の中にできてしまいます。
臭い玉は扁桃腺の中の小さな穴に待っていますが、ばい菌やリンパ球の死骸が増えると臭い玉が成長し、穴から出てくることがあります。
臭い玉がどんどん出てくる人は穴の中にくれているので毎日出てくることがあります。
これは扁桃腺だけにできるものではなく、咽頭扁桃や舌根扁桃にもできます。
なので扁桃腺の切除手術を受けても臭い玉が治らないことがあります。
また臭い玉は出てこないけれど、口臭がキツイと思っている方は見えないところに臭い玉が溜まっている場合もあります。
なぜなら、扁桃腺の形など人によって違うため、臭い玉が見える人と見えない人がいます。

膿栓はどんな臭い?

臭い玉の臭いは、よくドブの臭いがするなど言われますが、実際に潰してに臭ってみるととてもひどい悪臭がしてきます。
もし喉から鼻にかけて嫌な匂いがしてくる時は臭い玉ができているかもしれません。

膿栓ができる原因はなに?

臭い玉がどうして扁桃腺などの穴の中にできてしまうのかと言うと、喉の細菌が増えることが原因で発生してしまいます。
呼吸をするときに細菌やウィルスが喉に入ってきます。
そのような外部の菌をなくすために扁桃腺がねばねばとした免疫物質を分泌します。
また細菌が侵入する以外に臭い玉ができる原因は、鼻づまりをした時などの口呼吸・ドライマウス症・耳鼻科の炎症・後鼻漏などが挙げられます。
特に口呼吸やドライマウス症の人は菌が喉に繁殖しやすいので、他の人よりも臭い玉ができやすいです。
健康な人だと、食事をする時や大樹の分泌によって臭い玉が胃に流されていきます。
しかし、口呼吸などをしてドライマウスになると臭い玉を洗い流すことができません。
なので、口呼吸はドライマウスを治さないと臭い玉をとっても根本的な解決にはなりません。
また蓄膿症になると顔の中に膿が溜まっていきます。
海が溜まることで口臭もきつくなりますが、この膿が喉に流れると喉に菌が増えます。
なので蓄膿症の場合はそれを治すことに専念しましょう。

膿栓を取り除くにはどうしたらいい?

臭い玉を見つけると爪楊枝や綿棒などを使って自分で取ってしまおうと思う方も多いと思います。
しかしこのやり方はとても危険なので、絶対にしないようにしてください。
なぜ危険なのかと言うと、扁桃腺を傷つけてしまい炎症を起こしてしまうことがあります。
そして、このようなやり方で取れたとしても、どんどん臭い玉が出てくるので根本的な解決にならないからです。
臭い玉を見つけたらまずは耳鼻科に行ってみましょう。
耳鼻科では、吸引機で臭い玉も吸い取る方法や、扁桃腺の洗浄をしてくれます。
お医者さんによっては、臭い玉はとっても増え続けるのでうがい薬なので予防しましょうと勧められる場合もあります。
このように何度も耳鼻科に通うのがめんどくさかったり、あまりにも臭い玉がひどい場合は、臭い玉ができないように口蓋扁桃を摘出する手術もあります。

上記のような対処をしてもまだ口臭がすると言う方は、まだ見えないところに臭い玉が隠れていたり、他のことが原因で口臭が臭っている場合があります。
そのような時は、他に心当たりがないか探してみるましょう。

心配性の人が体臭が悪化しやすいってほんと?

心配性の方は楽天家の方に比べると体臭が悪化しやすい。と言う記事を先日読んだのですが、これは果たして本当なのでしょうか?

そしてこれが本当なのであれば、どのような仕組みから心配性の方が体臭が悪化しやすくなってしまうのでしょうか。

心配性と体臭の関係

心配性、つまりネガティブな考え方と言うのは体臭に実際に影響を及ぼすと言われています。なぜならば人間が汗をかくタイミングは気温が高かったりスポーツをした時とかだけではありません。強いストレスを感じた時も汗をかくものです。

例えばですが、アルバイトや何か仕事の面接に行く時、多くの方がとても緊張すると思います。もちろん私もその1人です。その時たくさん汗をかきませんか?

私の場合は特に手汗、足の裏、脇の下がとても汗をかきます。このような緊張状態つまりストレスを感じている状態と言うのは、精神性発汗といいます。お馴染みのわかりやすい言い方で言うと、冷や汗も精神性発汗の1つだと言われています。

なお、人それぞれ個性が違い考え方も違ってきますから、同じシチュエーションに遭遇してもどの程度緊張や不安などのストレスを感じるかは人によって違ってきます。なので、比較的あがり症であったり、不安を感じやすい方は冷や汗つまり新京成発汗が多くなってしまい、汗の分泌量が多いが故に体臭が悪化しやすい。と言うことになるのです。

楽天家の人はなぜ体臭が悪化しにくいの?

一方楽天家の方の場合は、心配性の方に比べると精神性発汗の分泌の機会が少ないため、体臭が悪化しにくいと言われています。

これについてはとてもシンプルですよね。

心配性の人は口臭も悪化しやすい

心配性の方と言うのは、実は口臭も悪化しやすいと言われているんです。その理由は、先程の緊張性発汗の時と仕組みが少し似ているのですが、ストレスを感じたとき人間は唾液の分泌量が極端に減ってしまいます。口が渇くため水分が欲しくなりますよね。まさにそれがこのような現象です。

なお唾液と言うのは、口の中のお掃除係のようなものであり、口臭の原因となってしまう口の中の雑菌などを洗浄してくれる働きを持つのです。

その他にも歯周病や虫歯などの原因菌を洗い流してくれる役割を持ったりします。つまり、人前に出て話す場面や、目上の人と会っていて緊張している時などは、唾液の分泌量が極端に減ってしまうため、口の中で臭いの原因となる雑菌が繁殖しやすく、口臭も悪化しやすいと言うことです。

まとめ

心配性の人は楽天家の人に比べると体臭が悪化しやすい。と言うのは、仕組みを見ても事実であることが考えられます。

しかし、要は考え方次第ですので、心配性の性格とうまく向き合うことでこれは改善することが十分可能ですし、汗をたくさん分泌してしまった時は、その後濡れタオルなどで汗をたくさんかいてしまった体を拭き取り、インナーを交換するだけでもまた元の状態にリセットすることは可能です。

また、唾液の分泌量が減って臭くなってしまった口臭については、お茶を飲んだりガムを噛んだりして口の中を再びうるおいのある状態にすることですぐに改善することが可能です。

心配性の方が体臭や口臭が悪化しやすいのは事実のようですが、ちょっとした対策方法をとることですぐに改善することができますので、深く気にしすぎる事は無いのかもしれませんね。

口臭の原因がわからない!いくら歯磨きをしてもだめな人必見

毎日ちゃんと歯磨きをしているのに!糸ようじやマウスウォッシュなどもちゃんと使ってる…。なのになかなか口臭が治らない。ガムを噛んだりブレスケアを使ったりしても、それはあくまでその場しのぎの対策方法。。根本的な原因を改善したいけれどその原因がわからない!

このような時に考えられる「口臭の原因」はいくつかあります。また、口臭の原因にはいくつかあり、それをしっかりと突き止めないと口臭対策の業界の餌食になってしまうことだってあります。

だからこそ、このページをご覧の方には口臭の原因が分からないからといって、むやみに口臭対策アイテムを買い漁ってしまわないように正しい知識を身に付けていただきたいと思います。

口臭の原因を突き止めないとただのお金の無駄になってしまう

口臭対策と言えばちゃんと歯磨きをすることや、食べ物を変えるなど様々な方法がありますが、実はそれらもごく一部のものに過ぎません。口臭には様々な原因があり、その原因に対して適切な対処方法をとってあげなければ一向に口臭は改善されていきません。

すごく大雑把な例えですが、例えば頭皮ケアをしたいと考えている方が、頭皮ケアに効果的なシャンプーもしくはその他のアイテムを購入せずに、めちゃくちゃ高いトリートメントなどを購入したとしましょう。トリートメントはそもそも頭皮に良い影響もたらすものではなく、髪の毛の状態を整えてくれるものです。なのでいくら高いものを使おうがそのトリートメントを使ったところで永遠に頭皮ケアは行えません。 これと同じで口臭対策も間違った方向性で力を注いでしまうと、単なるお金と時間と労力の無駄遣いとなってしまいます。

口の中のオーラルケア不足以外に考えられる口臭の原因

口の中で起こっている事以外に考えられる口臭の原因は意外とたくさんあるんですよ。

有名なのが膿栓です。これはいわゆる喉の奥にできる膿の白い塊のことをいいます。別の言い方では臭い玉とも言われます。

自分に限ってそんなものはないだろうと思われがちなのですが、いくら歯磨きをしてもだめ。このような方が鏡で喉の奥をチェックすると、大体長年蓄積された大きな白い膿栓が発見されるそうです。

実際に指で触ってみてその匂いを嗅ぐと、長年悩まされていた口臭と全く同じ匂いに感じます。

ではこの膿栓はどうしたら良いのかと言うと、膿栓を指でぎゅっとしてみます。たったこれだけです。まるでニキビを潰すような感覚で膿栓をつぶしてしまえば良いのです。しかし、話によるとこの膿栓はしばらくするとまた再生するそうです。結局はいたちごっこになってしまい、これを根本的に対策する方法は今もはっきりとはわかっていないそうです。ただ原因の1つとしてこういったものもあると言うのは知っておくと便利かもしれません。

腸内環境の悪化も口臭の原因に

これは特に女性に多い口臭の原因なのですが、慢性的な便秘に悩まされていませんか?実は腸内環境が悪く便秘の状態だと口臭が悪くなってしまうことがわかっています。

便秘の状態と言うのは、あの臭い排便がお腹の中に必要以上に滞在していると言うことです。これは次第にお腹の中で腐っていきもともと臭いものよりもはるかに臭い悪臭物質を生み出します。便秘の時におならが究極に臭くなってしまうのもこれが原因です。おならが臭くなってしまうのも十分に嫌な話ですが、これが慢性化すると体内から逆流して口臭として外に出てしまうことがあるようです。

なのでもしも慢性的な便秘がある場合は、この便秘を解消することで口臭も次第に落ち着いてくるかもしれません。

その他に考えられる口臭の原因

いくらオーラルケアを行っても口臭が改善されない。どうしたら良いか分からない。このような状態の時に考えられる口臭対策としては先ほどお伝えした膿栓と腸内環境の改善が効果的な場合がほとんどです。ですがそれ以外にもいくつかの原因が存在します。いくつかあるので一覧にしてまとめてみました。

  • 後鼻漏(鼻水がのどに落ちてくる症状のこと)
  • 副鼻腔真菌症(鼻の奥にカビが繁殖してしまう症状)
  • 歯性上顎洞炎(虫歯などの細菌が上顎洞に入って炎症を起こすこと)
  • 口の中の渇き(アルコール入りのマウスウォッシュを使ってたり、口呼吸の癖がある方)
  • 内臓の病気(肝臓や腎臓など)

これらのことも原因として考えられます。

これほどにもたくさんの口臭の原因があるとなれば、テレビコマーシャルで放送されているような口臭対策アイテムだけではどうにもならないことがお分かりいただけたかと思います。

例えば病気が進行していることが原因で口臭が発生している場合は、間違いなく目先の口臭対策で口臭が治るわけがありません。むしろいくら口臭対策として考えられることを行ってもどうにもならないと言う場合は、体の内側で何らかのトラブルが発生していることも考えられます。場合によっては病院に診てもらった方が良い場合もありますので、可能性があると直感で感じた場合は病院に行くことも1つの手段です。

口臭の原因がわからない!歯磨きしてダメなら次はこれ

口臭がしないように朝と夜きちんと歯磨きをして、糸ようじもして、中にはマウスウォッシュで徹底する方もいらっしゃるでしょう。ですが、そこまでしてるのになかなか口臭が改善されない。そういった場合に考えられる事はいくつかあります。

その中でも歯磨きをしてもダメだ!と言った時に次に考えたいのは、舌苔です。
舌苔とは、舌の表面にあるあの白いやつです。
ちょっと汚いですが、舌の表面を人差し指の爪で軽く削ってみて下さい。
舌のケアがきちんとできていないと、爪の隙間に大量の舌苔が付着するでしょう。
この舌苔と言うのは、口臭のほとんどの原因とも言われています。
ですが、あまり必要性を感じない方も多く、正しいケアをしている人は意外と多くないのが現実のようです。
このほかにも考えられる原因はいくつかあるのですが、ここではそういった内容を主に特集し、具体的にどうすべきかをまとめていきたいと思います。

歯磨きだけじゃだめ!舌のケアも大切です

少し前の私も、舌のケアの重要性を知らずに、舌苔を放置していました。
実際やってみるとすごく簡単なのですが、なんとなくめんどくささを感じてしまう作業でもあります。
この舌苔は、口内細菌の死骸や食べかすなどが集まった結晶とも言われています。なので相当汚いです。
ドラッグストアなどに行くと、舌苔をケアするための専用のブラシなども安価で販売されています。この内容を知ってから私もこまめにケアしていますが、結構口臭は改善されますよ。
まだ、普段使ってる歯ブラシでもいいんじゃないの?私も最初は思ったのですが、普通の歯ブラシでやってしまうと舌の表面を傷つけることになってしまい、逆に口臭が悪化する要因となるんだそうです。
また、ゴシゴシ掃除しちゃうのもあまり良くないそうですので、舌苔ケアを行うときは、専用のブラシで優しく行うようにしてくださいね。

オーラルケアはバッチリなのにまだ口臭が改善されない

「オーラルケアバッチリだよ!それでも口臭が改善されないのはなぜ?」
こんな時に考えられるのが内臓のトラブルです。内臓の働きが低下してしまうことや、内臓が何らかの病気に侵されている時などは、体の奥深くからヘビーな口臭が発生すると言われています。
毎日お酒を飲むような習慣がある方は、肝臓を休ませてあげるためにも休肝日を作ってあげたり、腸内環境が悪くて便秘になりがちだと言う方は、ほうれん草や大豆、もやしなどの食物繊維が豊富な食べ物を習慣的に取り入れ、便秘を改善してあげるだけでも違ってきます。
また内臓が何らかの病気に侵されている場合は、ちょっとした対処方法ではどうにもなりませんし、もしかすると重病が深刻化している証拠かもしれません。
こういった可能性も考えられるため、内臓のトラブルが疑わしいと言う場合は念のためお医者さんに診てもらうことをお勧めします。

口臭の原因がわからないときの対処法まとめ

口臭の原因は細かく見ていくと非常に複数の種類があります。
でもまずは、お口の中の状態を整えることが先決で、それでもダメなら内臓部分を疑う。といったように、段階を踏んで口臭の原因を探ってみてください。
口臭の原因によって対処方法が変わってくるため、口臭対策をするためには、まずは口臭の原因をきちんと突き止めなければいけません。それをせずに安易に口臭に良いと言われているアイテムを購入してばかりでは、お金の無駄になってしまうことも考えられます。
お金の無駄にならないためにも、無駄な時間や労力をかけないためにも、口臭の原因を付き止めることに時間を使うのが最も良いのではないかと思います。
なお、口臭の原因に関して詳しく特集しているページがこちらになります。
口臭の原因を徹底解説!詳細を見てみる

唾液が臭い!原因と対策方法まとめ

唾液はそもそも良い臭いではないとわかっていますが、極端に臭いと異性とのスキンシップの際にコンプレックスとなりかねません。また口臭の原因となってしまいますから、できることなら改善したいですよね。

このページでは唾液が臭くなってしまう原因や、臭いの正体、また自分でできる対策方法などを特集していきたいと思います。
その前にまず、そもそも唾液って何なのか?といった部分について簡単におさらいしていきたいと思います。

知ってるようで知らない唾液について簡単におさらい

唾液は常に私たちの口の中に存在し、分泌されては飲み込んで送り返していますよね。実は唾液はいちにちあたり1リットルから1.5リットルほど分泌されていると言われています。
この何気なく存在する唾液は、実は私たちの人体にとって大きな良い役割を果たしてくれているんです。
具体的には以下のような役割を持つと言われています。

  • 口の中をきれいに掃除してくれる
  • 口内環境を整えて口の中の病気を予防してくれる
  • 雑菌やウィルスの増殖を防ぐ
  • ドライマウスを防ぐ
  • 食物の分解や消化をサポート
  • 虫歯予防
  • 食べ物の味をより感じやすくする
  • 滑舌を滑らかにしてくれる

こういった役割を果たしてくれるのが唾液です。
今まで我々にとって何気ない存在でしたが、こう見るとなくてはならない存在であることがわかります。

唾液が臭くなってしまう原因

先程の内容を見る限り唾液は我々にとって必要不可欠な存在ですが、そんな唾液が臭いとなるとちょっと厄介ですよね。そうなってしまう原因についてみていきたいと思います。
唾液が臭くなってしまう原因として考えられるのはこれらです↓

  • 歯周病
  • 虫歯
  • 歯垢
  • 舌苔
  • 唾液の分泌量低下

などが考えられると言われています。
これだけ見てもわかるとおり、口の中のオーラルケアがきちんとできていれば、唾液が臭くなってしまう原因のほとんどを食い止めることができることがわかりますね。

唾液の臭いの正体

普段さほど強烈な臭いでは無い唾液が、上記のようなことが原因で臭くなってしまうことがわかりました。
では、唾液のニオイを臭くしている成分の正体は何なのか見ていきましょう。
その正体は

  • 硫化水素
  • メチルメルカプタン
  • ジメチルサルファイド
  • アンモニア

これらの成分です。
そう言われてもなかなかぴんときませんよね。
簡単に言うと、これらは、口の中の死んだ細胞やタンパク質の成分、口の中の皮膚の細胞、歯垢に含まれるものなどだということがわかっています。

唾液の臭いの悪化には病気が関わっていることも

ここまでの内容にプラスしてお伝えしておきたいのが、唾液が臭くなってしまった場合、それには病気が関係している可能性があるということです。
具体的にどのような病気が関連しているのかと言うと

  • 蓄膿症
  • 糖尿病
  • 呼吸器系の疾患
  • 消化器系の疾患
  • 肝臓または腎臓の疾患

などです。
特に、糖尿病や内臓系の病気は直接的に口臭に大きく影響及ぼすと言われていますので、急に口臭が悪化した。と言う場合は病気そのものに警戒したほうが良いかもしれません。

唾液の臭い対策

ここまで、唾液が臭くなってしまう原因や、その正体等について見てきました。中には病気が関連するものもあると言うことから、これから紹介する内容で全てをカバーできると言うわけではありませんが、身近にできるものとしてまず最初に行いたい唾液の臭い対策を紹介します。
その時のポイントとしては、

  • 唾液の分泌を促すこと
  • 口の中を清潔にすること
  • 口内環境を酸性から中性に変えること

これらが重要です。
では具体的にどんなことができるのか見てみましょう。

  • ストレスをコントロールする
  • ガムを噛む
  • 深呼吸をする
  • 笑う
  • オーラルケアを徹底する
  • こまめにうがいを行う

などが挙げられます。
特にオーラルケアの徹底や、常に唾液の分泌を促すことなどがポイントだと私は考えています。
このようなちょっとした対策でも唾液の臭さが解消されない場合は、原因が深い部分にあるかもしれないので、念のため内科もしくは内分泌系のお医者さんに診てもらった方が良いかもしれません。

体臭の原因になる食べ物は普段食べてる“アレ”だった

特に夏の暑い時期などに、普段よりも汗をたっぷりと書いて、自分の体臭がいつも以上に気になるような経験はなかったでしょうか?そんな時はデオドラントなどをこまめに使っていても、本当の意味でにおいがかき消されているわけではないので、残念ながら、完全には体臭を消したことにはなっていません。
私たちの汗が出る元には2種類あり、体中にある”エクリン線”という、ほとんどにおいを出さない汗を出す部分と、主にわきの下などにある、”アポクリン線”といわれる、油っぽい汗をだす部分があります。

私たちの体臭として現れるのは、後者のほうです。その汗の原因の1つに、食べ物が深くかかわっています。

あなたの体臭も、もしかすると、食べ物が原因かもしれません。

ここでは、体臭に悩む方に向けて、体臭の原因となる食べ物や、逆に体臭を改善させる食べ物などの、「体臭と食べ物の関係」についてまとめています。

体臭を改善したい!という方は是非参考にしてみてくださいね^^
ではまずは、体臭の原因となる食べ物から見ていきましょう!

*体臭の原因となる食べ物

体臭の原因となる食べ物には、大きく分けると、4つあります。
1、においがきつい食べ物

主に香辛料やにんにくなどを指します。それらの”においのきつい食べ物”はきつい体臭や、口臭の原因となります。

2、肉類

肉を頻繁に食べる方は、野菜を多く食べる方に比べて、体臭がきついという報告があるようです。これは、肉には消化にかなりの時間がかかり、胃の中に長い間とどまってしまうことによって、体内で腐敗し、それが、口、汗、便のにおいを悪化させるようです。

3、アルコールとカフェイン

これらは食べ物ではありませんが、体臭をきつくしてしまう原因となるため念のため書いておきます。アルコールとカフェインは、直接的に体臭と大きな関わりがあるため、できるだけ摂取しない方が良いでしょう

4、トルメチルアミンを作り出すような食べ物

これはあまり耳にしないことが多いかと思いますが、わかりやすく言うと、この成分は魚などに多く含まれています。結果としてそういったものをたくさん食べすぎてしまうと、まるで魚のような体臭を発生する原因になってしまうようです。
以上の食べ物が、私たちの体臭の原因となります。ここにまとめたような食べ物を普段の食生活で頻繁に食べると言う形は、それが体臭の原因となっている可能性が高いため、食生活の改善をお勧めします。

しかし、身近な食べ物の中にも、体臭を悪化させる原因となるものばかりではありません。逆に体臭を改善させてくれる効果のある食べ物もたくさんあるんですよ。次のページでは体臭を改善させてくれる効果のある食べ物をまとめていきます。
*体臭を改善させる効果のある食べ物
1、玄米や生野菜

タンパク質が豊富に含まれている玄米は、体臭を作り出さない食べ物として有名です。また同じことが生野菜にも言えます。これらの食べ物は体臭を作り出さないものであるだけでなく、私たち人間の健康全般に効果が高いものですので、積極的に摂取することをお勧めします。

2、白身の肉

同じ肉でも、赤身ではなく主に鶏肉等といった白身の肉を食べることによって、体臭を抑える効果があります。

牛でもなく、豚でもなく、鶏を食べることで、嫌な体臭を抑えることにつながります。

3、果物

そもそも果物には体臭の原因となるような成分があまり入っていないため、食べたところで体臭につながる事はほとんどありません。スーパーに売られているような身近な果物はほとんどそれに該当するため、果物などを積極的に取り入れるのも良いでしょう。

私たちが普段目にするような身近な食べ物にも、体臭を悪くするような原因となる食物や、体臭を抑える働きのある食べ物など、さまざまあります。

それぞれの食べ物の特徴を抑えて、体臭が悪化しない食生活を心がけて体臭を改善していきましょう。

*まとめ

ここでは、体臭を悪化させる原因となる食べ物、体臭を抑える働きのある食べ物についてまとめました。体臭のなかでも、汗の臭さに悩んでいる方、それは食べ物が深くかかわっている可能性が高いので、心当たりがある場合は、ここにまとめたことを参考にし、食生活を改善してみてはいかがでしょうか?

12種類の口臭の原因の中には病気や体調不良も関係していた

口臭の原因と言えばどんなものを思い浮かべますか?

一般的に口臭と言えば寝起きの口の中の乾燥歯磨き不足食べ物によるもの。

などが出てくるかと思います。

 

もちろんこれらも立派な口臭の原因です。

でも、実はもっと細かく見てみると口臭の原因はもっともっと多く存在します。

中には内臓の病気に関わる口臭もあるんですよ。

この記事をご覧の方の中には、ちゃんと歯磨きや糸ようじもしてるのに、なんか口臭が生臭い。。

といったような悩みをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

もしかすると、このページでご紹介する口臭の原因のどれかに、思いもよらぬ口臭の原因が当てはまっている可能性があります。

また、口臭対策をするならば、まずは口臭の原因がどれに当てはまるかをきちんと把握する必要があります。

このページでは口臭の原因を幅広く特集していますので、原因不明の口臭に悩んでおられる方はぜひチェックしてみて下さい!

口臭の原因の種類

口臭の原因には口の中から発生しているものや、体の中の奥深くの内臓部分が病気になっている場合や体調不良によるものもあります。

ざっくり分けるとこのような感じです。

口から発生する口臭の原因

  • 舌苔
  • 歯垢
  • 歯周病や虫歯
  • 扁桃腺

体調不良や病気による口臭の原因

  • 風邪
  • 肝臓
  • 腎臓

その他の口臭の原因

  • ストレス(ドライマウス)
  • 甘い飲食物
  • タバコ

・・・ざっと並べただけでも、なんと12種類もの口臭の原因があることがわかります。

それでは上から順番に書く口臭の原因について詳しく解説していきたいと思います。

口から発生する口臭の原因

まずは口の中で発生する口臭の原因について上から順番に見ていきたいと思います。

舌苔

舌苔(ぜったい)は舌を出したときに見える白いやつです。

なんと一般的な口臭の原因物質のほとんどが舌の上で作られていると言われており、舌苔が深く関わっていると言われています。

突然ですがここで、手の甲を軽く舐めて唾液がついた部分に息を吹きかけて、乾かした後その部分の匂いを嗅いでみて下さい。

舌苔のお掃除が不十分だとおそらく臭い匂いがするかと思います。

これは、舌苔の上にできた揮発性硫黄化合物と言う物質が唾液に混ざり合うことが原因となっています。

ちなみに、揮発性硫黄化合物は、口内細菌がタンパク質とアミノ酸を分解して作られます。

そして、主な口臭の原因物質はこの揮発性硫黄化合物だと言われています。

なお、舌苔は口の中の死んだ細胞や体の新陳代謝によって剥がされた粘膜皮膚上の細胞、食べかすなどが舌の上に溜まったものだと言われています。

それが舌の上で、白くなって現れるワケです。

歯垢

歯垢と言えばほとんどの人がご存知かと思います。

最近では、歯垢をプラークとも呼びます。

実は歯垢の中にはたったの1ミリグラムの中におよそ100億以上の細菌が含まれていると言われています。

 

歯の表面を少し爪で引っ掻いただけでも、1ミリグラムの歯垢はあっという間に取れると言われていますので、口の中全体で見るとどれだけの歯垢がいるんだと言うことになります。

この歯垢の中に潜む細菌たちが口の中の食べかすなどを餌にして増殖し、臭いを発生させます。

虫歯

もしも虫歯が深い部分まで行ってしまうと中でプラークが発酵して悪臭を発生させると言われています。

また、虫歯の進行具合によっては歯の神経を腐らせている場合もあります。歯の神経が腐るとそこから口臭が発生します。

そして歯の神経が完全に死ぬと神経の空洞部分に口内細菌が増殖し、歯のの根元部分に膿ができます。

それがやぶけると口の中に悪臭が漂うと言われています。

 

あと、虫歯が歯茎を腫らせることによって口臭が発生するとも言われています。

こうなると歯茎の周りが不潔になってしまい出血し、血の匂いをした口臭がすると言われています。

歯周病

歯周病は歯槽膿漏とも言われていますが、歯周病が悪くなっていくと歯を支える周りの骨が溶けて膿ができます。

この状態になると口臭が強烈になると言われています。

扁桃腺

よく風邪をひいて病院に行くと、扁桃腺が腫れている。なんていいますが、扁桃腺は口臭と大きく関係があるようです。

というのも、扁桃腺と言う場所ではリンパ球と細菌の戦いが日々繰り広げられています。

 

そして両者の死骸は扁桃腺の表面にたまっていき、両者の死骸が溜まって固まったものを膿栓もしくは臭い玉と呼んだりもします。

この膿栓に口内細菌が集まりそこで活動することによって口の中に悪臭のガスを作り出します。それが口臭の元となるんですね。

 

これは咳などで口から出ることもあるのですが、もし扁桃腺に膿栓が溜まった状態だと扁桃腺から臭い口臭が発生すると言われています。

体調不良や病気による口臭の原因

体調不良や内臓の病気などは口臭を悪化させるとも言われています。

内臓の病気に関しては病院で治療を受けた方が良い場合も出てきますので、その原因が怪しいと言う方は要チェックです。

風邪

少し前の段落で扁桃腺による口臭の話がありましたが、風邪などの体調不良になってしまうと、扁桃腺での戦いが通常よりも激化し両者の死骸が増えます。

 

つまり膿栓が増えると言うことになりますので、その分膿栓に群がる口内細菌もそれだけ多く増殖しますので口臭が悪化します。

胃が原因の口臭には以下の病気が考えられます

  • 胃炎
  • 胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃ガン

これらの病気が原因の口臭の特徴は、卵が腐ったような臭い、またはドブのような臭いという表現もされます。

実際に私はこの口臭を嗅いだことがあるのですが、面と向かって話していると100パーセントその人は気づきます。

それぐらい口臭が強力です。

ただ、どれも特徴として腐った卵のような匂いがすると言う似た特徴を持つので、どんな匂いがどの病気と言うのは判断しにくいかと思いますが、この口臭の場合はどちらにしても病院へいかれることをお勧めします。

肝臓

肝臓と言えば飲んだお酒を処理してくれる臓器として有名ですが、その通りで、肝臓は体の中で発生した有毒物質を無力化させる働きのある重要な内臓です。

 

そんな内臓の働きが低下すると有毒物質が体の中に残ってしまい口臭の原因となるようです。

腸が原因の口臭の場合はそのほとんどが便秘が関係していると考えられています。

本来排出されるはずの便が排出されない状態だと腸内環境で腐ってしまい悪臭物質を放ちます。

それが体内を逆流して口から出て口臭となるようです。

腎臓

腎臓は尿を作る部分の内臓になります。

もしも腎臓の働きが低下してしまうと尿の元である尿素が体の中で溜まってしまい悪臭を放ちます。

 

尿はアンモニア臭がするといますが、その元となる尿素が体内にとどまって悪臭を作り出しているため、腎臓が原因の口臭の場合はまるで尿のようなアンモニア臭い口臭になります。

その他の口臭の原因

それではここからは“その他の口臭の原因”について見ていきます。

ストレス

ストレスと口臭は一見関連性がないように思いますが、ストレスを感じると口の中が乾く関係で口臭が悪化すると言われています。

例えば発表会や会議などで極度の緊張感を覚えたときに口の中がカラカラに乾いてしまった。

このような経験をされた事はないでしょうか?こういった口の渇きが口内細菌を増殖させ口臭を悪化させる原因となるようです。

 

なお、これについて詳しく見ていくと、まず人間はストレスを感じると唾液の分泌つが通常の時よりも30%程度低下すると言われています。

ご存知の通り唾液の分泌は意図的に行えるものではなく、自律神経によってコントロールされています。

そんな自律神経はストレスによって大きく乱れてしまうため、極度のストレスを感じた状態だと自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまい、交感神経(興奮状態にあるときに優位になる神経)が優位になってしまい、唾液の分泌が抑えられてしまうんです。

 

そして口の中が乾きドライマウスの状態になるため、口の中に口臭を発生させる雑菌が繁殖しやすくなります。

ちなみに、緊張や不安だけでなくイライラといったストレスも口臭が悪化してしまう原因になります。

甘い飲食物

甘い食べ物や甘い飲み物を飲んだ後に口が臭くなった経験はありませんか?

それらの喰べ物や飲み物を口にした後は、その直後は確かに甘い香りがするかもしれませんが、しばらくたつと何故か臭い口臭に変わっています。

 

なぜこうなってしまうのかと言うと、通常であれば甘い食べ物や飲み物が口の中に入った後も唾液が分泌され舌の動きによって唾液の流れを発生させ、飲食物の甘味成分をきれいに洗い流してくれます。

 

そして口の中で唾液がうまく回ることでやがて飲食物の甘みはなくなっていきます。

もしもこの時に口の中で長い間甘い味を感じるようであれば、口の中での唾液の流れが悪くなっていることが考えられます。

もし口の中で唾液がうまく回っていないと口の中の甘味成分をいつまでも流し切ってくれないので、口の中がなかなか中和されず口内環境が酸性の状態に傾きます。

私たちの口の中は中性、アルカリ性、弱アルカリ性、酸性のどれかになるのですが、中世もしくは昔アルカリ性の状態であるうちは口臭も発生しにくい状態です。

一方酸性化アルカリ性に傾いてしまうと口臭が現れてしまうんです。

 

飲食物の甘味成分が口の中に残った状態と言うのは先ほどお伝えしたように口の中が酸性の状態になってしまうため口臭が発生しやすいんです。

 

仕事が終わって疲れている時、朝目覚めたばかりの時に甘いものを食べると口の中に唾液が十分にないため口臭が現れやすいのですが、それも上記のような仕組みが関係していたんです。

タバコ

タバコを吸った後の口臭が臭いと言うのは誰もが知っている事ですが、なぜタバコを吸うとと口臭が悪化してしまうのか?と言う部分についてみていきたいと思います。

これにはタバコに含まれるタールとニコチンと言う成分が深く関係しています。

タールこの成分は俗に言うヤニと呼ばれる成分です。

 

タールはそれ自体が独特のきつい臭いを発生させます。

そしてこの成分の中にはベンツピレンやアミン類などのたくさんの物質を含んでおり、口の中に入った後は舌、歯、歯垢などに付着します。

 

このようにして口の中の様々なものに付着した後もタールそのものの独特の香りが残ってしまうため、それが直接的な口臭の原因となります。

また、タールは口の中だけでなく、肺、胃などにも付着しますので、口の中を清潔にしたところで体の奥深くからタールの匂いが発生してしまうと言われています。

ニコチン

これはタバコへの依存性を引き出す働きがあるもので、私たちの中枢神経に作用する成分なのですが、このニコチンの働きによって毛細血管の収縮や血圧上昇などが発生します。

こうなるとどうなるかと言うと、口の中の血液循環も機能が低下してしまい、そして唾液の分泌量が低下してしまうんです。

そして、口の中の酸素濃度が低下し活発になった雑菌たちが歯垢などを分解するため揮発性硫黄化合物が発生しあのきつい口臭が発生します。

一酸化炭素

タバコによる口臭の原因は代表的なタールとニコチン以外に一酸化炭素も関係しています。
一酸化炭素と言うのは血液中の酸素を運んでくれる働きがあるヘモグロビンと言う成分と強く結びつくので、一酸化炭素が体の中に入ると体内の酸素が急激に低下してしまうんです。

 

この現象は口の中の酸素濃度を低下させることにもなるため、ニコチンの時と同様揮発性硫黄化合物が口の中に発生してしまい口臭を引き起こします。

タバコを吸うことによって口が臭くなってしまうのは、ただ単に煙による影響だけではなく体の中の深い部分から口が臭くなってしまう仕組みを作り出しているからなんです。

口臭の原因まとめ

ここではさまざまな口臭の原因について見てきました。

一般的に歯磨きが不十分。で片付けられがちな口臭ですが、実は体調不良や病気などの体の深い部分にも関わりがあったんですね。

 

口臭の原因がこれだけ多くあるが故に、口臭対策も歯磨きを丁寧にしたり、糸ようじをしたり、マウスウォッシュを使ったりするだけでなく、原因に合わせた的確な口臭対策を取る必要があることがわかります。

口臭を改善する際は、口の中だけを見るのではなく、体の状態や生活習慣なども見直す必要がありそうです。