口臭が原因で起こったトラブルについて書きたいと思います。

 

私が経験したのは、当時お付き合いしていた女性からキスをしてもらえないというものでした。

あまりキスをしたがらなくなったので、最初は、

「これは別れる前の兆候なのでは?」

と思っていました。

そのキスをしない期間が結構ながく続いたので、思い切って尋ねてみました。

そうすると、返ってきた答えは

「口臭がキツイから嫌だ」

という返事でした。

全く持って、そんなことは予想だにしていませんでした。。

 

…ということは、他の人たちからも口臭がキツイと思われていたのかもしれません。

一般的に、口臭について直接伝えることは気が引けて言いにくいことです。例えば、フケが凄いとか、ワキガがキツイとかも言いづらいです。

自分は、清潔だと思っていたために、結構ダメージもありました。

私は、一体なにが原因なのだろうと考えました。

 

原因は「蓄膿症と虫歯」

私は以前、蓄膿症を患っていました。その「膿」が原因で、息が臭くなるということは聞いたことがありました。

なので、耳鼻科へ行き、鼻の薬をもらったりしました。ですが、特に効果は見られませんでした。

 

次に、歯科へ行くことにしました。歯石が溜まることが、口臭の原因というのも耳にしたことがあったので、歯石取りに行こうと考えたのです。

口の中を病院で診てもらうと、虫歯があると言われました。

「そうか、虫歯が原因だったのか」とうなずきましたが、治療はまた今度でいいとか、意味不明なことを告げられて、歯石だけを取って治療は終了しました。

それで、3000円ほど取られてしまい、なんだか損をした気分になりました。

また、なぜ虫歯といいながら治療をせずに終わったのも疑問でした。
仕方がないので、自力で口臭を防ぐ方法を調べることにしました。そうすると、歯磨き粉を遣わずにブラシだけで歯を磨くと綺麗になる、という話を見つけました。

歯磨き粉には、殺菌作用があるわけでもなく、ただミント感で口の中がスッキリした感じになるだけという解説がありました。

私は納得できたので、それを実践しました。

また、食べたらすぐに磨くという習慣も身に付けました。そうすると、口臭を言われなくなりました。

ようは、歯の磨き方を間違っていたのです。寝る前に一回という回数も少な過ぎたのです。

解決法が分かって、よかったです。