体臭体験談

外国人の同僚の体臭

私の職場の同僚にロシア人の母親とフィリピン人の父親を持つハーフの男の子がいます。
私たちの仕事はいわゆるブルーカラーの、体を動かす仕事ですので、暑くなると必然的に汗が大量に流れます。
仕事の中には接客の業務があり、その時には至近距離でお客様とお話をしなければいけません。
ですので、職員は皆がなるべく自分の体臭や口臭については気を遣ってケアをしています。
ところが、その外国人のハーフの男の子に関しては生来的なものなのか、若しくは食文化や習慣によるものなのか、かなり強めのエスニックなにおいの体臭が夏に限らず1年中しています。
そのことについてお客様から直接指摘されたことは今のところありませんが、他の職員たちも皆が気づいていることですので、私は現場の責任者として何とか改善したいと考えていました。
相手が外国人ということもあって、あまり露骨に彼に体臭のことについて注意すると「差別」や「パワハラ」を受けているという意識を持たれかねない繊細な問題ですので、私はだいぶ苦心しました。
彼の仕事ぶりは大変真面目で、日本の企業文化にも謙虚になって理解を示してくれていて、そもそも仕事のことについて注意したことなど今までにありませんでした。

制汗スプレーの習慣化

さてどうすればいいのだろうと考えていたところ、スプレーすると身体がひんやりする「冷却スプレー」という商品をドラッグストアで見つけました。
そこで私は考えて、まずは「身体を冷やす」という名目で全職員に「冷却スプレー」の使用を励行しました。
当然、外国人のハーフの彼も周りにつられてそのスプレーを使うようになりました。
数週間、「冷却スプレー」を使い続けて当たり前のように職員たちが現場に出るたびにスプレーをする習慣ができてから、私は「体臭を抑える」ための制汗スプレーを取り入れて、「冷却スプレー」と同様に使用することを皆に促しました。
その結果、どうなったでしょうか。
やはり数日くらいしてからハーフの彼も周りを見てしっかりと制汗スプレーを使ってくれるようになりました。
そして確かに以前に比べると彼からキツい体臭はしてこなくなったように思います。
しかし、あくまで臭いを一時的に誤魔化しているような感じがするのは否めません。
やはり彼の場合は体質的なことが原因なのかもしれません。
それでも諦めるのではなく、こまめに体臭を抑えるケアをさせるように私は今後も苦心して参りたいと思います。

順調だったデートが台無し・・ワキ汗パッドの悲劇!

念願のデートでワキ汗対策も万全に!

独身の頃、ずっと片思いしていた彼とデートした時の話です。
もともとワキ汗の量が多めな私ですが、緊張するとさらに汗をかくタイプです。
念願のデートでワキ汗対策を万全に行ったのは言うまでもありません。
その頃、よく使っていたアイテムはワキ汗パッドで、小さなシートを服に付けて、ワキ汗を吸収させるものでした。
いつもより汗をかきそうな予感がしたので、念のために2枚重ねて付けて、ワキ汗を気にせずに済むようにしました。
ですが、その2枚重ね作戦が裏目にでて、あんな悲劇を招くとは思いもよりませんでした。

デート中はワキ汗パッドより制汗剤がベスト

遊園地に出かけて楽しい時間を過ごし、夕方になって、最後に観覧車に乗ろうという話になりました。
その頃には緊張感もほぐれ、ワキ汗のことなどすっかり忘れていたのです。
ところが、観覧車に乗ってすぐ何かがパサッと落ちたと思ったら、なんと乾いたワキ汗パッドだったのです。
普段よりも動いたせいか接着性が弱くなり、2枚重ねした上の部分が剥がれて落ちてしまいました。
彼は最初落ちたものが何なのか分からなかったようで、私もすぐに回収しましたから、それ以上突っ込まれることはありませんでした。
でも、真っ赤になって半泣きになっている私を見て、見てはいけないものを見たのだと感じたようでした。
あれほど気まずい空気で観覧車に乗ったのは初めてで、1周するのがどれだけ長い時間に感じたことか・・。
大事なデート中は万が一のことを考えると、ワキ汗パッドよりも制汗剤を使ったほうが良いと痛感させられたのです。

ワキ汗アイテムはシーンごとに使い分けを!

この悲劇があってから、ワキ汗アイテムはシーンごとに使い分けたほうが良いと感じました。
ワキ汗パッドは瞬間吸収してくれるので安心ですが、小まめに取り換えないと臭いは防げません。
長時間だと取れてしまうこともありあますが、普段用なら使いやすいアイテムです。
でも、ビジネスやデートの時は臭いも気になりますし、落ちないように気をつけなくてはいけません。
直接ワキに塗る制汗剤のほうが、このような不安感なく使えるのではないかと思います。
私と同じような苦い経験をしないように、どうか気をつけてくださいね。

臭いのせいで恥ずかしい思いをした合コン

トラブル

大学を卒業してから、社会人として働き始めた時のことです。
私は、大手企業に就職し、いわゆる普通のサラリーマンとして働いていました。
就職してからしばらくしてから、会社内でコンパがありました。お店に入り、そこには女性が数人いて男女交互に座る形で軽い談笑をしながら楽しい時間は過ぎて行きました。

コンパが始まって、1時間が経過した頃に席替えがあり、私の隣に座っていた女の子がすぐに席を立ちました。
その時は何も気づかなかったのですが、席替えだというのに誰も私の隣に座ろうとしてくれません。
何か違和感を感じて、いたたまれなくなり用事があると言って、店を出ました。
同僚が後から追いかけてきてくれ、どうしたの?と事の真相を聞いてくれ、先ほどまであった違和感を話しました。
すると同僚は、言いづらいんだけどさっきトイレで女の子がお前のワキガ疑惑について話していたよというのです。

自分では全く気づかないのですが、どうやら私の脇はものすごく臭いらしく臭い耐えられなくて、女性が隣に座りたくないということがわかりました。
それからというものひどく落ち込み会社にはいくのですが、脇のことばかり気になり、仕事に集中できなくなっていました。

ワキガ対策

このままではいけないと思い、ネットで調べてワキガ対策のクリームを買うことにしました。
これが結構よくて、塗ると1日は持ってくれ、悩みは解消されたかに見えました。
しかし、結局のところクリームを塗るのをやめてしまうとまたあの強烈な臭い出てしまうのかと思うと。

やるせない気持ちになってしまう自分がいました。
クリームは結構な値段もしますし、人と会うことが多いのでほぼ毎日のようにつけているのにもめんどくささが出てきてしまいます。
そこで、友人に相談したところ思い切って手術してみたらどうか?ということで手術に踏み切りました

ワキガの手術を思い切った結果

実際にワキガの手術をして、数ヶ月経ちますが、今までの悩みが完全に解消されました。
実際にニオイの原因となるものを取り除いてもらい、汗も出にくくなり非常に快適に過ごせています。
また、ワキガ事件以来行ってなかったコンパにも参加できるようになり本当に手術して良かったと思っています。

突然指摘された自分の体臭

自覚がなかったワキガが発覚

私が大学生のころのことの話です。
焼き肉屋でアルバイトをしてたのですが、
バイト仲間たちはほとんど同世代の学生ばかりでみんな仲が良く、和気あいあいと仕事をしていました。

そんな中、同じくらいに入った同級生のバイト仲間(女の子)と急速に仲良くなり、お互い一人暮らしなのでバイトの帰りには家に泊まったり、ご飯に行ったりと、学校の友達以上に毎日のように絡むようになりました。
そしてとある日、彼女の家に泊まりに行ったのですが、着替えを忘れたのでなにか服を貸してくれないかお願いしたのです。

するとショックな言葉が・・・
「えー、だって○○ちゃんワキガじゃん!!」

今まで気づきもしなかった自分がワキガだったということをさらっと言われて
女友達だからいいけど、男の子からもそう思われてるのかなと考えた途端、とても恥ずかしくなりました。
幸いそのときは彼氏はいなかったものの。

その後ワキガに対して行った対策

そうと分かればワキガをほっとくわけにはいきません。
女がすたります!!

もともと汗っかきな体質ではあったのですが、脇の消臭スプレーは夏しかしてなかったのですが、
それからは季節問わず使うことにしました。
完全に必需品になり、一日中手放せず、三時間おきとかでしてましたね。
それから、脇毛処理も大事だと聞いたので、当時冬で処理がいい加減になっていた私ですが、これを機にしっかり処理することにしました。

その後の周りの反応

そしてワキガが気になるので、ためらうことなく指摘されたバイトの友達に「におわない?」と聞きまくりました。
消臭スプレーを頻繁に使うようになってからは、ダイジョブだよと言ってくれるのでとりあえず一安心です。

自分は今まで臭う男の人って気持ち悪いとか思っていたのですが、
この件で自分は女なのになにしてんだろう、と反省しました。

好きな異性とすれ違ったときも臭いとか思われてたのかな、と思うと恥ずかしすぎます。
でも過ぎたことは仕方ありません。
これからは、そんなことが絶対にないように、しっかり体臭対策をしていい女を目指します。
はじめはなんてこというんだろう、とショックを受けたのですが、はっきり言ってくれた友人には感謝してます。

臭いが原因で家族からも白い目で見られた日々

私は以前から、自分の足の匂いに悩まされていました。
どんなに清潔にしていても、靴を履いてしばらくすると臭くなってしまいます。
足の匂いが原因でどんな不便な事があったかを書いていきます。

足の匂いで起こったトラブル

夏場などは、なるべく通気性を良くするためにサンダルなどを履いていますが、それでも1時間程放置すると匂いが出てしまいます。
仕事が終わり会社の同僚と飲みに行く時などは、座敷だと靴を脱がないといけないので、座敷があるお店は誘いを断るようにしていました。
それほど強烈な匂いを放っていました。

仕事から帰宅するとまず最初に足を洗う。
そうしないと家族にも嫌な顔をされていました。
足の匂いのせいで、出かける先々のことを考えないといけなかったので、とてもストレスを感じていました。

足の匂い対策を考えてみる

もちろん、どしても靴を脱がなければいけない場面もあります。
そんな時のために私は常にバックに予備の靴下を入れていました。
靴を脱ぐ直前になったら、トイレなどに駆け込み靴下を履き替えていました。
これで少しは匂いを抑えることができました。

他にも色々調べていると、塩水に足をつけるのが効果的との事で、早速試しました。
しかし効果を実感することはできず、何か解決策はないかとずっと悩んでいました。
解決策を探す中で、靴の履き替えを頻繁に行うようにしました。

それまで私は一つの靴を一週間履き続け、週末に靴を洗うサイクルを繰り返していましたが、それからは同じ靴を一度に3つ買うようにし、毎日順番に履く様にしました。
そしてもちろん週末にはその3つの靴も洗うようにしました。

この靴の履き替えもなかなか効果が大きく、 実行する前よりは匂いは少し弱くなったと思います。
それでも完全に匂いが消えたわけではありません。
インターネットを使い更なる解消法を探していると、やっと探し求めていたものに出会えました。

足の匂いを撃破!その正体は

私は足の臭いの原因を根本的に勘違いしていました。
清潔にしていれば絶対に匂いは消えると思っていましたが数年に渡り一向に消えませんでした。
そして悩みながら解消法をインターネットで探していると、足に塗るクリームと言うのを発見しました。

「清潔にしておけば」
としか考えてなかった私には衝撃的な物でした。

考えてみれば体臭を予防する為に制汗スプレーなどもあるのですから、足用があってもおかしくありません。
私は藁をも掴む思いでその商品を購入しました。
実際にそのクリームを足に塗ってみると、今まで悩んでいたのが嘘かのように足の匂いがしなくなりました。
今まで長年悩んでいたのは一体何だったのかと思うくらいです。
今の時代便利なものがあるんですね。

私と同じ悩みを抱えてる方がいれば、是非足用の匂いを抑えるクリームを試してみてください。

体臭が原因で浮気がばれた

・ペルー人ルイスとの出会い

30代の専業主婦です。20代前半の頃、都内のアパートで2つ年上の彼と同棲をしていました。
彼は大学時代の先輩で結婚も意識した真剣なお付き合いでした。
彼との交際に不満はありませんでしたが、毎日穏やか過ぎて物足りなさを感じていたのも事実でした。
ある日の仕事帰りに電車で映画雑誌を読んでいると隣に座っていた男性が話しかけてきました。
男性のほうを向くと濃い顔の外国人でした。
彼も私が読んでいた映画が気になっていたようでその映画について軽く話をしました。
日本語がたどたどしかったのでどこから来たのか聞くと名前はルイスでペルーから仕事のため日本に来たと言われました。
大学で少しだけスペイン語を習ったので知っている単語や自己紹介文などを話すととても喜んでくれました。

・金曜日の夜の密会

電車を降りる前に今度行きつけのペルー料理屋に連れて行ってあげると言われたので連絡先を交換しました。
外国人男性と二人だけで会ったことなんてなかったのでドキドキしてしまいました。
彼にはいつもどおり接し、ルイスのことは話しませんでした。
メールで何回かやり取りをして、次の週の金曜日の夜に一緒に食事をしました。
メールは日本人男性には書けないような女心を刺激する内容で会う前から友達以上の付き合いになることを予感させました。
食事のあとに外を散歩しさりげなく手をつないだり腰に手を回したりされすっかりエッチなモードになってしまいました。
言われるがままにホテルに入りとても濃厚な時間を過ごしました。

・別れたあとに臭いに気付き・・・

終電の時間が近付き、シャワーを浴びてからホテルを出ました。
また会おうと約束し電車に乗ると、自分の体から異臭がすることに気付きました。
外国人男性の体臭はきついと聞いていてホテルでも臭いを感じていましたが、石鹸で洗っても取れないほどだとは思わなかったので驚きました。
慌てて駅の近くの深夜まで営業しているドラッグストアに入り汗拭きシートを購入しました。

・彼にばれて苦しい言い訳

駅からアパートまでの道で腕や脚などを汗拭きシートで必死に拭いてルイスの臭いを取ろうと思いましたが、10枚全部使ってもほのかに彼の臭いを感じました
。家に入ったら即効でシャワーを浴びるしかないと思い、いつもは家に帰ってからテレビを見るのですが浴室に直行しました。
いつもと違う私の様子を彼は不審に思ったようで、シャワーから出ると何があったのか聞いてきました。
焼肉を食べて煙に巻かれたので早くシャワーが浴びたかったとウソをつきましたが彼も異臭に気付いてしまいました。
彼に体が男臭いと言われ、最近ホルモンバランスが乱れて体臭がおかしいんだと苦しい言い訳をしましたが結局浮気がばれてしまいました。彼には振られ一晩の冒険は苦い思い出になりました。

タバコが原因で足が臭くなった

40代後半男性です。私は正直足のニオイがとても臭いです。
レベルとしては自分でも息が止まるぐらいです。
昔から汗っかき体質で冬でもちょっと動くと汗が額から滲んだり、湯気が立つほどです。
高校などの部活や学生時代にバイトをしていると一人だけダラダラと汗をかいて
よく先輩とかには”いつも一生懸命でいいね”とか言われ、感心されることが多かったので、そういう部分では役得でした。
でも会社員になった頃から運動もできず、酒タバコをたくさん嗜むようになって頃から足のニオイが気になりだしました。
因みに仕事はデスクワークがメインの設計関係でしたが、時々お客さんの所に行くような感じでした。
一時期スーツを着て革靴を履き、お客さんの所にプロジェクトを一緒に行うため出張するようになった頃から、
足がかゆくなってきており水虫になったようです。
同時に革靴を脱ぐと足から、生ごみのような、納豆の様なニオイがするようになりました。
プロジェクトが終わって打ち上げということで、居酒屋に行った時の事でした。
座敷に上がって座るところでしたが、靴を脱いだ瞬間に”クサイ”と思ってしまいました。
正直足がクサイのを周りの人に悟られたくないので自宅に帰って足だけでも洗いたかったのですが、そんな時間も無かったので仕方が無く座敷に上がり”バレないよな”と気にしながらいると、隣に座った方にばれてしまいました。
正直その打ち上げではあまり酔えず、1次会で退散するように帰ってしまいました。
後で”その人が言いふらさないよな?”と思っていましたがその点は大丈夫でした。
しかしその出来事以来足のニオイには敏感になってしまい、飲み会などの前には必ず自宅に戻り、足を洗って靴下も靴も替えてから行くようになりました。

いろんな対策をした結果タバコが足の臭いの原因だった

いろいろ水虫薬や薬用石鹸を試しましたが、あまり効果が無いようで、梅雨などの時期には必ず足が痒く、同時にニオイもしていました。
一番効果を実感できたのは、いつも裸足でいることでした。
会社に居る時は踵付きのサンダルで家に帰ると靴下は脱いで、足を出来るだけ乾かすようにしました。
これが結構効果があったようで、水虫はだいぶ良くなりました。
でもニオイの方はちょっとレベルが下がった程度でした。
その後も紫外線の器具や、指の股に挟んで乾かす器具を試したりしましたが期待できるほどの効果は無く半ば諦めていました。
それから20年程経ちましたがニオイはあまり変わらずの状態でした。
しかし、あることをきっかけに足のニオイが殆ど無くなりました。
それはタバコです。
長年吸っていたタバコを体調不良から止めてから2か月ほどしたころ、足のニオイがしなくなっているのに気が付きました。
ついでに言うと足の裏がなんとなくネバつくような感覚があったのですが、それも無くなり結果的にはニオイが殆ど無くなりました。
私の場合タバコの成分が汗と混ざると嫌なニオイに変わっていたようですが、心当たりのある方は一度タバコを止めてみるといいかもしれません。

同級生に体臭を指摘されてショックを受けた学園祭

自分自身だと体の匂いに気付かないことの方が多いだろう…
そう思って、周りにいた体臭がキツイ人を責めることもできず悶々とした経験があります。
そんな私自身が、まさか体の匂いが原因で他人と揉めてしまうなんて思ってもみませんでした。

トラブルが起こったのは高校生の時のこと。
ダンス部に所属していたので、大会に向けて朝や放課後は毎日のように練習に励む日々を送っていました。
大会で着る衣装は学園祭で使用したものを使いまわすことも多く、他の人と共有で使用する機会があったので
名前を書いたタグを首元に着けておくのが決まりになっていました。
そんななか大会前の衣装チェックの時に、ある同級生が「この衣装着たくない」と言ったのです。
それは以前、私が着ていたものでした。
理由を聞いてみても濁されてしまいその場では分からなかったのですが、
後から聞いたところによると衣装を着るのに抵抗があるほど脇の匂いがキツイと言われてしまいました…。
正直なところ、自分自身では感じたことがなかったし指摘されたのも初めてだったので、
その同級生が敏感なだけなんじゃないかと思っていました。
しかし、言いにくそうに他の同級生からも脇の匂いを指摘されてしまったのです。
もう本当にショックでした。
体臭がキツくても気付かない人がいる、なんて呑気に思っていたのがまさか自分自身だったなんて…。

ロールオンタイプの制汗剤で効果を実感

スプレーの制汗剤、拭き取りシート、タオルの替えを持っていく、
など様々な方法でなるべく匂いを残さないように注意してきました。
しかしながら毎日ダンスを踊っているので汗をかく機会も多く、なかなかベストなやり方が見つからずにいました。
そんなある日ネットで脇の匂い対策を調べたところ、今まで試していない方法が出てきたのです!
それは、直接脇に塗るロールオンタイプの制汗剤でした。
今でこそテレビCMで宣伝したり知名度はあるものの、当時は制汗剤=スプレーという人が多かったので
存在は知っていたものの手を出すこともなく過ごしていました。
ネットでの情報を信じ、早速使用してみると
なんと、嫌な匂いを感じなくなったとすぐに言ってもらえたのです!
これにはとても驚きました。スプレーのように香りで紛らわすわけではなくただ塗るだけでいいなんて!
しかも持続時間も長いようで、朝と部活前にさっと塗るだけで効果は続いていました。
ドラッグストアで購入できるメーカーのものも多く、このロールオンタイプに変えてからは快適に過ごすことができました。

自分では気付かないことも多い自身の体の匂い対策に、是非使ってみるのをおすすめします。

ストレスが原因で体臭が発生した?!

私が自分の体臭を気にし始めたのは、社会人3年目になる25歳の時でした。
それまでは全くと言っていいほど体臭を気にしたことはなく、汗もあまりかかない体質でした。
しかし、仕事を始めてから体質が変わったようでとても汗かきになったのです。
夏場はもちろん、冬場でもエアコンが暑く感じていました。
特に脇汗や背中の汗がすごくて、夏場は通勤するだけで服の色が変わってしまうほどでした。
こんな風になったのは初めてのことだったので驚きを隠せませんでした。
汗の目立つ色の服は着られなくなり、色もいつも黒っぽい服装をするようになりました。
問題はそれだけではなく、汗をかくと決まって汗臭くなるのです。
自分の汗は無臭だと思っていたのに、鼻をツンと突き刺すような臭いにショックを受けました。
ただ、周りは私の汗臭い臭いに気付いている様子はなかったのでホッとしていました。
そんなある日、会議に使用する資料を配布している時に事件は起こりました。
給湯室でいつも立ち話をしているお局がいるのですが、その日はいつもよりコソコソした感じの声が聞こえてきました。
いつもなら素通りするのですが、この時は耳をすませている自分がいました。
なぜならお局たちは「汗」の話をしていたからです。
お局の一人が「最近部署にいると変な臭いがしてくるから仕事に集中できない。」と言うと、
他の女性も「私も思ってた!」と声を揃えました。
私はドキッとして身体中が震えるのがわかりました。
お局たちは犯人探しをしているようでしたが、話の流れからまだわかっていないような雰囲気でした。
このままではいけない、と私は自分の体臭をなくすべく対策を考えました。

私が汗の臭いを改善した5つの方法

もともと汗かきではなかったのに、この歳になって急に汗かきになり、臭いがきつくなったこと、
年中汗をかいていることなどを思うと普通ではないのかもしれないと感じ、病院へ行くことにしました。
病院では色々検査をしましたが、特に悪いところもなく、軽い自律神経失調症でしょうと言われました。
自律神経の乱れは、生活習慣の乱れと大きな関係があるそうで、ストレスを取り除くことが大切だと言われました。
確かに働き始めてから毎日が慌ただしく、お局と呼ばれる人が育休から復活した後からは毎日が緊張で気持ちが張り詰めていました。
私はいつの間にか弱っている体に気づかなかったことに申し訳なさを感じました。
それからは食生活を重点的に見直し、野菜中心の食事にしました。
免疫を上げるためバナナやヨーグルトや納豆は毎日食べ、睡眠もしっかりとるようにしました。
また、汗をかいたらすぐに拭いて着替えられるように替えを何着か持参していました。
汗臭いかな?と感じたらすぐに市販の汗拭きシートでこまめに拭くようにすると、臭いはほとんどわからなくなりました。
そのうち体臭は落ち着いていきました。ストレスから体臭がキツくなることもあるのだと勉強になりました。