ミドル脂臭

ミドル脂臭の対策|お金をかける前に試したい3つの方法

ミドル脂臭の3つの対策をご紹介しています。

改善のためにはサプリやシャンプーなど様々な方法がありますが、その前にできることはたくさんあります!

ミドル脂臭のお金をかけて行う対策と、お金をかけずに行える対策をご紹介していきます。

お金をかけるミドル脂臭の対策には、サプリメントを使うものや、ミドル脂臭改善に特化したシャンプーや石鹸などを使う方法などがあり、できるだけ早く的確に対策をしたい!

と言う方にはオススメですが、その前にできることもいくつかあります。

なお、ここではいきなりミドル脂臭の対策方法の紹介に入る前に、なぜその対策方法が効果的なのか?といった部分をより深く理解しやすくするために、まずはミドル脂臭の原因やメカニズムを簡単に見ていきたいと思います。

ミドル脂臭の原因

ミドル脂臭の原因について見ていきます。
まずミドル脂臭は=ジアセチルと言う臭い物質です。
このジアセチルと言う成分は、私たちの汗に含まれている乳酸が頭皮に常在しているブドウ球菌と言う常在菌によって分解されることで発生します。

ミドル脂臭が体の様々なパーツの中でも後頭部から主に発生されるのもこういった仕組みが関係していたんです。

なお、頭皮に常在しているブドウ球菌は、すべての人の皮膚や腸内環境に存在する常在菌なので、ミドル脂臭が発生している方独特のものではありません。

なので、要は乳酸とブドウ球菌が合わさってしまう頻度を減らしてあげればいいわけです。

さらに言うならば、ミドル脂臭を対策するには乳酸の過剰分泌を抑えるのが最も効果的だと言われています。

ミドル脂臭のお金をかけない対策方法

それでは、ミドル脂臭の具体的な対策についてご紹介していきたいと思います。

まずお金をかけない対策方法ですが、それには
・食事
・運動
・ストレス
・体の冷え
などがあります。

ミドル脂臭と食事

先ほど、汗に含まれている乳酸がミドル脂臭の原因に深く関係していると言う話がありましたが、この乳酸は私たちの普段の食生活に深く関係しているため、食生活の見直しをすることでミドル脂臭の大きな改善効果が期待できます。

では具体的にどのように食生活を見直すのかと言うと
・肉中心から野菜中心の食生活にする
・食事の時間を規則的にする
・間食、夜食を避ける
これら3つがポイントです。

食事の栄養の偏りや不規則な食生活と言うのは、血液循環や体の新陳代謝などに大きく悪影響を及ぼします。

そうなると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、ブドウ球菌が増殖しやすくなるだけでなく、血液中の乳酸も分解されにくくなってしまうため、結果としてミドル脂臭の原因であるジアセチルが作られやすい状態になってしまいます。

また、これにはお酒やタバコも大きく関係しているため、食生活が悪くお酒が好きタバコをする。
と言う方は、これらの習慣を改善するだけでも大きなミドル脂臭改善効果が期待できます。

ミドル脂臭とストレス

人間の体はストレスを感じるとストレスから体を守ろうとする働きが起こるため、ビタミンCやマグネシウムなどの様々な栄養素が無駄に消費されてしまいます。

その結果として体の代謝が2ばっかりしてしまい、同時に血液中の乳酸の処理がスムーズに行われなくなってしまいます。

つまり、ストレスを溜めすぎて上手に発散できていない方はミドル脂臭が発生しやすいんです。

なのでストレスの元を改善するか、自分なりのストレス解消を何か日常に取り入れてみましょう。
ミドル脂臭が発生してしまうほどストレスが溜まっているのであれば、そのままいくと他にも健康被害につながってしまう恐れがあります。
早いうちにここは改善しておきたいところです。

ミドル脂臭と運動

ミドル脂臭対策をする上では運動はかなり有効的な手段だと言われています。
なぜならば運動を行うことによって体全体の血液循環が向上していきます。

体の血液循環が良くなっていくと何が起こるのかと言うと、血液中に含まれる乳酸、つまりミドル脂臭の原因物質となる成分が速やかに代謝されていくので、根本的なミドル脂臭対策を行うことができるんです。

その際行う運動は、有酸素運動が好ましいと言われています。
簡単な有酸素運動と言うとウォーキングやジョギングなどが挙げられますが、正直気分が乗らない日や雨の日などは外に出て運動する気にはなれませんよね。

その際はアメリカの米軍の訓練に採用されていたバービー体操と言う体操がお勧めです。

運動部の方はもしかしたら部活の時にやらされた経験があるかもしれませんが、この運動であれば非常に短時間で訓練に採用されていたバービー体操と言う体操がお勧めです。

運動部の方はもしかしたら部活の時にやらされた経験があるかもしれませんが、この運動であれば非常に短時間で体に体全体の血液循環を促進させることができます。

なおかつ大地の中で畳1畳分のスペースさえあれば簡単にできてしまう運動ですので、個人的にはバービー運動がオススメです。

ミドル脂臭のお金をかける対策方法

先ほどご紹介したお金をかけないミドル脂臭の対策方法を取り入れるだけでも大幅な改善効果が期待できます。

しかし、それに加えてこれからご紹介するお金をかけたミドル脂臭対策を行うことで、より高い効果、またはより早い段階での効果の実感につながることが期待できます。

なお具体的にどんな対策があるのかと言うと
・洗剤
・石鹸
・シャンプー
・サプリメント
などがあります。

ミドル脂臭と洗剤

この対策方法は、きちんと選択をしてもそれでも洋服などが匂ってしまう方の場合の対策です。
こういった場合は液体型の洗剤よりも粉末型の洗剤を使うことをお勧めします。

何故かと言うと、一般的に液体洗剤よりも粉末洗剤の泡が汚れを落とす力が強いと言われているからです。

また、それでもダメだ。と言う方は、洗濯をする前につけ置き洗いすることをお勧めします。

洗濯機に入れて洗濯する前に酸素系の漂白剤につけ置きすると効果的だと言われています。

私の場合は市販で購入することができる液体タイプのワイドハイターを使っていました。
ただ、それでも足りない場合は粉末タイプのものを使ってみてください。

ただ、メーカーによっては洋服が色落ちしてしまう場合もございますので、この方法を実践する場合は必ず注意事項をよく確認してくださいね。
ちなみに私は何事もありませんでした。

ミドル脂臭と石鹸

ミドル脂臭の対策をする上では、シャワータイムで何をするかと言うポイントも非常に大切です。

その際は石鹸選びも重要です。
なおミドル脂臭の原因物質と言われているジアセチルには、フラボノイドを含む植物エキスが効果的だと言われています。

なのでミドル脂臭対策のために石鹸を何か選ぶ際は記載されている成分表をよく確認してフラボノイドもしくは、カンゾウ、ケイヒなどが記載されている石鹸を選ぶと良いでしょう。

また、ミドル脂臭に行こうか的な石鹸を購入したら、後は洗い方も大切です。特に驚くようなテクニックなどはございませんが、基本中の基本であるしっかりと泡立ててから使ってすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流す。と言うポイントをしっかりと押さえておきましょう。

こういった部分を怠ってしまうと、皮膚トラブルの原因となりミドル脂臭の悪化につながってしまうだけでなく、その他の体臭トラブルにつながってしまう恐れもありますので甘くみてはいけません。

まとめ

ここではお金をかけないミドル脂臭の対策方法やお金をかけるミドル脂臭の対策方法のどちらも紹介しました。

あくまで個人的な意見になりますが、最初からお金をかけたミドル脂臭対策を行うよりも、まずはミドル脂臭になってしまった原因である食生活や生活習慣などを改善するべきだと思います。

なので、ミドル脂臭の対策をしよう!となった際は、まずはお金をかけないと対策を実践してみると良いかもしれません♪

ミドル脂臭のメカニズムと改善方法

ミドル脂臭と言うのは、30代から50代の年代で最も強くなる傾向があると言われており、ミドル脂臭の原因成分はジアセチルと言う成分になります。

近年では、日本の社会でもスメルハラスメントという言葉が広がりつつあり、それに伴って新種の体臭であるミドル脂臭の注目を集めています。

このページではそんなミドル脂臭の匂いが発生してしまうメカニズムについて詳しく見ていき、後半部分にてミドル脂臭の改善方法について解説していきたいと思います。

 

ミドル脂臭ってどんな体臭?

ミドル脂臭はどんな特徴を持った体臭なのかを簡単におさらいしていきます。

先ほどお伝えしたように30代から50代の方がこの臭いが発生しやすく、男性だけでなく女性もミドル脂臭の匂いは発生するものです。

その他の特徴としては

  • 体中ではなく主に後頭部を中心に発生すること
  • 油が腐ったような臭いや古いろうそくのような匂いなど様々な匂いの表現がある

ざっくりとこんな特徴があります。ではそんなミドル脂臭の発生のメカニズムについて次の段落で見ていきましょう。

 

ミドル脂臭のメカニズム

ミドル脂臭は臭いは「ジアセチル」と言う成分が臭いの原因になります。

このジアセチルと言うのは汗の中に含まれた乳酸を体の常在菌が分解することで発生します。そしてこのジアセチルが皮脂由来の中鎖脂肪酸と混ざり合うことでミドル脂臭に変化します。

それではその流れを見ていきましょう。

  1. まず最初に皮膚の皮脂腺から皮脂が分泌。
  2. 皮膚の常在菌が皮脂を餌にしてその成分を分解、その過程で中鎖脂肪酸が発生(発生直後は後頭部の皮膚の周辺に滞在しています)。
  3. 同じく皮膚にあるエクリン汗腺と言う汗の分泌先から汗が分泌。
  4. 皮膚の常在菌であるブドウ球菌と言うものが、エクリン汗腺から分泌された汗の中に含まれる乳酸を餌にして分解、増殖を繰り返す(この後にジアセチルが誕生)。
  5. 皮脂が分解されることによって発生し、皮膚の表面にとどまっていた中鎖脂肪酸とジアセチルが混ざることによってミドル脂臭が誕生。

なお、ミドル脂臭は皮膚に蓄積されていくと言われています。これがミドル脂臭の発生のメカニズムです。

 

ミドル脂臭はどのように対処すれば良いの?改善方法まとめ

先程の段落でミドル脂臭発生のメカニズムについて簡単にご紹介させていただきましたが、ではメカニズムを踏まえてその改善方法としてはどんな方法があるのでしょうか。

ポイントは後頭部に蓄積されたミドル脂臭を丁寧に洗い流すと言うものです。特に小難しいことが必要ではなく、意外とシンプルですよね。

では今度はミドル脂臭改善の流れを見ていきましょう。

 

ミドル脂臭改善の流れ

  1. まずは髪が乾いた状態でブラッシングをし頭皮に付着した汚れを浮き上がらせます。
  2. 次にお湯のみで髪の毛と頭皮の汚れを指の腹を使って洗い流す。
  3. シャワーを使う際えりから先に丁寧に洗っていく(絶対に爪を立てずに指の腹を使って小刻みに動かし頭皮をマッサージするように洗う)
  4. シャンプーを洗い流す時も指の腹を使って洗い残しがないように時間をかけてしっかりと洗い流す。
  5. あらかたシャワーが終わったら、タオルドライで髪の毛だけを乾かすのではなく、ドライヤーも使って頭皮をしっかりと乾かす。

丁寧にシャンプーをしている人からすると、ごく普通の頭皮の洗い方かもしれませんが、特に重要なのは後頭部に重点をおくことです。

 

普通のシャンプーだとミドル脂臭には良くない?!

ネットで検索してみるとミドル脂臭に効果的と歌われているシャンプーなども登場しています。

実際にそういったものには根拠があるかと思いますが、では普通のシャンプーだとだめなのでしょうか。これについては、正直あまりお勧めはできません。

なぜならば、まずミドル脂臭発生のメカニズムを思い出していただきたいのですが、ミドル脂臭は皮膚から分泌される皮脂や汗の成分が発生の元ですよね。つまり主に後頭部からの皮脂や汗の分泌が盛んに行われると、それだけミドル脂臭の匂いが強くなりやすいことにもつながります。

ここで一般の普通のシャンプーの話に戻りますが、ドラッグストアなどで買えるお手軽なシャンプーの多くは、頭皮の脂を落としすぎてしまう特徴があると言われています。

これは一見頭皮にとって良いように思いますが、実は人間の皮膚は若干の油分は必要だと言われています。その若干の油分のおかげで目に見えない雑菌などから頭皮を守ったりします。

これを洗浄力が強すぎるお手軽なシャンプーでごっそり洗い流してしまうと、皮膚をカバーしてくれる油分がなくなってしまいます。すると外気に生息する雑菌などに頭皮がやられてしまい、皮膚の防衛反応が反応し、過剰に汗や皮脂を分泌してしまうと言われています。

その結果必要以上に分泌が行われてしまい、余計に頭皮が臭くなりやすくなるのです。

先ほど私は市販などで手軽に手に入るシャンプーはあまりオススメできないとお伝えしましたが、それにはこのようなメカニズムが関係しているのです。

絶対に使ってはいけないわけではありませんが、シャンプー選びをする際は石油系界面活性剤など、洗浄力が強すぎてしまう成分が含まれていないものを選ぶと良さそうです。