汗のニオイ

体臭対策|あまり意味ないと言われている3つはコレ

体臭対策であまり効果がないのはこの3つ!

体臭対策は世間で知られているもの全てが効果バツグン!というわけではありません。
中には“びみょー”な体臭対策も、もちろんあります。

でも、よく見てみると知らずにそれをやってしまっている方もいなくはないんです。

そこでここでは、どんな体臭対策があまり意味がないのか?
そして、根本的な体臭対策をするなら何が良いのかについて紹介していきたいと思います。

びみょーな体臭対策3つ

これから紹介する体臭対策は以前私が行っていたものでもあるのですが、調べたところ正直微妙な体臭対策だったことがわかりました。
その体臭対策は
・市販のシャンプーを使った頭皮ケア
・5本指ソックスを履く
・デオドラントスプレーを使う
この3つです。
全く意味がないわけではありませんが、体臭対策としては実はあまり意味がないとも言われているんです。
その理由について解説していきたいと思います。

市販のシャンプーを使う

市販のシャンプーがすべて該当するわけではないかもしれませんが、実はドラッグストアに並んでいる手軽に入手できるシャンプーのほとんどは、使えば使うほど頭皮環境を悪化させ頭皮のニオイを悪化させることにもつながっている可能性があるようです。

というのも、少し専門的な話になってしまいますが、市販の手軽に手に入るシャンプーのほとんどは、石油系界面活性剤と言う成分が配合されています。
この成分が配合されたシャンプーを使うことで、頭皮に付着している油汚れ等をこすり洗い流して、キュッキュした状態にしてくれる働きがあります。

ごっそり汚れが洗えるならいいじゃん!

と言いたいところですがそれもそうでは無いようです。
というのも、頭皮には適度な皮脂が必要だと言われているんです。

もしこれがごっそり洗い流されてしまうと、頭皮の表面を守ってくれる意思もなくなってしまうため、外気に潜む雑菌など皮膚が過剰に反応してしまい、余計に皮脂を分泌してしまうという悪循環が生まれてしまうようです。

このような理由から使えば使うほど頭皮環境が悪化し、頭皮の嫌なニオイが悪化することにつながってしまうと考えられているんです。

五本指ソックスを履く

 
私はこの方法を学生時代から信じて使っていました。
学生時代は運動部だったためとても汗をかきます。
そのため普通のタイプの靴下を履くとどうしても靴の中が臭くなってしまうんですよね。

そこで親からのアドバイスを受けてご本指ソックスを履くようになったのですが、正直あまり変化はありませんでした。
それでも五本指ソックスを履くと少しは変わる。

そう言われていたので履き続けていたのですが、正直これも根本的な改善にはなりません。

正直私にはあまり大きな改善効果もありませんでした(笑)

デオドラントスプレーを使う 

デオドラントスプレーは夏場になると学生を始めいろんな人が携帯してピンチの時に活用しているかと思います。

確かにその場しのぎの体臭アイテムとしてはとても優秀なデオドラントスプレーですが、こちらもあくまでその場しのぎのものであり人によっては数分後にはまた元の状態に戻ってしまいますよね。
確かに持ち歩いているとごろ強いアイテムにはなりますが、使っては買って送り返していると、根本的な解決ができないため臭いは継続するだけでお金ばかりかかってしまいます。

このような理由から本気の体臭アイテムとしてはデオドラントスプレーは、正直びみょーです。。

どんな体臭対策が良いの?

 
先ほど3つの微妙な体臭対策を紹介しました。

では次に、本格的な体臭対策を行うのならは何をするべきなのか?について紹介していきたいと思います。
本気の体臭対策を行いたい方は必見です!

食生活を改善する

本格的な体臭改善をするのであれば食生活の改善は必要不可欠だと言われています。
なぜならば、日々の食生活が体臭に大きな影響を与えていると言われているからです。

例えば、肉や油ものばかり食べている人は、やはりどうしても食物の消化が追いつかなかったり、腸内環境で悪玉菌を増加させるきっかけともなります。
腸内環境が悪化しまうと、うんちなどの排泄物が体の中で腐ってしまい悪臭を放つ原因になると言われています。

そうなったとき悪臭物質は、腸内環境にとどまらず血液中に溶け込み汗となって体の外に排出されます。そうなると俗にいう、汗臭い体臭となってしまうわけです。

一方、野菜や果物中心の食生活をする方は、体の消化や吸収、排泄等に負担をかけることなく、体の中の循環もスムーズになっていきます。
そうなると腸内環境悪化させるような要素につながることもなく、善玉菌優勢の腸内環境が良い状態を保ちやすいと言われています。

このように、体の目に見えない部分で体臭につながるかどうかの大きな変化が起こっていくんです。
それに食事が大きく関係しているため、食生活の見直しが重要だと言われているんです。

運動を行う

運動も体臭対策をする上では欠かせない要素になります。
なぜならば、適度な運動をしていないと、体の代謝が鈍ってしまい、本来排出されるべき老廃物などのデトックスも鈍ってしまいます。
老廃物などは体の中に滞在すればするほど悪臭を放つものに変わりやすいとも言われています。

また、汗をかく習慣がない方は汗が出る汗腺が鈍ってしまい、それもまた体臭の原因になると言われているんです。

体臭対策まとめ

 
2つの体臭対策について簡単に紹介させていただきましたが、体臭サプリメントを使おうが何をしようが、やはり体臭を根本的に改善していくためには、体臭が悪化してしまった原因を根本から正してあげる必要があります。
ほとんどの体臭の原因が食生活の乱れや運動不足などが関係しているといわれています。

なので、普段の生活習慣を正すことや、日々運動を取り入れること、食事に気を使うことなどを取り入れることで、ものに頼らずとも体臭を改善することが可能だと言われています。

運動後の体臭を改善するにはどうすればいいの?

このページでは、運動をしたあとの体臭を改善する方法を紹介したいと思います。

運動したあとの汗のニオイは皆さん誰でも気になりますよね。特に真夏は汗も大量にかき余計ニオイが気になると思います。そこで、運動と体臭が悪化する原因や、その予防や改善方法を紹介したいと思います。

運動をするとなぜ体臭が悪化する?

 

運動後の独特な汗の臭いは、アンモニアのような臭いと言われています。これは運動をすることで、筋肉内に作り出された乳酸が血液から全身へ巡り、汗に影響が出てくるためツンとした独特の臭いがするのです。

運動後の体臭対策方法

まずは、スポーツドリンクで水分をよく取りましょう。汗をかくとミネラル分や塩分を失うので、必要に応じて取り入れ、臭いにくいサラサラとした汗をかく身体にしていきましょう。そして、汗を発散しやすいスポーツウェアを着用しましょう。

他にも、ムダ毛を処理することで汗が長時間肌に残ることを避け、雑菌の餌となる原因を取り除くことができます。運動後すぐにシャワーを浴び汗を流すことができない時でも、汗をさっと拭き取ることができれば臭いも抑えることができます。特に脇は、皮脂腺からでる脂肪分とエクリン腺からでる臭いやすい汗が混ざりやすいため、長時間肌に汗が残っていると常在細菌による分解で臭いのもととなります。

どんな人が運動をしたあとに体臭が悪化する?

やはり食生活が肉中心の人は、運動後の体臭もきつくなります。そして肉中心の食生活に関係してくるものがプロテインです。実はプロテインを飲んでいると運動後の汗が臭いという方が多いようです。プロテインはタンパク質なので、知らない間に肉食化していくのです。

それでもプロテインを飲むことを続けたいという方は、ソイプロテインという大豆が原料のものに変えてみてはいかがでしょう。

もう1つ、体臭がきつくなる原因はストレスが関係しているとも言われています。

ストレスは心身とも健康へ悪影響を及ぼすため、できるだけ溜めこみたくないですよね。このストレスをうまく発散できず、溜め込むと体臭にも強く影響してくると言われています。なぜ、ストレスと体臭が関係あるかというと、自律神経の乱れや腸内環境の悪化、皮脂腺から臭いの元となる物質がたくさん生産されてしまうからです。また、人間の身体はストレスを感じると皮脂腺を増量しようとするホルモンが増え、皮脂腺が詰まってしまい嫌な臭いを発してしまいます。ストレスを感じている時は酸っぱい臭いがしますよね。運動するとストレス発散になるのに、運動後の体臭が気になるから運動したくないなという方は、臭いが気になるかもしれませんが運動を続けてください。実は運動すると代謝が上がり酸っぱい臭いの原因となる乳酸を減らすことができるのです。なので、どんどん運動をしてストレス発散し、代謝を上げて臭いの原因も減らせるため一石二鳥なのです。

ストレス発散してもまだ臭うなと思う方は、デオドラントを使用したり食生活を見直してみる必要があるかもしれませんね。

運動したら体臭がきつくなりやすい場所

 

運動をするとたくさん汗をかきますよね。なので結論から言うと、全身の体臭がきつくなります。ですが、その中でも特に臭くなる場所は、脇・後ろ首・足の裏などがあげれます。

脇は女性の場合は、普段から処理していたり脱毛したりして毛がない状態ですが、男性の場合は処理してる方してない方、様々だと思います。それに男性の中には、男なんだから脇毛を処理するのは抵抗があると言う方もいるでしょう。しかし脇毛を処理することで、雑菌の元になる汗をサッと拭き取れるためすぐにシャワーが浴びれなくても清潔に保て、臭いを抑えることができます。

足の臭いは汗による雑菌と湿気が原因です。そこで運動する前に、必ず制汗や消臭効果があるクリームを塗ることで、汗を抑えたり靴のムレも減るので、臭いを抑えることができます。

まとめ

このページでは運動と体臭の関係や、運動後の汗の臭いをどう抑えるか紹介しました。

・運動後の汗の臭いは乳酸が原因

・運動前はスポーツドリンクで水分補給をマメに取る

・運動後の体臭がキツイのは肉中心の食生活

・汗をかいたら全身から臭いは放たれる

誰でも運動後の汗の臭いは気になると思います。その中でも体臭は個人差があると思いますが、周囲の人からクサイと注意される前に自分で改善したいですよね。様々な改善方法があると思いますが、食生活など毎日の習慣から取り組んでみるのはいかかでしょうか。

体臭改善の方法|以外と知られてない対策とは

以外と知られていない体臭改善方法とは!?

体臭改善にも色んな方法がありますが、ここでは、よく知られている体臭改善の方法だけでなく、あまり知られていない体臭改善方法までご紹介しています。

日常の様々なシーンで体臭改善に役立つことをしたいという方には参考になるかもしれません♪

一般的な体臭改善方法とは?

一般的な体臭改善方法と言えば、普段使うシャンプーやボディーソープを変えたり、柔軟剤を変えてみたり、コンビニやドラッグストアでデオドラントスプレーを買ったりと手軽にできることが様々あるかと思います。

私も以前までは、デオドラントスプレーを持ち歩いていたり、汗拭きシートを常備携帯していたりなんてこともありました。

ただ調べていく中で分かったのですが、体臭を根本的に改善していくためには体の外側に対するアプローチよりも、体の内側に着目したアプローチ方法がより効果的であることがわかったんです。

確かに、以前の私のようにデオドラントスプレーや汗ふきシートなどは即効性がありここぞと言う時に大活躍してくれます。

ですが、もしあなたが本格的な体臭改善を望んでいるのであれば、そういった外側からのアプローチだけでなく、内側からの体臭改善方法を取り入れたほうがよさそうです。

以外と知られていない体臭改善方法

先ほど、外側からのアプローチよりも内側からのアプローチの方が根本的な体臭改善に効果的だと言う話がありました。

実は意外と知られていない体臭改善方法の多くは、この内側からのアプローチをするものが多いことがわかりました。

もしかすると、もうそれ知ってるよw
と言う内容もあるかもしれませんが、意外と知られていない体臭改善方法は以下のようになっています。

  • 食べ物による体臭改善
  • サプリメントによる体臭改善
  • 生活習慣による体臭改善

…何となく聞いたことあるような気がする。
と言う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、これらの体臭改善方法を具体的にどのようにしたらよいのかという部分については詳しく知らないと言う方が多かった印象です。

これらの体臭改善については他のページにて詳しく紹介していますが今ここで簡単に言うならば、食べ物による体臭改善では、肉や油系のものは避けて、野菜や果物を中心とした食生活に変える。

サプリメントによる体臭改善では、体臭改善とうたわれているものならば何でも良いと言うわけではなく、しっかりと自分自身の体臭の原因を理解し、そこに対して改善効果が働いてくれるサプリメントを選ぶことが重要であるということです。

また、生活習慣が悪いと体臭によくないと言うのもよく耳にしますが、具体的に何が良くないのかと言うと、お酒やタバコ、ストレスをためること、運動をしないことなどが挙げられます。
10代の頃は特に今みたいに体臭に悩まなかったのに、30代を過ぎてから加齢臭のような変な体臭に悩むようになった。
と言うのには、こういった生活習慣や食生活の変化などが大きく関係しているといわれているんです。

朝に行ないたい体臭改善方法

あなたは朝の体臭改善または対策はどのようなことを行っていますか?
中には日常的に朝シャンをされる方もいらっしゃるかもしれませんが、その習慣は非常に効果的です。

主に汗から来る体臭の方の場合、皮膚の常在菌夜寝ている間にかいてしまった汗に含まれる悪い汗の成分を、朝シャンをすることによって水で流すことができるため体臭対策としてはとても効果的です。

また、先ほど体臭改善を本格的に行うのであれば内側からのアプローチがより効果的だと言う話をしましたが、その日のスタートにデオドラントスプレーなどを気になる部分に吹きかるのも体臭改善に良い影響があると言えるでしょう。

ただ、スプレータイプのものに限らず、最近ではジェルタイプのデオドラントアイテムも多数出ています。
特に脇の下の匂いが気になると言う方には、脇の下の汗の原因に対する効果が高いジェルタイプのデオドラントアイテムを使ってみるのもありかもしれません。

昼に行ないたい体臭改善方法

昼の体臭改善では、できる事はあまり無いかと思いきやここでもちょっとしたことで体臭をリセットして午後の仕事を迎えることも可能です。

具体的に何ができるのかと言うと、まずは歯磨きです。歯磨きをすることでまず口の中の臭い臭いをリフレッシュすることができます。

そして、上だけでも良いので衣類を着替える。
着替えの際にデオドラントシートやスプレーなどで皮膚の表面についている常在菌等をしっかりと拭き取ることです。

こういった一手間を加えるだけでも、休憩が終わって午後の仕事をする頃には、またリセットされた状態で仕事に臨むことができます。
特に客商売をされている方にはオススメかもしれません。

夜に行ないたい体臭改善方法

仕事が終わって夕方以降どんな体臭改善ができるのかと言うと、簡単な運動や食生活の改善などです。

仕事が終わってまで運動なんかしたくない!と言う声が聞こえてきそうですが、20分程度の簡単なウォーキングまたはジョギングでも良いので、運動を行う習慣をつけたいところです。

特にこういった運動はダイエット目的でされることが多いですが、ウォーキングやジョギングをすることによってストレス緩和効果が期待でき、血流改善など目に見えない様々な部分で体臭改善に対するアプローチができるんです。
先程言った体の内側からのアプローチを行うこともできますので、この習慣は可能であれば取り入れたいところです。

また食事についてですが、食事は先ほどお伝えしたように野菜や果物がたくさんある食事が好ましいと言われています。
具体的に何を選んだらいいのかわからない!と言う方は、さっぱりとした和食を食べることを意識すると良いかもしれません。

なぜ夜は食事の改善を意識した方が良いのかと言うと、体の仕組み的に夜の時間帯は食べたものの栄養を体内に吸収しやすい時間帯なんです。
つまりこの時間帯に体臭に悪いとされる食べ物などをばくばく食べてしまうと、その分体臭に悪い影響があるのは想像がつくかと思います。

こちらも目に見えない部分ですので軽視されがちなのですが、意外と重要な部分ですので食生活が良くないと自覚される方は一度見直してみると良いかもしれません。

夏に向けて予習しよう!汗臭い原因となる成分を徹底解説

汗のニオイの原因となる成分についてこのページで詳しく見ていきたいと思います。
その前に質問なのですが、私たちが普段「汗臭い」と言っているその臭いの原因となる成分は一体何かご存知でしょうか?
この正体と汗の匂いが発生する仕組みを理解することで、今までの間違った汗の臭い対策を卒業し、より本格的な汗の臭い対策をすることができるでしょう。
それでは、汗のニオイの原因となる成分について早速見ていきましょう!

汗の成分は99%が水分で残り1%が臭いの原因に

汗の成分は約99%が水分でできており、残り1%に含まれる成分が汗の匂いとして悪さをする。と言う話は何となく聞いたことがある。と言う方もいらっしゃるかもしれません。その残りの1%の悪い成分と言われるものの中には、
  • 塩分
  • アミノ酸
  • 乳酸
  • 尿素
  • アンモニア
  • 鉄分
などこの他にも様々あります。

腸内環境が悪いと汗のニオイの原因となる成分が増加

実は体臭と腸内環境は非常に密接な関係にあります。主に汗のニオイの原因となる成分は先ほど挙げた通りなのですが、もしも腸内環境が悪いとそれらにプラスしてさらに汗の匂いとなる成分が増えていきます。
その仕組みについて簡単に言いますと、まず腸内環境が悪い状態と言うのはいわゆる便秘の状態で、必要以上にあの臭いうんちがお腹の中に滞在していることになります。
それが腸内環境でさらに腐敗してしまいさらなる悪臭物質や毒性のある成分を作り出します。やがてそれは血液中に流れ込みます。
汗と言うのは血液から作られますから、腸内環境が悪い状態の血液中にはそういった悪臭の原因となる成分などがたくさん混入された状態なのです。
これが腸内環境が悪いと体臭が臭くなってしまう原因です。

汗の成分は悪いことばっかりじゃない

これは最近知ったのですが、汗の成分に含まれる尿素や乳酸などには優れた保湿効果があると言われています。
もともと乳酸や尿素には、保湿の働きが期待されており市販で販売されているような保湿力にもよく使われる成分なんだそうです。
なので適度に汗をかくと言う事はナチュラルに肌を乾燥から守ることにもつながっていたのです。
この事実は医学的にも証明されています。汗をかくのはちょっと気持ちが悪いですが、たった1つでもメリットがあるとなると少しほっとした気持ちになりますよね(笑)

時間が経つと汗が悪臭に変わる理由

汗をかくと体が臭くなってしまうと言う事は皆さんご存知かもしれませんが、汗をかいた直後匂いを嗅いでみてもさほど臭くは無いですよね?
それはその通りで、汗の成分は先ほどもお伝えしたように99%が水分でできていますのでそもそも風自体が強烈に臭いものでは無いのです。
ではなぜ時間の経過とともに悪臭に変わってしまうのか。それには皮膚の常在菌が関係しています。
実は私たちは皆、皮膚に見えない常在菌を持っています。この常在菌は体の免疫機能を保ってくれたり、ほどよく存在する分には良い働きをしてくれるものなのですが、汗から分泌されるわずか1%の成分を餌としてそれを分解しながら増殖を繰り返していきます。
このように分解と増殖が繰り返される過程であの強烈な汗臭い臭いを発生させるのです。

ワキガ臭の仕組みも同じ

普通の汗臭い臭いとワキガ臭は一般的に全く別物と思われがちですが、仕組み自体は同じです。
ワキガ体質の方は普通の方よりもアポクリン汗腺と言う汗の分泌先が多く存在します。もう一つはエクリン腺と言うものがあります。
このアポクリン汗腺から分泌される汗には常在菌が好む成分がたくさん含んでいると言われています。
だからこそアポクリン汗腺が人よりも多いいわゆるワキガ体質の方は、常在菌が繁殖しやすい体質とも言えます。だからこそ脇の下が強烈臭いを発生させやすいのです。

汗の匂いを対策するには

ここまで汗の匂いの成分や汗が臭くなってしまう仕組みについて見てきましたが、それを踏まえて汗の臭い対策ではどんなことができるのでしょうか?
汗が臭くなってしまう仕組みを簡単に振り返ると、分泌された汗の成分と皮膚の常在菌が結びついてしまうことが原因です。
つまり、皮膚をこまめに拭き取ってあげれば汗のニオイの原因となる成分と余計な常在菌を排除してあげることができるため、汗の匂いをストップすることができます。
なので汗をかきやすい夏は、ハンカチやミニタオルなどを携帯してこまめに濡れタオルで皮膚を拭いてあげるのが効果的なのです。
コンビニやドラッグストアなどに行けばデオドラントスプレーなどがありますが、デオドラントスプレー等は結局スプレーの力で汗の分泌を抑制するというものです。
しかしデオドラントスプレーの力をもってしても汗の分泌を完全にシャットアウトするのは不可能です。時間の経過とともにまた元の状態に戻ってしまうため正直コストパフォーマンス面では微妙です。
なので、少々画期的とは言えないような対策ですが、こまめに汗を拭き取ってあげること、もしくはインナーをこまめに取り替えること。これが汗の匂いを防ぐために効果的な対策だったんです。

汗臭いニオイが落ちない!洗濯柔軟剤ってどう?

衣類の汗臭いニオイが洗濯しても落ちない!特に夏場になるとこのような悩みを持つ方もいらっしゃるかと思います。これについて洗濯柔軟剤はどうなのか?というのがこのページのテーマですが、結論から言うとだめとは言いませんが正直微妙です。
もちろんそれには理由があります。このページでは、衣類にこびりついた汗臭い匂いが普段の洗濯で落ちない原因や、そうなった際の対処法、それに加えて洗濯柔軟剤を使うのはどうか?といった部分を順番に見ていきたいと思います。

衣類の汗臭い匂いが洗濯で落ちない原因

特に、夏場になると脇の下や襟の部分などの汗の匂いが落ちずに困ってしまうこともあるでしょう。
その時に考えられる原因はいくつかあります。それは
  • 洗濯機の中に衣類を詰めすぎてうまく洗えていない
  • 洗濯機の中に入れた衣類に対して洗剤を入れすぎている
  • 洗濯機がそもそも汚れてしまっている
原因としてはこれらが考えられます。
上から順番に見ていきますが、まず衣類の詰めすぎについてですが、洗濯機の中にほぼ100%衣類を詰め込んでしまえば、洗濯機が動いても中身がうまくシェイクされないので、水と洗剤の力による汚れ落としのサイクルがうまくいきません。なので、心当たりのある方は100%詰めてしまわないように、70%もしくは60%程度に留めておいて、入りきらなかった衣類は2回目に回しましょう。
次に洗剤を入れすぎている事についてですが、例えば洗剤をすくうあのスプーンみたいなやつありますよね。本来であればそのスプーンの3分の1位の洗剤で良いところを、がっつり洗いたいからといってスプーンいっぱいに洗剤を使ったとします。そうすると必要以上に洗剤が中に入ってしまい、すすぎを行った時に衣類についた洗剤の成分を十分に落としきることができず、脱水をした際に衣類にたくさんの洗剤の成分が残ってしまいます。
このままハンガーにかけて干すと、衣類に生息する常在菌が衣類に付着した洗剤の成分のところに集合しそれを食べて分解します。その成分を分解する過程であの嫌な鈍い匂いが発生します。
なので、がっつり洗いたくてもあくまで洗剤は適量に入れることをお勧めします。
そして最後に洗濯機が汚れてしまっている事についてですが、単純に汚れてしまっているものに汚れているものを入れて洗おうとしても、汚れの落ち具合が不十分になってしまうのは容易に想像がつきます。なのでドラッグストアなどへ行き洗濯機をきれいにするためのグッズを購入して洗濯機を洗いましょう。
以前私もこれが原因で衣類のにおいが取れないことがあったのですが、洗濯機をきれいにしたら劇的に変化がありましたよ!

汗臭い衣類に対して柔軟剤はどう?

お洗濯をしても臭い臭いがとれない。ならば、香りの良い柔軟剤でごまかそう。
これは別に間違っているわけではありませんが、正直微妙な対策です。そもそも衣類に嫌な匂いが残ってしまっている状態と言うのは、洗濯した後も衣類に汗の成分や洗剤などがたくさん残っている状態で、それをたくさんの常在菌が分解して増殖を繰り返している状態です。
仮に柔軟剤を入れて洗濯したとすれば、柔軟剤の強烈ないい匂いで嫌な匂いをごまかすことができます。
ですが、これでは根本的な部分が改善されていないため、正直微妙かもしれません。
でも、実際に柔軟剤の匂いがうまくカバーできていてそれで良いならいいと思います。
なお、お洗濯でなかなか衣類の汗臭い臭いが取れない。これについての効果的な対策方法についてはこちらで詳しく特集していますので、お洗濯スキルをあげたいと言う方はぜひチェックしてみて下さい♪

カキタンニンエキス配合の柔軟剤がオススメ

カキタンニンエキスと言うのは、ノロウィルスやインフルエンザウィルスなどにも強いと言われている殺菌作用のある成分です。この成分が含まれている柔軟剤自体はあまり市販では見ませんが、この成分が入っている柔軟剤を活用すれば、衣類に残った臭いの原因菌なども殺菌してくれるため、ただ単に柔軟剤の良い匂いでカバーするだけでなく、根本的な汗のニオイ改善が可能になります。私の知るところでは芸能人も御用達のミューラグジャスという柔軟剤がカキタンニンエキスが配合されている柔軟剤に当たります。私自身もミューラグジャスを愛用しているのですが、外仕事をしている旦那のインナーも、暑さの厳しい夏でも一発でリセットしてくれます。結構強力です。
わざわざこういった柔軟剤を使わなければいけないわけではありませんが、お洗濯にこだわりたい、何かいい柔軟剤を使ってみたい。と言う内容であれば私は胸を張ってミューラグジャスをお勧めします♪

汗臭い!根本的な改善方法と目先の対策

暑い夏が来ると、普段汗臭いクサイを気にされない方でも汗の匂いに翻弄されるほど、汗臭い体臭は多くの方が悩む要素の1つです。

また、既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、実は汗そのものには臭いがないと言われています。

ここでは汗臭い体臭の改善方法について解説していきますが、より本格的な改善方法を理解していただくためにも、もともと無臭だった汗がきつい体臭に変わってしまう仕組みや原因を、最初に簡単におさらいしていきたいと思います。

汗が悪臭へと変わっていく仕組み

先ほどもお伝えしたように、汗そのものはほぼ無臭だと言われています。ですが汗をかいてしばらく時間が経つと、身体もしくは身に付けていた衣類が非常に汗臭くなってしまいます。

これはなぜなのでしょうか?

これには皮膚に存在する常在菌が関係しています。人間はだれでも皮膚の表面に常在菌が生息しているのですが、これは体の免疫機能を保ったり、一応は私たちの味方になってくれる存在です。

しかし彼らは私たちが分泌する汗に含まれる成分を好み、補足します。そして常在菌が汗の成分を分解するとあの悪臭が発生するんです。

常在菌はやがて増殖していき、時間の経過とともににおいがどんどんきつくなっていく。といった仕組みです。

つまり、汗臭い匂いを改善するためには、この仕組みはどうするべきかということがポイントになります。

汗臭い匂いを改善するためには

先程の段落では、汗が悪臭へと変わってしまう仕組みを簡単に振り返りましたね。

では、それを踏まえて私たちは一体どうしたら良いのか。

そのためにできる事はいくつかあるのですが、1番最初に試していただきたいのは、ハンカチもしくは濡れタオルで体を拭き取ると言うものです。

湿ったタオルなどで体を拭き取ることによって、汗の成分と増えすぎた常在菌をきれいに拭き取ることができます。

そのため皮膚の表面の状態がリセットされるため、非常に即効性のある汗臭いクサイの改善方法だと言えるでしょう。

汗の臭い対策アイテムってどうなの?

私も今現在、小さなものをカバンの中に入れて携帯していますが、汗の臭い対策といえばコンビニやドラッグストアなどで安価で手に入る、デオドラントスプレーや制汗剤等がありますよね。

これらは結局、汗の分泌を抑制(完全にシャットアウトすることができません)したり、常在菌を殺菌してくれるため、先ほど解説した汗のニオイがきつくなる仕組みに対する根本的な対策をとることができるものです。

こちらも先ほど紹介したような1時的な目先の改善策にはなりますが、スプレーでシュッとするだけでささっと汗の臭い対策ができるので便利と言えば便利ですよね。

しかし、こういったものは一時的に汗のニオイが悪化する仕組みを抑制するものですので、時間の経過とともに、もしくは再び汗が分泌されればまた同じことを繰り返すことになるのは忘れてはいけません。

だからこそ、定期的なこまめなケアが必要になります。

臭くなりにくい汗を分泌する方法

実は汗のクサイ、臭くないは、汗に含まれる成分によっても大きく変わってきます。

汗のにおいが臭くなる仕組みでいうと、皮膚の常在菌が汗の成分を分解することで発生することがわかっています。もしも汗の中に含まれる常在菌が好む成分の配合量が多いとどうなるでしょう。それだけ常在菌が活発に動きやすい状況につながってしまいます。

しかし、常在菌が好むアンモニアやタンパク質などの様々な成分の割合が少ないと、その分、前者のような状況に比べると常在菌が活発に活動しにくくなるため、汗が臭くなりにくいと言われています。

そうともなれば、汗の質を変えてあげること。これが根本的に臭くなりにくい汗を分泌する方法になります。

汗の質を変えるには

汗の質を変えるためには、腸内環境の改善や食生活の改善がポイントだと言われています。

私たちの汗は血液から作られるのですが、不摂生が続いていれば血液中に常在菌が好む成分がたくさん含まれやすくなります。脂っこいものや肉中心の食生活がそれに該当するそうです。

また、腸内環境が悪い状態だと、体の中で便が詰まってそれが腐敗し、有毒ガスなど様々なネガティブなものを発生させます。それらがやがて血液中に溶け込み汗として分泌されます。

これも汗のにおいが臭くなりやすい原因だと言われています。

つまり、食生活をヘルシーに変えることや、生活習慣を整えたり乳酸菌などを積極的に摂取して腸内環境を整えてあげることができれば、やがて汗の質が変わってきて臭くなりにくい汗へと変わっていくんです。

特に夏場はこういった根本的な対策が有効だと言われているため、夏本番に何か本格的な汗の臭い対策をしたいと言う内容であれば、こういったワザも取り入れてみてはいかがでしょうか?

あきらめないで!汗臭いニオイが洗濯で落ちない時の必殺技

洗濯機をいつものように回したけど、なぜか汗の臭いがとれない!このようなことでお困りではありませんか?

私も一人暮らし始めたての頃、このような経験があり、

「せっかく洗濯したけど、この匂いじゃ着るわけにもいかないし、また洗濯しなおしだな…」まさにこんな感じでした。悔しいですよね。

ですが、こうなってしまうのにはちゃんと原因があります。そして、これから紹介するちょっとしたポイントを押さえてそれをクリアしてあげることで、夏場の頑固な汗臭い汚れも一発でちゃんと取ってあげることができますよ♪

このページでは、お洗濯をしても汗臭い匂いが残ってしまう原因について簡単に解説し、後半部分で洗濯物の汗臭い臭いの効果的な取り方のポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

なんで汗臭い匂いが一発で取れないの?

せっかく洗濯したのに匂いが残りすぎてこのままじゃ着れない。そして再び洗濯機の中へ…。

たかが洗濯かもしれませんが、なんだか時間や労力を無駄にした気持ちになりますよね。

そうなってしまうのには、あることが考えられます。

  • 洗濯物の詰め込みすぎ
  • 洗剤の入れすぎ
  • 洗濯機が汚れている

主に。これら3つが考えられます。

洗濯機に詰め込みすぎ

まず洗濯機は、何かで洗濯物と洗剤をうまくシェイクしながらだんだんと汚れを落としていくものです。なのにも関わらず洗濯機の中にほぼ100%入った状態だと、なかなかうまくシェイクできずに、上手に汚れが落とせない状況になってしまいます。

ペットボトルに入ったお水も、いくらか空気が入っていれば思い切り振ると上手にシェイクできますが、容器いっぱいに飲み物が入っていたら、うまくシェイクできませんよね。それと似たような感じです。

洗剤の入れすぎ

洗剤を入れすぎてしまうと、すすぎの段階で衣類についた洗剤を十分に落とすことができずに、最終的に衣類に洗剤の数が残ってしまいます。これを餌にして無数の雑菌がやってきてその成分を分解し臭い匂いが残ってしまうんです。

洗濯機が汚い

もしも洗濯機が汚れていたならば、そこで洗う洋服がきれいにならないのは当然のことです。

ドラッグストアなどへ行くと洗濯機をお手入れするアイテムが販売されていますので、そういったもので定期的に洗濯機をきれいにしてみると良いと思います。

こういったポイントを押さえてやるだけでも、大抵の場合は汗臭い匂いをきちんと落とすことができます。

それでもダメ!そんな時に試したい必殺技

洗濯機の使い方や、基本的な部分で汗臭い匂いがなかなか落ちないような場合は、段階に分けて以下のようなテクニックを取り入れてみてください。

  • 洗剤+漂白剤
  • 洗剤+漂白剤+つけ置き洗い
  • 洗剤+漂白剤+お湯でのつけ置き洗い
  • 鍋で煮る

まずは洗剤+漂白剤からはじめ、最終手段として鍋で煮ます。

これは最終手段としてお勧めします。

鍋で煮る際は、大量の衣類を洗うことができないため、頑固なものだけピックアップして行います。

なぜ鍋で煮るの?

漂白剤を使ったりつけ置き洗いをしたりするのは、お洗濯のテクニックでありそうですが、鍋で煮るなると、端から見たら「なにしてんのw」てなりますよね(笑)

ですがこれは結構効果的なんです。

と言うのも、衣類の汗臭い。と言うのは、衣類にこびりついてしまった汗の成分と雑菌が関係しています。

鍋でぐつぐつ煮てあげることで、高温にさらされるため殺菌することができるんです。

これは漂白剤を使うよりも、お湯でつけ置き洗いをするよりも効果的です。

最後の必殺技としてぜひお試しください!!

衣類が汗臭くならないようにするための予防策

衣類がそこまで汗臭くなってしまうのを防ぐためには、汗をかいた衣類を長期間雑菌が繁殖しやすそうなところに放置しないことが大切です。

雑菌が繁殖しやすそうなところと言えば、じめじめした密閉空間です。

さっさと洗ってしまえばすぐに汗臭さも落ちるものが、そういったところに長時間放置されてしまうと、鍋で煮ないとだめになってしまう位雑菌が繁殖してしまいます。

特に汗をかきやすい夏場は、こまめに衣類を取り替えて、できるだけ早い段階で洗濯してあげましょう!

漂白剤を使ったりつけ置き洗いをしたり、煮洗いをしたりするのはかなり面倒です。こまめに衣類を取り替えて、さっさと洗濯してあげたほうがよっぽど簡単ではないかと思います。

まとめ

ここでは汗臭い洗濯物のにおいが落ちない時にどうしたらいいの?と言ったときの対処法をご紹介しました。

できる事はいくつかありますが、まずは1番最初にご紹介した基本的な洗濯の仕方のポイントを取り入れてみてください。

最初から漂白剤を使ったりお湯でつけ置き洗いしたりすると、漂白剤のコストやお湯のガス代等がかかってしまいますからね。

これで衣類のお洗濯トラブルがうまいこと改善されますように。

首周りが汗臭い!原因はワキガの元となるアポクリン汗腺?!

首周りが汗臭い!これには複数の原因が考えられます。調べていく中で私もびっくりしたのですが、首周りの汗臭さの原因の1つとして、ワキガの原因と言われているアポクリン汗腺の存在が関係していることがわかりました。

首周りとワキガは一見関連性がないように思いますが、意外なところで繋がっていたようです。

ここではそういった内容も踏まえて首周りが汗臭くなってしまう原因を総合的に解説していきたいと思います。

そして首周りの汗臭い匂いをどうしたら良いのか?と言う改善策の部分についても一緒に特集していきます。

首周りが汗臭くなる原因

それでは早速、首周りが汗臭くなってしまう原因について見ていきましょう。

耳の後ろに潜むアポクリン汗腺

首周りの匂いに大きく影響してくるのが、耳の後ろに潜むアポクリン汗腺の存在です。

アポクリン汗腺と言うと、ワキガ体質の方の脇の下に多く潜む汗を分泌する腺のことで、遺伝的にこのアポクリン汗腺が多い方がワキガ体質と言われており、数十万円払って脇の下のアポクリン汗腺を摘出することが可能です。

そんなアポクリン汗腺は、実は耳の後ろにも存在していると言われています。脇の下にアポクリン汗腺が少ない方(ワキガ体質でない方)でも耳の後ろにはアポクリン汗腺が少なくとも存在していると言われています。

このほかにもデリケートゾーンや首周りなどに存在します。

汗を分泌する汗腺は、アポクリン汗腺以外にエクリン汗腺と言うのがあります。

エクリン汗腺から分泌される汗はさほど強烈な匂いを発しないのですが、アポクリン汗腺から分泌される汗は成分の内容が少し違ってきて、皮膚の常在菌がこれを分解するとあの強烈な匂いを発するわけです。

それが耳の後ろや首周りに多少でも存在するとなれば、たくさん汗をかいた際に首周りが臭くなってしまうのもうなずけます。

年齢によっては加齢臭の可能性も…

基本的に学生さんなどの若い方はこれには該当しませんが、ある程度年齢を重ねた社会人になると、首周りの汗臭さの原因が加齢臭であることも考えられます。

これは男性に限らず女性にも該当します。なお加齢臭は首周りだけでなく体全体に共通するものですが、特に耳の後ろから発生する加齢臭はかなり強烈だと言われています。

加齢臭の原因は年齢とともに衰えていく体が原因で発生するノネナールと言う成分が関係しているのですが、こういった加齢臭の仕組みについてはこちらで詳しく特集されています。

「加齢臭の仕組みの詳細」

これらが首周りが特に汗臭くなってしまう時に考えられる原因です。

では次に、首周りが汗臭くなってしまわないように予防する方法をご紹介します。

首周りの汗臭さを予防する方法

首周りの汗臭さを予防する方法として1番手っ取り早いのが濡れタオルなどでその部分を拭き取って清潔にすることです。

なぜならば、首周りに限らずですが、汗をかいて体が臭くなってしまう原因は、分泌された汗に含まれる成分を皮膚の常在菌が分解して増殖を繰り返すからです。

常在菌が汗の成分を分解する際に、あの独特の汗臭い匂いが発生するんです。

つまり、極論を言うと汗を完全にストップするか常在菌を排除してしまうことが改善と予防のポイントです。

しかし、制汗剤などを使っても継続的に汗を完全にストップすることは不可能ですし、常在菌を100%完全に上京してしまう事は不可能です。

じゃあどうすればいいのか。こまめに濡れタオルなどで拭き取ってあげる。これに尽きます。

あまり画期的な方法とは言えませんが、これが1番手っ取り早い対策方法です。

コンビニやドラッグストアなどに行けば汗の臭い対策アイテムが複数売られています。

ですがそれらのほとんどは、汗を抑制!菌を殺菌!といったものばかりです。それらをお金をかけて手に入れて使うのもありですが、結局やる事は同じなんです。

分泌された汗と常在菌をどうするか?これに尽きるので、お金をかけずに手軽に行える濡れタオルで拭き取る。これが1番良いのではないかと思います。

本格的に何かをしたい方必見!

女性の方でスキンケアアイテムを使い日々お肌のケアを入念に行っている方はたくさんいらっしゃると思います。中には、高額なスキンケアアイテムを購入して、人一倍こだわって肌ケアをされている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、お肌のケアは外が3割・内が7割と言われています。

つまり、外側からのスキンケアは無意味ではないけれども、体の内側からのアプローチの方が大きな影響を及ぼす。と言うことです。

この話から私が何を言いたいのかと言うと、外側のアプローチも重要ですが、私たち人間は体の中の目に見えない成分やホルモンなどの影響を想像以上に受けています。

これは体臭も同じことです。何かとお金をかけて体臭対策アイテムを使う事は無駄ではありませんし私もいくつかそういったものを持っています。

しかし、それ以上に大事なのは内側からどのようなアプローチをするかです。

それでは本題に戻ります。

ここまでの流れで、あれだけ首周りの汗の臭い対策は濡れタオルで拭き取るのが1番ですよ〜。と言っておきながらなんですが、体の内側のある部分を整えてあげることで汗の成分の質が改善され、臭くなりにくい汗に変えていくことが可能なんです。

そのある部分というのが腸内環境です。

汗の匂いと腸内環境の関係

腸内環境が悪い方の多くは、便秘気味だと言われています。そして腸内環境が悪く便秘の状態だと汗が臭くなりやすいんです。

ちなみに腸内環境の善し悪しには、生活習慣や普段の食生活、生理によるホルモンバランスの変化などが関係しており、改善方法もいくつかあります。

「腸内環境整える方法はこちら」

では、腸内環境が悪いとなぜ汗に悪い影響が及ぶのかと言うと、便秘の状態だと本来排出されるべき便が腸内環境に留まりますよね。そうすると時間の経過とともにその便は腐敗し、さらなる悪臭物質や毒性の強い成分などを作り出します。これがやがて血液に溶け込んで体中に運ばれます。

汗と言うのは血液から作られますから、悪臭物質などが大量に混入した状態の血液から汗が分泌されればどうなるでしょうか。

既にお分かりかと思いますが、より一層汗が臭くなりやすいんです。

つまり、元をたどると腸内環境を良い状態にし、お通じを良くすることで汗の匂いの質が変わってくるということです。

濡れタオルでのその場しのぎの対策だけじゃなく、ほかに何か本格的なことをしたい!という方はこの方法をぜひ試してみてください♪

汗臭い原因は食べ物にあり!根拠と体臭に良い物悪い物を紹介

夏場になると、どうしても気になるのが汗の臭いですね。そんな汗臭い匂いに対して、デオドラントスプレーや制汗剤等でその場しのぎの対策をとっていませんか?

以前の私もそうでした。それは決して悪いことではありません。

ですが、汗臭い原因のほとんどは食べ物にあると言われており、逆を言うと、食べ物を変えることで汗の匂いを根本的に改善することが可能だと言われています。

もしそれができれば、無駄に汗臭対策のアイテムを買う必要もなくなりますし財布に優しいですね♪

ここでは、汗臭い原因となる食物と、改善に効果的な食べ物、その他汗臭い状態を改善するためのポイントも併せてご紹介します。

汗臭い原因となる食べ物はこれ!

汗臭い原因となる食物にはいくつかの種類があります。

塩分や糖分豊富な食べ物

これは主に外食などが該当します。インスタント食品やファーストフード、ジャンクフードなどもこれに該当すると考えられます。

塩分や糖分などを取りすぎてしまうと、必要以上に摂取されたそれらの栄養は体に吸収されなくなり、血液中に混ざり込んで外に排出されます。

これが皮膚の常在菌の餌となって汗臭さを悪化する原因となります。

肉中心の食事

ジャンルでざっくりと言ってしまいますが、お肉は、汗のニオイを悪化させる原因となります。後ほど解説しますが、腸内環境を悪化させ、それが汗臭さの原因につながってしまうんです。

香辛料がきつい食べ物

これに該当するものは、有名どころで言えばカレーやキムチです。

これらを食べて汗臭さが悪化してしまう理由は、汗の分泌量が増えることが関係しているからです。

食べてはいけないとまでは言いませんが、食べ過ぎると汗の分泌量が増えて汗臭くなりやすいので注意が必要です。

お酒

これは飲み物になりますが、念のため加えさせていただきます。お酒を飲むと言う事は、アルコールを体内に摂取すると言うことです。このアルコールを体内で代謝させるときに強い刺激臭が発生されると言われています。

お酒の飲み過ぎには要注意です。

汗の匂いに良いと言われている食べ物

汗臭い匂いを改善するためには、俗に言う健康的でヘルシーな食品を食べるのがポイントです。

例えば

  • 緑黄色野菜
  • ヨーグルト
  • 海藻類
  • 大豆類

などが挙げられます。

細かく掘り下げるともっともっとたくさんあるのですが、それではキリがないので、先ほどお伝えしたように健康的でヘルシーな食べ物意識的に食べる。これを頭に入れて食べるものを選ぶと良いと思います。

時間がある方は見て下さい!汗の分泌と臭い悪化の仕組み

ここでは汗臭い原因となってしまう食べ物と、それを改善するだめの食べ物をご紹介しました。

その内容を取り入れるだけでも汗臭い状態を改善する効果は十分に期待できます。

ですが、時間がある方にもう一つ知っていただきたいのが、人間が汗をかく仕組みに基づいた根本的な汗の臭い対策です。

このページの冒頭では、細かく見ていくと汗臭い原因はいくつかありますとお伝えしました。それに関係してくる内容となります。

退屈な内容になることが予想されますので、より簡潔にまとめていきたいと思います(笑)

人間の汗は血液から作られる

私もつい最近まで知らなかったのですが、私たちが普段かく汗は、実は血液からできています。

そして、血液から作られ皮膚の表面から分泌された汗の成分に、皮膚の常在菌が群がり汗の成分を分解し、増殖していきます。

この分解すると言う過程で、汗の匂いが発生すると言われています。

なので、血液中に常在菌が好む成分がたくさん含まれている状態だと、それだけ常在菌が活発に働くわけですから汗のニオイが悪化しやすいと言うことになります。

つまり、血液中の成分の状態をよりクリーンにしてあげれば汗の匂いを根本的に抑えることができるということです。

血液中に常在菌が好む成分が多くなる理由

これには2つのことが考えられます。

私たちは生命を維持するために日々食事をして、たくさんの食材から栄養を補給し、血液がそれを体中に運んで代謝されることで、生命活動が行われています。

ここで汗臭い原因の食べ物の内容と重なってきます。

もしも自分が汗臭い原因になってしまう食べ物をガツガツ食べていたらどうでしょう。

やがてその食材は体の中で分解されそれぞれの栄養素が血液に流れて体中に渡っていきます。

汗臭い原因になる食べ物=常在菌が好む成分がたくさん含まれている食べ物

と言うことになりますので、汗臭くなってしまう条件が整ってしまいます。

だからこそ食事の改善が重要だと言われているんです。

もう一つは腸内環境の影響

もう一つは腸内環境の状態に関係しています。

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、腸内環境が悪玉菌優勢の状態だと、便秘になりやすく体の中に便がとどまってしまいますね。

そうするとどうなるかと言うと、あの激しく臭い便がさらに腐敗し、さらに臭い成分を作り出します。さらに有害物質なども同時に作り出します。

これらは腸内環境にとどまることができず、やがて血液中に溶け込み体中に運ばれていきます。

そして便が腐敗して作られた成分が血液中から汗となって皮膚の外に分泌されます。

こうなれば、汗のにおいが臭くなってしまうのも当然です。。

しかも、汗臭い原因となる食べ物の中に肉の食べ過ぎはよくないよ。といった内容がありましたが、肉の食べ過ぎは腸内環境の悪化を加速させます。

なので、毎日肉ばっかり食べる生活と言うのは、ダブルで汗臭い原因を作っている事でもあるんです。

このような事実から、肉食中心の生活から野菜中心の食生活に変えるだけでも、汗の匂いが根本的に改善される事は想像できますね。

腸内環境を整えるためにできること

腸内環境整えるためにできることもいくつかあるのですが、箇条書きであげるとこんな感じです

  • 生活習慣を正す
  • 睡眠のリズムを作る
  • 適度に体を動かす
  • お酒やタバコを控える
  • 食生活を改善する
  • ストレスをコントロールする

といった内容です。

ざっと挙げただけでもこれぐらいあるのですが、中でも1番手っ取り早く腸内環境に良い影響を与えやすい要素が食事だと言われています。ここでも食事の要素が出てきます。

具体的には、ヨーグルトをとると乳酸菌が働いて腸内環境に良いと言う話は有名ですが、それ以外にもりんごや蜂蜜などにたくさん含まれるオリゴ糖や、腸内環境のゴミをきれいにしてくれる食物繊維が豊富に含まれる大豆やもやし、バナナなどを食べるのも効果的です。

まとめ

いろんな内容を語ってきましたが、簡単に要約すると、ヘルシーな食生活は健康に良いだけじゃなくて汗の匂いにも良い影響を与える。といったところでしょうか。

私はもともとファーストフードなどが大好きで肉食中心の生活だったため、食生活の改善を行うのは非常に苦労しました。簡単なように見えてやってみると意外と続かないんですよね。

ですが、見方を変えると、普段食べるものを変えるだけですから、特にお金のかかることや面倒臭い思いをする必要もありません。なので、もしあなたが本気で汗の匂いをなんとかしたい!と思うのであればまずは食べ物から変えてみてはいかがでしょうか?

市販で買える汗の臭い対策グッズで私のオススメはこれ!

ドラッグストアやコンビニなどでどこでも簡単に手に入る汗の臭いの対策グッズで、私が最も良いと思うものは、AG +です。

なぜAG +が良いのかというと、AG +は数多くある汗の臭い対策グッズであるデオドラントスプレーの中でも、科学的根拠に基づいてしっかりと消臭してくれるところです。
汗の臭い対策をする際に、汗が出ないようになんとかしたい。とおっしゃる方がたまにいらっしゃいますが、正直それはできたとしても市販の手軽に手に入るグッズではかなり厳しいかと思います。

汗を止めるのはほぼ不可能?!

人間が汗をかく仕組みについて簡単に言うと、我々人間は、体温が上昇したときに体温を調節するために汗をかいて体温調節を行います。
暑い夏に、外気の気温が熱くなれば当然体の体温も上昇します。それを避けるためにも人間は汗をかきます。
もしそれができなければ単純に危険です。
サウナに入ってもそうですね。サウナの中は非常に暑いです。すると体温もぐんぐん上昇していきますからたくさん汗をかきます。
となると、暑い夏の季節に、どれだけ優秀なグッズを使ったとしても、汗を完全に防ぐのはかなり厳しいことが考えられます。と言うよりも完全にストップするのは危険です。
多少は抑えたいところですが、それよりも汗をかいた後のにおいが気になるのであれば、汗を止めるのではなく汗のニオイが悪化しないようにすることが大切です。

汗が悪臭になっていく仕組み

既にご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、汗の匂いはもともと無臭だと言われていますね。
ですが汗に含まれるわずかなタンパク質やアンモニアなどの成分を、皮膚に存在する常在菌が分解して増殖していきます。この過程で汗の匂い物質が本格的に悪臭物質と変化していくんです。
つまり、この常在菌を何とかしてやれば良いと考えられます。
そこでAG +の登場です。
シーエムでもおなじみですが、AG +は銀の力で脇の下の常在菌を速攻で殺菌してくれますね。
なので、常在菌が汗の成分を分解することを食い止めてくれる働きが期待できるわけです。
このように科学的根拠に基づいて汗が臭くなってしまう仕組みに対してちゃんとアプローチしている汗の臭い対策グッズがAG+なんです。
なんだか販売業者みたいな説明になってしまいましたが(笑)
要は私が伝えたいのは、テレビコマーシャルや、商品の見た目などから「あ!これ良さそう」と思って判断するのではなく、ちゃんと自分の目的叶えてくれるものであるかどうかで判断することが大切です。
ちょっと失礼かもしれませんが、いろいろあるでオドラントスプレーに比べると、AG +の入れ物の見た目はちょっと地味ですよね。
でも中身は本物だと思います。
私も夏本番になるとAG +の小さい容器を持ち歩いてこまめに汗の臭い対策をしていますよ♪

汗の匂いを抑えたいなら大事なことがもう1つ

このページをご覧になっている方はおそらく、手軽に手に入る汗の臭い対策アイテムで一体どれを選んだらよいのかわからない?と言う方ではないかと思います。
少なくとも、汗の匂いをなんとかしたい。と思っている方がほとんどでしょう。
そんなあなたにもう一つだけ知っていただきたいことがあります。
それは、腸内環境の改善が汗の臭い対策にかなり効果的だと言うことです。
「腸内環境の改善が汗の匂いに何の関係があるの!?」と言う声が聞こえてきそうですが、かなり深い関係性があります。

腸内環境が整うと汗のニオイが改善される理由

私もそうですが、理想的なのは汗をかいてもあんまり臭わない状態ですよね。
その状態に近づけるために腸内環境の改善が非常に重要です。
その理由は、まず腸内環境が悪化した状態だと、便の排出がうまく行われずに便秘の状態が継続してしまいますよね。
便秘の状態と言うのは、あの臭いウ◯◯がおなかの中に滞在していることであり、長期間お腹の中で放置されるとそれがさらに腐敗してもっと臭くて毒性のある物質を体内で発生させます。
この成分は腸内環境にとどまることができず、やがて血液中に溶け込みます。
すると体全体にそのヤバイ物質たちが行き渡るわけです。ちなみに、汗と言うのは血液から作られていますから、血液中に便から作られたクサイ臭い物質が大量に含まれているとなれば、かいた汗が臭くなるのは当然ですよね。。
また、腸内環境が良い状態だと、常在菌が好む汗の悪い成分も割合が減ると言われています。
つまり元をたどると、腸内環境を改善することで汗のにおいが臭くなってしまう様々な原因を根本からシャットアウトすることができます。
汗の匂いに悩む方のゴール地点はおそらくここではないかと思います。
即効性のあるデオドラントスプレーや制汗剤等も良いですが、こういった汗の臭いの発生の仕組みに基づいて適切な対策をとると、根本的な対策ができるかもしれませんね。

腸内環境整えるには

そうともなれば腸内環境を整えよう!早速ご期待人も中にはいるでしょう。
腸内環境整えるためには、食事や運動、生活習慣など様々な要素が関係してきますが、最も大きな影響与えるのが食生活だと言われています。良かれ悪かれ大きな影響を与えます。
なお、肉食中心の食生活などをしていると腸内環境が悪くなると言われており、野菜や果物などから、たくさんの食物繊維を摂取したり、ヨーグルトなどの発酵食品からたくさんの乳酸菌などを摂取すると、腸内環境の善玉菌がたくさん増える状態になるため、腸内環境が整いやすいと言われています。
これを継続することによって汗の質を改善することにもつながります。
汗の臭い対策グッズで目先の汗対策を行いながらも、裏で腸内環境の改善をし、根本的な汗対策も同時に行いたいですね。