未分類

汗臭いニオイが洗濯で落ちない原因とプロがやる洗い方

「たくさん汗をかいた時に着ていた洋服をいつも通り洗濯したけれど、独特の汗臭いニオイが完全に取りきれていない。」

このような経験はありませんか?

もしそうなってしまうと、あなた自身が汗臭い体臭を発生させないようにいくら気をつかっていても汗の臭いが染み付いた服を着ていたら、まるであなたから不快な体臭が発生しているかのように周りから思われてしまうかもしれません。

そんなのは絶対に嫌ですね。

ただ、普段通りちゃんと洗濯したのに汗の臭いが取りきれていない。となると、どうしたら良いのか迷われてしまう方も少なくないでしょう。

そこでこのページでは、洗濯しても汗の臭いが取り切れない理由について解説した後、具体的にどのような洗濯方法を取り入れればきっちりと汗の臭いが取れるのか。について詳しくご紹介していきます。

洗濯したはずの衣類に汗臭いニオイが残ってしまう原因

この内容を詳しく見ていく前にまず知っていただきたいのが、皮膚から発生している汗臭さも洋服に染み込んだ汗臭さも、どちらも雑菌が繁殖していることが原因だと言うことです。

つまり、ちゃんと洗濯したのに汗臭いニオイがとれない!この状況は洗濯で洋服の繊維に増殖してしまった雑菌たちがきちんと落ちきっていないのがことが考えられます。

なぜ雑菌を落としきれないのか

汗をかいた衣類を洗濯してきちんと臭いが落ちている時もあれば、臭いが残ったままの時もある。という場合があるかと思います。

これはなぜなのでしょうか?

その答えは、洗濯機の中に洗濯物ぎっしりと詰め込みすぎていることが可能性として考えられます。

 

一般的には洗濯機の中の洗濯槽に対して、大体70%位の量の洗濯物までに留めておくことが好ましいと言われています。

逆にほぼmaxのギリギリまで洗濯物を詰めてしまうと、実際に洗濯している際に十分に雑菌を落としきることができない事態になりかねないのです。

洗剤を入れる量も関係していた

洗剤を入れる量に関しては入れれば入れるほど良さそうに思えますが、実はそうでもないようです。

というのも、もしも適切な量に対して明らかに多すぎる量の洗剤を一度に入れてしまうと、すすぎをしても衣類に洗剤のカスが残ってしまい、それが雑菌の餌となってしまうそうです。

 

なので、自分が洗濯機に入れた洗濯物の量に対して適切な洗剤の量を入れると言う要素も洋服の臭いを良い臭いに保つために必要なことだったんですね。

頑固な汗臭い臭いの取り方

先程の段落で紹介した内容を改善するだけでも、もしかしたら汗臭いにおいが残らないように洗濯が出来るかもしれません。

でも、それを試したけどダメだったよ!と言う場合も考えられます。

 

その時に試して欲しい洗濯物の汗臭いニオイの取り方が洗剤+酸素系の漂白剤を使うという方法です。

普段使っている洗濯用の洗剤と一緒に、色物の洋服でも使える酸素系の漂白剤を混ぜて洗濯します。

酸素系漂白剤の力によって、いつも使っていた洗剤だけでは落ちにくいような汚れまたは汗臭いニオイの元、洋服に染み込んだ汗や皮脂などを分解してくれる効果が期待できます。

これでもダメなら洗剤+酸素系漂白剤+つけ置き洗い

先程の段落で紹介した方法でもダメならば、それにプラスして浸け置き洗いを試してみて下さい。

これは非常に効果的です。

やり方としては洗濯機で行う場合、洗剤+酸素系漂白剤を入れて水が入った状態になって洗濯を開始したら、その時点で一時停止します。

そのまましばらく放置してつけ置きします。

浸け置きする時間は15分から30分程度で、こちらは洗濯物の量に合わせてご自身で調整してください。

洗濯物の量が多い場合はちょっと長めの30分程度、といった具合です。

そして時間が経過したら普段通り再開していつも通りの洗濯を行います。

 

これをするだけでも漂白剤の力で衣類に染み込んでしまった雑菌をきっちりと除菌して臭いの元を解消してくれるでしょう!

それでもダメ!今度はどうしたらいい?!

それでもダメだと言う場合は、臭いがきつい衣類だけ取り出してバケツかオケなどに50度から60度位の熱いお湯を入れて、そこに洗剤と酸素系漂白剤を入れて軽くもみ洗いした後30分程度放置します。

 

お湯の温度が下がってしまわないように、何でも良いのでフタをするとさらに効果的です。

最後の砦「煮洗い」

これは最終手段です。

ここまでご紹介した方法で汗の臭いが取り切れない。と言った場合は洗濯物を煮ます。

かなり大胆な方法ですが、こちらはアップルのクリーニング店や医療関係の衣類の除菌などに使われる方法なのです。

 

やり方はまさに料理のように、水に入れた鍋を火にかけて沸騰させます。

そこへ洗濯ものを投入してゆっくり混ぜながら10分から20分間程度煮込みます。

その後しっかりとすすぎ通常通り洗濯します。

 

なお、この方法では80度から100度程度の水温で煮込みますので、洗剤や漂白剤等は入りません。

クリーニング屋さんに出す前に、最終手段として試してみてください♪

洗濯物の干し方も重要

ご自宅に乾燥機がある方は関係のない内容になりますので、飛ばしていただいて構いません。

なお、乾燥機がないご家庭の場合、きれいに洗濯できた後は洗濯物干しますね。
実はこの時もちょっとしたテクニックがあるんです。

 

部屋干しではなくできるだけ外で干したほうがよい。と言うのは多くの方がご存知かと思います。

しかし、人によっては家の向き的に太陽の光が当たらない方もいらっしゃるかと思います。

それでも日中は外に干しておくことで風が通ってスムーズに依頼が乾いていくので依然として外に干した方が良いと言うことには変わりありません。

 

ですが、例えば冬の場合ですが、冬は空気が乾燥しており外はとても寒いですよね。

そうなると夜だと洗濯物外に干しても中々乾かない。なんてこともあるかと思います。

そこでもし部屋の中でストーブを焚いていたりエアコンをつけているならば、その付近で部屋干しをしてしまうのも1つの手です。

 

部屋干しはできるだけ避けた方が良いと言われますが、実はストーブをつけていたりエアコンによって空気の温度が高い状態に保たれている冬の室内は、空気がとても乾燥しているため洋服の乾きがとても早いんです。

 

なので、冬の夜に洗濯機を回した場合は、そのまま外に干してしまわず暖かい室内で干すのも1つの手です。

さらに、そうすることで室内の湿度が高まりインフルエンザやノロウィルスの予防にもつながるので一石二鳥です♪

 

なお、洗濯機の中に長時間放置してしまうと乾いてない衣類に付着している雑菌が増殖しやすい状態になってしまうため、洗濯が終わったらできるだけ早く取り出して外に干すか何かに干すかしましょう。

 

 

体臭で傷ついた高校時代

私が高校生の頃の話です。私はテニス部に所属しており、毎日練習に励んでいました。
汗を大量にかいた後の自分のTシャツの臭いは、自分でも驚くほど気持ちの悪い臭いでした。
県立高校でしたのでシャワー室などの洒落た設備もなく、やむを得ず、制汗剤を大量に体にふきつけて電車に乗って帰宅する日々でした。

そんなとき、事件は起きました。
私の大好きな片思い中の先輩と、偶然、電車に乗る時間が重なって一緒の車両に乗ることができたのですが、私が乗るや否や、明らかに変な顔をして別の車両に移ってしまいました。
すぐに近くにいた友人に自分の臭いについて確認すると、「うん、いつもちょっと臭うかも。」と言われてしまいました。
「わきがなんじゃない?」と友人に指摘を受け、「わきが対策用の薬があるから買ってみたら?」と購入をすすめられました。
自分では、少し体臭がきつい方かなとは思っていましたが、まさかわきがだとは思いもしませんでした。
友達いわく、私に遠慮して言い出せずにいたそうです。
そして、問題なのは片思い中の先輩です。
あれから、私も先輩の顔を見るたびに自分の体臭を嗅がせてしまった恥ずかしさで隠れっぱなしで何の進展もないままの恋となりました。

2.友人にわきがの指摘を受けてから、早速、薬屋でわきが対策用のクリームを購入しました。効果は抜群で、部活でどんなに汗をかいても臭いがまったくしませんでした。ただ、汗をかく度に、わきが対策用のクリームが落ちている気がして、1日に何回かトイレでこっそり塗りなおしていました。

3.わきが対策用のクリームは、お風呂上りなどの清潔な状態で、ひとまず最初に塗るのですが、お風呂上り塗っておけば、寝汗をかいても次の日の朝まで効果が持続します。また、腋毛などの処理を怠らずにわきが対策用クリームを塗った方が効果が絶大な気がしました。

中高生のうちは、代謝が良く、部活の練習も盛んに行われる時期です。思春期のわきがを持っている子供にとっては、この時期はとても自分の体臭が気になり辛い日々になりやすいです。私もこのわきが対策用のクリームに出会うまでは、自分の体臭に落ち込む日々でした。体臭のきつい方で、まだわきが対策用のクリームを試したことがない方がいたら、ぜひ使ってほしいです。

外国語大学での出会い

私が外国語大学に通っていたころの話です。
外国語大学なので、当然いろんな国からの留学生もたくさん来ており、あらゆる国からいろいろな人が来ていました。
ある日、私は図書館で本を読んでいました。
ある本をとりにいくために移動した時「うん?なんか、お肉の臭いがする・・・」
香ばしい焼肉の臭いではなく、生のお肉の臭いがかなりキツくなったような感じ。
一体どこからこんな臭いがするんだろう?といぶかしく思いながら歩いていると、ある場所で臭いが激しくなるのが分かりました。
それが、東欧から来ていた留学生の女性だったのです。
この人の体臭なんだ・・・ということが分かりました。
普段お肉ばっかり食べているのかな?と思いながらその日は終わりました。

食文化に違いで体臭が変わるとわかった

体臭に関する話なので、あまり他の人に言うこともできずに自分の心の中にしまっていたのですが、ある日の友人との飲み会の中で、酒を飲んだ勢いでその話をぽろっとしました。
一緒に飲んでいた友人も同じことを考えていたらしく、その友人の友人がその外国人の女性と知り合いで、どんなものを食べるのかを見ていたんだそうです。
すると、とにかく食べるのが肉と糖質系のものばかりで、驚くほど野菜がなかったのだそうです。
どこの国の方かは忘れたしまいましたが、寒い地方で野菜の種類がとても少ない上に高く、お肉とジャガイモなどの糖質の高めの根菜がメインの主食で、ずっと子供の頃からそればかり食べて来たそうです。
話を聞くと肉のバリエーションが豊富で、豚肉や牛肉、鶏肉はもちろんのこと、キジ肉や羊の肉もたくさん食べていたのだそうです。
羊などは、かなりクセのある臭いのする肉なので、そういったものをたくさん食べていると、特に日本人からするとかなりクセのある体臭になってしまうのかな、と思いました。
その彼女がいつも言っていたのは「日本では本当にいろいろなものが食べられるから素晴らしい」ということだそうです。
これほど食べるもののバリエーションが豊富な国は、他に見たことがないと彼女は言っていたそうです。
その話をするときには、憧れと羨ましさと同時に、ある種の寂しさが漂っていた感じがしたと彼女の知り合いは言っていたそうです。
もしかすると、日本人からするとクセのある体臭があることを彼女も自覚していて、そのせいで悲しい経験をしていたのかもしれません。
もし日本を気に入ってくれたなら、野菜を中心にいろんなものを食べて、元気に過ごして欲しいと思うとともに、日本は本当にいい国なのだな、と気づかされる話でした。

ブラック企業のせいで口臭が悪化

現在は治りましたが以前は「口臭」で悩んでいました。
結婚する前に働いていたデザイン事務所での事でした。
社長一人、社員は私一人…という小さな仕事場だったので仕事は結構過酷なスケジュールでこなさなければならない状況でした。
その上、社長からのパワハラに仕事の締め切りよっては徹夜、
何日も家に帰宅出来ないなんていう事もあり完全に今で言うブラック企業でした(笑)
そんな状況でストレスが溜まらないはずはありません。
その所為か自覚はしていなかったのですが「胃」が悪くなっていたようでした。
その為、「口臭」が出たらしく社長に「お前口臭酷い」と罵られて更にストレスが溜まり胃が悪くなるという悪循環に陥っていました。
でも、やはり二人しかいない仕事場で相手に「口臭」で迷惑を掛けるのも悪いと思い色々と試してみる事にしました。

最初に行ったのは口臭予防の歯磨き粉とガムを噛んでみた

まずは手っ取り早く口臭予防のハミガキ粉で歯磨きをして、仕事場に行く前には口臭予防のガムを噛んでいくのですが、
これは正直あまり効果はありませんでした。
この時はまだ自覚していなかった「胃」が悪い事による口臭だったので匂いの元が絶てていなかったのですから。
後は口が乾かない様に常に緑茶を持ち歩いて飲んで口の中を殺菌してみました。
これは多少効果がありました。
胃の中も殺菌してくれたお陰か多少軽減されたようですが、それでも社長に「まだ臭いからどうにかしろ!」と怒鳴られるので、
またストレスが溜まりますし仕事も滞ります。
そうすると帰宅は出来ない、徹夜も続く…結局何も根本的には解決しないので「口臭」が治る訳がありません。
最終的には医者に行って相談してみて、やっと原因が「胃」ではないかと分かり、医者からは「少し仕事休んだ方がいいですよ」と言われましたが休む訳にもいかず、どうしたものかと悩みました。
しかし今後の事も考えると、ずっと「口臭」と付き合っていくのも嫌でしたしストレスも限界だったので仕事を辞める事にしました。
仕事を辞めて医者に通いだしたら、段々と口臭は無くなっていき現在は全く気にならなくなりました。
途中までストレスからくるものだというのが分からなかったので不安でしたが分ってみたら安心出来ました。
医者では他にも虫歯も「口臭」の原因になると聞いたので「口臭」に現在お悩みの方は、そういった方面でも調べてみると良いかもしれません。

市販の石鹸はデリケートゾーンの臭いに効果あるの?

女性なら一度くらいはデリケートゾーンの臭いが気になったことはありませんか?なかなか相談しにくい悩みだし、どうしたら臭いを抑えれるのかな?と思った時、手軽に手に入る市販の石鹸は効果あるのか気になりますよね。そこで実際、効果はあるのかみていきたいと思います。

デリケートゾーンに市販の石鹸を使っていいの?

デリケートゾーンには専用の石鹸があり、臭いや黒ずみを解消するのに有効な天然植物由来の洗浄成分を含んでいるので、安心して使えます。

デリケートゾーン専用の石鹸と普通の石鹸の違いは、弱酸性かアルカリ性かです。身体ように使われる石鹸はアルカリ性で、デリケートゾーン専用の石鹸は弱酸性です。なぜアルカリ性の石鹸がダメなのかと言うと、デリケートゾーンは尿やおりものなどのアルカリ性物質に普段から触れているからです。その上からアルカリ性の石鹸を使うと、必要な常駐菌を流してしまい臭いが悪化してしまうとともに、肌へ負担がかかり黒ずみの元にもなってしまうのです。

ですので、デリケートゾーン専用の石鹸を使用することをオススメします。

デリケートゾーン専用の石鹸はどれがいいの?

デリケートゾーン専用の石鹸を選ぶ時は、求める効果によって配合されている成分が違うため、何の効果を目的に使うかが大切です。

臭いを対策したいなら、消臭成分や臭いの原因菌を雑菌する成分

かゆみ対策をしたいなら、炎症を抑える成分

黒ずみ対策をしたいなら、メラニンを抑える成分

という風に目的に合った成分が含まれている石鹸を選びましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸の使い方

デリケートゾーン専用の石鹸だからといっても使い方を間違えるとかゆみやかぶれの原因になったり、臭いを抑えるつもりが逆に臭いを強くしてしまったりします。

まずお湯で泡だてます。この時、泡だてネットを使用するといいでしょう。そして陰毛から洗い始め、大陰唇と小陰唇の間を丁寧に洗い恥垢を落とします。最後に肛門も忘れずに洗いましょう。

ここで注意しなければならないのは、膣内は洗わないということです。膣内には自浄作用があるので石鹸で洗ってしまう必要はありません。

もう1つ効果的な使い方は、デリケートゾーンを泡だてた泡で包み込むようにし、3分ほどパックします。パックするときに使うには、適してる石鹸と適してない石鹸があるます。茶葉エキスやミョウバンを含んだ石鹸を使うとふたつのエキスが、臭いの元に働きかけてくれるので臭いを軽減できるそうです。

その体臭は病気の兆候かも!臭いの特徴と行くべき病院

体臭にもいろんな種類の体臭があり、体臭自体は誰にでも発生するものですよね。
ですが、あまりにもきつい体臭であったり、突然いつもと違うような体臭が発生するようになった。このような場合は病気の兆候である可能性もあります。
特に、肝臓だったり胃腸などの調子が悪かったりするとものすごく生臭い匂いが発生する。なんて話もよくありますよね。

もちろん、その体臭の原因がちょっとした生活習慣の改善等で良くなっていく場合もありますが、何かあってからでは遅いので、違和感のある体臭についてはそれが病気の兆候なのかどうかをはっきりさせたいところです。

そこでこのページでは、どのような体臭や口臭が発生したときにどんな病気の兆候であることが考えられるのか。といった部分を大まかにまとめていきたいと思います。
そして、対策を取ったら良いのか、どの病院に行ったら良いのか。といった部分も一緒にご紹介していきたいと思います。

こんな体臭、口臭が発生したら病気の兆候かも

基本的に体臭と言うのは、汗と雑菌が混ざりやったときに発生するような匂いだったりするのが一般的ですが、体の中で病気が進行している場合、そういったよくある体臭とは明らかに違う異臭がする場合があります。
では、どのような匂いの場合どんな病気の兆候であることが考えられるのか、見ていきたいと思います。

酸っぱい匂いがする

このような体臭が発生したときに考えられる病気は「糖尿病」です。
糖尿病の場合、体内からケトン体と言う匂いが非常に強い物質が発生しやすく、それが汗と一緒に出やすいため、通常よりも酸っぱい臭いやすいんだそうです。

尿のような匂い

少し汚い表現になってしまいますが、まるで街中で立ち小便をした後の横を通り過ぎたような匂いが体から発生する場合があります。
これは主に腎臓が低下して尿が出にくくなってしまうと、本来尿から排出されるべき毒素などが血液に混ざり込んで汗として排出されるため、皮膚からまるで尿ような匂いがしてしまいます。

ドブ、またはザリガニのような匂い

昔、川でザリガニ釣りをしていた経験がある方は何となく想像がつくかと思いますが、体内の肝臓の機能が低下してしまうと、汗や口臭から、まるでドブやザリガニのような臭い匂いが発生してしまいます。
これは、本来肝臓で分解されるはずの物ががうまく分解されなくなってしまい血液に溶け込んでこのような臭いを発生させてしまうんだそうです。

腐った卵のような匂い

便やおならの臭いが、卵の腐敗臭のような匂いである場合、腸内環境が非常に悪いことが考えられます。
腸内環境が悪化していると便秘になりやすく、そのままでも激臭がする便が腸内に長い間滞在すると、さらに腐敗が進みまるで卵が腐った臭いのような腐敗臭が発生してしまい、それが血液に流れ込んで汗をかいた時に腐った卵のような体臭がしてしまいます。

腐った油のような匂い

これは主に頭皮がやたらと脂臭い時に考えられる症状なのですが、脂漏性皮膚炎の可能性が考えられます。
また、腐った脂のような匂いが後頭部に集中している場合は、ミドル脂臭と言う年齢や生活習慣による体臭であることが考えられます。

生臭い魚のような匂い

こちらは、体の中で代謝異常が発生しているときに発生しやすい体臭です。
私たちは、食べたものを消化するときに発生してしまう悪臭物質を普段は肝臓で分解して処理しているのですが、肝臓機能が低下しているとそれを分解することができずに汗、尿、口臭に混ざって排出されていきます。
その結果体の至るとこから魚の生臭い匂いが発生してしまいます。

この体臭は病気の兆候かも!どの病院に行くべき?

先程の段落でお伝えしたように、体臭の臭いの種類によって体の中でどのような病気が発生しているかも変わってきます。
そのため、その病気によっていくべき病院が変わってくるのですが、もしどの病院の何科に向かえば良いかはっきりしている場合は、すぐにそちらで体の状態を見てもらいます。
ただ、明らかに何かの病気の兆候であると考えられるような体臭だけど、これが具体的にどれに該当するかはっきりわからない。と言う場合は、総合病院にまずは向かいましょう。

総合病院であれば、体のいろんな部分を総合的に調査することができますし、ハズレがありません。
二度手間になることもありませんので、曖昧だと言う方は真っ先に総合病院に向かうことをお勧めします。

この体臭は病気の兆候じゃないかも。その時の改善方法は?

このページをご覧の方の中には、病気の兆候ではないかと言うほど疑わしい体臭が発生していたけれど、見た感じ病気の兆候ではなさそう。と言う場合の方もいらっしゃるかと思います。

ただ、曖昧なのであれば総合病院に念のため診てもらうのをお勧めしますが、もしそうなのであれば、基本的には生活習慣を改善したり、セルフケアで何とかなることがほとんどです。
それについてはこちらのページで詳しくまとめられていますので、セルフケアで体臭を改善したい!と言う方は「体臭の原因とそれに合った改善方法まとめ」←こちらを参考にしてみてください!

女性特有のデリケートゾーンの臭い対策について

女性の方は自分のデリケートゾーンの臭いに悩んだことがあるかもしれません。
特に生理の最中は生理特有の臭いが嫌ですよね。
ここではその臭いをどう対策するのか紹介したいと思います。

・デリケートゾーンが臭う原因

デリケートゾーンが臭う原因は雑菌です。
雑菌が栄養を摂って繁殖することにより排出される老廃物が、臭いを発しています。
雑菌の栄養となるものとしては、ショーツについたおりもの・尿・汗・経血などがあります。

中でもおりものや汗、経血は気をつけても軽減できるものではありません。
おりものはタンパク質が豊富で雑菌の格好の餌となります。

デリケートゾーンにはアポクリン腺と言う汗腺が多くあり脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されます。
そして高温と多湿が雑菌が繁殖しやすい環境を作り出しています。
高温と多湿はなかなか避けることができないため、雑菌にいかに栄養与えないかということを対策していきます。

・デリケートゾーンの病気

デリケートゾーンが臭うからといって全てが病気ではありませんが、婦人科系の病気のサインとなっている場合もあります。
急に臭いがきつくなったりおりものの量が増えたた、または色が変わった等の場合は要注意です。

臭いが強くなり悪臭だと感じた場合は、子宮頸がん・子宮内膜炎・細菌性腟炎・淋病・トリコモナス腟炎などの可能性があります。

また、おりものがカッテージチーズのように変わってきたら、カンジダ腟炎の可能性があります。
これはかゆみを伴う症状が多い感染病です。

カンジダ菌自体は常に膣内に存在していますが、膣の中まで洗ってしまったり抗生物質を服用したりすると膣内の善玉菌が排除され、カンジダ菌が異常に繁殖してしまうのです。
膣内には自浄作用があるので、石鹸などでごしごし洗ってしまうとトラブルの元になってしまうのです。

・デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンの臭い対策は、基本的に清潔を保つ事です。
お風呂でデリケートゾーンをしっかり洗うことが大切です。
しかし皮膚は薄く傷つきやすいため、たっぷり泡を立てて指の腹を使って丁寧にやさしく洗いましょう。
大陰唇と小陰唇の溝は恥垢が溜まりやすいので、入念に汚れを落とす必要があります。
そして通気性の良いショーツを身に付け、おりものなどで汚れたら履き替えるなど清潔を保つようにしていくことが大事です。

足の臭いを重曹とクエン酸で改善する方法

足の臭いはクエン酸や重曹で改善できるの?

足の臭いはクエン酸や重曹で改善できると言われています。
足の匂いを改善する方法と言えば、足を洗う、靴下を変える、靴のソールを変える、靴を洗う、靴の中に新聞紙を中に入れるなどのちょっとした工夫を行うことができます。

ただここでは、そういった一般的に知られた方法ではなく、クエン酸や重曹を使った足の臭いの改善方法について特集していきたいと思います。

足の臭いの正体とは?

足の匂いの正体は皮膚に存在する常在菌だと言われています。
もちろん目に見えるわけではありませんが、私たちが汗をかいてしばらくすると汗臭くなってしまうのと同じ原理で、足の裏は多い方でいちにちコップいっぱい程度の汗をかくと言われています。
その汗の99%は無味無臭の成分だと言われているのですが、残りの1%が、アンモニアなどの常在菌の餌となりやすい成分が含まれた汗だと言われています。

その1%の悪い汗を餌にして常在菌は分解され増殖していくと言われています。
その過程の中であの嫌な悪臭が発生すると言われています。

また、足と言えば、靴下も履いて靴も履きますよね。
そうなると何が起こるかと言うと湿気がめちゃくちゃ凄いんです。
湿気が多いところに菌が繁殖しやすいと言うのはご存知かと思います。
ここまでで何となく想像がつくかと思いますが、上記のような理由から足の裏は悪臭の元となる常在菌が繁殖しやすい条件が体のどの部分よりも整っていることがわかります。

これが足の匂いの正体でもあり、足が臭くなってしまう原因でもあります。

どんな人が足が臭くなりやすい?

ではどんな人が足が臭くなりやすいのかと言えば、
・生活習慣が悪い人
などが該当すると考えられます。
1番最後の生活習慣が悪い人については、生活習慣が悪い方だとどうしても汗の質がどんどん悪くなっていき常在菌の餌となる汗が出やすいと言われています。
なので、よく汗をかいて革靴などを履く生活習慣の悪い方は足のにおいが臭くなりやすいと言えるでしょう。

足が臭くなりやすいタイミング

足が臭くなりやすいタイミングは、やはり長時間靴を履いて活動した後だと思われます。
私は足が臭くなるのが嫌なので出来る限り靴をはかずにサンダルで過ごすようにしています。サンダルを履いて過ごした日は足の匂いを嗅いでもあまり足が臭くないんです。
ですが、仕事や出先などで長時間靴を履いてなかなか靴を脱がないような時間を過ごした後は靴を脱ぐとやはり足が強烈に臭いです。

なので、最も足が臭くなりやすいタイミングは長時間靴を履いて活動した後だと考えられます。

特に足のどこが臭くなりやすい?

特に足のどこが臭くなりやすいのかと言われると、やはり指の間でしょう。
その部分はあまり空間がない靴の中でも唯一空間がある場所であり、雑菌なども繁殖しやすいポイントだと言われています。

以前私は足の臭い対策で5本指ソックスを履いていたのですが、多少効果は実感したもののあまり大きな改善効果は得られませんでした。
それほど指と指の間は雑菌が繁殖しやすく匂いが発生しやすい部分だと考えられます。

足の臭いはどのように改善する?

足の匂いを改善する方法はいくつかありますが、ここではクエン酸と重曹を使った足の臭い改善対策について紹介していきたいと思います。

クエン酸を使った足の臭い改善方法

クエン酸をお湯に加えて足湯として使います。

やり方はとてもシンプルで、何が水をためることができる容器にお湯を張って食えんさんを大さじ2杯程度入れます。私の場合はレモン汁をクエン酸として使いました。そして水洗いでもボディーソープでも良いのですでに洗ってある足をお湯の中に入れて10分前後つけておきます。その後きれいなタオルでしっかりと拭いて乾燥させます。私はこれをするときに念には念を入れてドライヤーを使って足を乾かしています(笑)

やり方はたったこれだけです。この方法で頑固な足の臭いもびっくりするぐらい改善されました。

重曹を使った足の匂い改善方法

次は重曹を使います。重曹の場合は重曹そのままで使うのではなく、クエン酸と混ぜて使います。

クエン酸と重曹を混ぜる割合は、2対1の割合がちょうど良いのではないかと思います。(重曹が2.クエン酸が1)このように混ぜ合わせたものをお湯の中に入れて足湯として使って行きます。

敏感肌の方はあまりオススメできないようですが、お肌があまり強くないと言う形でなく、普通に洗っても落ちてくれないような足の臭い臭いを落としたいと言う方にはとてもオススメな方法です。

体臭改善の方法|以外と知られてない対策とは

以外と知られていない体臭改善方法とは!?

体臭改善にも色んな方法がありますが、ここでは、よく知られている体臭改善の方法だけでなく、あまり知られていない体臭改善方法までご紹介しています。

日常の様々なシーンで体臭改善に役立つことをしたいという方には参考になるかもしれません♪

一般的な体臭改善方法とは?

一般的な体臭改善方法と言えば、普段使うシャンプーやボディーソープを変えたり、柔軟剤を変えてみたり、コンビニやドラッグストアでデオドラントスプレーを買ったりと手軽にできることが様々あるかと思います。

私も以前までは、デオドラントスプレーを持ち歩いていたり、汗拭きシートを常備携帯していたりなんてこともありました。

ただ調べていく中で分かったのですが、体臭を根本的に改善していくためには体の外側に対するアプローチよりも、体の内側に着目したアプローチ方法がより効果的であることがわかったんです。

確かに、以前の私のようにデオドラントスプレーや汗ふきシートなどは即効性がありここぞと言う時に大活躍してくれます。

ですが、もしあなたが本格的な体臭改善を望んでいるのであれば、そういった外側からのアプローチだけでなく、内側からの体臭改善方法を取り入れたほうがよさそうです。

以外と知られていない体臭改善方法

先ほど、外側からのアプローチよりも内側からのアプローチの方が根本的な体臭改善に効果的だと言う話がありました。

実は意外と知られていない体臭改善方法の多くは、この内側からのアプローチをするものが多いことがわかりました。

もしかすると、もうそれ知ってるよw
と言う内容もあるかもしれませんが、意外と知られていない体臭改善方法は以下のようになっています。

  • 食べ物による体臭改善
  • サプリメントによる体臭改善
  • 生活習慣による体臭改善

…何となく聞いたことあるような気がする。
と言う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、これらの体臭改善方法を具体的にどのようにしたらよいのかという部分については詳しく知らないと言う方が多かった印象です。

これらの体臭改善については他のページにて詳しく紹介していますが今ここで簡単に言うならば、食べ物による体臭改善では、肉や油系のものは避けて、野菜や果物を中心とした食生活に変える。

サプリメントによる体臭改善では、体臭改善とうたわれているものならば何でも良いと言うわけではなく、しっかりと自分自身の体臭の原因を理解し、そこに対して改善効果が働いてくれるサプリメントを選ぶことが重要であるということです。

また、生活習慣が悪いと体臭によくないと言うのもよく耳にしますが、具体的に何が良くないのかと言うと、お酒やタバコ、ストレスをためること、運動をしないことなどが挙げられます。
10代の頃は特に今みたいに体臭に悩まなかったのに、30代を過ぎてから加齢臭のような変な体臭に悩むようになった。
と言うのには、こういった生活習慣や食生活の変化などが大きく関係しているといわれているんです。

朝に行ないたい体臭改善方法

あなたは朝の体臭改善または対策はどのようなことを行っていますか?
中には日常的に朝シャンをされる方もいらっしゃるかもしれませんが、その習慣は非常に効果的です。

主に汗から来る体臭の方の場合、皮膚の常在菌夜寝ている間にかいてしまった汗に含まれる悪い汗の成分を、朝シャンをすることによって水で流すことができるため体臭対策としてはとても効果的です。

また、先ほど体臭改善を本格的に行うのであれば内側からのアプローチがより効果的だと言う話をしましたが、その日のスタートにデオドラントスプレーなどを気になる部分に吹きかるのも体臭改善に良い影響があると言えるでしょう。

ただ、スプレータイプのものに限らず、最近ではジェルタイプのデオドラントアイテムも多数出ています。
特に脇の下の匂いが気になると言う方には、脇の下の汗の原因に対する効果が高いジェルタイプのデオドラントアイテムを使ってみるのもありかもしれません。

昼に行ないたい体臭改善方法

昼の体臭改善では、できる事はあまり無いかと思いきやここでもちょっとしたことで体臭をリセットして午後の仕事を迎えることも可能です。

具体的に何ができるのかと言うと、まずは歯磨きです。歯磨きをすることでまず口の中の臭い臭いをリフレッシュすることができます。

そして、上だけでも良いので衣類を着替える。
着替えの際にデオドラントシートやスプレーなどで皮膚の表面についている常在菌等をしっかりと拭き取ることです。

こういった一手間を加えるだけでも、休憩が終わって午後の仕事をする頃には、またリセットされた状態で仕事に臨むことができます。
特に客商売をされている方にはオススメかもしれません。

夜に行ないたい体臭改善方法

仕事が終わって夕方以降どんな体臭改善ができるのかと言うと、簡単な運動や食生活の改善などです。

仕事が終わってまで運動なんかしたくない!と言う声が聞こえてきそうですが、20分程度の簡単なウォーキングまたはジョギングでも良いので、運動を行う習慣をつけたいところです。

特にこういった運動はダイエット目的でされることが多いですが、ウォーキングやジョギングをすることによってストレス緩和効果が期待でき、血流改善など目に見えない様々な部分で体臭改善に対するアプローチができるんです。
先程言った体の内側からのアプローチを行うこともできますので、この習慣は可能であれば取り入れたいところです。

また食事についてですが、食事は先ほどお伝えしたように野菜や果物がたくさんある食事が好ましいと言われています。
具体的に何を選んだらいいのかわからない!と言う方は、さっぱりとした和食を食べることを意識すると良いかもしれません。

なぜ夜は食事の改善を意識した方が良いのかと言うと、体の仕組み的に夜の時間帯は食べたものの栄養を体内に吸収しやすい時間帯なんです。
つまりこの時間帯に体臭に悪いとされる食べ物などをばくばく食べてしまうと、その分体臭に悪い影響があるのは想像がつくかと思います。

こちらも目に見えない部分ですので軽視されがちなのですが、意外と重要な部分ですので食生活が良くないと自覚される方は一度見直してみると良いかもしれません。

ナチュラルアクアジェルキュアはワキガ対策も可能?

角質ケアをするとワキガ臭が抑えられます。そこで使われるピーリングジェルがナチュラルアクアジェルキュアです。
実はこの商品はワキガ対策アイテムでもなく消臭クリームでもないのです。
それにもかかわらず、ワキガ体質の人に愛用者が多いということも事実です。

 

ナチュラルアクアジェルキュアの基本情報

ナチュラルアクアジェルキュアは250g入っていて2700円で、全身に使っても一本で2ヶ月から3ヶ月は持ちます。なので気軽に使える面もおすすめです。

ナチュラルアクアジェルキュアの特徴

このナチュラルアクアジェルキュアにあって、他のピーリングジェルにはないは特徴があります。
それはこのジェルだけが持つ低刺激性と言う特徴があり、90%以上が水分でできています。
普通のピーリングジェルは肌に刺激が強いので、汗腺を刺激して逆効果になる場合があります。

ナチュラルアクアジェルキュアでのケアの頻度

ナチュラルアクアジェルキュアを使って角質ケアをするのは、だいたい週2回が目安です。
どれだけ低刺激だと言っても頻繁に使いすぎると肌に負担がかかってしまいます。
効果を最大限に引き出すには、やりすぎないことが重要です。
身体を洗った後に、水気を拭き取ってから肌に塗り優しく円を描くようにマッサージしてください。古くなった角質がポロポロと落とせます。

ナチュラルアクアジェルキュアがワキガ臭を抑える仕組み

角質を手入れすることでワキガの臭いを抑えることができるのです。
汗腺に直接働きかけるわけではないですが、臭わないベースを作るには欠かせないアイテムです。古い角質が残っていると、体臭もきつくなります。こまめに角質を落とさないとデオドラントスプレーなどの浸透を妨げてしまうのでピーリングをして汚れを落としましょう。

 

ナチュラルアクアジェルキュアの安全性について

ナチュラルアクアジェルキュアを購入するにあたって、安全性を気にされる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
特にもともとお肌が敏感な方にとっては、購入してから自分の肌には合わなかったとなると今後使うこともできなくなり無駄な出費となってしまいかねません。
そこでナチュラルアクアジェルキュア際の安全性について調べた結果を簡単に見ていきたいと思います。
ナチュラルアクアジェルキュアの成分は91%が水でできており、無香料・無着色・無防腐剤なので安心して使用できます。