ワキガ

ワキガ手術ってやっぱり意味ないの?術後に再発する理由

ワキガに悩む方にとっては、少しがんばってでもアポクリン腺の摘出手術を希望したくなるところです。ただ、巷ではそれが無意味だと言う声もあります。そこでここでは、わきが手術がどうなのか?について特集していきます。

ワキガ手術をしても治らないって本当?

 

ワキガの手術をして完全に治るのならば、多少高いお金を出してでも手術を受けたところですよね。

しかし、調べてみるとワキガの手術をしてもしばらくしてからワキガが再発した。と言う声もたくさんあることがわかります。

ワキガの手術は高いお金がかかるだけでなく、ドキドキするしとても勇気が要ることです。

そういった様々なリスクを承知で手術を行っても、しばらくしてから再発してしまうのでは正直やる意味を感じませんよね…。

そこでこのページでは、わきが手術をしても本当にワキガが治らないのか?その理由はなんなのか?といった部分についてみていきたいと思います。

また、わきが手術を断念した方は今現在どんなワキガケアを行っているのか。という部分も併せてご紹介していきたいと思います。

ワキガ手術が意味無いって本当?

 
わきが手術はワキガを改善するための歴とした治療ですので、無意味と言うわけでは無いようですが、実際に手術をして再開している方がたくさんいらっしゃるのは間違いありません。

それにはどうやら、わきが手術の方法も関係してくるようです。

なぜワキガ手術をしても再発するの?

 
一般的にワキガ手術を行いればそれ以降はワキガが完全に消えると言うイメージかと思いますが、そうであるにもかかわらずなぜ手術をしても再発してしまうのかというのは疑問ですよね。

調べたところによると、ワキガの手術の中でも、脇を切開してワキガの原因であるアポクリン線を一つ一つ医師が自分の目で確認しながら的確に除去していくと言う手術もあれば、機械任せの方法で、アポクリン線の取り残しがあるような手術もあるようです。

脇を切開しない手術や、機械まかせの手術方法だとどうしても治療が完璧に行えないと言うデメリットがあるようです。

これでは、手術をしてもそのうちワキガが再発してしまうのも頷けます。

ただ、アポクリン線を一つ一つ的確に取り除いていく手術でもワキガが再発してしまう可能性は十分にあり得ると言われています。

また、仮に名医と呼ばれているお医者さんでも、ワキガの原因であるアポクリン線が非常に活発に活動している方の場合、完璧な手術を行っても新たにアポクリン汗腺が出てくるという可能性もあるそうです。

つまり、ワキガは抜いても生えてくる雑草のようなものだと言うことです。

わきが手術は手術後が残る

 
わきが手術の中にもいろいろな種類があり、脇を切開しないで行う手術や先ほど紹介したように脇を切開してアポクリン線を取り除いていくと言う手術の方法があります。

なお、脇を切開してアポクリン線を取り除く方の手術の場合ワキガの原因を根本的に取り除くことができるため、ワキガの再発率は圧倒的に低いのですが手術後の傷跡が残ってしまうと言う大きなデメリットがあります。

せっかくワキガを摘出しても、ワキガ再発のリスクや脇の下に傷跡が残ってしまっては一生消えない傷になりますので、よく考えたほうがよさそうです。

脇毛は抜いてはいけない?!ワキガ臭悪化の恐れあり

脇毛の処理の仕方はどのように行なっていますか?

基本的には脇毛を“抜く”か、脇毛を“剃る”かの2択になるかと思いますが、もしもあなたがワキガもしくは多汗症などで脇の臭いを気にされているのであれば、脇毛を抜くのはあまり賢明とは言えません。

ここでは、その理由と脇の下の臭いを悪化させないためにも、どんな方法で脇毛の処理を行ったら良いのか。といった部分についても一緒に見ていきたいと思います。

脇毛の処理をすることはワキガ臭改善に良い

脇毛を処理するのが脇の臭いを考える上では良いのか悪いのか。と言う部分についてですが、結論から言うと脇毛をこまめに処理すると言うこと自体は、脇の匂いを改善する効果が期待できます。

ワキガ体質の方にしても、そうでなくただ単に汗の臭いが臭くなってしまいやすいと言う方にしても、脇の下の匂いが悪化してしまう仕組みは基本的には同じです。
簡単に言うと、皮膚の汗が分泌される汗腺から汗が分泌され、その成分と皮膚の常在菌が混ざり合い、常在菌によって成分が分解され、常在菌が繁殖していくと脇の臭いが臭くなり、深刻な体臭へとつながっていきます。
ですが、こまめに脇毛の処理を行っていくことで、皮膚の表面が乾燥しやすく、そうなると臭いの発生源である常在菌の繁殖がしにくい状態になります。
なので、脇毛の処理をしないよりかは脇の下の匂いを抑える効果が期待できます。

脱毛は脇の臭い悪化の原因に

脇毛処理をすること自体は、ワキガなどの脇の下の匂いを改善する効果が期待できます。
ただ、ページの冒頭部分で脇毛を抜くと言うお手入れの仕方は、脇の下の匂いを考える上ではあまりオススメできない。と言う話がありましたね。

なぜそうなのかと言うと、もしも毛を抜くときに、毛根からきれいに抜いてしまうと、ただただ痛みが伴うだけでなく、毛穴やその周辺に対して実際に強いダメージを与えてしまいます。
このようなダメージが、ワキガ臭の原因である汗の分泌腺の1つ「アポクリン汗腺」の働きを強くしてしまうんだそうです。
汗が分泌される汗腺には、エクリン腺とアポクリン汗腺の2つがありますが、アポクリン汗腺は脇の下に集中しており、この汗腺から分泌される汗がワキガ臭を強くしてしまう原因ですので、脇毛を引っこ抜いてアポクリン汗腺を刺激してしまうのは、かなり良くないことである事はイメージできますね。

このような理由から、脇毛処理をする際は、脱毛をすると言うのはあまりおすすめできません。

脇毛はどのように処理したらいいの?

もしもあなたが脇の下の匂いを特別気にするのであれば、脇毛をしまうのではなく脇毛を剃りましょう。
限りなくお肌へのダメージが少ない電気シェーバーなどを使ってお肌への刺激を最小限に抑えることで、アポクリン汗腺を刺激することなく、きれいに脇毛処理をすることができますので、美容面でも体臭面でもプラスになります。
なので、脇毛を抜いたら良いのか剃ったら良いのか迷われているのであれば、ここでは脇毛剃ると言う脇毛処理の方法をお勧めします。

ナチュラルアクアジェルキュアはワキガ対策も可能?

角質ケアをするとワキガ臭が抑えられます。そこで使われるピーリングジェルがナチュラルアクアジェルキュアです。
実はこの商品はワキガ対策アイテムでもなく消臭クリームでもないのです。
それにもかかわらず、ワキガ体質の人に愛用者が多いということも事実です。

 

ナチュラルアクアジェルキュアの基本情報

ナチュラルアクアジェルキュアは250g入っていて2700円で、全身に使っても一本で2ヶ月から3ヶ月は持ちます。なので気軽に使える面もおすすめです。

ナチュラルアクアジェルキュアの特徴

このナチュラルアクアジェルキュアにあって、他のピーリングジェルにはないは特徴があります。
それはこのジェルだけが持つ低刺激性と言う特徴があり、90%以上が水分でできています。
普通のピーリングジェルは肌に刺激が強いので、汗腺を刺激して逆効果になる場合があります。

ナチュラルアクアジェルキュアでのケアの頻度

ナチュラルアクアジェルキュアを使って角質ケアをするのは、だいたい週2回が目安です。
どれだけ低刺激だと言っても頻繁に使いすぎると肌に負担がかかってしまいます。
効果を最大限に引き出すには、やりすぎないことが重要です。
身体を洗った後に、水気を拭き取ってから肌に塗り優しく円を描くようにマッサージしてください。古くなった角質がポロポロと落とせます。

ナチュラルアクアジェルキュアがワキガ臭を抑える仕組み

角質を手入れすることでワキガの臭いを抑えることができるのです。
汗腺に直接働きかけるわけではないですが、臭わないベースを作るには欠かせないアイテムです。古い角質が残っていると、体臭もきつくなります。こまめに角質を落とさないとデオドラントスプレーなどの浸透を妨げてしまうのでピーリングをして汚れを落としましょう。

 

ナチュラルアクアジェルキュアの安全性について

ナチュラルアクアジェルキュアを購入するにあたって、安全性を気にされる方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
特にもともとお肌が敏感な方にとっては、購入してから自分の肌には合わなかったとなると今後使うこともできなくなり無駄な出費となってしまいかねません。
そこでナチュラルアクアジェルキュア際の安全性について調べた結果を簡単に見ていきたいと思います。
ナチュラルアクアジェルキュアの成分は91%が水でできており、無香料・無着色・無防腐剤なので安心して使用できます。

ワキガ手術の体験談

ワキガの方は臭いを完璧に無くしたいと思いますよね。臭い対策には、デオドラントスプレーやクリームなど一時的なものもありますが、ここではワキガの手術を受けた人の体験談を紹介したいと思います。

ワキガ手術の体験談

私は数年前にワキガを治したくて、ある美容整形外科のでワキガの手術を受けました。
1度目の手術では傷跡は全く残らなかったもののまた臭いが再発してしまったので、2度目の手術を受けることになりました。
その結果、臭い完全に取れましたが傷跡がとてもひどく残ってしまいました。その傷跡のせいで夏にノースリーブなど脇を露出する服を着ることができなくなりました。
はじめにカウンセリングの時、お医者さんには傷が残りやすい体質だと言う事を伝えておきました。お医者さんは大丈夫ですよと言ったのでこれで治るならと、希望を持って手術をしました。抜糸が済んでしばらくすると両脇に大きな水ぶくれができ、それが破裂してしまい、そしてその部分が化膿してしまいぐちゃぐちゃになりました。
すぐに病院に行き診てもらうと、たまにこういう人がいるんです、と言われしてもらいました。それでもこのお医者さんには大丈夫、きれいに治りますよと言破れましたが、結局凹凸が残り、とてもひどい傷跡になり何度かきれいにするための手術を無料で受けることになりました。この手術の担当医が3人も変わりその度に、この前の手術の時よりきれいになったね、と気休めの言葉を言われ最終的には、もうこれ以上の改善は見込めないと言われました。
結局私は、また別の病院で少しでも傷跡が目立たないようにする手術を受けることになりました。その病院でも目立たなくする事はできても完全には消えないと言われました。
こんな手術で傷跡が残るなら、2度もワキガの手術をしなかったのになぁと少し後悔しています。しかし、臭いがなくなったことだけが幸いです。

ワキガの手術はいくら?

実際手術を受けるためにどれだけ費用がかかるのか気になりますよね。
手術の種類によって15万円から30万円と異なります。
ワキガ手術は医師からワキガと診断された場合や保険診療を認めている病院、保険適用が認められた治し方の場合には保険が適用されます。病院によっては、自由診療として保険診療による手術を認めていないところもあるので、直接問い合わせて確認することをおすすめします。

手術以外にオススメのワキガ改善法

手術以外にも汗を出す働きを抑えるボトックス注射や、臭いを起こすアポクリン腺・エクリン腺にレーザーを当て汗腺を刺激するレーザー治療、軽度の方には脇の毛根辺りに針を刺し、電流を流し毛根を固まらせアポクリン腺や皮脂腺を刺激する電気凝固方などがあります。
これらも5万円から15万円と異なりますが、手術より手軽に受けれる治療になります。