体臭を予防したい方必見!社会人の6つの臭いと予防法

突然ですが、あなたはご自身の体臭を気にした事はありませんか?

近年では、ビジネスの世界でも体臭が原因で相手の人に不快感を与えてしまうスメルハラスメント、と言う言葉が流行りつつあります。

これからの日本の臭いのマナーが厳しくなっていくことを予感させますね。

実際に、自分の近くにいる人がひどい体臭だと、少なからず良い気分にはなりませんよね?

もしも相手が自分に対して、そのような不快感を覚えていたらどうでしょうか。

相手の心の中を想像するだけでも辛くなってしまいますよね。

自分ではさほど臭いと感じていなかったとしても、相手が自分と同じように感じているとは限りません。

また体臭と言うのは、自分の生活習慣などが大きく影響してくるため、突然体臭が悪化した。といったことも珍しくはありません。

そうなってしまわないためにも体臭が発生してしまわないために、ある程度できることを予防していく必要があります。

しかし一言で体臭予防といっても、体臭の種類は様々あるため、それぞれに合った予防法をしていかなくてはいけません。

対策を取るには、まずは敵を知ることからです。

なのでこのページでは、体臭の予防法を説明する前に、体臭についての基本情報や種類、体臭の原因などといったような、体臭に関するコンテンツをまとめて、最後に体臭の予防方法を紹介しています。

以下のような流れでまとめていますが、とにかく予防方法を先に知りたい!

と言う方は、このページの後半部分をご覧ください。

目次
*そもそも体臭とは何か
*体臭の種類と原因
*体臭を予防するにはどうしたら良いのか
*まとめ

体臭とは何か

体臭を予防するためにも、まずは敵をきちんと知る必要があります。

なのでこれから、そもそも体臭ってなんだろう?と言う部分について、わかりやすくシンプルにまとめていきたいと思います。

そもそもこのページのテーマである体臭と言うのは、体から発生される臭い物質のことです。

と言ってもなかなかピンとこないですよね?そこで私たちがイメージする体臭と言ったら、汗臭いなどといったことでは無いでしょうか?

実は今挙げた汗は実はもともとは無臭です。

お風呂に入っていて汗が臭い!そう感じた事はおそらく無いのではないかと思います。

仮に汗自体が臭いものだとしたら、サウナやスポーツジムは汗まみれですので、ただただ体臭がひどい空間になってしまいますよね?

しかしそうでは無いのは汗そのものはもともと体臭の元ではないからです。

でも実際に、汗をかいてしばらくたつと臭くなってしまったり、汗をたくさん吸収した衣類等をそのまま放っておくととても臭い臭いがしますよね?

それは汗を栄養とする細菌が繁殖してしまう事が原因だったんです。

そんな細菌が増殖し、その細菌がしばらくすると臭い物質を放出していきます。

これが体臭の大御所である、汗臭いのカラクリだったんです。

先ほども話した通り、体臭には様々な種類があり、原因もそれぞれ違ってきます。ですがそれらの体臭は、すべて臭い物質が原因であり、これを攻略することが、体臭予防のポイントになってくるんです。

体臭の種類と原因

私たち人間の体臭について基本的なことがわかったところで、次は体臭の種類とその原因について

  1. 加齢臭
  2. 汗の臭い
  3. 足の臭い
  4. 頭皮の臭い
  5. 口臭
  6. ミドル脂臭

これらの順番でまとめていきます。

では早速加齢臭から見ていきましょう!

加齢臭

今となっては知らない人はいないでしょう。体臭の代名詞にもなりつつある加齢臭ですが、この種類の体臭の原因は、年齢を重ねるごとに増えてくる、ノネナールと言う物質が深く関わっています。

わかりやすく言うと、人間は40歳を過ぎた頃から、9ヘキサデセン酸と、過酸化脂質等が増えていきます。

9ヘキサデセン酸自体には、においがなく6週なのですが、同時に分泌が増える過酸化脂質によって、酸化現象が促進されて行きます。

そして最終的には、汗臭くて青臭いノネナールが作られるんです。

ノネナールが増えてくると、汗や皮脂の臭いと混ざって、中高年特有の加齢臭を発生させてしまうんです。

汗の臭い

先ほども少し例え話であげたので、何となくイメージがつくかと思いますが、汗の臭い自体はほとんど無臭です。

先程の繰り返しになるので、簡単にまとめますが、汗をかき、空気中の細菌がそこに増殖し、細菌が臭い物質を発生させることで嫌な臭いを発生させます。

また、普段から汗をかく習慣がない人は、汗をかいた時に、嫌な体臭に変わりやすい汗をかくと言われています。

足の臭い

これも原理は汗の臭いと全く同じです。

特に足の裏は、体の他の部分に比べて、靴下を吐いたり、靴を吐いたり、とてもムシムシしやすい部分になります。

なおかつ足の裏と言うのは、汗をかく腺が非常に発達しており、いちにちにコップいっぱいの汗をかくと言われています。

つまり、汗を沢山かくのに、1番通気性の悪い部分なので、臭い物質を発生させる細菌が増殖しやすい環境なんです。

足の裏の臭いは、他の部分に比べてとびきり臭くなりますよね?

それは、足の裏は細菌が発生しやすい条件が整っているからだと言えるでしょう。

頭皮の臭い

頭をしばらく洗わないと、頭皮が臭くなることがあります。そんな頭皮のニオイの原因の多くはフケだと言われています。

これは他の部分が汗をかいた時に、体臭が発生するサイクルと似ているのですが、頭皮の体臭の場合は、フケを栄養分とする細菌が増殖してしまい、同時に頭に描いた汗の成分とそれらが混じり合うことで、嫌な体臭を発生させてしまいます。

口臭

口臭は、数多くある体臭の中でも、発生率が非常に高く、臭いのレベル自体もとても高いです。

公衆の場合は、臭いを感じする機会が多いので嫌な口臭を嗅いで、不快な気持ちになった経験をしている方も少なくないのではないでしょうか。

では口臭の原因ですが、純粋に歯磨きを怠ることで、歯の間や表面に歯垢が残り、そこに細菌が発生し、嫌な臭いを発生させています。

また口臭の場合は、それだけでなく、口の中が乾燥していることや、内臓の機能が低下していることも、嫌な口臭を発生させる原因になると言われています。

どれだけ歯をきれいにしても、口の中を潤わせても口臭が治らないと言う方は、体の内臓部分が何か問題がある場合があるので、その際はお医者さんに診てもらいましょう。

ミドル脂臭

これはあまり聞きなれないかと思いますが、少し前に株式会社マンダムの体臭研究の中で発見された新種の体臭のことです。

あらゆる体臭の中でも、女性に最も嫌われるに良いとも言われています。その臭いは腐ったゴミのような臭いとも言われています。もしも自分の体からそんな臭いが発生しているとしたら、今すぐにでもなんとかしたくなりますよね。

そんなミドル脂臭の原因は、加齢臭とは逆で、比較的若い世代の人たちに発生しやすいと言われています。と言うのも、30代から40代にかけての方が多いようで、主に生活習慣の乱れが、この体臭の発生の原因だと言われています。

脂っこい食べ物が好きな方や、睡眠不足、ストレスの多い生活をされている方は特に注意が必要です

体臭を予防するにはどうしたら良いのか

体臭にもいろいろな種類があり、原因がそれぞれ異なってくるため、1つの予防法がすべての体臭に効くと言う事はありません。

これから、先ほど紹介した体臭の種類と原因の順番と同じ流れで、それぞれの体臭の予防方法をシンプルにまとめていきます。

加齢臭

加齢臭の原因は、年齢とともに増加しがちなノネナールと言う臭い物質でしたね。

つまり加齢臭を予防するためには、ノネナールの発生を抑えるための生活習慣を身に付けることが、予防のコツになります。

ノネナールを発生させないために行える事は以下の5つです。

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらがとても重要になって来ます。

ただ、これらを見ていると、すぐに変えられる生活習慣と言うわけでは無いですね。

ですがこれらの悪い生活習慣が、加齢臭の臭いの元であるノネナールを発生させてしまうので、加齢臭を予防したいと言う方はこれらの習慣を改善するのが必須になります。

汗の臭い

汗の臭いは、細菌が増殖することにより発生すると言うことなので、最近をこまめに処理してしまえば予防することは可能です。

例えば少し汗をかいてしまったら、タオルで汗を拭き取るなど、そのようなこまめなケアがこの体臭の予防につながります。

その際は乾いたタオルではなく、水を絞った後の少し濡れている状態のタオルで拭き取ることがポイントです。

足の臭い

足の臭いを予防するには、足の裏の汗の量を減らす事はできないので、とにかく最近を増殖させないような環境を作るのがポイントです。

そのためには、抗菌作用のある靴下を履いたり、ソールを敷くこともそうなのですが、毎日同じ靴を履かない、と言うのも臭いの発生を抑えるポイントになります。

臭いの原因となる細菌は、湿気てる場所を好むので、毎日履いて靴が湿気ている状態が続くと、その悪循環はなかなか改善されません。そのため毎日違う靴を履いて、うまくローテーションさせていくのが良いでしょう。またはいてない靴はくしゃくしゃにした新聞紙を詰めておいておくと、湿気を吸ってくれるので臭いを抑えられますよ。

頭の臭い

頭の臭いの場合は、体臭の原因となるフケをそもそも減らしてしまうことが最も効果的な予防策です。

ではフケを減らすためにはどうしたら良いのかと言うと、

  • 睡眠不足を改善
  • 生活リズムを整える
  • ストレスをためない
  • シャンプーでは2日から3日に1回にする

これらがポイントになります。頭皮の臭いと言ったら、頭皮環境を改善させることが大事だと思われがちですが、最初の3つを改善することが1番大切な予防法だと言われています。

口臭

これは純粋にきちんと歯磨きをすること、糸ようじ等で歯の間もきちんと掃除すること。また、ベロにも歯垢が溜まりやすく、臭いの発生の元となるので、専用の歯ブラシを使ってこまめにケアしましょう。

また口の中が乾燥するのも、口臭の原因となるので、その際はガムを噛むのがお勧めの予防法です。ガムを噛んでいると自然と唾液がたくさん分泌され、臭いを予防してくれます。

ミドル脂臭

この体臭の予防法は、加齢臭の予防法と全く同じです。改善すべき生活習慣を改善していくことが、この体臭を予防するための方法です。

たまにスプレーや香水などでごまかす方もいますが、それはあくまで1時的なものであり、効果が切れると腐ったゴミのような臭いが再び発生してしまいますよ。

まとめ

長くなってしまいましたが、異常が体臭の種類と予防方法のまとめです。

そもそも体臭は、予防方法を実践すれば翌日から臭いを抑えられると言うものもあれば、生活習慣などが原因のものはそうはいきません。

ですが予防方法にまとめたような対策をとることで、それらはいずれ改善され、次第に体臭がなくなっていくでしょう。

既に体臭がないと言う方は、これから嫌な体臭が発生してしまわないように、体臭の予防方法を習慣づけていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です