服の汗の臭いを洗濯で完全に消す3つの必勝法

普段通り洋服を洗濯したのに、汗の臭いが完全に落ちきっていない。

このような経験はありませんか?特に夏場になると汗をかきやすいですし、外気も冬に比べると断然湿気ていますから、何かと洋服の臭いが不安定になりやすい条件が揃いがちなんです。

だからといって1日のはじまりに汗の臭いがする洋服なんて誰も着たくないですよね…。

そこでこのページでは、洋服についてしまった汗の臭いを洗濯で落とすための必勝方法を3つご紹介したいと思います。

誰でも簡単に出来る!服に付いた汗の臭いを完全に消し去る必勝法

洋服に染み付いてしまった汗の臭いを落とす方法は、3つあります。
それは

  1. 洗剤を変える
  2. 漂白剤を使う
  3. 重曹を使う

これらの方法です。

洗剤を変える

服に染み付いた汗の臭いを落とすための方法として1番最初に行いたいのが洗剤を変えてみる。と言うことです。
洗剤にも、粉末状のものと液体状のものがあります。
それぞれ弱酸性だったり中性だったり、洗剤によって性質が変わってきます。

なお、洋服の汗の臭いが消えない理由は、洋服にこびりついた雑菌が関係しており弱アルカリ性である粉末タイプの洗剤を選ぶことで、洋服にこびりついた雑菌にアプローチすることができます。
これであれば選ぶ洗剤を変えるだけですので、大きな労力も必要としませんし、コスト的にも大きな出費はありませんね。

漂白剤を使う

洗剤を変えてみたけどあまり効果が出なかった。こういった場合に試したいのが漂白剤です。なお、汗の臭いを落とすための漂白剤を選ぶ際は、酸素系漂白剤を使います。塩素系のものは白い衣類にしか使えないので、この違いには注意したいところです。

重曹を使う

洗剤を変えてもだめ、漂白剤を使ってもダメ、そうなった場合は重曹を使ってみましょう。
実際に使う際は、バケツか何かを用意して、そこに水を入れ、水1リットルに対して小さじ5杯くらいの重曹水を作って、なかなか汗の臭いが落ちない衣類をこの中に入れます。
そして30分くらい放置した後、普通に洗濯機で洗濯しましょう。

こうすることで洋服にこびりついてしまった臭いの原因となる皮脂やタンパク質を中和して臭いを消してくれる効果が期待できます。
私も実際に行ったことがあるのですが、気持ち良い位に臭いが取れるので困った時はこの方法がお勧めです。

洗濯をする時のポイント

先ほど、洋服に染み付いてしまった汗の臭いを完全に落とすための必勝法をご紹介しました。
ただ、中には普段の洗濯の仕方やタイミングを少し工夫するだけで改善できる場合もあるんですよ。

では具体的にどうしたら良いのかと言うと、

  • できるだけ早い段階で洗濯してあげること。
  • 洗濯機に洋服を入れる時はぎゅうぎゅうづめにせず、7割位までに留めておいて空きスペースを作ってあげること。
  • 臭いを消したいが為に洗剤を入れすぎないこと。

もしも普段の生活の中で上記の内容に該当するものがあれば、その部分を改善してみてください。
もしかしたら、それだけでも洗濯物について汗の臭いをきちんと落とせるかもしれません♪

あると便利な消臭スプレー

もしかしたら既に実践される方もいらっしゃるかもしれませんが、最近ではテレビコマーシャルでも臭いを消すスプレーがたくさん紹介されていますね。

こういったものは基本的に洗濯ほどの効果は見込めませんが、その場しのぎの応急処置には非常に適した方法だといえます。
また、最終手段として小さな容器に入った香水を持ち歩くのも1つの手段です。
できれば嫌な臭いと香水の臭いを混ぜたくはありませんが、嫌なにおいがするよりはずっとマシだという意見もあります。

服の汗の臭いを消す洗濯の方法まとめ

ここでは洋服に染み付いてしまった汗の臭いを対策する方法をいくつかご紹介しました。
もし暑い季節に汗の臭いに悩まされた場合は、取り入れやすいものからぜひ試してみてくださいね。

また、根本的な対処法として臭いにくい汗をかくための体質の改善と言うのもあります。
こちらのサイトでは、そういった方法の特集されていますので、よかったら見てみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です