マスク着用中の方要チェック!口臭を確認する簡単な方法

マスクをしているときに使える「口臭を確認する簡単な方法」をご紹介していきます。

家を1歩外に出れば多少なりとも口臭は気になってしまいます。今であれば花粉症対策としてマスクを着用して外出をしていることが多い方も少なくないでしょう。
また、冬場の乾燥する時期にはノロウィルスやインフルエンザの予防のためマスクを着用する方もたくさんいらっしゃると思います。
そんな時に役に立つのが、マスクを使って口臭を確認するというもの。
外出先だろうが、こまめに口臭をチェックすればお茶を飲んだりガムを噛んだりなどで、口臭をごまかす対策をとることが可能です。
では、マスクを使ってどのように口臭をチェックすることができるのか?について、早速見ていきたいと思います。

マスクで簡単に口臭を確認するコツ

誰でも一度は経験があるかと思いますが、友人もしくは仕事仲間と近い距離で会話をしているときに、不意に口から臭いニオイが…。相手に悪気は無いことをわかっていても、ちょっと気になっちゃいますよね。
でもおそらくその方は、あなたと同じように外出する前にきちんと歯磨きをして口臭ケアをしてきている事でしょう。
そうともなれば、あなたも第三者に同じようなことを思われているかもしれません。
そうなってしまわないためにも、まずは自分の今の状態をきちんと把握するための方法を一緒に見ていきましょう。

  • まずマスクを着用します(既に着用している方は今つけているもので構いません)
  • 口と鼻を同時に覆い隠すようにマスクを広げて着用します(マスクがない方は紙袋やビニール袋でも構いません)
  • 1分程度口から息を吐いて鼻から息を吸うような呼吸をしてください
    その時の口臭をご自身で判断します。

非常にシンプルですが、鼻から吸って口から吐く。これを逆にしてはいけません、正しいやり方で行ってくださいね。

ちゃんと歯磨きしたのに、また口臭がする…。そんな時は

外出前にちゃんと歯磨きをしたのに、しばらくするとまた口臭がする。出先でマスクを使って口臭チェックをしてみると、意外とこういうことって多いんです。
ではそんな時どのように対処したら良いのかと言うと、先ほども少し触れましたが、お茶を飲むのが効果的です。近くに自動販売機やコンビニがあれば、何でも良いのでお茶を購入し口の中で含んで口をゆすぐように飲んでみましょう。その場しのぎにはなりますが、意外と効果的です。

キシリトールガムを噛む

これは仕事中にできる人とできない人に分かれてしまうかもしれませんが、可能なタイミングでガムを噛みましょう。できればキシリトールガムが好ましいです。そうでなかったとしても、ガムを噛むことによって、ガムのフレーバーの力で口臭が変化しますし、ガムを噛み続けることで唾液が分泌されるので口の中が洗浄され、口臭緩和につながります。

歯磨きをしても口臭が改善されない時に考えられること

きちんと朝と夜に歯磨きをしているにもかかわらず、なかなか口臭が改善されない。そんな時は虫歯もしくは歯周病などの口内トラブルの可能性があります。
また、それらが該当しない場合は、肝臓や腸内環境などの内臓部分に何らかの異常がある場合があります。
その際はただ単に内臓が疲労して働きが低下している場合もありますが、中には内臓が何らかの病気に侵されている可能性もあります。
なので、明らかにこの口臭はおかしい。そういった場合は、念のため病院に診てもらった方が良いかもしれません。

まとめ

口臭チェックをするためにわざわざマスクを着用する必要はありませんが、花粉症対策や風邪予防などでマスクをする機会が多い方は、こまめにマスクを使った口臭チェックをされてみると良いかもしれませんね。
また、お茶を飲んだりガムを噛んだりといった口臭対策は、あくまで目先の口臭対策ですので、根本的に口臭を改善したい場合は口臭の原因をきちんと突き止め、正しい対策を取る必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です