汗臭いニオイが落ちない!洗濯柔軟剤ってどう?

衣類の汗臭いニオイが洗濯しても落ちない!特に夏場になるとこのような悩みを持つ方もいらっしゃるかと思います。これについて洗濯柔軟剤はどうなのか?というのがこのページのテーマですが、結論から言うとだめとは言いませんが正直微妙です。
もちろんそれには理由があります。このページでは、衣類にこびりついた汗臭い匂いが普段の洗濯で落ちない原因や、そうなった際の対処法、それに加えて洗濯柔軟剤を使うのはどうか?といった部分を順番に見ていきたいと思います。

衣類の汗臭い匂いが洗濯で落ちない原因

特に、夏場になると脇の下や襟の部分などの汗の匂いが落ちずに困ってしまうこともあるでしょう。
その時に考えられる原因はいくつかあります。それは
  • 洗濯機の中に衣類を詰めすぎてうまく洗えていない
  • 洗濯機の中に入れた衣類に対して洗剤を入れすぎている
  • 洗濯機がそもそも汚れてしまっている
原因としてはこれらが考えられます。
上から順番に見ていきますが、まず衣類の詰めすぎについてですが、洗濯機の中にほぼ100%衣類を詰め込んでしまえば、洗濯機が動いても中身がうまくシェイクされないので、水と洗剤の力による汚れ落としのサイクルがうまくいきません。なので、心当たりのある方は100%詰めてしまわないように、70%もしくは60%程度に留めておいて、入りきらなかった衣類は2回目に回しましょう。
次に洗剤を入れすぎている事についてですが、例えば洗剤をすくうあのスプーンみたいなやつありますよね。本来であればそのスプーンの3分の1位の洗剤で良いところを、がっつり洗いたいからといってスプーンいっぱいに洗剤を使ったとします。そうすると必要以上に洗剤が中に入ってしまい、すすぎを行った時に衣類についた洗剤の成分を十分に落としきることができず、脱水をした際に衣類にたくさんの洗剤の成分が残ってしまいます。
このままハンガーにかけて干すと、衣類に生息する常在菌が衣類に付着した洗剤の成分のところに集合しそれを食べて分解します。その成分を分解する過程であの嫌な鈍い匂いが発生します。
なので、がっつり洗いたくてもあくまで洗剤は適量に入れることをお勧めします。
そして最後に洗濯機が汚れてしまっている事についてですが、単純に汚れてしまっているものに汚れているものを入れて洗おうとしても、汚れの落ち具合が不十分になってしまうのは容易に想像がつきます。なのでドラッグストアなどへ行き洗濯機をきれいにするためのグッズを購入して洗濯機を洗いましょう。
以前私もこれが原因で衣類のにおいが取れないことがあったのですが、洗濯機をきれいにしたら劇的に変化がありましたよ!

汗臭い衣類に対して柔軟剤はどう?

お洗濯をしても臭い臭いがとれない。ならば、香りの良い柔軟剤でごまかそう。
これは別に間違っているわけではありませんが、正直微妙な対策です。そもそも衣類に嫌な匂いが残ってしまっている状態と言うのは、洗濯した後も衣類に汗の成分や洗剤などがたくさん残っている状態で、それをたくさんの常在菌が分解して増殖を繰り返している状態です。
仮に柔軟剤を入れて洗濯したとすれば、柔軟剤の強烈ないい匂いで嫌な匂いをごまかすことができます。
ですが、これでは根本的な部分が改善されていないため、正直微妙かもしれません。
でも、実際に柔軟剤の匂いがうまくカバーできていてそれで良いならいいと思います。
なお、お洗濯でなかなか衣類の汗臭い臭いが取れない。これについての効果的な対策方法についてはこちらで詳しく特集していますので、お洗濯スキルをあげたいと言う方はぜひチェックしてみて下さい♪

カキタンニンエキス配合の柔軟剤がオススメ

カキタンニンエキスと言うのは、ノロウィルスやインフルエンザウィルスなどにも強いと言われている殺菌作用のある成分です。この成分が含まれている柔軟剤自体はあまり市販では見ませんが、この成分が入っている柔軟剤を活用すれば、衣類に残った臭いの原因菌なども殺菌してくれるため、ただ単に柔軟剤の良い匂いでカバーするだけでなく、根本的な汗のニオイ改善が可能になります。私の知るところでは芸能人も御用達のミューラグジャスという柔軟剤がカキタンニンエキスが配合されている柔軟剤に当たります。私自身もミューラグジャスを愛用しているのですが、外仕事をしている旦那のインナーも、暑さの厳しい夏でも一発でリセットしてくれます。結構強力です。
わざわざこういった柔軟剤を使わなければいけないわけではありませんが、お洗濯にこだわりたい、何かいい柔軟剤を使ってみたい。と言う内容であれば私は胸を張ってミューラグジャスをお勧めします♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です