4種の体臭の予防対策は意外とシンプルだった!?

現代では、社会人の間でも、スメルハラスメント(スメハラ)と言う言葉が浸透しつつ、ビジネスシーンにおいても、自分の匂い(体臭)を気にする方が増えているようです。

体臭と一言で言っても、種類は様々あります。

頭皮から湧き出る体臭、脇の下から空間全体に広がるどぎついワキガ。

外回りをして帰ってきた後の汗臭い臭い。
みんなで行った居酒屋の席が座敷だったときの気まずさ。

…このように、ビジネスシーンだけでなく、日常の様々なシーンでも、体臭は大きな悩みにつながる要因だと言えるでしょう。

ただ、それらの体臭は、体臭ごとの対策をきちんと取ることで、きちんと改善される場合がほとんどなんです。

なので、ご自身の体臭にお悩みの方は、諦めずに、それぞれの体臭にあった予防対策をきちんと知ることから始めていきましょう♪

目次

  • 多くの社会人が悩む4つの体臭とその原因
  • これら4つの体臭の予防対策とは?
  • まとめ

まずは、実際に多くの方が悩んでいる、代表的な体臭の種類と、それらの原因について見ていきましょう。

多くの社会人が悩む4つの体臭とその原因

それでは、現代の社会人の多くが悩む代表的な4つの体臭について見ていきましょう。

なお、現代の代表的な体臭とは、以下の4つになります↓

  • 加齢臭
  • ワキガ
  • 足の裏
  • 頭皮

それでは、上から順番に見ていきましょう。

加齢臭

加齢臭と言えば、おじさんの臭いと言うイメージで有名な体臭ですね。

加齢臭と言うのは、、ノネナールと言う年齢とともに増えてしまう物質のせいで発生してしまう体臭です。

でも実はこの加齢臭と言うのは、歳を重ねるごとに必ず誰もが発生する。
というものでもありません。

先ほども触れたように、確かに加齢臭の原因となるノネナールは、年齢とともに増加していく傾向があるため、おじさんの臭いと言うイメージは半分正解とも言えます。

しかし、ノネナールが生まれてしまう大きな理由は、活性酸素の増加が関係しています。

つまり、この活性酸素の増加を防ぐことにより、歳を重ねても加齢臭をしないような体質にしていくことができるんです♪

なお、加齢臭の予防対策方法については、次の段落で詳しく紹介していきます。

ワキガ

ワキガは、年齢問わず10代の方でも悩んでいる方がたくさんいらっしゃる、年齢層の広い体臭になります。
ワキガと言えば、近くにいるだけでも発生源が特定されてしまうほど、その拡散力はとても強力です。
協力であるが故に、ワキガに悩んでいる方は、外出するたびに様々な場面で気まずい思いをしているかと思います。

そんなワキガの原因は、体全体の汗の匂いの原因の強力版のような感じです。

まず、脇の下に限らず、人間は汗をかくことで、汗に含まれるごくわずかな臭い成分と、皮膚の表面に滞在する常在菌が混ざり合うことで、嫌な体臭を発生します。

ここでは、汗の成分と皮膚の常在菌が混ざり合うというのがポイントになります。

ワキガ体質の方は、どうも皮膚に存在している常在菌が多く存在することと、脇の下に存在する汗を分泌する腺(アポクリン線)の数の違いが原因となっているようです。

このアポクリン線からは、皮膚の常在菌の餌となる汗の成分がたくさん出ているため、アポクリン線の数が多い方は、ワキガ体質と言うことになります。
このアポクリン線は、生まれつき数が決まっているようで、いわば生まれつきの個性とも言えます。

では、どのような予防対策を取ったら良いのか?
と言う部分については、次の段落で詳しく紹介していきます。

足の臭い

人間の足の裏と言うのは、体全体の中でも、特に汗をかきやすい場所だと言われています。

そのような状況であるが故に、体臭がきつくなりやすい場所とも言えます。

足のにおいが臭くなってしまう原因は、ワキガと仕組みは似ていて、皮膚から吹き出る汗に、肌の常在菌が混ざり合うこと。

足の裏と言うのは、汗が出るせいが非常に発達しており、足の裏だけでも、1日にコップいっぱいもの汗をかくとも言われています。

汗を頻繁に各状況であるが故に、皮膚の常在菌と混ざり合い機会がとても多いため、体臭が発生しやすいんです。

頭皮

頭皮は、これまでの体臭の原因とは少し違い、頭皮ならではのフケが原因となっているようです。

仕組みとしては、剥がれ落ちたフケが頭皮に滞在したままだと、それを栄養とする常在菌が繁殖してしまいます。

そして、頭皮の汗と、その常在菌が混ざり合うことで、ワキガや足の裏の時と同じように、体臭が発生してしまいます。

結局、行き着くところはワキガや足の裏のような仕組みと似ているのですが、頭皮の場合は、フケによって常在菌が繁殖。そして汗をかくと、増殖した常在菌と汗の成分が混ざり合い、悪臭を放つ。

と言うような感じです。

これら4つの体臭の予防対策とは?

ここまでで、4つの体臭の原因が分かりました。

では次に、それらの体臭を、どのように予防対策していくのかについて紹介していきたいと思います♪

加齢臭

加齢臭の場合は、原因の段落でも少しお話しをしましたが、加齢臭の原因となるノネナールを発生させないためにも、

ノネナールが生まれる原因となる活性酸素を増加させない事。

が加齢臭の予防対策として有効な方法です。

ではそれをどのように行ったらよいのか?については、

生活習慣を見直すことがポイント

になってきます。活性酸素の発生をコントロールしていくには、乱れてしまっている生活習慣を整えることが重要だと言われています。

具体的にはどんな生活習慣の整え方をしたら良いのかについては以下の5つがポイントになります↓

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらの習慣を改善することがポイントです。

逆を言えば、これらの習慣は活性酸素を増加させる原因となり、活性酸素が増加した分加齢臭の原因となるノネナールが生まれる要因となってしまうため、元をたどるとこのような生活習慣を見直すことが大前提になってきます。

ワキガ

ワキガの予防対策の方法についていろいろ調べてみたのですが、ワキガに関しては生まれつきの体質が大きく関係しているため、頭皮や加齢臭などの体臭の改善方法とは少し違う形の手段をとる必要があるようです。

インターネットで調べてみると、ワキガの臭いを抑えるためのクリームなどのアイテムも存在するようです。

そのようなアイテムを使って一時的にワキガを抑えると言うのも、使い方によってはオススメな手段だといえます

しかし、その方法では、根本的な解決にはなりません。
原因の段落でお話ししたように、ワキガには、生まれつきのアポクリン線の数が深く関係しており、根本的な対策を取るには、これを取り除く必要があります。

その際は、病院行手術を受ける必要があるようです。

生活習慣の改善などではワキガは改善できませんので、手術をするまでの間は、ワキガ対策のアイテムを使ってみるなどして工夫をしていきましょう!

足の臭い

足の裏の臭いは、靴を履いているうちはまだ大丈夫ですが、仕事中も靴を脱ぐシーンがある方もいらっしゃるでしょう。
靴を脱いだ瞬間にあの強烈な匂いが広がってしまいますから、相手から受ける印象は決して良いものではありません。

そんな足の裏の匂いは、原因の段落でお話ししたように、汗と皮膚の常在菌が混ざり合わないければ良いわけですから、濡れたタオルでふきとってあげるなどして、皮膚の表面を清潔に保つことで、予防対策を行うことができます。

こまめに行うのは面倒かもしれませんが、1時的な対策としてそのような手段を知っておくと言うのは便利かもしれません。

頭皮

頭皮の臭いの予防対策の場合は、まず皮膚の常在菌が繁殖してしまわないように、フケ対策を取る必要があります。

フケ対策のシャンプーを使うなど、様々なアプローチ方法はありますが、そのような方法を取るよりも、フケの原因となる生活習慣の乱れやストレスなどを改善していくほうが効果的だと言われています。

なお、生活習慣の改善については、加齢臭の段落でもお勧めしたように

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらのポイントを意識していくことが重要になってきます。

まとめ

このページでは、多くの大人たちが悩む4つの体臭の種類と、その原因、予防対策方法などについて詳しくまとめました。

内容が似ているものもありましたが、基本的には体臭ごとに原因も対策も変わってくるため、まずはご自身の体臭の種類をきちんと理解し、それに合った予防対策をとるようにしていきましょう!

体臭の予防をサプリで済ませるのは半分間違いってどういうこと?

体臭の予防をサプリで済ませるのは半分間違いです

体臭の中でも、汗の臭いや足の臭いなどとは少し違う、”何が原因かわからないようななぞの体臭”ってありますよね。
あなたは、その正体がいったい何なのかご存知でしょうか?

社会人の方に多い体臭には、汗の臭いや足の臭いなどの他に、『加齢臭』と『ミドル脂臭』というものがあります。

このように、一言で体臭といってもその種類は様々あるため、原因も予防方法も対策法も様々です。
なので一概に体臭をサプリで予防。というのは半分間違いです。

体臭はサプリでは改善できないものもあるため、その体臭にあった対策を取る必要があります。
また、体臭を予防するには習慣化されてしまった原因を改善することも必要です。

ですが、先ほどあげた『加齢臭』と『ミドル脂臭』なんかは、サプリで対策を行うことは可能です。

このページでは、社会人にありがちな体臭を予防する方法を紹介していきます。
サプリメントで予防する体臭や、そうでない体臭もありますので、ご自身の悩みにあった内容をチェックしてみてください^^

社会人にありがちないや~な体臭の種類とその原因

社会人にありがちないや~な体臭の種類は大きく分けると5つあります。
それは、、、

  • 加齢臭
  • ミドル脂臭
  • ワキガ
  • 足の臭い
  • 汗の臭い

この5つになります。

では、上から順番にそれぞれの体臭の原因についてまずは解説してきます。

加齢臭

今では知らない人もいないくらい有名になった体臭の1つですね。
この体臭の原因は、ノネナールという物質が関係しています。
この物質があの独特の古本というか、ろうそくというか、そのような加齢臭を発しています。

加齢臭=ノネナール

ですね。
この物質は20代~30代の方からはほとんど検出されず、そのほとんどが40代以降の方に多いようです。

そんなノネナールが生まれる原因は『活性酸素』が関係しています。

活性酸素というのは、他の物質を参加させてしまうとても強い酸素のことです。
一見悪役のように聞こえますが、活性酸素が我々の体内に入った細菌や悪いウイルスをやっつけてくれます。
ですが、これが増えすぎてしまうと、必要以上にいろんな細胞を酸化させてしまうため、あまりいいことではありません。
その過程の中で、先ほどの『ノネナール』を大量生産してしまうんです。

(日々の生活習慣が乱れていると、活性酸素は増えてしまいます。)

ミドル脂臭

ミドル脂臭は、ここ最近マンダムの体臭研究の中で発見されたものです。
この体臭は、女性にもっとも嫌われる臭い。といわれています。
女性にとっては“くさった生ごみのように感じる不快なニオイ”のように感じるとのこと。w

ミドル脂臭は、加齢臭とは違って主に30~40代の比較的若い世代の人たちに発生しやすいといわれています。

ではミドル脂臭が発生してしまう原因ですが、加齢臭と同じく、『生活習慣の乱れ』です。

  • 脂物がすき
  • 睡眠不足
  • ストレスがたまっている

こんな方は要注意です!

ワキガ

ワキガは幅広い世代に注目される体臭ですね。

ワキガのメカニズムは少々複雑な説明になってしまいがちなので、シンプルに要約して解説します。

ワキガというのは、「アポクリン腺」という分泌腺から出る汗が原因で発生します。

この腺から出る汗には、たんぱく質や脂質、アンモニア、糖質など、様々な成分があります。
これらの成分が皮膚常在菌という、皮膚の上で生活している細菌によって分解→発酵されていきます。
そこで体臭が発生します。

汗の臭い

汗って臭いですよね?
ですが、本来汗というのはほとんどが無臭です。
では、何が原因なのかというと、『皮脂の汚れ』です。

コレがどういうことなのかというと、そもそも汗の99%は水分でとてもさらさらしています。

残りの1%は塩分などのミネラル分が濃く、粘り気の強い、ねばねばした汗です。

この1%が、ワキガの原因で話した”皮膚で生活している細菌”によって分解→発酵されます。
そのときに体臭となります。

足の臭い

これも原理は汗の臭いでまとめた内容と同じです。
ただ、足の場合は他の部分に比べて汗をかきやすく、湿気がたまりやすい空間なので、細菌も増えやすいし、細菌による分解→発酵のサイクルが異常な頻度で行われます。

だから、激臭がしてしまうんです。

それぞれの体臭を予防する方法

ここまで、5つの体臭の原因について解説しましたが、次は予防方法について見ていきましょう。

ワキガの予防

これは、実はこまめに清潔感を保っているだけでは予防できないんです。
そのため、病院で治療してもらい必要があります。

汗の臭い・足の臭いの予防

これらの予防方法は同じです。
そもそも原因が、汗の成分と皮膚の細菌になるので、こまめに清潔感を保ってやればいいんです。

その方法は、濡れタオルかなんかで皮膚を拭いてあげること。
デオスプレーなどで汗の発生を抑制したり、臭い菌を除菌してしまう。という方法があります。

加齢臭・ミドル脂臭の予防

加齢臭・ミドル脂臭の予防には、原因である活性酸素をうまくコントロールしていかなければなしません。
多少は必要なものなので、完全に消すのはNGですし、できません。

そこで、活性酸素をうまくコントロールには、生活習慣を整えることが必要になってきます。
生活習慣の乱れが原因ですから、生活習慣を整えること予防策になるというのはとてもシンプルですね(笑)

では、具体的にどのように生活習慣を見直していくのかというと、、、

  • ストレスをためすぎない
  • 適度な運動をする
  • タバコは吸わない
  • アルコールを摂りすぎない
  • 紫外線を避ける

この5つがポイントになります。
・・・このラインナップを見てみると、長年の癖になってしまっている方にとっては少々難しい気もしてきますが、逆に、これらの習慣を改善できれば、体臭以外にも様々な面で体に良いというのは目に見えていますね^^

・・・といったような感じです!専門用語を並べるよりも、恐らくわかりやすいかと思いましたので、かなりシンプルにまとめて見ましたww

以上が社会人の方に多い体臭の原因と予防方法になりますが、加齢臭・ミドル脂臭の予防方法ってちょっと自分の力だけでは難しそうですよね^^;

そこで、加齢臭・ミドル脂臭に関しては、サプリメントでの予防・改善が効果的だということがわかったので、次の段落で加齢臭・ミドル脂臭の予防に最適なサプリメントについてさらっと紹介しますね♪

加齢臭・ミドル脂臭を手っ取り早く予防・改善したい男女必見のサプリはこれ!

加齢臭・ミドル脂臭の予防に効果的なサプリメントは『臭ピタッ!』という体臭緩和サプリです。

実際に公式ページを見てみると、詳しく書いてあるのですが、いろいろ書いてありすぎてなんだかよくわからないな~~
というのが私の素直な感想でした^^;

でも、体臭へのアプローチ効果は本物のようなので、詳しく調べた結果を最後に少しまとめていきますね^^

この体臭予防サプリは、植物などからの体臭緩和効果のある天然由来の成分をギュッと凝縮したサプリメントです。

具体的な効果としては、加齢臭・ミドル脂臭に良いと書きましたが、販売元に確認したところ、このサプリの効果は、どの体臭にどうアプローチをするかというものではなく、臭い物質全般に働きかけてくれるというものなので、加齢臭・ミドル脂臭以外にも”口臭、汗の臭い、足の臭い”など体臭全般の予防に効果的なようです☆
これはすごくポジティブですね♪

その中でも特に加齢臭・ミドル脂臭はからだの内側の話になってくるので、予防がとても困難です。

そこでこのサプリが良い仕事をしてくれるというわけですね^^

生活習慣の改善と、このサプリをダブルで使えば、体臭予防も効果が期待できそうですね!

体臭予防|サプリメント初心者注目!【口臭・汗・加齢臭】向け

ここでは、様々な体臭に悩む方に向けて、原因と予防方法やオススメのサプリメントなどを紹介しています。

体臭をサプリメントで予防することって可能なの?

あなたは自分の体臭を強く気にした事はありますか?実は最近、多くの社会人の間でスメルハラスメントという言葉が流行っています。
これは言ってみればパワハラの臭いバージョンみたいなもんですね。
こういった言葉が広がるとともに、日本では、体臭に対する世間のイメージがとても厳しくなっているようです。
もしもこれを読んでいるあなたが、自分の体臭を気にしているのであれば、一刻も早く改善したいところですよね?
体臭の予防対策は様々ありますが、このページではその中でも、サプリメントをもちいた、体臭の予防対策について解説していきたいと思います。

目次

  • 社会人が悩みがちな体臭の種類と原因
  • それらの体臭の予防対策は?
  • 食べ物や飲み物で体臭を予防することは可能?
  • サプリメントの力で体臭予防の効果をUP↑↑

社会人が悩みがちな体臭の種類と原因

本題のサプリメントに入る前に、多くの社会人が悩みがちな体臭の種類と、その原因についておおまかに見ていきましょう。

加齢臭

これは社会人の代表的な体臭といっても過言ではありません。
結論から言うと、加齢臭の原因は年齢を重ねるごとに増えていく、ノネナールという物質が原因だと言われています。

汗の臭い

これは若い世代から年配の方まで、幅広く悩ませている体臭の種類です。
そもそも本来は無臭と言われている汗が、なぜひどい臭いへと変わってしまうのかと言うと、汗の中に含まれているおよそ1%の悪い汗が、皮膚の表面に滞在する細菌と合わさることできつい体臭へと変わっていくんです。

口臭

これはただ単に、歯磨き不足などで歯垢が歯と歯の間に多くたまっていることで発生してしまいます。

また、ひどい場合だと、胃腸の調子が悪いと体の内側の深い部分から悪臭が発生し、それが悪い口臭へとなってしまう場合もあるんです。

それらの体臭の予防対策は?

細かく書きすぎると逆に分かりにくくなってしまう恐れがあるため、あえてシンプルにまとめましたが、先程の段落で、代表的な体臭の原因が大まかにわかりました。

では次に、それぞれの体臭はどのように予防対策していけば良いのか?
と言う部分について解説していきます。

加齢臭

原因の部分で書いたように、加齢臭の原因は年齢とともに増加するノネナールと言う物質が原因です。なのでこの成分を抑えてあげれば問題は解決です。
とはいっても、実際に必要な予防対策は

  • ストレスを溜めすぎない
  • 毎日適度な運動をする
  • タバコは吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

以上の5つがポイントです。
日常的にこういったことを心がけることが、加齢臭の予防対策となるのですが、いっぺんにこれを全部改善していくのはとてもじゃないですが厳しいと思います。

そこで、自分でコントロールするには少し厳しい部分を補うためにも、このページの後半で解説する体臭予防のサプリメントが、多くの方に使われているようです。

汗の臭い

汗のニオイの原因を一言で言うと、体内から出る汗の1パーセントの悪い成分と、肌にに滞在している細菌が交わることで発生します。

つまり、汗の臭いの予防対策としては、肌に滞在している細菌をこまめに除去してしまえばいいんです。
そのためには、汗をかいたらすぐに濡れタオルなどで体を取るなど、そのようなこまめなケアをすることで体臭の発生を防ぐことが可能です♪

これは体の表面の話になってくるので、割と対策は簡単ですね♪

口臭

これは純粋に朝と夜こまめに歯磨きを行ってください。糸ようじデンタルフロスなどを活用するのもポイントです。
また、リステリンなどのマウスウォッシュも口臭の原因となる菌を除去するのにとても効果的ですよ。

それらの対策をとっても、一向に口臭が改善されないと言う場合は、内臓の異常が怪しいので、いちど病院に診てもらうことをお勧めします。

食べ物や飲み物で体臭を予防することは可能?

体臭と食べ物や飲み物が関係があることをご存知でしょうか?
そもそもきつい体臭を抑えるためには、腸内環境をきちんと整えてあげることがとても重要なんです。
なぜならば、便秘や下痢等で腸内環境が悪化してしまうことで、アンモニアと言う成分が発生し、それ自体が多くの体臭の原因だと考えられているからです。

先ほど解説したような体臭の予防対策と合わせて、これから紹介する内容を取り入れると、より体臭の予防効果は上がるでしょう。

では、長くなってしまわないようにポイントだけ説明します。

まずは腸内環境を良くするための食物を摂取すること。
腸内環境を良くするためには、食物繊維と乳酸菌を多く含む食品を積極的に取り入れることが大事です。
食物繊維が多く含まれている食べ物は、野菜やキノコ、海藻類が代表的です。ワカメの味噌汁なんかとてもオススメですね。

次に乳酸菌ですが、cmでもお馴染みのヨーグルトやヤクルトなど飲み物が、手軽に乳酸菌を摂取しやすい食品ではないかと思います。

体臭の予防のために避けたい食べ物や飲み物

体臭の予防に効果的な食べ物と飲み物がわかったところで、今度は逆に、体臭の予防のために避けたい食べ物と飲み物について解説していきます。

一つ一つ挙げていくとキリがないので、おおざっぱに書いていきますが。

具体的にどんな食べ物と飲み物を避けたいのかと言うと、ファーストフードやジャンクフード、揚げ物、ステーキや焼肉などの食べ物です。
またチーズ製品やニンニク等も挙げられます。
そして避けたい飲み物の代表的なものは、アルコールです。
お酒を飲む習慣があるかたは、減らすかやめるかをした方が良さそうです。

サプリメントの力で体臭予防の効果をUP↑↑

ではこれより、このページのテーマでもある、体臭予防のサプリメントに関する内容を解説していきたいと思います。
ここで紹介する体臭予防に効果的なサプリメントは、臭ピタッ!!と言うサプリメントです。

数多くある体臭予防サプリメントの中でも、臭ピタッ!!を紹介したい理由は、一言で言うと、なかなか難しい体臭予防が、サプリメントの粒を飲むだけで、その役割を担うことができてしまうという手軽さがあると言うことです。

口臭や汗の臭いは、予防対策のところで解説したように、きちんとこまめなケアを行うことで簡単に対策をとることができますが、加齢臭のような体の内側の話は、ただただ体の表面を清潔に保つだけでは予防対策にはありません。

加齢臭に限らず、ワキガやミドル脂臭などもきつい体臭は、結局生活習慣を大きく改善しない限りは、予防対策はとても厳しい体臭です。

ですが、臭ピタッ!!はそういった体臭の臭い成分に直接的なアプローチをしてくれるサプリメントですので、飲むだけでも、体の内側の厄介な体臭にも大きな予防効果を発揮してくれるんです。

ただ、どのサプリメントにも言えることですが、サプリメントの力だけに頼らずに、生活習慣をできる範囲でいいので少しずつ改善していくと言う努力ももちろん必要です!

生活習慣改善の努力+臭ピタッ!!を摂取し続けることで、頑固な体臭への予防効果が大きく実感できる。と言うイメージです。

もしもあなたが、このページで解説したような体臭に悩んでいるのであれば、前半で紹介したような体臭の予防対策と同時に、今紹介した臭ピタッ!!を合わせることできっと体臭が改善され、周りからの目も変わってくるはずです♪

体臭予防に良い食べ物とその理由を徹底解説

このページをご覧になっている方は恐らく、今現在体臭にお悩みの方か、これからの体臭を予防したいとお考えではないかと思います。

体臭と食べ物は深い関係性にあり、良かれ悪かれ体臭に対して大きな影響を与えるといわれています。
だからこそ、毎日食べる「食べ物」には気を使っていく必要があります。
ここでは、体臭予防に効果的な食べ物だけでなく、体臭を悪化させてしまうような食べ物についても見ていきたいと思います。

体臭予防に食べ物が関係するのはなぜ?

食べ物と体臭には深い関係があります。それは、後ほど詳しく見て行きますが、簡単に言うと食べ物が消化しきらず上手く代謝されないと、体臭の元となる悪臭物質に変わってしまい、汗となって体外に出てしまうからです。
少し話が変わりますが、、1年で1番体臭がキツイ季節といえば真夏の8月だと思われる方が多いのですが、実は6月なんです。
なぜ6月が1番体臭がキツイ季節なのかというと、梅雨がありますよね。
この時期は湿度が高くむしむししたり汗のベタつきなどがとても多くなります。
でも梅雨を避けては過ごせませんよね。
そこで身近である食べ物で臭いを改善していく必要性が出てきます。
ここで先ほどの話に戻りますが、臭いの元は腸で分解された際に、臭い成分が発生し、ほとんどの臭い成分は肝臓で無臭に変わるのですが、一部は血液の中へ流れてしまうのです。
その血液に流れてしまった臭いが汗をかいた時の体臭や、口からの口臭になってしまうのです。
だからこそ、汗をかきやすい梅雨時は特に食べ物で体臭を予防していきたいところなんです。

体臭予防に最適な食べ物

では、具体的にどのような食べ物を食べれば体臭予防にいいの?の部分について見ていきましょう。
実はもっとも体臭に影響が少ない食べ物は炭水化物だといわれています。
炭水化物は分解されると二酸化炭素になりますが、二酸化炭素はほとんど臭いを発さないのです。
他にも玄米はタンパク質が豊富なので老廃物を排出し臭いを弱めてくれる効果があります。
果物や生野菜にも臭いが少なく、抗酸化作用のある柑橘類やポリフェノールを含むリンゴなどがおすすめです。
お肉なら、鶏肉が適しています。
鶏肉は臭いを強める赤身とは違い、体臭を抑えてくれます。
便秘気味の方はデトックス作用のある食べ物を取り入れてみましょう。
なぜなら、便秘がひどくなると、腸から血液内に臭いを含んだガスが流れてしまい汗となって体外に出てくるからです。
ヨーグルトなどの発酵食品などを取り入れて、便秘を改善していきましょう。
これらの身近な体臭予防に効果的な食べ物を摂取することで、体臭の悪化を防ぐ効果を期待できます。

体臭に悪い食べ物とは

どのような食べ物が体臭に悪影響なのか…それは肉類です。
お肉にはタンパク質がたくさん含まれており、タンパク質が分解されることで強い臭いが発生します。
その上、野菜不足で肉中心の食事になると食物繊維不足になり便秘になります。
そうなると悪玉菌が増えていき臭いの強いガスが血液に溶け体臭へとなるのです。
だからこそ、体臭予防や改善を意識するなら、お肉中心の食生活は控えておきたいところです。

食べ物が体臭として現れるのはいつ?

これについては、体質や体の状態など様々な要因が絡んでくるため、一概には言えないのです。
ただ、食べた物が身体の中に滞在している時間は、体の状態や代謝が正常な場合は、胃に平均3時間小腸に5?8時間大腸に10?20時間だといわれています。
通常であれば体内に吸収されなかった食べ物の栄養は老廃物となり、大腸を通過して便となって体の外へ排出されます。
しかし、便秘になってたり腸内環境が悪かったりすると、そういった「排出」がスムーズに行なわれずに、老廃物が身体に長いこと滞在してしまい、臭い物質(悪臭物質)に変わっていきます。
それがやがて血液に溶け込み、汗をかいたときにあの独特の臭さを発生させます。
このような仕組みになっているうえ、体質や体の状態が人それぞれ違うので先ほどお伝えしたように、具体的にいつ。とは一概には言えません。
ただ、食べた物が身体の中に滞在している時間を考えると、翌日か翌々日には汗となって体の外に出ていてもおかしくはなさそうです。

食べ物が体臭として現れやすい部分

1番わかりやすいにはやはり口臭です。
にんにく料理を食べれば直後から体の中からクサイ臭いが出るのは多くの人がご存知かともいます。
一方、それ以外の部分で見てみると、身体全体に現れると考えられます。
食べ物は本来必要な栄養素などは吸収され、不必要なものは老廃物として体外に排出されます。
しかし、代謝が悪いと身体の中に老廃物が排出されずに溜まっていき、それらが時間とともにニオイ物質へ変わります。
このニオイ物質は腸から血液に流れ、汗をかくと体臭になります。
なので、食べ物が体臭として身体のどこに現れてもおかしくないのです。(汗がかきやすい部分は特に臭う)

まとめ

食べ物の臭いは、体内に吸収しきらなかった栄養素が身体に長く滞在することで悪臭物質になり、腸から血液に流れ、主に汗として体臭に現れるということがわかりました。
では、ここまでの内容を簡単に振り返って見ましょう。

  • 食べ物と体臭は深く関係する
  • 体臭にはお肉類が悪影響
  • 体臭に最も影響しないのは炭水化物
  • 食べ物が体臭として現れるのは個人差がある
  • 体臭は身体全体に現れる

もしも体臭が気になってきたと思ったら、お肉中心の生活なら和食や魚を食べる日を増やすなど、まずは食生活を見直してみるといいですね。

体臭予防に効果的な飲み物やその他の改善策まとめ

周りの人に自分の体臭が匂ってないか気になったことはありませんか?

自分なりにケアしているつもりでも、家族や恋人から「ちょっと臭くない?」なんて言われた日には一日中気になって仕方ないですよね。
体臭を改善するための方法には、体臭改善サプリメントを飲んだり生活習慣を変えてみたりするなど、様々な方法があります。
その中でもここでは飲み物を使った体臭予防方法をまとめていきたいと思います。

体臭予防に効果的な飲み物

食後はお茶です。特に緑茶がオススメです。
緑茶にはカテキン成分が含まれており、そのカテキンには抗酸化作用があります。
それが皮脂に対して有効に活用し、飲むことで酸化しないようにするため、体臭を防いでくれます。
そして、抗菌作用に対しても効果があるため、体内にある悪玉菌に対しても働きかけてくれます。

お酒ならワインがオススメです。
ワインにはポリフェノールが含まれており、体臭を軽減する作用があります。
体臭が発生する原因の一つに角栓による毛穴詰まりがあります。

毛穴の中で皮脂が溜まりどんどん酸化していくのですが、これに対してポリフェノールは活性酸素の働きを抑える効果があるので、皮脂の酸化を抑え臭いを防いでくれます。
そして疲労回復効果がある黒酢もクエン酸をたくさん含んでおりそのクエン酸がアンモニアを分解してくれ臭いが少ない汗に変わるので、体臭予防にも効果的です。

またビタミンが豊富に含まれており、その中でもエネルギー代謝を活発にしてくれるビタミンB1が含まれているため、代謝が良くなり老廃物を含んだ汗が少なくなるので臭いも軽減されるのです。

飲み物で改善できる体臭

飲み物で改善できる体臭は加齢臭と口臭です。
緑茶は口臭予防に効果があります。
緑茶に含まれているカテキンには口臭の原因となる細菌を殺す作用があり、口臭の原因となる成分へ直接働きかけてくれます。

また、虫歯や歯周病の原因になる細菌にも同様な作用があるため、口内の健康維持にも効果的です。
緑茶を飲むことだけでなく、うがいに使用するだけでも口臭改善に効果が得られます。
普段から緑茶を摂取している人は飲みすぎると逆効果になってしまうため、うがいする方法を取り入れてみましょう。

そして誰もが通る道と言ってもいい加齢臭。
加齢臭の原因であるノネナールという物質があります。
年齢を重ねるにつれノネナールが増えていき、あの満員電車に漂ういやーな臭いを発するようになるそうです。

このノネナールの大きな原因が活性酸素の増加です。
活性酸素は他の物質を酸化させる力があるので、普段は私たちの身体に入ったウイルスを殺してくれたりする味方ですが、年を取ったり生活習慣が乱れてしまうと活性酸素がたくさん増えてしまいます。
そうすると、いろいろな細胞を酸化させてしまいその過程でノネナールを生み出してしまうのです。

つまり、加齢臭を抑えるためには活性酸素をコントロールしなければなりません。
そこで活性酸素の働きを抑えてくれるポリフェノールが含まれた飲み物を摂取することをおすすめします。

水分不足は体臭の元

水分不足になると排出される老廃物が凝縮されてしまい、体臭をキツくさせてしまいます。
汗をかくとワキガや体臭の原因になるからと水分補給をあまりしない人がいますが、水分摂取量と体臭や汗の量は関係ないのです。

また汗自体はほぼ無臭なので、たくさん汗をかいても体臭には繋がりません。
体臭予防として水分補給するならば、少量をこまめに飲むことが老廃物を排出することに効果的です。
一度に摂取する量は200ml程にしましょう。

ただ、大量に摂取してしまうと腎臓に負担がかかってしうので気をつけてくださいね。
ここでも体臭に一番効果的である緑茶を飲むことをおすすめします。

まとめ

それではこのページで話してきた要点をまとめていきたいと思います。

・体臭に効果的な飲み物は、緑茶ワイン黒酢
・飲み物で改善できる体臭は、加齢臭口臭
・水不足は体臭の元

体臭予防をしたいなと思ったら、身近な飲み物から改善して臭いの元を軽減していきたいですね。

体臭を予防したい方必見!社会人の6つの臭いと予防法

突然ですが、あなたはご自身の体臭を気にした事はありませんか?

近年では、ビジネスの世界でも体臭が原因で相手の人に不快感を与えてしまうスメルハラスメント、と言う言葉が流行りつつあります。

これからの日本の臭いのマナーが厳しくなっていくことを予感させますね。

実際に、自分の近くにいる人がひどい体臭だと、少なからず良い気分にはなりませんよね?

もしも相手が自分に対して、そのような不快感を覚えていたらどうでしょうか。

相手の心の中を想像するだけでも辛くなってしまいますよね。

自分ではさほど臭いと感じていなかったとしても、相手が自分と同じように感じているとは限りません。

また体臭と言うのは、自分の生活習慣などが大きく影響してくるため、突然体臭が悪化した。といったことも珍しくはありません。

そうなってしまわないためにも体臭が発生してしまわないために、ある程度できることを予防していく必要があります。

しかし一言で体臭予防といっても、体臭の種類は様々あるため、それぞれに合った予防法をしていかなくてはいけません。

対策を取るには、まずは敵を知ることからです。

なのでこのページでは、体臭の予防法を説明する前に、体臭についての基本情報や種類、体臭の原因などといったような、体臭に関するコンテンツをまとめて、最後に体臭の予防方法を紹介しています。

以下のような流れでまとめていますが、とにかく予防方法を先に知りたい!

と言う方は、このページの後半部分をご覧ください。

目次
*そもそも体臭とは何か
*体臭の種類と原因
*体臭を予防するにはどうしたら良いのか
*まとめ

体臭とは何か

体臭を予防するためにも、まずは敵をきちんと知る必要があります。

なのでこれから、そもそも体臭ってなんだろう?と言う部分について、わかりやすくシンプルにまとめていきたいと思います。

そもそもこのページのテーマである体臭と言うのは、体から発生される臭い物質のことです。

と言ってもなかなかピンとこないですよね?そこで私たちがイメージする体臭と言ったら、汗臭いなどといったことでは無いでしょうか?

実は今挙げた汗は実はもともとは無臭です。

お風呂に入っていて汗が臭い!そう感じた事はおそらく無いのではないかと思います。

仮に汗自体が臭いものだとしたら、サウナやスポーツジムは汗まみれですので、ただただ体臭がひどい空間になってしまいますよね?

しかしそうでは無いのは汗そのものはもともと体臭の元ではないからです。

でも実際に、汗をかいてしばらくたつと臭くなってしまったり、汗をたくさん吸収した衣類等をそのまま放っておくととても臭い臭いがしますよね?

それは汗を栄養とする細菌が繁殖してしまう事が原因だったんです。

そんな細菌が増殖し、その細菌がしばらくすると臭い物質を放出していきます。

これが体臭の大御所である、汗臭いのカラクリだったんです。

先ほども話した通り、体臭には様々な種類があり、原因もそれぞれ違ってきます。ですがそれらの体臭は、すべて臭い物質が原因であり、これを攻略することが、体臭予防のポイントになってくるんです。

体臭の種類と原因

私たち人間の体臭について基本的なことがわかったところで、次は体臭の種類とその原因について

  1. 加齢臭
  2. 汗の臭い
  3. 足の臭い
  4. 頭皮の臭い
  5. 口臭
  6. ミドル脂臭

これらの順番でまとめていきます。

では早速加齢臭から見ていきましょう!

加齢臭

今となっては知らない人はいないでしょう。体臭の代名詞にもなりつつある加齢臭ですが、この種類の体臭の原因は、年齢を重ねるごとに増えてくる、ノネナールと言う物質が深く関わっています。

わかりやすく言うと、人間は40歳を過ぎた頃から、9ヘキサデセン酸と、過酸化脂質等が増えていきます。

9ヘキサデセン酸自体には、においがなく6週なのですが、同時に分泌が増える過酸化脂質によって、酸化現象が促進されて行きます。

そして最終的には、汗臭くて青臭いノネナールが作られるんです。

ノネナールが増えてくると、汗や皮脂の臭いと混ざって、中高年特有の加齢臭を発生させてしまうんです。

汗の臭い

先ほども少し例え話であげたので、何となくイメージがつくかと思いますが、汗の臭い自体はほとんど無臭です。

先程の繰り返しになるので、簡単にまとめますが、汗をかき、空気中の細菌がそこに増殖し、細菌が臭い物質を発生させることで嫌な臭いを発生させます。

また、普段から汗をかく習慣がない人は、汗をかいた時に、嫌な体臭に変わりやすい汗をかくと言われています。

足の臭い

これも原理は汗の臭いと全く同じです。

特に足の裏は、体の他の部分に比べて、靴下を吐いたり、靴を吐いたり、とてもムシムシしやすい部分になります。

なおかつ足の裏と言うのは、汗をかく腺が非常に発達しており、いちにちにコップいっぱいの汗をかくと言われています。

つまり、汗を沢山かくのに、1番通気性の悪い部分なので、臭い物質を発生させる細菌が増殖しやすい環境なんです。

足の裏の臭いは、他の部分に比べてとびきり臭くなりますよね?

それは、足の裏は細菌が発生しやすい条件が整っているからだと言えるでしょう。

頭皮の臭い

頭をしばらく洗わないと、頭皮が臭くなることがあります。そんな頭皮のニオイの原因の多くはフケだと言われています。

これは他の部分が汗をかいた時に、体臭が発生するサイクルと似ているのですが、頭皮の体臭の場合は、フケを栄養分とする細菌が増殖してしまい、同時に頭に描いた汗の成分とそれらが混じり合うことで、嫌な体臭を発生させてしまいます。

口臭

口臭は、数多くある体臭の中でも、発生率が非常に高く、臭いのレベル自体もとても高いです。

公衆の場合は、臭いを感じする機会が多いので嫌な口臭を嗅いで、不快な気持ちになった経験をしている方も少なくないのではないでしょうか。

では口臭の原因ですが、純粋に歯磨きを怠ることで、歯の間や表面に歯垢が残り、そこに細菌が発生し、嫌な臭いを発生させています。

また口臭の場合は、それだけでなく、口の中が乾燥していることや、内臓の機能が低下していることも、嫌な口臭を発生させる原因になると言われています。

どれだけ歯をきれいにしても、口の中を潤わせても口臭が治らないと言う方は、体の内臓部分が何か問題がある場合があるので、その際はお医者さんに診てもらいましょう。

ミドル脂臭

これはあまり聞きなれないかと思いますが、少し前に株式会社マンダムの体臭研究の中で発見された新種の体臭のことです。

あらゆる体臭の中でも、女性に最も嫌われるに良いとも言われています。その臭いは腐ったゴミのような臭いとも言われています。もしも自分の体からそんな臭いが発生しているとしたら、今すぐにでもなんとかしたくなりますよね。

そんなミドル脂臭の原因は、加齢臭とは逆で、比較的若い世代の人たちに発生しやすいと言われています。と言うのも、30代から40代にかけての方が多いようで、主に生活習慣の乱れが、この体臭の発生の原因だと言われています。

脂っこい食べ物が好きな方や、睡眠不足、ストレスの多い生活をされている方は特に注意が必要です

体臭を予防するにはどうしたら良いのか

体臭にもいろいろな種類があり、原因がそれぞれ異なってくるため、1つの予防法がすべての体臭に効くと言う事はありません。

これから、先ほど紹介した体臭の種類と原因の順番と同じ流れで、それぞれの体臭の予防方法をシンプルにまとめていきます。

加齢臭

加齢臭の原因は、年齢とともに増加しがちなノネナールと言う臭い物質でしたね。

つまり加齢臭を予防するためには、ノネナールの発生を抑えるための生活習慣を身に付けることが、予防のコツになります。

ノネナールを発生させないために行える事は以下の5つです。

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらがとても重要になって来ます。

ただ、これらを見ていると、すぐに変えられる生活習慣と言うわけでは無いですね。

ですがこれらの悪い生活習慣が、加齢臭の臭いの元であるノネナールを発生させてしまうので、加齢臭を予防したいと言う方はこれらの習慣を改善するのが必須になります。

汗の臭い

汗の臭いは、細菌が増殖することにより発生すると言うことなので、最近をこまめに処理してしまえば予防することは可能です。

例えば少し汗をかいてしまったら、タオルで汗を拭き取るなど、そのようなこまめなケアがこの体臭の予防につながります。

その際は乾いたタオルではなく、水を絞った後の少し濡れている状態のタオルで拭き取ることがポイントです。

足の臭い

足の臭いを予防するには、足の裏の汗の量を減らす事はできないので、とにかく最近を増殖させないような環境を作るのがポイントです。

そのためには、抗菌作用のある靴下を履いたり、ソールを敷くこともそうなのですが、毎日同じ靴を履かない、と言うのも臭いの発生を抑えるポイントになります。

臭いの原因となる細菌は、湿気てる場所を好むので、毎日履いて靴が湿気ている状態が続くと、その悪循環はなかなか改善されません。そのため毎日違う靴を履いて、うまくローテーションさせていくのが良いでしょう。またはいてない靴はくしゃくしゃにした新聞紙を詰めておいておくと、湿気を吸ってくれるので臭いを抑えられますよ。

頭の臭い

頭の臭いの場合は、体臭の原因となるフケをそもそも減らしてしまうことが最も効果的な予防策です。

ではフケを減らすためにはどうしたら良いのかと言うと、

  • 睡眠不足を改善
  • 生活リズムを整える
  • ストレスをためない
  • シャンプーでは2日から3日に1回にする

これらがポイントになります。頭皮の臭いと言ったら、頭皮環境を改善させることが大事だと思われがちですが、最初の3つを改善することが1番大切な予防法だと言われています。

口臭

これは純粋にきちんと歯磨きをすること、糸ようじ等で歯の間もきちんと掃除すること。また、ベロにも歯垢が溜まりやすく、臭いの発生の元となるので、専用の歯ブラシを使ってこまめにケアしましょう。

また口の中が乾燥するのも、口臭の原因となるので、その際はガムを噛むのがお勧めの予防法です。ガムを噛んでいると自然と唾液がたくさん分泌され、臭いを予防してくれます。

ミドル脂臭

この体臭の予防法は、加齢臭の予防法と全く同じです。改善すべき生活習慣を改善していくことが、この体臭を予防するための方法です。

たまにスプレーや香水などでごまかす方もいますが、それはあくまで1時的なものであり、効果が切れると腐ったゴミのような臭いが再び発生してしまいますよ。

まとめ

長くなってしまいましたが、異常が体臭の種類と予防方法のまとめです。

そもそも体臭は、予防方法を実践すれば翌日から臭いを抑えられると言うものもあれば、生活習慣などが原因のものはそうはいきません。

ですが予防方法にまとめたような対策をとることで、それらはいずれ改善され、次第に体臭がなくなっていくでしょう。

既に体臭がないと言う方は、これから嫌な体臭が発生してしまわないように、体臭の予防方法を習慣づけていきたいですね。