汗の臭いの根本的な対策法とすぐにできるとっさの改善法

汗の臭いは思春期の10代から大人まで男女問わず幅広く人々を悩ませる体臭の1つでもあります。

ですが、中にはいくら汗をかいてもそんなに臭くならない人っていますよね。(うらやましい限りです。。)

 

実は汗の臭い対策にもとっさにできる対策から、時間はかかるけれども根本的な対策ができるものまで様々です。

ただ、色々な対策があるとは言っても、最終的には汗をかいてもそんなに臭くならないようにしたいですよね。

そうするためには、目先の汗の臭い対策を永遠としていてはいけません。

汗の臭いの原因や仕組みをきちんと理解し、長期的に根本的な対策方法をコツコツを行っていく必要があります。

 

そこでこのページでは、汗の臭いの原因を簡単に説明し、今すぐなんとかしたいときの汗の臭い対策や、臭くない汗に変えていく根本的な対策方法についてもご紹介していきます。

汗の臭いの原因

汗の臭いは元々無臭だと言われていますが、その割には汗をかいてしばらくたつと鼻をつまみたくなるほど臭くなってしまいますよね。

では、汗はなぜ臭くなってしまうのかと言う点ですが、これには汗に含まれる成分と雑菌が関係しています。

というのも、私たちがかく汗の成分の99%は水分なのですが、残りの1%はアンモニアやタンパク質、鉄分等の血液中に含まれていた様々な成分が混ざっています。

 

そもそも汗は血液で作られるのでこれは仕方がないことなんです。

私たちは汗をかくと、皮膚の表面に付着した汗の成分のアンモニア等を目標にして、皮膚の常在菌が集合します。

 

そして汗のわずか1パーセントの成分を餌にして分解します。

こうして増殖を繰り返していくのですが、これが行われる段階であの汗臭い臭いが発生すると言われているんです。

 

また、私たちが身に付ける衣類にも雑菌は存在しますので、例えばインナーが汗の成分を吸収すればそこに雑菌が集まり分解、増殖を繰り返します。

洋服が汗臭くなってしまうのはこういった仕組みが関係していたんですね。

 

つまり、汗対策をする上では、汗の成分と皮膚の常在菌をどうするか?がポイントになってくる事がわかります。

なお、汗の臭いの原因はもっと細かく見ると奥が深いのですが、より深く詳しく知りたいと言う方はこちらを参考にしてみてください↓

www.bodyodorlabo.com

それでは、ここまでお話しした内容を踏まえて汗の臭いをさっと消す方法と、汗の臭いの根本的な対策方法を見ていきましょう!

汗の臭いをサッと消す方法

汗の臭いをすぐになんとかしたい。一時的でいいから何かいい方法はないか?と言う場面ってどうしてもありますよね。

そんな時に行える汗の臭い対策は

  • 汗を拭き取る
  • デオドラントスプレーを使う
  • シャツを変える

この3つです。

すごくシンプルで有名な対処方法ですので、既に知っている。と言う方も少なくないかと思います。

なのでここは簡単にご説明していきたいと思います。

汗を拭き取る

汗を拭き取ることによって、皮膚の表面に付着した汗の臭いの成分と皮膚の常在菌を一瞬にして除去することができます。

汗の臭い成分は汗をかけばまた復活してしまいますし、皮膚の常在菌も時間が経てばまた現れます。

 

ですが、拭き取ることによって一定期間とは汗の臭いを消すことができますので、休憩時間が来る事に汗をこまめに拭き取ると継続的な汗の臭い対策も可能です。

デオドラントスプレーを使う

デオドラントスプレーにも色々なタイプがありますが、中には銀イオンの力で菌をやっつけるタイプのものもありますし、皮膚をサラサラの状態に保ってくれるようにするタイプのものもありますね。

これらも一時的な対処法にはなりますが、皮膚の常在菌をやっつけたり、皮膚をサラサラにしておくと言うのは、汗の臭いが発生する仕組みに対する対策としてとても理にかなっているためその場しのぎの対処法にはとてもオススメかと思います。

 

なお、その際はスプレーを使う前にティッシュやハンカチまたはタオルなどで一度汗を拭き取ってから使うとより高い効果が期待できます。

シャツを変える

ここまでご紹介した2つの対策方法を実行しても、衣類ににおいが移ってしまっていてはあまり意味がありませんね。

多くの場合、肌着が汗を吸収してそこに雑菌が群がって悪臭を発生しているので、肌着をそのまま取り替えてしまうのも1つの手です。

 

汗を頻繁にかく時期や汗をかきやすい体質の方は、替えのインナーを持ち歩いているといいかもしれませんね。

汗の臭いの根本的な対策方法

汗の臭い対策では場面によってはとっさにできる対策方法も必要ですが、正直そういった方法はかなり手間がかかりますし、デオドラントスプレーや汗ふきシートなどを使うとなるとお金もかかってしまいます。

欲を出すならば汗をかいてもさほど臭くならないのが理想的ですよね。

 

ただ、どれだけ根本的な対策方法とっても、どんな形でも汗の成分に雑菌が好む成分が含まれてしまうのは避けられないことですので、それは先にお伝えしておきます。

完全に臭わない汗に変えるのは不可能ですが、限りなく臭わない汗、また臭いにくい汗へと変えていく事は可能です。

そのための方法はいくつかありますので、それを全てご紹介します。

有酸素運動を行う

実は汗臭い方の多くは運動不足だと言われており、実際に運動不足と汗の臭いは密接な関係があると言われています。

ではどんな運動をすれば汗の臭いを根本的に改善できるのかと言うと、タイトルにも書いてある通り有酸素運動を行います。

 

有酸素運動にもジョギング、ウォーキング、サイクリングなど色々ありますが、どれでも構いません。

とにかく有酸素運動をして汗をかく習慣をつけると言うのが大切です。

 

なぜ運動不足で汗をかかない人は汗が臭くなってしまうのかを簡単に言うと、運動不足になると体の新陳代謝が悪くなります。

その結果、血液中に含まれている臭い成分が汗となって出てしまう割合が高くなるからです。

つまり、たった1%の臭い成分を含む汗の中の臭い成分の割合が増えやすいと言うことです。

だからこそ効率よく汗をかける有酸素運動を日常的に行って体の新陳代謝を活発にさせることが大切なんですね。

ストレスを解消する

体に関するトラブルにストレスがつきものですが、汗の臭いとの関連性はよくわかりませんよね。

実はストレスを感じてしまうと体内の自立神経である副交感神経が緊張状態になり、臭い物質を発生させやすい汗腺からの汗の分泌が盛んになります。

そしてストレスは活性酸素を発生させやすいとも言われており、活性酸素がたくさん発生すると、臭い物質自体をたくさん作ってしまう原因となるんです。

 

少し小難しい話になってしまいましたが、簡単に言うとストレスを感じ続けてしまうと汗の臭い成分を作り出しやすくなり、なおかつその成分が汗として出る割合が増えると言うことです。

なので、発表会やコンクール、会議などの緊張した場面でかく汗はかく汗よりもちょっとタチが悪いんです。

ストレスを抱えた状態が継続されてしまうことで、悪い汗の分泌が継続されてしまうため、結果として常に臭い汗をかいてしまうことにつながってしまうんです。

ストレス解消方法は人それぞれ違うかと思いますが、できることならストレスの原因を改善し、日常の中でストレスが解消できる時間を所々設けたいところです。

食生活の見直し

汗の臭いを始め、口臭や頭皮の臭いなど様々な体臭に関係するのが食事の要素です。

なので食事の改善は根本的な汗の臭い対策をする上でとても重要なポイントになります。

食生活の見直しでは、まず最初に汗のニオイを悪化させてしまう飲食物を控えることが大切です。
では具体的にどうするのかと言うと

  • 塩分や糖分が多く含まれている食物を控える
  • 動物性タンパク質や、動物性脂肪を控える
  • 刺激の強い食べ物を控える(辛い食べ物など)
  • ジャンクフードやインスタント食品を控える
  • アルコールを控える

といったことがポイントです。

簡単に言うと、油ギッシュで肉々しい食べ物や、ジャンクフード、お酒を控えましょう。と言うことですね。

 

逆にどんな食べ物や飲み物に変えていけば良いのかと言うと

  • 緑黄色野菜
  • ヨーグルト
  • 海藻類
  • 大豆類

などに変えていくのがポイントです。

いわゆるヘルシーな食べ物にして、水分補給はコーヒーやジュースなどではなく純粋な水で行いましょう。と言うことですね。

 

今日開始して明日体臭が変わる。と言うわけではありませんが、酵素の力で食べ物の成分を代謝して徐々に体の状態が変わっていくのでこれを継続するだけで大きな汗の臭い改善効果が期待できます。

汗の臭い対策まとめ

ここでは汗の臭いの原因から、すぐにできる対策方法や長期的に見た根本的な汗の臭いの対策方法をご紹介しました。

 

長期的な汗の臭い対策は、今までの習慣を根本的に変えていかなければいけないので簡単なことではありませんが、継続して行くことで1ヵ月後には自分でもびっくりするぐらい汗の臭いが変わっているかもしれません。

 

また、こういった生活習慣や食生活の改善は汗の臭いを根本的に変えていくだけでなく、風邪をひかない強い体を作ったり健康寿命を底上げしていくことにもつながります。

まさにいいこと尽くしですので、まずは自分のできそうなものから少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか?