体臭対策にオススメの下着と使い古した下着を捨てた方が良い理由

体臭と下着についてこのページで特集していきたいと思います。

夏本番が近づいてくると、いろんな体臭対策の話が飛び込んで来ますが、今回注目したいのが体臭と下着の関係です。
下着と言えば体に触れる衣類ですし、最近では体臭対策に特化したような下着持ってていますね。そのことをから、どんな下着を選ぶかも体臭対策では非常に重要となってきます。
また、巷では一定期間来ていた下着は買い換える方が良い。と言う話もあります。これについても後半部分で触れていきたいと思います。

 

夏の体臭対策にオススメの下着(インナー)はどれ?

耐汗性のあるインナーなど、最近では体臭対策に特化した下着がたくさん登場しています。そうなるとどれを選ぶのが最も最適なのか迷ってしまいますよね。
結論から言うと、口コミサイトで人気だった下着は、ユニクロが発売したサラファインと言う名前の下着です。
このサラファインは何が優れているのかと言うと、汗をかいてもその乾きが圧倒的に早いのだそうです。
体臭と言うのは、汗の成分と体や衣類に生息する目に見えない常在菌が混ざり合って汗の成分が分解され、雑菌が増殖する事で悪化していきます。そして汗がいつまでも乾いてないベタベタした状態と言うのは、体臭の原因である雑菌が繁殖しやすい状態を意味しています。なので通気性が良くすぐに汗が乾くと言う特徴を持つサラファインは、実際に体臭対策をする上で理にかなっている下着だと言えるでしょう。

 

一定期間着た下着は買い換えろ!これって一体どういうこと?

私自身もこの記事を書くまでは知らなかったのですが、巷では一定期間使った下着は洗うより買い換えるのが良い。と言う話もあるようです。
というのも、下着は他の衣類に比べるとたくさん汗を吸うままですが、洗濯すればその汚れはきれいに落ちますね。
…おそらく多くの方がそう思っているかと思いますが、実は違うようです。厳密に言うとある程度汚れがきれいに落ちる。というのが正解なのだそうです。最近は洗濯洗剤の力もパワーアップしていますから、昔に比べると衣類の汚れや常在菌などの微生物を落としてくれる力はレベルアップしているのですが、すべての汚れを完全に落としきれるわけではないのだそうです。
つまりこれは何を意味するかと言うと、使う頻度が長ければ長いほど、微妙に残ってしまう汚れが蓄積されるため、結果としてきちんと洗っている下着でも長年使っていると少し汗をかいただけで体臭が発生しやすくなってしまう。ということなのだそうです。
今までこの事実を知らなかったため、正直私も驚いていますが、実際にこの情報をキャッチしてみて素直に、あながち間違っていないのかな。と私は感じたので、1年に1回もしくは2年に1回位の頻度で下着を買い換えようかなと検討中です。

本人に体臭がキツイことを伝える上手な方法

自分とよく接する人が体臭がきつくて、どのように伝えたらいいのかわからない。このような悩みをお持ちでは無いでしょうか?

私も最近ありましたが、その人は体臭と言うよりは口臭がきつい人でした。仲が良い友達だけど、毒舌を言い合えるような中ではなく、どのように伝えたら良いのか本当に迷いました。

長らく付き合っていく友人ですし、自分的にもそうですが、本人の為にもどうしても伝えたかったのです。

結局私は本人に体臭のことを伝えました。結果として友人を酷く傷つけることなく、前向きに口臭改善をしようとする気になってくれました。

その時私が意識したポイントをこのページ内でご紹介していきたいと思います。

ポイントは前置き

もしもあなたとその体臭のことを伝えたい相手が、ストレートなことを言い合えるような仲であれば、そのままあなたが思うように普段の感じで体臭がひどいことを伝えてあげれば良いと思います。

しかし多くの場合はストレートに直接言えないと思います。

その時に意識していただきたいのが前置きです。具体的には、「伝えておきたいことがあるんだけど、傷つけちゃったらごめんね。」と言う前置きを先に伝えておきます。

そうすることで、ネガティブな話を開いても取り乱さずに受け止めようと言う気持ちの準備をしてくれます。そうした上で体臭、もしくは口臭が気になっていることを伝えます。

もしも前置きをなしにしてストレートに本題から入ってしまうと、間違いなく相手は感情的になるもしくは傷つけ、怒らせるなど関係性がネガティブな方向に行きかねません。

なんせこのようなネガティブな話題は、相手も反応に困ってしまいますからね。

だからこそ前置きを置いて本人に直接伝えるのが効果的です。

いろいろ考えましたが他に方法は思いつきませんでした

私自身もできれば本人に直接言わないスタイルで体臭のことを伝えたかったのですが、いろいろ考えた結果わかりやすく伝えるのにはやはり直接言うしかないのではないかと言う結論に行き着きました。

こういった事はメールや電話で言うことではありませんし、メモを残すのもどうかと思います。誰かにお願いするわけにもいきませんし、直接言うこと以外の方法で伝えてしまうと、ほとんどの確率で誤解を生んでしまうのではないかと思います。

普段関わる相手だからこそそれだけは絶対に避けたいですよね。そういったことも踏まえてトータルで見てやはり1番だと思いました。その時に前置きを入れるか入れないかが非常に大切です。

まとめ

今回は私の体験談の話になってしまいましたが、相手に体臭のことを伝えたいけどどうしたら良いか分からない。こういった場面は意外と多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

もしも今後このようなシチュエーションがあった時、「前置き」を有効活用して優しく伝えてみてくださいね。

他人の体臭も次第に慣れてくる「マスキング効果」の魔力

マスキング効果と言うワードはあまり耳にしませんが、例えば臭いが強烈な場所に足を運んだ時「臭い強いなぁ…」と感じても、しばらくそこにいると最初の時より断然気にならなくなってしまう。

このような経験は無いでしょうか?これは私の体験談なのですが、以前勤めていた会社の先輩が結構口臭が強めの人だったんです。

しかしその先輩は仕事の都合上パートナーを組んで相方のようなポジションでいたため、近い距離で会話をする場面が多かったんです。

最初のうちは正直本当にきつかったですが、しばらくすると最初の時に比べればその匂いに慣れてしまっていた自分がいました。(笑)

いくら時間がたってもその悪臭が心地よいものになる事はありませんでしたが、このようにしばらく時間が経つとともに最初は臭いと感じていたものもだんだんと慣れてしまう現象をマスキング効果と呼んでいます。

嫌なニオイも慣れてしまうマスキング効果の仕組み

なぜ人間は強烈な匂いも次第に慣れてしまうのか。そのマスキング効果の仕組みですが、マスキング効果がどうこうとは少し離れて見ていきます。

まず我々人間の感覚を司る部分は強い刺激に常にさらされた状態だとだんだんと鈍感になるような作りになっているんだそうです。これは耳も同じことがいえます。

大学時代パチスロ好きの友人に1度だけパチスロに付き合わされたことがありました。初めて入ったのでお店に入った瞬間のあのうるさい音は本当にびっくりしました。ですがする時間が達人お店に入ったときの驚きはどこかへ消えてしまい、逆にお店を出たときとても周りの静けさに違和感を感じるほどでした。

これもまさにマスキング効果なんだそうです。私が会社の先輩のきつい口臭に次第に慣れてしまったのもこのような仕組みが関係していたのだと考えられます。

人間が犬に比べて嗅覚が圧倒的に衰えている理由

我々人間に比べて犬の嗅覚は素晴らしいですよね。その嗅覚が非常に優れていることから、空港内で麻薬を探すために犬の力を借りることも現代では行われています。

しかし、なぜ人間は犬に比べてここまで嗅覚が優れていないのか?気になった事はありませんか?それに考えられる原因の1つとして、人間が二足歩行をしていることが関係していることがわかりました。

と言うのも、犬は4足で起人間に比べて鼻が地面からかなり近い距離にあります。臭いの情報と言うのはほとんどの場合地面にあると言われており、人間の数万倍もの嗅覚を持つ犬でも、本気で匂いをかぐときは自分の持つ鼻を地面に擦りつけながらクンクンかぎますよね。

犬の場合このようにしてたくさんの匂いの情報を地面からキャッチしていますが、二足歩行に進化した人間はこのような地面からのたくさんの匂いの情報をキャッチすることができず、進化の過程で嗅覚が衰えたと言われているのです。

人間は嗅覚が衰えて幸せなのかもしれない

人間は進化の過程で嗅覚が衰えたと言う話がありましたが、現代の体臭事情について目を向けてみると、仮に自分が非常に嗅覚の優れた人間だったとします。それも犬並みにです。

どのような臭いの感覚を犬たちが体感しているのかは知る由もありませんが、犬並みの嗅覚を手に入れたすると、おそらく私たちは誰かの体臭や口臭で混乱してしまうのではないでしょうか。

私はこのことを想像したときに満員電車が頭に浮かびました。満員電車は人がぎゅうぎゅうに詰め込まれた弁当箱のようになっていますよね。目の前の方から強烈な加齢臭が発生していたり、正面を向いているおじさんからきつい口臭が発生していれば、嗅覚が優れていない私でも気が滅入ってしまいます。

そこで犬並みの嗅覚を手に入れてしまうとどうでしょう。そのきつい人の体臭や口臭の威力で気絶してしまうのではないかと思います(笑)これはあくまで想像に過ぎませんが、そう考えるとある程度嗅覚が衰えて人間は幸せなのかなと思ったりもします。

その点犬は本当にすごいですね!

風呂で改善されない男性の体臭の正体と対策法

最近では、スメルハラスメントと言う言葉が日本社会で広がり始めています。

こういう世の中だからこそ、一度他人から「この人は臭い」と言うレッテルを貼られてしまうと、自分が想像している以上にその人との関係でマイナス要素が多く発生してしまいかねません。

特に、恋愛面では言うまでもなくマイナス面しかないでしょう。
どれだけイケててもお金を持っていても、体臭や講習が臭いとそれだけでで無理!
と言う意見を持っている女性も少なくないのも事実です。

しかし、体臭の原因が深い部分にあると、お風呂で丁寧に体を洗ってもデオドラントスプレーを使ったりしても、本当の意味での体臭改善はできたことにはなりません。
そこでこのページでは、男性に多い体臭の種類をピックアップし、その体臭をどのように改善していくのかについて詳しく見ていきたいと思います。
本格的な体臭改善を行いたい方には、参考になる記事かもしれません♪

男性に多い体臭の種類

一言で体臭といっても、頭の先から足の先まで人の体は何かしらの体臭を発生するものです。
大きく分けると、

  • 頭皮の臭い
  • 耳の匂い
  • 口の臭い
  • 脇の臭い
  • 体の臭い
  • 陰部の臭い
  • 肛門の臭い
  • 足の臭い

など非常に様々あります。
一言で体臭と言ってしまうと、具体的にどこの部分を指しているのか、何が原因の体臭なのかがあまりにも幅広くなってしまうため、ここでは社会人の男性に多い

  • 頭皮の臭い
  • ワキガ
  • 加齢臭

これらの種類の体臭の原因と根本的な中身の部分の改善方法について詳しく見ていきたいと思います。

男性に多い体臭原因のと改善に出来ること

ここでは、

  • 加齢臭
  • 頭皮の臭い
  • ワキガ

これらの体臭の原因と対策方法について見ていきたいともいます。

加齢臭

加齢臭の原因はノネナールと言う、年齢とともに増加するろうそくや古い本のような独特の臭いを発生させる成分です。
そんなノネナールは、活性酸素が増加してしまうことで発生しやすいと言われています。
その活性酸素は、日々の疲れや生活習慣の乱れなどから劇的に増える傾向にあると言われているため、日々の疲れや生活習慣を正しい方向にもっていくことで根本的な加齢臭対策を図ることが可能です。

加齢臭の改善方法は、臭いの元であるノネナールの発生を防ぐためにどうするかが重要です。
そのためには生活習慣の見直しが必要です。

具体的には、

  • ストレスをコントロールする
  • 毎日の適度な運動
  • タバコを控える
  • アルコールを減らす
  • 紫外線を避ける

これらの習慣を改善することで加齢臭となっているノネナールを抑制することが可能になります。
また体内の酸化を防ぐための抗酸化作用のある食べ物を摂取することも効果的です。

抗酸化作用のある食べ物は以下のようになっています

ビタミンE

カボチャ、ほうれん草、アーモンド

ビタミンC

ブロッコリー、小松菜、かんきつ類

βカロテン

緑黄色野菜

アントシアニン

赤ワイン、ブルーベリー、黒豆

イソフラボン

大豆(納豆、豆腐)

カテキン

りんご、緑茶

ケルセチン

たまねぎ、レタス、ブロッコリー

ルチン

お蕎麦

クロロゲン酸

コーヒー、なす

エラグ酸

イチゴ、ラズベリー、ザクロ

セサミン

ゴマ

クルクミン

ウコン、カレー粉、しょうが

リコピン

トマト、スイカ

ルテイン

ほうれん草、とうもろこし、ブロッコリー

カプサイシン

赤ピーマン、赤トウガラシ

フコキサンチン

海藻類

汗の匂い

汗が乾くととんでもなく臭い匂いを放ってしまいますよね。
本来汗そのものの99%はさらりとしていて臭いを発生する原因がないと言われています。一方わずか1%の悪い汗実は、粘り気が強くミネラル分が濃くなっていて、その悪い汗が空気中の雑菌などの様々なものと混ざり合うことで臭い臭いが発生してしまいます。

つまり、汗の匂いを改善するためには、限りなく良い汗に近づけることがポイントになります。

汗の匂いそのものを改善するためには、できるだけ悪い汗の割合を下げるためにも頻繁に汗をかく必要があります。
つまり、定期的に汗をかくような運動を行ったり、サウナ行ったり、半身浴をしたりとどんな方法でも良いので汗をかく習慣をつけるのが重要です。そういった生活を繰り返していくことで匂いを伴う悪い汗がだんだんと減ってくると言われています。

ワキガ

ワキガの原因はアポクリン線と言う汗の分泌腺から出てくる汗です。
アポクリン線から分泌される汗には、タンパク質、脂質、アンモニア、糖質など様々な成分が含まれています。
これら様々な成分が皮膚に存在する常在菌と混ざり合うことによってあの強烈な臭いを発生させます。

このワキガを改善するためには、アポクリン線から発生する汗と、常在菌を結びつけないようにすることがポイントです。

ワキガを改善するためには、遺伝などの原因から人よりも多く存在するアポクリン線を取り除く手術をする必要があるようです。
確かに世の中にはアイテムでワキガを改善する方法もあるのですが、根本的なワキガ改善を行いたいのであれば手術を受けることが手っ取り早い方法だと言われています。
なお、どうしても手術をするのが厳しい場合は根本的な改善効果のあるワキガアイテムを使用することをお勧めします。なお当サイトのトップページにて根本的な改善ができるアイテムをいくつか紹介しています。

頭皮の匂い

頭皮のニオイの原因を簡単に言うとフケです。
フケと頭皮の匂いについての関わりを言うと、まず、フケは頭皮の角質のことを指し、古くなると剥がれ落ちていきます。そのはがれ落ちた角質を栄養とする常在菌たちが群がり、フケをエネルギーにして増殖します。

そこで頭皮に書いた汗の成分と増殖した常在菌が混ざり合いことで、頭皮の匂いが発生します。
つまり、頭皮の匂いを改善するためには、純粋にフケを減らすとこがポイントになります。
フケを減らしていくためには、

  • 睡眠不足の解消
  • ストレスコントロール
  • 正しいシャンプーの仕方と頻度

これらがポイントです。
なお、シャンプーのやり方と頻度については、爪を立てて頭皮を洗わずに、指の腹でやさしく洗います。
頻度は水で流す程度であればいちにち2回行っても構いませんが、シャンプーを使う際は1日1回程度に留めておくのが好ましい頻度だと言われています。
それに加えて、頭皮クレンジングを行ったり、馬油シャンプーを使ったり、頭を洗う際に爪を立てずに指の腹で洗うなどといった工夫が必要になります。

体臭改善サプリメントに頼りっきりはダメ!

私も以前は体臭を改善する際は、体臭改善サプリメントで手っ取り早く済ませてしまおうと考えていました。
体臭改善のサプリメントは、ものによっては体臭の仕組みそのものにアプローチをした効果的なものばかりであることがわかっています。

だからこそ確かに体臭改善サプリメントは体の臭い匂いを改善するためには有効的な手段なのですが、だからといって体臭が悪化してしまっている習慣を改善しなければ、結局のところ±0になってしまうことも考えられます。
そういったことから体臭改善のサプリメントを使うのであれば、それに頼りきりにはならず、自分の中でできるだけの体臭改善に必要な内容を取り入れることも必要です。

女性の体臭改善はどうすれば良い?

体臭と言うと、口臭、ワキガ、加齢臭、汗臭いなどがあり、不潔な男性やおじさんのイメージがありますが、おじさんでもなく清潔感をある程度意識している女性でも、ある事から体臭は発生してしまうと言われています。

また、女性と男性では体の作りが若干違っていることから、体臭の改善方法も女性の場合は少し違ってくるのかな?という疑問をお持ちの方もいるかと思います。
基本的には男性にも該当するような加齢臭や汗臭さ等の体臭は原因も見ており、改善方法もほとんど同じだと言われています。

しかしそういった中にも女性ならではの部分が所々あるようです。
そこでこのページでは、女性の体臭にありがちな原因をいくつか紹介し、それらの改善方法についてみていきたいと思います。

女性に多い体臭悪化の原因

女性に多い体臭悪化の原因は

  • 食べ物
  • ダイエット
  • タバコ
  • お酒
  • ストレス
  • 貧血
  • デリケートゾーン
  • ワキガ

などが挙げられます。
それでは次の段落にいてそれぞれの原因を少し触れた後改善方法について詳しく紹介していきたいと思います。

食べ物による体臭の原因と対策

これは有名な話ですが、一般的に体臭を悪化させやすいと言われている食べ物は、

  • 肉類
  • ジャンクフード
  • 乳製品(チーズなど)

こういった食べ物が該当すると言われています。
肉に関しては体の中に入ってから消化するのにとても時間がかかってしまいます。そうすると体内にきちんと吸収される前にアンモニアなどの悪臭の原因となる物質が発生してしまいます。

それが血流に混ざって皮膚まで送られると汗とともに体臭となって外に出てしまうんです。
だからこそ肉ばかり食べている人は汗が臭いと言われているんです。

次にファーストフードですが、それらには添加物が豊富に含まれています。
添加物は体の中で消化しにくいと言われており、体をさびつかせてしまう活性酸素を作る原因とも言われています。
食べる頻度が多いとどうしても体臭を悪くする原因となるようです。

最後に乳製品ですが、チーズやバターなどは特に脂肪分が多く、その脂肪分は腸の中に詰まりやすく、詰まったものが腐敗しやすいと言われています。
こうして腸内環境が汚れていたり詰まったものが腐敗していくと体の内側から頑固な体臭を発生する要因となってしまいます。

改善方法は?

こういった食べ物により体臭が悪化した場合、具体的にどうしたら良いかというと体臭を軽減させる食べ物を積極的に食べることです。
その食べ物には

  • レモン、梅干しなどの酸っぱい食べ物
  • 豆類
  • 野菜
  • キノコ類
  • フルーツ
  • 海藻類
  • ゴマ

などの食べ物が挙げられます。
こういった食べ物を食べることで体の中に発生している悪い臭いの元を改善していく効果が期待できるようです。
また、これらの食べ物は体に良くヘビーな食べ物でもないため、ダイエット中の方にもオススメな食べ物です。

ダイエットによる体臭の原因と対策

これに関しては食生活も若干関係してきますが、具体的には過度なダイエットによる偏った食生活が原因だと言われています。
不適切な食事制限ダイエットなどを継続していくと、甘酸っぱいような独特な体臭が体から発生してしまうと言われています。

これは、過度なダイエットを行い、代謝能力が低下することで燃焼されきらなかった脂肪酸が臭い物質に変わってしまうことが考えられています。
改善方法としては、ダイエットを止めるのではなく過度な食事制限等を止め、運動を行いながら代謝を上げてダイエットを行うこと。
そうすることで体臭を悪化させることなくダイエットを継続することもできます。

飲酒と喫煙による体臭の原因と対策

タバコをする習慣がある方は、どうしても副流煙が髪の毛や服に付着してしまい、タバコの匂いを振りまいてしまうのはもちろんのこと。

さらには体内に取り込出てしまったニコチンが血の流れを通して全体にめぐって行き、毛穴から排出されていくことによってそれも体臭の原因となります。
これに関しては禁煙することで体臭を改善することが可能です。

次に飲酒ですが、アルコールを体内で分解するときに生まれてくるアセトアルデヒドや、酢酸などが、アルコール臭の下となってしまうと言われています。
これらをきちんと分解して排泄物とともに体の外に排出することができれば良いのですが、そうすることができないと次の日も口からの口臭や体臭として残ってしまうようです。
こちらもタバコと同じでお酒を控えることによってこういった体臭は改善されます。

ストレスによる体臭の原因と対策

ストレスと体臭は一見関係ないようにも思いますが、実は体内にストレスが溜まってしまうと男性ホルモンやアドレナリンなどのホルモンが増加していきます。
このホルモンによって皮脂の分泌つ量が増加します。

そうなると皮脂腺が詰まってしまい、体内に活性酸素が発生しやすい状態になります。

食べ物による体臭の原因についてのところで活性酸素が体臭にとって大きな敵だと言う事はお伝えしましたとおりです。

ストレスによる体臭の改善方法については、ストレスを発散していくほかありません。
ストレス発散方法については人それぞれ変わってくるためご自身のストレス発散方法を日常に取り入れて上手にストレスコントロールをしていきたいところです。

貧血による体臭の原因と対策

女性に多い体臭の1つとして貧血が絡んでいることが多いといわれています。
特に整理の時期になると貧血気味になる方が多いかと思いますが、とにかく貧血になると甘酸っぱいような体臭をすることがあるようです。その原因となっているのが乳酸と言う物質です。

貧血になると体内の酵素やエネルギーが不足していきます。
そうなると足りない酵素を補おうとするため、解糖系の部分が働き出します。

その部分は体全体にエネルギーを補給してくれる反面、乳酸を大量発生させてしまう要因でもあります。

乳酸が体内に増えると、同時にアンモニアが増えていきます。
アンモニアは小学校の理科の実験で匂いをかいだことがあるかと思いますが、どちらも酸っぱい匂いを持つ物質です。

そのため貧血の状態が続くと甘酸っぱい体臭が発生しやすいと言われているんです。

また、生理前に限らず、妊娠中の方も貧血になりやすいと言われているため、妊婦さんの体臭の原因としても有名だと言われています。
貧血による体臭の場合は、改善方法としてレバー、ごま等の鉄分が豊富な食物を摂取することがお勧めです。
ただ、ひどい貧血の場合は食べ物で対処しようとせずに病院に行くことをおすすめします。

デリケートゾーンの体臭の原因と対策

これはまさに女性特有の体臭の原因だと言えるでしょう。
女性なら誰もが経験したことあるかと思いますが、生理中のあの匂いは、月経血が空気に触れて酸化してしまうことや、その部分に雑菌が繁殖してしまうことが原因です。

タンポンを使うことによって月経血が空気や雑菌にさらされてしまうリスクが減るため、その分臭いも軽減されます。
もしタンポンに抵抗があると言う形は、消臭機能付きのナプキンも最近では販売されているようですので、いちどお試しになってみると良いかもしれません。

体臭改善サプリメントはぶっちゃけどうなの?

私自身も体臭に悩んでいた時は、改善しようと思い立った時は真っ先に体臭を改善するアイテムはどれを使おうか?
ということを考えていました。
調べていくと自半などで売られている目先の体臭改善アイテムよりも、ネット通販などで売られている少々高めのサプリメントが効果的だと言うことを知りました。

結論から言うと、そういった体臭改善のサプリメントは正しく使うことで体臭改善の効果は十分に期待できると言えるでしょう。

ですが、ここまで見てきてわかったように、体臭にもたくさんの種類があり、それぞれ原因が変わってきます。

そのため、その体臭に対する改善方法も変わってくるため、すべての体臭を1つの体臭改善サプリメントで賄えると言うのは少し違います。
例えばですが、デリケートゾーンの匂いについては、月経血が空気中に触れて酸化してしまうことや、雑菌に触れてしまう事によって悪臭に変わってしまいます。
これについては体臭サプリメントを飲んだところで、どうにもなりません。

このように体臭改善サプリメントが合うものと合わないものがあるため、ご自身がどんな体臭なのかをまずはきちんと把握しておく必要があります。

ちなみに、加齢臭やワキガ、汗の匂い、頭皮の匂い、口臭などの体の内側から悪臭の元となる原因物質が発生している際の体臭等については、体臭サプリメントを使うと非常に効果的だと言えるでしょう。

体臭予防に石鹸が大活躍!?具体的な方法とは

ボディーソープは、固形石鹸を液状化したものだと思っている方もいるでしょう。

実は、ボディソープと石鹸とでは成分が全く違うのです。

ボディーソープの主な成分は脂肪カリウム

であることに対し、

固形石鹸の主な成分は脂肪酸ナトリウム

なのです。

その他にもボディーソープには、合成界面活性などの強い刺激がある化学物質が入っている製品が多いため、石鹸よりも肌トラブルを起こしやすいと言われています。

それに、強い成分で洗うと肌に必要な皮脂までなくなってしまい余計に皮脂分泌をしてしまいます。

皮脂は肌の潤いなど肌環境を守るために必要なものの反面、過激な皮脂は体臭を強くしてしまう原因になってしまいます。
・・・つまり、上記のような市販のおてごろなボディソープを使い続けると、自ら体臭を悪化させることに繋がる恐れがあるんです。
一方で石鹸は皮脂や汚れに触れると中和されるため、洗浄力が程よく、皮脂も取り過ぎないのです。

石鹸はとても昔から使われており長い歴史がある分、成分も自然界に存在するものから作られています。

そのため、分解されやすく肌へのダメージが少ないので、肌トラブルを引き起こしたりするリスクも減り体臭予防にも効果的と言われているのです。

このような理由から、体臭予防には石鹸が効果的だといわれているんです。

体臭予防に効果的な石鹸の選び方

体臭予防に石鹸が効果的な理由がわかったところで、具体的にどのような石鹸が効果的なのか?
についてみていきましょう!

沢山種類がある中から選ぶのは大変ですよね。
そこでどのように選べばいいのか、2つのポイントを紹介したいと思います。

1.消臭や殺菌作用がある薬用成分

薬用成分のイソプロピルフェノールは、薬用石鹸に1%程含まれている成分です。
殺菌効果があるため、臭いの元である皮膚の菌を抑えてくれるのです。

薬用成分が1%では少ないのでは?と感じるかもしれませんが、菌の数を抑えつつ皮膚にいる殺菌のバランスを保つ働きをする石鹸の成分としてはちょうどいい量なのです。

2.体臭予防と改善に役立つ成分

薬用成分以外にも以下のような成分が含まれている石鹸を選べぶと、より効果があります。

・ミョウバン

古代ローマ人が制汗剤として使用していた塩です。
水に溶けると酸性に変わり、臭いの原因であるアンモニアのアルカリ性と中和されるので、消臭効果を発揮します。

・柿渋

古くから殺菌作用があるといわれており、体臭予防に効果的とも言われている、柿の皮を発酵させたものです。

・緑茶エキス

カテキンやフラボノイドなどのポリフェノールが、体臭の原因成分である酸化をコントロールしてくれ、更に緑茶には抗菌や抗酸化作用もあるので雑菌の繁殖も抑えられ同時に臭いも抑えてくれます。
この様な成分をポイントに石鹸選びをしてみるといいでしょう。

石鹸選びの際は上記のようなポイントを意識していきましょう!

体臭予防に効果的な体を洗う頻度やタイミング

石鹸は確かに体臭予防に対して効果的ですが、石鹸で毎日ゴシゴシ洗えば体臭はなくなるのかと言われればそうではないのです。

なぜなら、「人間の身体は洗えば洗うほど、必要な皮脂が落ちてしまい、臭いがきつくなる」からです。

・・・え、じゃあどうしたらいいの?となるでしょう。

そこで身体を洗う頻度とタイミングを見ていきましょう。

結論から言うと、頻度については”1回でも十分”

タイミングに関しては、”夜”です。

ただ、これには個人差が絡んでくるため一概には言い切れないというのもあります。

しかし、以下の体臭の仕組みについてみてみると、ご自身がどうしたら良いのかがわかるかもしれません。

体臭の仕組み

人間の体臭を左右しているのは細菌です。

いい匂いか悪臭はどのように細菌が皮膚に潜んでいるかで決まります。

いい匂いを出すのは、表皮ブドウ球菌という細菌で健康な皮膚ではこの細菌がほとんどを占めているため、常在菌と言います。

わかりやすく例をだすならば、腸内細菌のビフィズス菌のような、皮膚善玉菌と考えてください。

あなたの皮膚がしっとりつややかなら、この菌群が正常だという証拠です。
そこで、この表皮ブドウ球菌を皮膚上で元気にさせておくにはどうすればいいか。

それは簡単なことで、表皮ブドウ球菌を「自由にしてあげる」=「放任する」ことです。

シャワーを浴びるだけで80%程の表皮ブドウ球菌が流されます。

お風呂に入れば90%近くになります。

しかし残りの10%で約24時間かけて元の数に表皮ブドウ球菌を増やすのです。

そこでゴシゴシ洗いすぎると大切な残りの10%も流されてしまいます。

そうなると有害な菌が増殖していくのです。

体臭予防のための体の洗い方

体の洗いすぎが良くないにしても、毎日身体を洗わないわけにもいかないですよね。

そこで、体を洗う際には、まず石鹸を綿素材のタオルなどでよく泡だてます。

そしたら、その泡で軽く身体を洗います。

その時に注意するべきなのは、皮膚を擦らず石鹸の力だけで洗うことです。

お湯で流すときも、石鹸のみを流すだけであって皮膚を擦ってはいけません。
最初はこんな洗い方で大丈夫なのか?

と心配になるかもしれませんが、続けてみることによって効果を実感できるのです。

体を洗う順番は?

なお、ボディーソープより石鹸が効果的だと知っていても、正しい使い方を知らないと意味がありませんよね。
特に臭いは、汗をかき蒸れてしまうことで殺菌が繁殖することが原因ですが、特にTゾーンと言われてる胸元・背中や脇の下・足の裏などから主に臭いを放ちます。

なので、身体を洗う際は、皮脂の分泌が多く汗をかきやすいこれらの部分から洗っていきます。

洗う際は、石鹸をしっかり泡だててから、素手または綿素材のタオルなどで優しく洗っていきましょう。

こうすることによって、皮膚常在菌を守りながら、臭いの原因も洗い流すことができます。

デリケートゾーンの場合は非常に繊細なため、外陰部などをぬるま湯で流す程度が良いとされます。
もし石鹸を使用するなら、特に女性の場合はデリケートゾーン専用のものを使用するようにしましょう。

まとめ

自分の身体は自分でしか気をつけれないことが多いと思います。

体臭は特に周りにも迷惑がかかってしまいますし、なにより工夫すれば治せることで「あの人、体臭がキツイから嫌だ」と思われてしまうのは悲しいことですよね。

日々の努力で体臭がなくなるのなら、家族や職場の人にも嫌がられず、なによりあなた自身がハッピーになりますよね!

体臭が気になる方は是非この方法を1度お試し下さい。

運動後の汗が臭い!その原因と効果的な対策方法

運動部に所属している方、もしくは休日の趣味として何かスポーツをされている方の中で、運動中や運動後の汗の臭いにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
私は学生時代ソフトボール部で、今は休みの日に運動公園を走ったりして汗を流しています。
なのでまさに経験があるのですが、スポーツをして爽やかな汗をかいたつもりでもその数時間後には強烈な体臭と変わってしまうんですよね。。
これは本当に厄介な問題です・・・。

スポーツをしているときの汗はサラサラして爽やかなはずのイメージですが、なぜクセのある体臭と変わってしまうのか。

それには運動中に体内で発生する乳酸と言う成分が深く関係しています。

このページでは運動したときに発生する汗の臭いを改善するためにも、運動中や運動後の汗が臭くなってしまう原因や、それをどう対策していけば良いのかについて詳しくまとめていきたいと思います。
運動後も爽やかな香りでいたい方はぜひチェックしてみてください♪

汗をかいた数時間後に臭い体臭となってしまう仕組み

まずはスポーツの時に出る汗だけでなく、汗をかいた後数時間経つとなぜ臭くなってし

まうのか?という部分について簡単に解説していきたいと思います。

これには汗に含まれるアンモニアなどの成分と、皮膚や衣類に生息する常在菌が関係しています。

この常在菌とやらが汗に含まれるアンモニアなどの臭い成分に群がり、それを餌にして分解し、増殖を繰り返します。
この時にあの独特の汗臭い悪臭が発生すると言われています。

 

では次に、運動したときにかく汗が独特の臭いになる理由について見ていきましょう。

運動したときの独特の汗の臭いの原因

運動した時に出る汗が臭くなってしまう仕組みについては、先程の段落で紹介したものと全く同じです。

ですが運動したときに書く汗と言うのは、通常の汗の成分に加えて運動したときに筋肉の中から発生する乳酸と言う成分が血液に混ざり込むことが原因だと言われています。

 

これがどういうことかと言うと、まず私たちの汗は血液から作られるのですが、運動したときに発生した乳酸がたくさん血液の中に混ざり込んでしまうと、汗となって皮膚の表面から排出されることになります。

これ自体が、アンモニアのような臭いをよりレベルアップさせてしまうと言われているんです。

 

つまり、運動中もしくは運動した直後にかく汗と言うのは、乳酸がたっぷり含まれているため、どうしても独特の臭いが発生しやすいんです。

こういった仕組みを見ると、運動による汗の臭いは防げないように思いますが、これを改善するためにできる対策方法はいくつかございます。

それを一つ一つ解説していきますので、一緒に見ていきましょう!

現場でできる!運動による汗の臭いの対策方法

運動による汗の臭いの対策方法では、汗の成分と皮膚の常在する雑菌をどうするかがポイントになります。

では具体的にどのような対策方法があるのか見ていきましょう。

スポーツドリンクで水分補給を行う

スポーツドリンクはお金がかかってしまうため純粋に水で水分補給をされる方もいらっしゃるかと思いますが、それが決して悪いわけではありません。

ですが、スポーツドリンクの方が汗の臭いを抑えるのにはより効果的だと言われているんです。

と言うのも、運動中は汗をたくさんかいて塩分やミネラルが失われていきますが、このような状態は汗の臭いを悪化させる原因になるとも言われているんです。

 

なので、塩分やミネラルを効率よく摂取できるスポーツドリンクで水分補給をすることでサラサラとした臭くなりにくい汗を促すことができるようです。

運動後は汗を拭き取ってコットンの肌着に着替える

スポーツをする際はスポーツウェアを着て運動される方が多いかと思いますが、こういったものは素材そのものが水分を吸収しにくい作りになっているため、分泌された汗は衣類に吸収されることなく体の表面に溜まりやすい状態になります。

 

これをそのままにしておくと皮膚に生息する雑菌が群がり強烈な臭いを発生させながら増殖する元となりますので、運動した後はシャワーを浴びる、もしくは濡れたタオルで体を拭き取って肌に優しいコットン素材の肌着に着替えると良いでしょう。

香水やデオドラントスプレーは汗を拭き取った後にする

私も学生時代よくやっていたのですが、部活で汗をかいた後そのままドラッグストアで買ったデオドラントスプレーを体中に一生懸命吹きかけていました。

これは確かにその時は良い香りがするかもしれませんが、汗の臭いが発生する仕組みを考えると、皮膚には汗の臭い成分と常在菌がたくさん付着していますので根本的な解決にはなりません。

むしろ、クサイ臭い+デオドラントスプレーまたは香水の臭いによって余計にわけのわからない臭いになりかねません。

 

なのでまずはタオルでしっかりと汗や雑菌を拭き取ってからデオドラントスプレーなり香水なりを体につけましょう。

臭くない汗をかくための習慣

先程の段落では運動の現場でできる汗の臭い対策について紹介しましたが、今度は運動している時ではなく普段の日常生活の中で良い汗をかきやすくするためのコツを紹介したいと思います。

食生活を変える

実は汗の臭いと食生活は深い関係性にあります。

と言うのも、私たちが食べたものは内臓の働きによって分解され血液によって体中に運ばれます。

すると、油ギッシュで憎々しいいわゆる栄養バランスの偏った食生活をしていると、血液中に含まれる栄養素はどうなるでしょうか。

臭いの元となりやすい食べ物ばかりを食べていては、分泌される汗も臭くなりやすいのは容易に想像ができますね。

 

なので、ヘビーな食事をしてはいけないとは言いませんが、野菜や果物も普段の食事の中でバランスよく取り入れることで汗そのものの質を改善する効果が期待できます。

汗をかく習慣をつける

運動部の学生さんのように毎日毎日頻繁に汗をかく方ならば大丈夫だと思われますが、週に1回程度の運動もしくは月に1回か2回しか運動をしない。

と言う方は、もしかすると汗をかかなすぎて汗が分泌される汗腺が鈍ってしまっているかもしれません。

そうなってしまうと分泌される汗も臭いやすくなってしまうと言われています。

 

なので、習慣的な有酸素運動もしくは半身浴などで運動の予定があるとき以外も汗をかく習慣をつけると汗のニオイが改善されていくかと思います。

ストレスを放置すると汗のにおいが臭くなる

ストレスを溜めてしまうと体臭が臭くなる。このような噂を聞いたことがありませんか?

こういった噂はあながち間違っておらず、実際にストレスを受けてしまうと自律神経に乱れが生じてしまい、運動した時のように汗に乳酸が混ざってしまう原因となると言われているんです。

それに加えて体内のデトックス状況が良くない状態だと

  • ストレスによって乳酸が分泌され
  • デトックス状態が悪いと乳酸が排出されにくい

と言う悪循環に陥っ行ってしまいます。

そのため、ご自身でストレスと上手に工夫をすることや、野菜や果物を積極的に取り入れて酵素の力で体内のデトックスを促すと言う習慣も、酸っぱい臭いの汗をかかなくするために効果的な手段だといえます。

まとめ

先程の段落にもありましたが、一般的に運動したときに分泌される乳酸による汗の酸っぱい臭いは、ストレスや体の巡りの悪さによっても発生することがわかりました。

なお、運動によって発生してしまった乳酸については運動で乳酸が発生すること自体は避けられませんが、その後にシャワーを浴びたりタオルで拭き取ったりといったような適切な対策をとることで、運動後のあの独特な臭いを予防することが可能です。

また、ストレスや体の巡りの悪さによる臭いの場合は、運動をしていないときでも発生しかねないので、常に酸っぱい臭いの汗をかいてしまわないように根本的な対策を取る必要があります。

 

香水やデオドラントスプレーでごまかすのも1つの手ですが、それでは根本的な改善にはならない事はお忘れなく!