ヨーグルトが体臭悪化になる原因と予防に良い食べ方

ヨーグルトは腸内環境整える働きがあるため、汗のニオイを抑制するような体臭予防効果が期待できるのですが、実はヨーグルトの食べ過ぎは体臭の元になるとも言われているんです。いったいなぜなのでしょうか。

また、このページではヨーグルトが体臭の原因になってしまう理由と、そうならないための予防向けのヨーグルトの食べ方について見ていきたいと思います。

 

ヨーグルトの食べ過ぎが体臭の原因になる仕組み

ヨーグルトが体臭の原因になってしまう。とした時は正直驚きました。しかしそこを深く掘り下げてみると、ヨーグルトの食べ過ぎが体臭の原因になってしまう理由が理解できました。

 

ヨーグルトは消化不良になりやすい

ヨーグルトの食べ過ぎは胃腸に想像以上の負担を与える原因となります。なぜならばヨーグルトは動物性のタンパク質だからです。動物性タンパク質と言うのは体の中で消化されにくい特徴があります。

なのでヨーグルトを食べ過ぎると体の中で消化不良を起こしやすく、胃腸に大きな負担をかけてしまいます。そして消化不良と言うのは、食べ物が腸内環境に長く滞在することを意味しますので、摂取したヨーグルトが腐敗し発行してしまいます。

それが口臭や体臭の原因となってしまうんですね。

 

ヨーグルトの脂肪分が体臭の元

ヨーグルトには沢山の脂肪分が含まれています。これが体臭悪化の原因になるとも言われています。また、ヨーグルトの影響で中性脂肪が増えてメタボリックシンドロームのようなお腹になってしまったり、皮脂の分泌量が増えるため皮脂の酸化臭や加齢臭の原因にもなると言われています。

 

ヨーグルトは食べ過ぎるとおならが増える&臭くなる

ヨーグルトを食べ過ぎるとおならの量が増えてしまうそうです。それだけでなく臭くなることもわかっています。というのも、ヨーグルトに含まれている乳糖と言う成分が腸内環境で消化する働きが弱い人に対して、消化されずに残ってしまった乳糖が悪玉菌によって分解されてしまうそうです。

そして悪臭を発生させるガスを作り出すのです。また先ほどお伝えしたように動物性タンパク質が含まれていたり脂肪分が多く含まれているのでヨーグルトを食べ過ぎるとおならが臭くなってしまうんですよ。

 

体臭が臭くならないための体臭予防向けヨーグルトの食べ方

ヨーグルトを食べて体臭予防を行うためにはどれぐらいたべるか、どのように食べるかこれらが大切です。なお1日の摂取量としては、ヨーグルトの場合100グラムから300グラムが目安だと言われています。

実際にヨーグルトのパッケージを見ても1日の目安量としてそのぐらいの数字が記載されています。そしてこの量をいちどにたくさん食べるのではなく、何回かに分割するのが効果的です。

また、これを2週間位週間からすると来週に良い影響が現れ始めると言われています。またヨーグルトには相性と言うものがあるらしく、ヨーグルトに含まれる乳酸菌と自分の腸内環境の腸内細菌が相性が悪かった場合、腸内環境整える効果が期待できなくなってしまうため体臭改善効果があまり期待できないのだそうです。

その点ケフィアヨーグルトと言うロシアのコーカサス地方で長年親しまれてきたヨーグルトにはたくさんの種類の乳酸菌が含まれています。多くの場合手作りで作らなければいけませんが、こういったヨーグルトを選ぶとより効果的に体臭予防ができるかもしれませんね。

 

ハチミツと混ぜるとヨーグルトの体臭改善効果倍増?!

ヨーグルトには沢山の乳酸菌が含まれています。この乳酸菌と言うのは腸内環境で善玉菌の働きをしてくれます。そんな善玉菌は、オリゴ糖が餌になり、オリゴ糖を同時に摂取すると腸内環境でより良いパフォーマンスをすることができます。そんなオリゴ糖がたくさん含まれているのが蜂蜜です。

なのでヨーグルトにハチミツをかけて食べると乳酸菌とオリゴ糖を同時に摂取することになりますので、腸内環境を整えたり体臭改善をする効果が倍増になるのではないかとも言われています。

また、ヨーグルト独特のきつい酸味を蜂蜜の甘い味がカバーしてくれます。味の相性を見てもベストマッチなので、ヨーグルト+蜂蜜は個人的にオススメです。朝ご飯にどうでしょうか?

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*