ミドル脂臭のメカニズムと改善方法

ミドル脂臭と言うのは、30代から50代の年代で最も強くなる傾向があると言われており、ミドル脂臭の原因成分はジアセチルと言う成分になります。

近年では、日本の社会でもスメルハラスメントという言葉が広がりつつあり、それに伴って新種の体臭であるミドル脂臭の注目を集めています。

このページではそんなミドル脂臭の匂いが発生してしまうメカニズムについて詳しく見ていき、後半部分にてミドル脂臭の改善方法について解説していきたいと思います。

 

ミドル脂臭ってどんな体臭?

ミドル脂臭はどんな特徴を持った体臭なのかを簡単におさらいしていきます。

先ほどお伝えしたように30代から50代の方がこの臭いが発生しやすく、男性だけでなく女性もミドル脂臭の匂いは発生するものです。

その他の特徴としては

  • 体中ではなく主に後頭部を中心に発生すること
  • 油が腐ったような臭いや古いろうそくのような匂いなど様々な匂いの表現がある

ざっくりとこんな特徴があります。ではそんなミドル脂臭の発生のメカニズムについて次の段落で見ていきましょう。

 

ミドル脂臭のメカニズム

ミドル脂臭は臭いは「ジアセチル」と言う成分が臭いの原因になります。

このジアセチルと言うのは汗の中に含まれた乳酸を体の常在菌が分解することで発生します。そしてこのジアセチルが皮脂由来の中鎖脂肪酸と混ざり合うことでミドル脂臭に変化します。

それではその流れを見ていきましょう。

  1. まず最初に皮膚の皮脂腺から皮脂が分泌。
  2. 皮膚の常在菌が皮脂を餌にしてその成分を分解、その過程で中鎖脂肪酸が発生(発生直後は後頭部の皮膚の周辺に滞在しています)。
  3. 同じく皮膚にあるエクリン汗腺と言う汗の分泌先から汗が分泌。
  4. 皮膚の常在菌であるブドウ球菌と言うものが、エクリン汗腺から分泌された汗の中に含まれる乳酸を餌にして分解、増殖を繰り返す(この後にジアセチルが誕生)。
  5. 皮脂が分解されることによって発生し、皮膚の表面にとどまっていた中鎖脂肪酸とジアセチルが混ざることによってミドル脂臭が誕生。

なお、ミドル脂臭は皮膚に蓄積されていくと言われています。これがミドル脂臭の発生のメカニズムです。

 

ミドル脂臭はどのように対処すれば良いの?改善方法まとめ

先程の段落でミドル脂臭発生のメカニズムについて簡単にご紹介させていただきましたが、ではメカニズムを踏まえてその改善方法としてはどんな方法があるのでしょうか。

ポイントは後頭部に蓄積されたミドル脂臭を丁寧に洗い流すと言うものです。特に小難しいことが必要ではなく、意外とシンプルですよね。

では今度はミドル脂臭改善の流れを見ていきましょう。

 

ミドル脂臭改善の流れ

  1. まずは髪が乾いた状態でブラッシングをし頭皮に付着した汚れを浮き上がらせます。
  2. 次にお湯のみで髪の毛と頭皮の汚れを指の腹を使って洗い流す。
  3. シャワーを使う際えりから先に丁寧に洗っていく(絶対に爪を立てずに指の腹を使って小刻みに動かし頭皮をマッサージするように洗う)
  4. シャンプーを洗い流す時も指の腹を使って洗い残しがないように時間をかけてしっかりと洗い流す。
  5. あらかたシャワーが終わったら、タオルドライで髪の毛だけを乾かすのではなく、ドライヤーも使って頭皮をしっかりと乾かす。

丁寧にシャンプーをしている人からすると、ごく普通の頭皮の洗い方かもしれませんが、特に重要なのは後頭部に重点をおくことです。

 

普通のシャンプーだとミドル脂臭には良くない?!

ネットで検索してみるとミドル脂臭に効果的と歌われているシャンプーなども登場しています。

実際にそういったものには根拠があるかと思いますが、では普通のシャンプーだとだめなのでしょうか。これについては、正直あまりお勧めはできません。

なぜならば、まずミドル脂臭発生のメカニズムを思い出していただきたいのですが、ミドル脂臭は皮膚から分泌される皮脂や汗の成分が発生の元ですよね。つまり主に後頭部からの皮脂や汗の分泌が盛んに行われると、それだけミドル脂臭の匂いが強くなりやすいことにもつながります。

ここで一般の普通のシャンプーの話に戻りますが、ドラッグストアなどで買えるお手軽なシャンプーの多くは、頭皮の脂を落としすぎてしまう特徴があると言われています。

これは一見頭皮にとって良いように思いますが、実は人間の皮膚は若干の油分は必要だと言われています。その若干の油分のおかげで目に見えない雑菌などから頭皮を守ったりします。

これを洗浄力が強すぎるお手軽なシャンプーでごっそり洗い流してしまうと、皮膚をカバーしてくれる油分がなくなってしまいます。すると外気に生息する雑菌などに頭皮がやられてしまい、皮膚の防衛反応が反応し、過剰に汗や皮脂を分泌してしまうと言われています。

その結果必要以上に分泌が行われてしまい、余計に頭皮が臭くなりやすくなるのです。

先ほど私は市販などで手軽に手に入るシャンプーはあまりオススメできないとお伝えしましたが、それにはこのようなメカニズムが関係しているのです。

絶対に使ってはいけないわけではありませんが、シャンプー選びをする際は石油系界面活性剤など、洗浄力が強すぎてしまう成分が含まれていないものを選ぶと良さそうです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*