臭いが原因で家族からも白い目で見られた日々

私は以前から、自分の足の匂いに悩まされていました。
どんなに清潔にしていても、靴を履いてしばらくすると臭くなってしまいます。
足の匂いが原因でどんな不便な事があったかを書いていきます。

足の匂いで起こったトラブル

夏場などは、なるべく通気性を良くするためにサンダルなどを履いていますが、それでも1時間程放置すると匂いが出てしまいます。
仕事が終わり会社の同僚と飲みに行く時などは、座敷だと靴を脱がないといけないので、座敷があるお店は誘いを断るようにしていました。
それほど強烈な匂いを放っていました。

仕事から帰宅するとまず最初に足を洗う。
そうしないと家族にも嫌な顔をされていました。
足の匂いのせいで、出かける先々のことを考えないといけなかったので、とてもストレスを感じていました。

足の匂い対策を考えてみる

もちろん、どしても靴を脱がなければいけない場面もあります。
そんな時のために私は常にバックに予備の靴下を入れていました。
靴を脱ぐ直前になったら、トイレなどに駆け込み靴下を履き替えていました。
これで少しは匂いを抑えることができました。

他にも色々調べていると、塩水に足をつけるのが効果的との事で、早速試しました。
しかし効果を実感することはできず、何か解決策はないかとずっと悩んでいました。
解決策を探す中で、靴の履き替えを頻繁に行うようにしました。

それまで私は一つの靴を一週間履き続け、週末に靴を洗うサイクルを繰り返していましたが、それからは同じ靴を一度に3つ買うようにし、毎日順番に履く様にしました。
そしてもちろん週末にはその3つの靴も洗うようにしました。

この靴の履き替えもなかなか効果が大きく、 実行する前よりは匂いは少し弱くなったと思います。
それでも完全に匂いが消えたわけではありません。
インターネットを使い更なる解消法を探していると、やっと探し求めていたものに出会えました。

足の匂いを撃破!その正体は

私は足の臭いの原因を根本的に勘違いしていました。
清潔にしていれば絶対に匂いは消えると思っていましたが数年に渡り一向に消えませんでした。
そして悩みながら解消法をインターネットで探していると、足に塗るクリームと言うのを発見しました。

「清潔にしておけば」
としか考えてなかった私には衝撃的な物でした。

考えてみれば体臭を予防する為に制汗スプレーなどもあるのですから、足用があってもおかしくありません。
私は藁をも掴む思いでその商品を購入しました。
実際にそのクリームを足に塗ってみると、今まで悩んでいたのが嘘かのように足の匂いがしなくなりました。
今まで長年悩んでいたのは一体何だったのかと思うくらいです。
今の時代便利なものがあるんですね。

私と同じ悩みを抱えてる方がいれば、是非足用の匂いを抑えるクリームを試してみてください。

体臭が原因で浮気がばれた

・ペルー人ルイスとの出会い

30代の専業主婦です。20代前半の頃、都内のアパートで2つ年上の彼と同棲をしていました。
彼は大学時代の先輩で結婚も意識した真剣なお付き合いでした。
彼との交際に不満はありませんでしたが、毎日穏やか過ぎて物足りなさを感じていたのも事実でした。
ある日の仕事帰りに電車で映画雑誌を読んでいると隣に座っていた男性が話しかけてきました。
男性のほうを向くと濃い顔の外国人でした。
彼も私が読んでいた映画が気になっていたようでその映画について軽く話をしました。
日本語がたどたどしかったのでどこから来たのか聞くと名前はルイスでペルーから仕事のため日本に来たと言われました。
大学で少しだけスペイン語を習ったので知っている単語や自己紹介文などを話すととても喜んでくれました。

・金曜日の夜の密会

電車を降りる前に今度行きつけのペルー料理屋に連れて行ってあげると言われたので連絡先を交換しました。
外国人男性と二人だけで会ったことなんてなかったのでドキドキしてしまいました。
彼にはいつもどおり接し、ルイスのことは話しませんでした。
メールで何回かやり取りをして、次の週の金曜日の夜に一緒に食事をしました。
メールは日本人男性には書けないような女心を刺激する内容で会う前から友達以上の付き合いになることを予感させました。
食事のあとに外を散歩しさりげなく手をつないだり腰に手を回したりされすっかりエッチなモードになってしまいました。
言われるがままにホテルに入りとても濃厚な時間を過ごしました。

・別れたあとに臭いに気付き・・・

終電の時間が近付き、シャワーを浴びてからホテルを出ました。
また会おうと約束し電車に乗ると、自分の体から異臭がすることに気付きました。
外国人男性の体臭はきついと聞いていてホテルでも臭いを感じていましたが、石鹸で洗っても取れないほどだとは思わなかったので驚きました。
慌てて駅の近くの深夜まで営業しているドラッグストアに入り汗拭きシートを購入しました。

・彼にばれて苦しい言い訳

駅からアパートまでの道で腕や脚などを汗拭きシートで必死に拭いてルイスの臭いを取ろうと思いましたが、10枚全部使ってもほのかに彼の臭いを感じました
。家に入ったら即効でシャワーを浴びるしかないと思い、いつもは家に帰ってからテレビを見るのですが浴室に直行しました。
いつもと違う私の様子を彼は不審に思ったようで、シャワーから出ると何があったのか聞いてきました。
焼肉を食べて煙に巻かれたので早くシャワーが浴びたかったとウソをつきましたが彼も異臭に気付いてしまいました。
彼に体が男臭いと言われ、最近ホルモンバランスが乱れて体臭がおかしいんだと苦しい言い訳をしましたが結局浮気がばれてしまいました。彼には振られ一晩の冒険は苦い思い出になりました。

自分の息が充満してしまう

「昨晩食べた物の臭いが残る」

私は比較的好物で積極的に食べるものがニンニクなのです。
特にこだわった食べ方ではなくお酒のつまみなどで食べることも多く焼いたり煮たり、市販のニンニク漬けも好んで食べることも多く、他にもガーリックライスなども自分で作って食べるのです。
お酒を飲んでいるので翌日の心配も考えずに勢いよく食べることが週に幾日もあります。
そして翌日には消化されない食べ物なのか胃が弱っているのか分からない臭いが口臭として表れ、周りに迷惑がかかってしまいます。
気心の知れた友人にも私の口臭は臭うと言われショックでした。
仕事はデスクワークではないのですが小じんまりした部屋を使うことも多く、数人で作業を行うので臭いの発生源が誰なのかは分かっているはずです。
実際に誰かが腐敗した臭いとかガスが漏れたような臭いがしたと言って窓を開けることがありきまずい雰囲気がするのです。

「いくつか試した対策」

好物を食べないことや制限することが大切ですが他にも自分なりの対策をしてみることにしました。
まずはマスクをつける事してみましたが思ったより息が漏れるので効果が弱く、しかも年中していることは不自然でもあるためやめることにしました。
胃からくる臭いなので胃薬も試しましたが体質的に胃がすーとするものは好きではないため諦めました。
歯磨きは食後に必ずしておりますが、それ以外に試したことは口臭予防として広く知られているマウスウォッシュです。
特に口の中が粘ついたり歯磨きと歯磨きの間隔が空いた時間に利用することで口の中もさっぱりするのでしばらく続けて使ってみることにしました。

「マウスウォッシュが私に向いている」

お口の中をさっぱりさせて虫歯予防にもなり口臭予防もできるマウスウォッシュを使うことによって、私の口臭は改善されたとは言い切れませんが以前よりは気にならなくなったようです。
職場でも臭いが充満することもなくなり窓を開けることもなく仕事ができております。
気心の知れた友人にも口臭はそこまでひどくないと言われたので少し安心しました。
生活の一部としてマウスウォッシュを使うことはそれほど負担でもなくできることなので続けてみようと思っております。

タバコが原因で足が臭くなった

40代後半男性です。私は正直足のニオイがとても臭いです。
レベルとしては自分でも息が止まるぐらいです。
昔から汗っかき体質で冬でもちょっと動くと汗が額から滲んだり、湯気が立つほどです。
高校などの部活や学生時代にバイトをしていると一人だけダラダラと汗をかいて
よく先輩とかには”いつも一生懸命でいいね”とか言われ、感心されることが多かったので、そういう部分では役得でした。
でも会社員になった頃から運動もできず、酒タバコをたくさん嗜むようになって頃から足のニオイが気になりだしました。
因みに仕事はデスクワークがメインの設計関係でしたが、時々お客さんの所に行くような感じでした。
一時期スーツを着て革靴を履き、お客さんの所にプロジェクトを一緒に行うため出張するようになった頃から、
足がかゆくなってきており水虫になったようです。
同時に革靴を脱ぐと足から、生ごみのような、納豆の様なニオイがするようになりました。
プロジェクトが終わって打ち上げということで、居酒屋に行った時の事でした。
座敷に上がって座るところでしたが、靴を脱いだ瞬間に”クサイ”と思ってしまいました。
正直足がクサイのを周りの人に悟られたくないので自宅に帰って足だけでも洗いたかったのですが、そんな時間も無かったので仕方が無く座敷に上がり”バレないよな”と気にしながらいると、隣に座った方にばれてしまいました。
正直その打ち上げではあまり酔えず、1次会で退散するように帰ってしまいました。
後で”その人が言いふらさないよな?”と思っていましたがその点は大丈夫でした。
しかしその出来事以来足のニオイには敏感になってしまい、飲み会などの前には必ず自宅に戻り、足を洗って靴下も靴も替えてから行くようになりました。

いろんな対策をした結果タバコが足の臭いの原因だった

いろいろ水虫薬や薬用石鹸を試しましたが、あまり効果が無いようで、梅雨などの時期には必ず足が痒く、同時にニオイもしていました。
一番効果を実感できたのは、いつも裸足でいることでした。
会社に居る時は踵付きのサンダルで家に帰ると靴下は脱いで、足を出来るだけ乾かすようにしました。
これが結構効果があったようで、水虫はだいぶ良くなりました。
でもニオイの方はちょっとレベルが下がった程度でした。
その後も紫外線の器具や、指の股に挟んで乾かす器具を試したりしましたが期待できるほどの効果は無く半ば諦めていました。
それから20年程経ちましたがニオイはあまり変わらずの状態でした。
しかし、あることをきっかけに足のニオイが殆ど無くなりました。
それはタバコです。
長年吸っていたタバコを体調不良から止めてから2か月ほどしたころ、足のニオイがしなくなっているのに気が付きました。
ついでに言うと足の裏がなんとなくネバつくような感覚があったのですが、それも無くなり結果的にはニオイが殆ど無くなりました。
私の場合タバコの成分が汗と混ざると嫌なニオイに変わっていたようですが、心当たりのある方は一度タバコを止めてみるといいかもしれません。

ブラック企業のせいで口臭が悪化

現在は治りましたが以前は「口臭」で悩んでいました。
結婚する前に働いていたデザイン事務所での事でした。
社長一人、社員は私一人…という小さな仕事場だったので仕事は結構過酷なスケジュールでこなさなければならない状況でした。
その上、社長からのパワハラに仕事の締め切りよっては徹夜、
何日も家に帰宅出来ないなんていう事もあり完全に今で言うブラック企業でした(笑)
そんな状況でストレスが溜まらないはずはありません。
その所為か自覚はしていなかったのですが「胃」が悪くなっていたようでした。
その為、「口臭」が出たらしく社長に「お前口臭酷い」と罵られて更にストレスが溜まり胃が悪くなるという悪循環に陥っていました。
でも、やはり二人しかいない仕事場で相手に「口臭」で迷惑を掛けるのも悪いと思い色々と試してみる事にしました。

最初に行ったのは口臭予防の歯磨き粉とガムを噛んでみた

まずは手っ取り早く口臭予防のハミガキ粉で歯磨きをして、仕事場に行く前には口臭予防のガムを噛んでいくのですが、
これは正直あまり効果はありませんでした。
この時はまだ自覚していなかった「胃」が悪い事による口臭だったので匂いの元が絶てていなかったのですから。
後は口が乾かない様に常に緑茶を持ち歩いて飲んで口の中を殺菌してみました。
これは多少効果がありました。
胃の中も殺菌してくれたお陰か多少軽減されたようですが、それでも社長に「まだ臭いからどうにかしろ!」と怒鳴られるので、
またストレスが溜まりますし仕事も滞ります。
そうすると帰宅は出来ない、徹夜も続く…結局何も根本的には解決しないので「口臭」が治る訳がありません。
最終的には医者に行って相談してみて、やっと原因が「胃」ではないかと分かり、医者からは「少し仕事休んだ方がいいですよ」と言われましたが休む訳にもいかず、どうしたものかと悩みました。
しかし今後の事も考えると、ずっと「口臭」と付き合っていくのも嫌でしたしストレスも限界だったので仕事を辞める事にしました。
仕事を辞めて医者に通いだしたら、段々と口臭は無くなっていき現在は全く気にならなくなりました。
途中までストレスからくるものだというのが分からなかったので不安でしたが分ってみたら安心出来ました。
医者では他にも虫歯も「口臭」の原因になると聞いたので「口臭」に現在お悩みの方は、そういった方面でも調べてみると良いかもしれません。

同級生に体臭を指摘されてショックを受けた学園祭

自分自身だと体の匂いに気付かないことの方が多いだろう…
そう思って、周りにいた体臭がキツイ人を責めることもできず悶々とした経験があります。
そんな私自身が、まさか体の匂いが原因で他人と揉めてしまうなんて思ってもみませんでした。

トラブルが起こったのは高校生の時のこと。
ダンス部に所属していたので、大会に向けて朝や放課後は毎日のように練習に励む日々を送っていました。
大会で着る衣装は学園祭で使用したものを使いまわすことも多く、他の人と共有で使用する機会があったので
名前を書いたタグを首元に着けておくのが決まりになっていました。
そんななか大会前の衣装チェックの時に、ある同級生が「この衣装着たくない」と言ったのです。
それは以前、私が着ていたものでした。
理由を聞いてみても濁されてしまいその場では分からなかったのですが、
後から聞いたところによると衣装を着るのに抵抗があるほど脇の匂いがキツイと言われてしまいました…。
正直なところ、自分自身では感じたことがなかったし指摘されたのも初めてだったので、
その同級生が敏感なだけなんじゃないかと思っていました。
しかし、言いにくそうに他の同級生からも脇の匂いを指摘されてしまったのです。
もう本当にショックでした。
体臭がキツくても気付かない人がいる、なんて呑気に思っていたのがまさか自分自身だったなんて…。

ロールオンタイプの制汗剤で効果を実感

スプレーの制汗剤、拭き取りシート、タオルの替えを持っていく、
など様々な方法でなるべく匂いを残さないように注意してきました。
しかしながら毎日ダンスを踊っているので汗をかく機会も多く、なかなかベストなやり方が見つからずにいました。
そんなある日ネットで脇の匂い対策を調べたところ、今まで試していない方法が出てきたのです!
それは、直接脇に塗るロールオンタイプの制汗剤でした。
今でこそテレビCMで宣伝したり知名度はあるものの、当時は制汗剤=スプレーという人が多かったので
存在は知っていたものの手を出すこともなく過ごしていました。
ネットでの情報を信じ、早速使用してみると
なんと、嫌な匂いを感じなくなったとすぐに言ってもらえたのです!
これにはとても驚きました。スプレーのように香りで紛らわすわけではなくただ塗るだけでいいなんて!
しかも持続時間も長いようで、朝と部活前にさっと塗るだけで効果は続いていました。
ドラッグストアで購入できるメーカーのものも多く、このロールオンタイプに変えてからは快適に過ごすことができました。

自分では気付かないことも多い自身の体の匂い対策に、是非使ってみるのをおすすめします。

ストレスが原因で体臭が発生した?!

私が自分の体臭を気にし始めたのは、社会人3年目になる25歳の時でした。
それまでは全くと言っていいほど体臭を気にしたことはなく、汗もあまりかかない体質でした。
しかし、仕事を始めてから体質が変わったようでとても汗かきになったのです。
夏場はもちろん、冬場でもエアコンが暑く感じていました。
特に脇汗や背中の汗がすごくて、夏場は通勤するだけで服の色が変わってしまうほどでした。
こんな風になったのは初めてのことだったので驚きを隠せませんでした。
汗の目立つ色の服は着られなくなり、色もいつも黒っぽい服装をするようになりました。
問題はそれだけではなく、汗をかくと決まって汗臭くなるのです。
自分の汗は無臭だと思っていたのに、鼻をツンと突き刺すような臭いにショックを受けました。
ただ、周りは私の汗臭い臭いに気付いている様子はなかったのでホッとしていました。
そんなある日、会議に使用する資料を配布している時に事件は起こりました。
給湯室でいつも立ち話をしているお局がいるのですが、その日はいつもよりコソコソした感じの声が聞こえてきました。
いつもなら素通りするのですが、この時は耳をすませている自分がいました。
なぜならお局たちは「汗」の話をしていたからです。
お局の一人が「最近部署にいると変な臭いがしてくるから仕事に集中できない。」と言うと、
他の女性も「私も思ってた!」と声を揃えました。
私はドキッとして身体中が震えるのがわかりました。
お局たちは犯人探しをしているようでしたが、話の流れからまだわかっていないような雰囲気でした。
このままではいけない、と私は自分の体臭をなくすべく対策を考えました。

私が汗の臭いを改善した5つの方法

もともと汗かきではなかったのに、この歳になって急に汗かきになり、臭いがきつくなったこと、
年中汗をかいていることなどを思うと普通ではないのかもしれないと感じ、病院へ行くことにしました。
病院では色々検査をしましたが、特に悪いところもなく、軽い自律神経失調症でしょうと言われました。
自律神経の乱れは、生活習慣の乱れと大きな関係があるそうで、ストレスを取り除くことが大切だと言われました。
確かに働き始めてから毎日が慌ただしく、お局と呼ばれる人が育休から復活した後からは毎日が緊張で気持ちが張り詰めていました。
私はいつの間にか弱っている体に気づかなかったことに申し訳なさを感じました。
それからは食生活を重点的に見直し、野菜中心の食事にしました。
免疫を上げるためバナナやヨーグルトや納豆は毎日食べ、睡眠もしっかりとるようにしました。
また、汗をかいたらすぐに拭いて着替えられるように替えを何着か持参していました。
汗臭いかな?と感じたらすぐに市販の汗拭きシートでこまめに拭くようにすると、臭いはほとんどわからなくなりました。
そのうち体臭は落ち着いていきました。ストレスから体臭がキツくなることもあるのだと勉強になりました。

頭皮の臭いの原因|洗ってもクサイにはなぜ?!

頭皮から発生する原因不明の嫌な臭いにお悩みではありませんか?

頭皮の匂いと言うと、働き盛りのサラリーマンのイメージが強いかと思いますが、実は10代や20代の若い女性も意外と悩んでいる方が少なくないんです。

年齢に限らず特に女性であれば頭皮の匂いに限らず体から発生する嫌な大衆は何でも気になってしまいますよね。

若い女性であればなおさら異性からの印象も気になるでしょうし、原因を突きとめて適切な改善方法をすぐにでも取り入れたいところですよね。

そこでこのページでは、きちんと清潔にしているはずなのに頭皮から嫌なにおいが発生してしまう原因や、自分の頭皮の匂いを確認する方法、頭皮から発生している不快なニオイの改善方法など、頭皮の匂いに関する様々な内容を特集していきます。

男女年齢問わず雨、頭皮の匂いに悩んでいる方はぜひチェックしてみて下さい!

頭皮のニオイの原因

 
きちんと洗っているのに頭皮が臭くなってしまう理由は、何かしらの原因から過剰分泌されてしまった皮脂や、正しく排出することができなかった古い角質などが空気に触れて酸化してにおいが発生していると言われています。

それに加えて、過剰分泌された皮脂や古い角質を餌として群がってくる目に見えない雑菌たちが繁殖することによってそれが臭いの原因になるとも言われています。

つまり、酸化と雑菌の繁殖が頭皮の匂いに深く関係していると言うことです。

毎日お風呂に入ってちゃんと正しく頭皮を洗っているのに…。何なら出かける前はちゃんと朝シャンもしてるのに…。なんで頭皮から嫌なにおいが発生するの?

と嫌なニオイの原因がわからずに悩んでおられる方は少なくないんです。

毎日頭皮を洗っていないのであれば頭皮から嫌な匂いが発生しても仕方がありませんが、きちんと清潔にしているつもりなのに頭皮から匂いが発生するとなると、これ以上どうしたら良いのかと困ってしまいますよね。

ですがあなたが今悩んでいる頭皮の匂いには上記のようなことが関係していたんです。

自分の頭皮の匂いを確認するコツ

 
基本的に自分の頭皮のニオイは自分ではなかなか分かりませんよね。あるとすればお気に入りの帽子の匂いをかいだときくらいでしょうか。

あとは親しい友人もしくは家族から指摘された時などが圧倒的に多いですね。

ただ、帽子の匂いを嗅ぐだけではちょっと不十分ですし、誰かに言われたならばなおさら自分でもきちんと確かめたくなると思いますので、ご自身の頭皮のニオイをチェックしたい場合は、以下の3つのポイントを試してみてください。

・手の指または嫌なにおいのしないタオルで頭皮を少しこすってからその匂いをチェックする
・毎日使っている枕の匂いをチェックしてみる
・後からドライヤーをかけて風から悪臭がしないかをチェックする

正直どれも画期的な方法とは言えませんが、体の他の部分と違って鼻を近づけて直接かぐことができませんので、こういった方法で確かめるしかありません。

頭皮のニオイの改善方法

先ほどご紹介した頭皮の匂いを確認することで改めて自分の頭皮から嫌なにおいが発生していることがわかったら、次は具体的な改善です。

先ほど頭皮の匂いが発生してしまう原因を一緒に見ましたが、そこでは

・過剰に分泌された皮脂
・古い角質
・これらを餌とする雑菌の繁殖

これらが頭皮のニオイの主な原因だと言う話がありました。

そこでこれらの原因に直接アプローチするためのポイントを頭皮のニオイの改善方法としてご紹介していきます。

正しいシャンプーの仕方を行う

頭皮の事ですのでやはりシャンプーを正しく行うと言うのは大切なことです。

正しいシャンプーの仕方と言うと、意外と間違った方法でシャンプーをしているという方も少なくないんです。

それでは正しいシャンプーの仕方を見ていきましょう。

ブラッシング

38度位のお湯で軽くすすぐ
シャンプーをしっかりと泡立ててから頭皮をマッサージするように指の腹でやさしく洗う
すすぎは時間をかけてしっかりと行う
トリートメントは毛先だけにつける
根元までしっかりとドライヤーで乾かす

最後の方はもはやシャンプーの仕方ではありませんが、1連の流れとして必要な事ですので加えさせていただきました。

なお、多くの方は頭皮をしっかりとお湯ですすいできちんと泡立てて指の腹でやさしく洗う、そしてしっかりとすすぎを落とす。といった事はできているかと思いますが、いろんな方の話を伺うと、その前のブラッシングの項目が欠けている方が多いように感じます。

シャンプー前のブラッシングは、表面の汚れを落とす作業になりますので意外と重要なんです。

また、まれにトリートメントを髪の毛全体につけたいがために頭皮までべっとりと塗ってしまっている方がいらっしゃいます。

これはしっかりとすすぎを落とせなかった際頭皮環境を悪化させ匂いを悪くさせる原因になりますので、絶対に避けましょう。

また、ドライヤーを使わずに自然乾燥を行う方がいらっしゃいますが、これでは髪の毛が痛んでしまいますし頭皮環境にも良くありません。

しっかりタオルドライをしてドライヤーできちんと乾かし切ってくださいね♪

頭皮環境を整えるシャンプー

 
頭皮環境を整えると言う事は過剰な皮脂の分泌つや古い角質を防止するためにも必要なことです。

なので安く手に入るお手軽なシャンプーよりも、頭皮環境を整えるのに適したシャンプーを使うことをお勧めします。

しかし、どんなものが頭皮環境を整えるのに適したシャンプーなのかと言う部分がよくわからない方もいらっしゃるでしょう。

よくわからないと言う場合は、以下のポイントを気にしてみてください。

・頭皮環境に特化したスカルプシャンプーや育毛シャンプー
・頭皮のトラブル改善に効果的な薬用シャンプー
・必要な皮脂だけを洗浄してくれるアミノ酸系のシャンプー、石鹸シャンプー
・皮脂に負担の少ないオーガニックシャンプー、無添加シャンプー、ノンシリコンシャンプー

商品を手に取ってみるとどれがどうなのかは大体お分かりいただけるかと思いますが、曖昧だったりちょっとよくわからない。と言う場合は近くにいる店員さんにこんなシャンプーが欲しいんですが。と聞いてみるのも1つの手ですね。

またドラッグストアなどではめちゃくちゃ安いシャンプーから、なかなか買う気になれないような値段のシャンプーがありますよね。
シャンプーにしても高ければ良いと言うわけではありませんが、先ほど紹介したような頭皮環境に良いとされているシャンプーはどちらかと言うと通常のシャンプーよりもやはり少し高めになっています。

ですが、そういったシャンプーを使って正しいシャンプーの仕方を実践することで、頭皮環境は徐々に良いほうに傾いていくでしょう。

頭皮環境はおよそ3ヶ月から半年ほどのサイクルで変わると言われていますので継続が重要ですが、正しく行うことで大幅な頭皮のニオイ改善効果が期待できます♪

血流改善

 
先程の頭皮のニオイが悪化する原因の部分でお伝えしていませんでしたが、実は血液循環が悪い状態と言うのは巡りにめぐって頭皮のニオイを悪化させる原因にもなると言われています。

というのも、頭皮の血液循環が悪いと頭皮に生息する雑菌たちが好む悪い汗をかきやすくなると言われています。

わかりやすく言うと、私たちが生命活動をするためにはエネルギーを作り出すと言う働きが一瞬でも止まってはいけません。

それは頭皮でも同じことが言えます。

そのエネルギーを作り出すためには酸素が必要で、その酸素を頭皮に運ぶのは血液です。

つまり頭皮の周辺の血液循環が悪い状態だと酸素が届きにくいということになります。

酸素が届きにくい状態が継続されるといずれ頭皮が酸素不足になります。

それでも生命活動するためには何とかしてエネルギーを作り出すなければいけないため、酸素以外の方法でエネルギーを作り出そうとします。

この時に発生する成分が乳酸とアンモニアと言う成分です。

乳酸は疲労物質とも言われておりアンモニアに関しては小学校の理科の実験で匂いをかいだことがある方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、これがめちゃくちゃ臭いんです。

同時にこの成分を頭皮の常在菌が好むんです。

要は、頭皮周辺の血液循環が悪いと、雑菌が好む乳酸とアンモニアを多く含んだ汗が出やすくなってしまうため雑菌の繁殖がさらに盛んに行われてしまうんです。

少し説明臭くなってしまいましたが、このような仕組みから血液循環が悪いと頭皮のニオイも悪化してしまうと考えられているんです。

これを改善するためには血行に良い食べ物や運動、半身浴などが効果的ですが、それに加えて美容師さんがやってくれる頭皮マッサージのような頭皮のマッサージが効果的です。

なお、頭皮が乾燥していると頭皮が硬くなってその部分の血液循環が悪くなってしまいますので、シャワータイムの時に頭皮マッサージをやってその部分の頭皮をほぐしてあげるだけも大きな違いがあるでしょう。

デリケートゾーンの臭いの原因とシンプルな改善特集

デリケートゾーンの臭いにはたくさんの種類の原因があり、それに伴って陰部の体臭の対策方法も様々あります。ここではいろんなパターンの臭いに対する改善方法をご紹介しています。

デリケートゾーンの臭いの原因と対策方法総まとめ

デリケートゾーンが臭いと、彼氏とエッチをするときに臭いをかがれたらどうしよう。と不安になってしまいますよね。

また、この悩みに関してはお母さんにも相談できないし、友達にも中々相談しにくい内容ですよね。。

そこでこのページでは、デリケートゾーンの臭いに悩むあなたのために、デリケートゾーンが匂ってしまう原因から様々な種類の対策方法をご紹介していきます。

なお、デリケートゾーンの臭いについてはいろんな種類の原因があるとも言われています。
次の段落では、デリケートゾーンの臭いの種類をいくつかご紹介しますので、ご自身に1番近いものはどれかをまずはしっかりと把握しましょう!

デリケートゾーンの臭いの原因 

実際にデリケートゾーンの臭いは他の体臭と細かい仕組みはほとんど同じで、ほとんどの原因が雑菌です。

ただ、さらに細かく見ていくと他にも5つの臭いの種類があることがわかりました

アンモニア臭

これは陰毛に残ったおしっこなどの排泄物が臭いの原因となってしまうパターンです。

これはアンダーヘアの処理をするのが1番手っ取り早い解決方法です。

酸っぱい臭い

このデリケートゾーンの臭いの原因は、主におりものの場合が多いと言われています。
特に異常と言うわけではありませんが、おりものの量が多いとその分デリケートゾーンの臭いも増してしまいます。

そうなるとやはり放って置けませんよね。

この場合はおりものシート等で対策をし、おりものの色が黄緑色だったり、明らかにいつもと違う。と言う場合は病院に診てもらったほうがよさそうです。

鉄のような臭い

これは主に生理のときのデリケートゾーンの臭いですが、この時期はやはりどうしても鉄のような臭いがしてしまいます。

この場合の対策方法は、こまめに清潔を保つことです。
ありきたりですが、ナプキンをこまめに交換したり、月経血をきれいに拭き取ったりなどが有効です。

ただし、清潔を保つたいがゆえにゴシゴシしすぎてしまうと、その刺激によってデリケートゾーンの黒ずみのきっかけとなります。
なので、専用のウエットティッシュなどを使ってさっときれいにしてしまいましょう。

生臭いニオイ

この臭いは
・膣内環境の悪化
・雑菌性膣炎
・腸内環境の悪化
・性病
など様々なことが考えられます。

この臭いの場合、雑菌の繁殖を防ぐためにも陰毛処理したり、デリケートゾーンを清潔に保つなどがポイントです。

イカくさい臭い

この臭いの場合は、スソワキガの可能性があると言われています。
実はデリケートゾーンにも脇の下と同じようにアポクリン汗腺があるため、アポクリン汗腺が多い方の場合、ワキガと同様の独特な臭いが発生してしまうと言われています。
この場合の臭いの対策は、正直自力で改善するのは難しいと言われており、手術をする必要が出てくるようです。

デリケートゾーンの臭いは病気のサインかも? 

デリケートゾーンの臭いについては基本的に先程のような原因が該当しますが、中には婦人科系の病気のサインになっている場合もある事は頭の片隅に入れといてほうがよさそうです。

と言うのも、例えばおりものの量が急に増えたり、おりものの色が変わったりあるいは、おりものの臭いが急に強くなったりするような場合は注意が必要です。
この場合、もしかすると子宮頸がん、子宮内膜炎、トリコモナス膣炎などの病気の可能性も考えられるんです。

また、おりものの状態が地図のように変わってきた場合は、カンジダ膣炎の可能性もあると言われています。
このような病気に関連するデリケートゾーンの臭いの場合、清潔を保とうとして石鹸などで洗いすぎてしまうと逆に悪化させてしまうきっかけともなります。

ですので、デリケートゾーンの臭いから明らかに何かおかしいと感じた場合は、一度お医者さんに診てもらった方が良いかもしれません。

基本的なデリケートゾーンの臭い対策 

デリケートゾーンの臭い対策は基本的に清潔感を保つことで多くの場合は改善されます。

なのでまずはシャワータイムの時にお風呂でしっかりとデリケートゾーンを清潔にしてあげることです。
ただ、デリケートゾーンの皮膚は非常に薄くなっており、その名の通りとてもデリケートな部分になりますので、石鹸や体を洗うための布などでゴシゴシ洗ったりせずに、泡をたっぷりと使って指の腹を使って優しく丁寧にデリケートゾーンを洗っていきます。

また、大陰唇、小陰唇付近は恥垢などの汚れがとてもたまりやすいため、上から優しくシャワーをかけた程度ではなかなか落ちてくれません。

なので指を使って入念に溜まった汚れを落としていきましょう。
これが取れるだけでもデリケートゾーンの臭いに大きな変化があります。

その際は、洗浄力が強くて体刺激なデリケートゾーン専用の石鹸を使ってみるのも1つの手ですね。

また、服装に関しては通気性の良いショーツを履くようにしたり、汗、またはおりものなどでデリケートゾーンが汚れてしまった場合はこまめに取り替えたりする等の清潔管理が大切です。

その他にできるデリケートゾーンの臭い対策

 
基本的に多くのデリケートゾーンの匂いは、先ほど紹介したような簡単な衛生管理で解決されることが多いのですが、それ以外にも何か試したい!徹底してデリケートゾーンの臭い対策を行いたい!と言う方は、これからご紹介するいくつかのデリケートゾーンの臭い対策方法を何か取り入れてみてください。

アンダーヘアを全脱毛する

 
デリケートゾーンの匂いの鍵となるのは雑菌です。そして陰毛がたくさん生えている状態と言うのはこの雑菌が繁殖しやすい状態でもあります。
そのため、デリケートゾーン周辺の陰毛をブラジリアンワックスなどで一掃してしまうだけでもデリケートゾーンの匂いに大きな変化があるでしょう。

慣れない方にとってはパイパンにする事はとても抵抗があるかと思いますし、痛そう。なんて不安もあるかと思います。

ですが最近ではアンダーヘアを全部処理している方も実は珍しくないんです。

また、自分でブラジリアンワックスを使って脱毛するのが怖いと言う方は脱毛サロンへ行ってプロにやってもらうのも安心です。

カミソリなどでこまめに処理するのも1つの手段ですが、それだとまたすぐに生えてきてしまいますし、こまめに剃刀で処理してしまうと、それだけお肌がかなり傷ついてデリケートゾーンの黒ずみの原因となってしまいますので、正直あまりお勧めはできません。

ミドル脂臭の対策|お金をかける前に試したい3つの方法

ミドル脂臭の3つの対策をご紹介しています。

改善のためにはサプリやシャンプーなど様々な方法がありますが、その前にできることはたくさんあります!

ミドル脂臭のお金をかけて行う対策と、お金をかけずに行える対策をご紹介していきます。

お金をかけるミドル脂臭の対策には、サプリメントを使うものや、ミドル脂臭改善に特化したシャンプーや石鹸などを使う方法などがあり、できるだけ早く的確に対策をしたい!

と言う方にはオススメですが、その前にできることもいくつかあります。

なお、ここではいきなりミドル脂臭の対策方法の紹介に入る前に、なぜその対策方法が効果的なのか?といった部分をより深く理解しやすくするために、まずはミドル脂臭の原因やメカニズムを簡単に見ていきたいと思います。

ミドル脂臭の原因

ミドル脂臭の原因について見ていきます。
まずミドル脂臭は=ジアセチルと言う臭い物質です。
このジアセチルと言う成分は、私たちの汗に含まれている乳酸が頭皮に常在しているブドウ球菌と言う常在菌によって分解されることで発生します。

ミドル脂臭が体の様々なパーツの中でも後頭部から主に発生されるのもこういった仕組みが関係していたんです。

なお、頭皮に常在しているブドウ球菌は、すべての人の皮膚や腸内環境に存在する常在菌なので、ミドル脂臭が発生している方独特のものではありません。

なので、要は乳酸とブドウ球菌が合わさってしまう頻度を減らしてあげればいいわけです。

さらに言うならば、ミドル脂臭を対策するには乳酸の過剰分泌を抑えるのが最も効果的だと言われています。

ミドル脂臭のお金をかけない対策方法

それでは、ミドル脂臭の具体的な対策についてご紹介していきたいと思います。

まずお金をかけない対策方法ですが、それには
・食事
・運動
・ストレス
・体の冷え
などがあります。

ミドル脂臭と食事

先ほど、汗に含まれている乳酸がミドル脂臭の原因に深く関係していると言う話がありましたが、この乳酸は私たちの普段の食生活に深く関係しているため、食生活の見直しをすることでミドル脂臭の大きな改善効果が期待できます。

では具体的にどのように食生活を見直すのかと言うと
・肉中心から野菜中心の食生活にする
・食事の時間を規則的にする
・間食、夜食を避ける
これら3つがポイントです。

食事の栄養の偏りや不規則な食生活と言うのは、血液循環や体の新陳代謝などに大きく悪影響を及ぼします。

そうなると頭皮の皮脂が過剰に分泌され、ブドウ球菌が増殖しやすくなるだけでなく、血液中の乳酸も分解されにくくなってしまうため、結果としてミドル脂臭の原因であるジアセチルが作られやすい状態になってしまいます。

また、これにはお酒やタバコも大きく関係しているため、食生活が悪くお酒が好きタバコをする。
と言う方は、これらの習慣を改善するだけでも大きなミドル脂臭改善効果が期待できます。

ミドル脂臭とストレス

人間の体はストレスを感じるとストレスから体を守ろうとする働きが起こるため、ビタミンCやマグネシウムなどの様々な栄養素が無駄に消費されてしまいます。

その結果として体の代謝が2ばっかりしてしまい、同時に血液中の乳酸の処理がスムーズに行われなくなってしまいます。

つまり、ストレスを溜めすぎて上手に発散できていない方はミドル脂臭が発生しやすいんです。

なのでストレスの元を改善するか、自分なりのストレス解消を何か日常に取り入れてみましょう。
ミドル脂臭が発生してしまうほどストレスが溜まっているのであれば、そのままいくと他にも健康被害につながってしまう恐れがあります。
早いうちにここは改善しておきたいところです。

ミドル脂臭と運動

ミドル脂臭対策をする上では運動はかなり有効的な手段だと言われています。
なぜならば運動を行うことによって体全体の血液循環が向上していきます。

体の血液循環が良くなっていくと何が起こるのかと言うと、血液中に含まれる乳酸、つまりミドル脂臭の原因物質となる成分が速やかに代謝されていくので、根本的なミドル脂臭対策を行うことができるんです。

その際行う運動は、有酸素運動が好ましいと言われています。
簡単な有酸素運動と言うとウォーキングやジョギングなどが挙げられますが、正直気分が乗らない日や雨の日などは外に出て運動する気にはなれませんよね。

その際はアメリカの米軍の訓練に採用されていたバービー体操と言う体操がお勧めです。

運動部の方はもしかしたら部活の時にやらされた経験があるかもしれませんが、この運動であれば非常に短時間で訓練に採用されていたバービー体操と言う体操がお勧めです。

運動部の方はもしかしたら部活の時にやらされた経験があるかもしれませんが、この運動であれば非常に短時間で体に体全体の血液循環を促進させることができます。

なおかつ大地の中で畳1畳分のスペースさえあれば簡単にできてしまう運動ですので、個人的にはバービー運動がオススメです。

ミドル脂臭のお金をかける対策方法

先ほどご紹介したお金をかけないミドル脂臭の対策方法を取り入れるだけでも大幅な改善効果が期待できます。

しかし、それに加えてこれからご紹介するお金をかけたミドル脂臭対策を行うことで、より高い効果、またはより早い段階での効果の実感につながることが期待できます。

なお具体的にどんな対策があるのかと言うと
・洗剤
・石鹸
・シャンプー
・サプリメント
などがあります。

ミドル脂臭と洗剤

この対策方法は、きちんと選択をしてもそれでも洋服などが匂ってしまう方の場合の対策です。
こういった場合は液体型の洗剤よりも粉末型の洗剤を使うことをお勧めします。

何故かと言うと、一般的に液体洗剤よりも粉末洗剤の泡が汚れを落とす力が強いと言われているからです。

また、それでもダメだ。と言う方は、洗濯をする前につけ置き洗いすることをお勧めします。

洗濯機に入れて洗濯する前に酸素系の漂白剤につけ置きすると効果的だと言われています。

私の場合は市販で購入することができる液体タイプのワイドハイターを使っていました。
ただ、それでも足りない場合は粉末タイプのものを使ってみてください。

ただ、メーカーによっては洋服が色落ちしてしまう場合もございますので、この方法を実践する場合は必ず注意事項をよく確認してくださいね。
ちなみに私は何事もありませんでした。

ミドル脂臭と石鹸

ミドル脂臭の対策をする上では、シャワータイムで何をするかと言うポイントも非常に大切です。

その際は石鹸選びも重要です。
なおミドル脂臭の原因物質と言われているジアセチルには、フラボノイドを含む植物エキスが効果的だと言われています。

なのでミドル脂臭対策のために石鹸を何か選ぶ際は記載されている成分表をよく確認してフラボノイドもしくは、カンゾウ、ケイヒなどが記載されている石鹸を選ぶと良いでしょう。

また、ミドル脂臭に行こうか的な石鹸を購入したら、後は洗い方も大切です。特に驚くようなテクニックなどはございませんが、基本中の基本であるしっかりと泡立ててから使ってすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流す。と言うポイントをしっかりと押さえておきましょう。

こういった部分を怠ってしまうと、皮膚トラブルの原因となりミドル脂臭の悪化につながってしまうだけでなく、その他の体臭トラブルにつながってしまう恐れもありますので甘くみてはいけません。

まとめ

ここではお金をかけないミドル脂臭の対策方法やお金をかけるミドル脂臭の対策方法のどちらも紹介しました。

あくまで個人的な意見になりますが、最初からお金をかけたミドル脂臭対策を行うよりも、まずはミドル脂臭になってしまった原因である食生活や生活習慣などを改善するべきだと思います。

なので、ミドル脂臭の対策をしよう!となった際は、まずはお金をかけないと対策を実践してみると良いかもしれません♪