口臭を消す食べ物トップ5!出動前の食事におすすめかも

口臭を消す食べ物として、出動前の食事に入れると良いものや、困った時にあると便利なちょっとした食べ物もご紹介します♪

口臭の原因にはいろいろありますが、その中でも大きく左右するのが食べ物の要素です。
食べ物によってはきちんとオーラルケアをしていても口臭が発生してしまったり、逆に口臭対策に良いと言われている食べ物を食べることである程度口臭をカバーすることも可能です。
また、手軽に持ち運べるような食べ物で口臭を消す効果が期待できるちょっとしたものも一緒に見ていきたいと思います。

口臭を消す食べ物トップ5

それでは食事の中にあると助かる口臭を消す食べ物をピックアップしていきたいと思います。

  1. キャベツ
  2. レモン
  3. 味噌汁
  4. ヨーグルト

この3つの食べ物が口臭に特に良いと言われる身近な食べ物です。

キャベツ

キャベツで言うと歯の表面に付着してしまった汚れや食べかすなどを除去してくれる働きがあるため、最後に食べるのをお勧めします。

レモン

レモンに限らずですが、りんごやオレンジにもクエン酸が含まれており、クエン酸の殺菌作用によって口臭を発生させる細菌たちを除去してくれます。

最近知名度が上がってきている、柿に含まれるカキタンニンと言う成分は、悪臭を放つ成分をやっつける働きを持つと言われています。もちろんそれは口臭対策にも良いようです。

味噌汁

日本人にとってなじみの深い味噌汁は、口臭予防に効果的だと言われているため、キャベツ同様最後に食べると良いそうです。

ヨーグルト

ヨーグルトは即効性にはかけてしまいますが、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の力で腸内環境が整うため根本的な口臭対策が期待できます。

あると便利!持ち運び可能な口臭対策の食べ物

口臭を消す力があって持ち運びができる食べ物があればそれはかなり魅力的だと思いませんか?
しかもその食べ物は口臭を消す力がとても強く、なおかつ即効性があります。
その正体はガムです。
ガムの中でもキシリトールガムを選ぶことでより口臭を消す効果を期待できます。
キシリトールガムに含まれている成分が口の中の口臭の原因菌を殺菌してくれるだけでなく、ガムを噛むことによって継続的に唾液が分泌されますね。

ここがポイントなんです。一般的に口の中で発生してしまう口臭の原因は、目に見えない雑菌などが食べ物のカスなどを餌にして繁殖することで発生します。
そこで唾液が分泌されると、口臭を発生させる原因菌が除去され口の中が綺麗な状態になります。

これであれば、他の食べ物に比べて持ち運びの自由度はかなり高いですし、即効性も期待できるためまさにあると便利な口臭を消す食べ物だと言えるでしょう。

食べ物が口臭を消す仕組み

ここまでどの食べ物が口臭を消すのに効果的なのかを紹介してきましたが、その仕組みを見てみると、それぞれの食物の栄養素が口臭に効果的なのです。
具体的には、ビタミン、タウリン、クルクミン、フラボノイド、メチオニン、食物繊維などが挙げられ、こういった栄養素は肝臓などの内臓の働きを良くするほか、体内の代謝力を向上してくれるため、総合的に口臭を含め様々な大衆を予防する効果も期待できるんです。
先ほど紹介した食べ物は特に口臭対策に良いことで有名ですが、それ以外にも上記のような栄養素が含まれた食べ物は口臭に効果的だと言えるでしょう。

食事中の飲み物も重要

食事中何か飲み物を口にするかと思いますが、その時にできれば避けたいのが果物系のジュースや、コーヒーなどの甘い飲み物です。
こういった飲み物は含まれている甘味成分が口の中に滞在しやすく口臭を発生させる原因菌達の餌になりやすいため、食事の後に口臭が発生する元となります。

逆に水はそういったことがなく無難ですし、お茶には殺菌作用があるものもありますので、できるだけお茶を選ぶと良いかと思います。

体臭を予防したい方必見!社会人の6つの臭いと予防法

突然ですが、あなたはご自身の体臭を気にした事はありませんか?

近年では、ビジネスの世界でも体臭が原因で相手の人に不快感を与えてしまうスメルハラスメント、と言う言葉が流行りつつあります。

これからの日本の臭いのマナーが厳しくなっていくことを予感させますね。

実際に、自分の近くにいる人がひどい体臭だと、少なからず良い気分にはなりませんよね?

もしも相手が自分に対して、そのような不快感を覚えていたらどうでしょうか。

相手の心の中を想像するだけでも辛くなってしまいますよね。

自分ではさほど臭いと感じていなかったとしても、相手が自分と同じように感じているとは限りません。

また体臭と言うのは、自分の生活習慣などが大きく影響してくるため、突然体臭が悪化した。といったことも珍しくはありません。

そうなってしまわないためにも体臭が発生してしまわないために、ある程度できることを予防していく必要があります。

しかし一言で体臭予防といっても、体臭の種類は様々あるため、それぞれに合った予防法をしていかなくてはいけません。

対策を取るには、まずは敵を知ることからです。

なのでこのページでは、体臭の予防法を説明する前に、体臭についての基本情報や種類、体臭の原因などといったような、体臭に関するコンテンツをまとめて、最後に体臭の予防方法を紹介しています。

以下のような流れでまとめていますが、とにかく予防方法を先に知りたい!

と言う方は、このページの後半部分をご覧ください。

目次
*そもそも体臭とは何か
*体臭の種類と原因
*体臭を予防するにはどうしたら良いのか
*まとめ

体臭とは何か

体臭を予防するためにも、まずは敵をきちんと知る必要があります。

なのでこれから、そもそも体臭ってなんだろう?と言う部分について、わかりやすくシンプルにまとめていきたいと思います。

そもそもこのページのテーマである体臭と言うのは、体から発生される臭い物質のことです。

と言ってもなかなかピンとこないですよね?そこで私たちがイメージする体臭と言ったら、汗臭いなどといったことでは無いでしょうか?

実は今挙げた汗は実はもともとは無臭です。

お風呂に入っていて汗が臭い!そう感じた事はおそらく無いのではないかと思います。

仮に汗自体が臭いものだとしたら、サウナやスポーツジムは汗まみれですので、ただただ体臭がひどい空間になってしまいますよね?

しかしそうでは無いのは汗そのものはもともと体臭の元ではないからです。

でも実際に、汗をかいてしばらくたつと臭くなってしまったり、汗をたくさん吸収した衣類等をそのまま放っておくととても臭い臭いがしますよね?

それは汗を栄養とする細菌が繁殖してしまう事が原因だったんです。

そんな細菌が増殖し、その細菌がしばらくすると臭い物質を放出していきます。

これが体臭の大御所である、汗臭いのカラクリだったんです。

先ほども話した通り、体臭には様々な種類があり、原因もそれぞれ違ってきます。ですがそれらの体臭は、すべて臭い物質が原因であり、これを攻略することが、体臭予防のポイントになってくるんです。

体臭の種類と原因

私たち人間の体臭について基本的なことがわかったところで、次は体臭の種類とその原因について

  1. 加齢臭
  2. 汗の臭い
  3. 足の臭い
  4. 頭皮の臭い
  5. 口臭
  6. ミドル脂臭

これらの順番でまとめていきます。

では早速加齢臭から見ていきましょう!

加齢臭

今となっては知らない人はいないでしょう。体臭の代名詞にもなりつつある加齢臭ですが、この種類の体臭の原因は、年齢を重ねるごとに増えてくる、ノネナールと言う物質が深く関わっています。

わかりやすく言うと、人間は40歳を過ぎた頃から、9ヘキサデセン酸と、過酸化脂質等が増えていきます。

9ヘキサデセン酸自体には、においがなく6週なのですが、同時に分泌が増える過酸化脂質によって、酸化現象が促進されて行きます。

そして最終的には、汗臭くて青臭いノネナールが作られるんです。

ノネナールが増えてくると、汗や皮脂の臭いと混ざって、中高年特有の加齢臭を発生させてしまうんです。

汗の臭い

先ほども少し例え話であげたので、何となくイメージがつくかと思いますが、汗の臭い自体はほとんど無臭です。

先程の繰り返しになるので、簡単にまとめますが、汗をかき、空気中の細菌がそこに増殖し、細菌が臭い物質を発生させることで嫌な臭いを発生させます。

また、普段から汗をかく習慣がない人は、汗をかいた時に、嫌な体臭に変わりやすい汗をかくと言われています。

足の臭い

これも原理は汗の臭いと全く同じです。

特に足の裏は、体の他の部分に比べて、靴下を吐いたり、靴を吐いたり、とてもムシムシしやすい部分になります。

なおかつ足の裏と言うのは、汗をかく腺が非常に発達しており、いちにちにコップいっぱいの汗をかくと言われています。

つまり、汗を沢山かくのに、1番通気性の悪い部分なので、臭い物質を発生させる細菌が増殖しやすい環境なんです。

足の裏の臭いは、他の部分に比べてとびきり臭くなりますよね?

それは、足の裏は細菌が発生しやすい条件が整っているからだと言えるでしょう。

頭皮の臭い

頭をしばらく洗わないと、頭皮が臭くなることがあります。そんな頭皮のニオイの原因の多くはフケだと言われています。

これは他の部分が汗をかいた時に、体臭が発生するサイクルと似ているのですが、頭皮の体臭の場合は、フケを栄養分とする細菌が増殖してしまい、同時に頭に描いた汗の成分とそれらが混じり合うことで、嫌な体臭を発生させてしまいます。

口臭

口臭は、数多くある体臭の中でも、発生率が非常に高く、臭いのレベル自体もとても高いです。

公衆の場合は、臭いを感じする機会が多いので嫌な口臭を嗅いで、不快な気持ちになった経験をしている方も少なくないのではないでしょうか。

では口臭の原因ですが、純粋に歯磨きを怠ることで、歯の間や表面に歯垢が残り、そこに細菌が発生し、嫌な臭いを発生させています。

また口臭の場合は、それだけでなく、口の中が乾燥していることや、内臓の機能が低下していることも、嫌な口臭を発生させる原因になると言われています。

どれだけ歯をきれいにしても、口の中を潤わせても口臭が治らないと言う方は、体の内臓部分が何か問題がある場合があるので、その際はお医者さんに診てもらいましょう。

ミドル脂臭

これはあまり聞きなれないかと思いますが、少し前に株式会社マンダムの体臭研究の中で発見された新種の体臭のことです。

あらゆる体臭の中でも、女性に最も嫌われるに良いとも言われています。その臭いは腐ったゴミのような臭いとも言われています。もしも自分の体からそんな臭いが発生しているとしたら、今すぐにでもなんとかしたくなりますよね。

そんなミドル脂臭の原因は、加齢臭とは逆で、比較的若い世代の人たちに発生しやすいと言われています。と言うのも、30代から40代にかけての方が多いようで、主に生活習慣の乱れが、この体臭の発生の原因だと言われています。

脂っこい食べ物が好きな方や、睡眠不足、ストレスの多い生活をされている方は特に注意が必要です

体臭を予防するにはどうしたら良いのか

体臭にもいろいろな種類があり、原因がそれぞれ異なってくるため、1つの予防法がすべての体臭に効くと言う事はありません。

これから、先ほど紹介した体臭の種類と原因の順番と同じ流れで、それぞれの体臭の予防方法をシンプルにまとめていきます。

加齢臭

加齢臭の原因は、年齢とともに増加しがちなノネナールと言う臭い物質でしたね。

つまり加齢臭を予防するためには、ノネナールの発生を抑えるための生活習慣を身に付けることが、予防のコツになります。

ノネナールを発生させないために行える事は以下の5つです。

  • ストレスを溜めすぎない
  • 適度な運動
  • タバコを吸わない
  • アルコールを取りすぎない
  • 紫外線を避ける

これらがとても重要になって来ます。

ただ、これらを見ていると、すぐに変えられる生活習慣と言うわけでは無いですね。

ですがこれらの悪い生活習慣が、加齢臭の臭いの元であるノネナールを発生させてしまうので、加齢臭を予防したいと言う方はこれらの習慣を改善するのが必須になります。

汗の臭い

汗の臭いは、細菌が増殖することにより発生すると言うことなので、最近をこまめに処理してしまえば予防することは可能です。

例えば少し汗をかいてしまったら、タオルで汗を拭き取るなど、そのようなこまめなケアがこの体臭の予防につながります。

その際は乾いたタオルではなく、水を絞った後の少し濡れている状態のタオルで拭き取ることがポイントです。

足の臭い

足の臭いを予防するには、足の裏の汗の量を減らす事はできないので、とにかく最近を増殖させないような環境を作るのがポイントです。

そのためには、抗菌作用のある靴下を履いたり、ソールを敷くこともそうなのですが、毎日同じ靴を履かない、と言うのも臭いの発生を抑えるポイントになります。

臭いの原因となる細菌は、湿気てる場所を好むので、毎日履いて靴が湿気ている状態が続くと、その悪循環はなかなか改善されません。そのため毎日違う靴を履いて、うまくローテーションさせていくのが良いでしょう。またはいてない靴はくしゃくしゃにした新聞紙を詰めておいておくと、湿気を吸ってくれるので臭いを抑えられますよ。

頭の臭い

頭の臭いの場合は、体臭の原因となるフケをそもそも減らしてしまうことが最も効果的な予防策です。

ではフケを減らすためにはどうしたら良いのかと言うと、

  • 睡眠不足を改善
  • 生活リズムを整える
  • ストレスをためない
  • シャンプーでは2日から3日に1回にする

これらがポイントになります。頭皮の臭いと言ったら、頭皮環境を改善させることが大事だと思われがちですが、最初の3つを改善することが1番大切な予防法だと言われています。

口臭

これは純粋にきちんと歯磨きをすること、糸ようじ等で歯の間もきちんと掃除すること。また、ベロにも歯垢が溜まりやすく、臭いの発生の元となるので、専用の歯ブラシを使ってこまめにケアしましょう。

また口の中が乾燥するのも、口臭の原因となるので、その際はガムを噛むのがお勧めの予防法です。ガムを噛んでいると自然と唾液がたくさん分泌され、臭いを予防してくれます。

ミドル脂臭

この体臭の予防法は、加齢臭の予防法と全く同じです。改善すべき生活習慣を改善していくことが、この体臭を予防するための方法です。

たまにスプレーや香水などでごまかす方もいますが、それはあくまで1時的なものであり、効果が切れると腐ったゴミのような臭いが再び発生してしまいますよ。

まとめ

長くなってしまいましたが、異常が体臭の種類と予防方法のまとめです。

そもそも体臭は、予防方法を実践すれば翌日から臭いを抑えられると言うものもあれば、生活習慣などが原因のものはそうはいきません。

ですが予防方法にまとめたような対策をとることで、それらはいずれ改善され、次第に体臭がなくなっていくでしょう。

既に体臭がないと言う方は、これから嫌な体臭が発生してしまわないように、体臭の予防方法を習慣づけていきたいですね。

体臭の原因になる食べ物は普段食べてる“アレ”だった

特に夏の暑い時期などに、普段よりも汗をたっぷりと書いて、自分の体臭がいつも以上に気になるような経験はなかったでしょうか?そんな時はデオドラントなどをこまめに使っていても、本当の意味でにおいがかき消されているわけではないので、残念ながら、完全には体臭を消したことにはなっていません。
私たちの汗が出る元には2種類あり、体中にある”エクリン線”という、ほとんどにおいを出さない汗を出す部分と、主にわきの下などにある、”アポクリン線”といわれる、油っぽい汗をだす部分があります。

私たちの体臭として現れるのは、後者のほうです。その汗の原因の1つに、食べ物が深くかかわっています。

あなたの体臭も、もしかすると、食べ物が原因かもしれません。

ここでは、体臭に悩む方に向けて、体臭の原因となる食べ物や、逆に体臭を改善させる食べ物などの、「体臭と食べ物の関係」についてまとめています。

体臭を改善したい!という方は是非参考にしてみてくださいね^^
ではまずは、体臭の原因となる食べ物から見ていきましょう!

*体臭の原因となる食べ物

体臭の原因となる食べ物には、大きく分けると、4つあります。
1、においがきつい食べ物

主に香辛料やにんにくなどを指します。それらの”においのきつい食べ物”はきつい体臭や、口臭の原因となります。

2、肉類

肉を頻繁に食べる方は、野菜を多く食べる方に比べて、体臭がきついという報告があるようです。これは、肉には消化にかなりの時間がかかり、胃の中に長い間とどまってしまうことによって、体内で腐敗し、それが、口、汗、便のにおいを悪化させるようです。

3、アルコールとカフェイン

これらは食べ物ではありませんが、体臭をきつくしてしまう原因となるため念のため書いておきます。アルコールとカフェインは、直接的に体臭と大きな関わりがあるため、できるだけ摂取しない方が良いでしょう

4、トルメチルアミンを作り出すような食べ物

これはあまり耳にしないことが多いかと思いますが、わかりやすく言うと、この成分は魚などに多く含まれています。結果としてそういったものをたくさん食べすぎてしまうと、まるで魚のような体臭を発生する原因になってしまうようです。
以上の食べ物が、私たちの体臭の原因となります。ここにまとめたような食べ物を普段の食生活で頻繁に食べると言う形は、それが体臭の原因となっている可能性が高いため、食生活の改善をお勧めします。

しかし、身近な食べ物の中にも、体臭を悪化させる原因となるものばかりではありません。逆に体臭を改善させてくれる効果のある食べ物もたくさんあるんですよ。次のページでは体臭を改善させてくれる効果のある食べ物をまとめていきます。
*体臭を改善させる効果のある食べ物
1、玄米や生野菜

タンパク質が豊富に含まれている玄米は、体臭を作り出さない食べ物として有名です。また同じことが生野菜にも言えます。これらの食べ物は体臭を作り出さないものであるだけでなく、私たち人間の健康全般に効果が高いものですので、積極的に摂取することをお勧めします。

2、白身の肉

同じ肉でも、赤身ではなく主に鶏肉等といった白身の肉を食べることによって、体臭を抑える効果があります。

牛でもなく、豚でもなく、鶏を食べることで、嫌な体臭を抑えることにつながります。

3、果物

そもそも果物には体臭の原因となるような成分があまり入っていないため、食べたところで体臭につながる事はほとんどありません。スーパーに売られているような身近な果物はほとんどそれに該当するため、果物などを積極的に取り入れるのも良いでしょう。

私たちが普段目にするような身近な食べ物にも、体臭を悪くするような原因となる食物や、体臭を抑える働きのある食べ物など、さまざまあります。

それぞれの食べ物の特徴を抑えて、体臭が悪化しない食生活を心がけて体臭を改善していきましょう。

*まとめ

ここでは、体臭を悪化させる原因となる食べ物、体臭を抑える働きのある食べ物についてまとめました。体臭のなかでも、汗の臭さに悩んでいる方、それは食べ物が深くかかわっている可能性が高いので、心当たりがある場合は、ここにまとめたことを参考にし、食生活を改善してみてはいかがでしょうか?

体臭予防をグッズで済ませるのは半分間違っている!?

ディスクリプション:ここでは体臭予防をするためのグッズと、根本的な体臭予防方法について解説しています。

世界的に見ても、自分の体臭に悩んでいる方は実に多く、それは日本でも同じです。
体臭には様々な種類があり、それによって原因や解決方法なども変わってくるものです。
このページでは、体臭予防グッズに関する内容をまとめているのですが、一言で体臭といっても、種類がたくさんありすぎるため、このページでは多くの人が悩む汗の臭いによる体臭についてまとめていきます。
実際に汗による体臭予防グッズといっても、
デオドラントケアクリーム
石けん
ボディーソープ
ボディースプレー
香水
抗菌加工のある衣類
消臭スプレー
速乾作用の強い衣類

イオン系の物
…などなど

等々非常に様々です。
この様に身近に様々なものがあるため、実際に体臭予防グッズとして特にオススメなのがどんなものなのかと言うのも迷ってしまいますよね?
確かにこのような体臭予防グッズたちは、すぐにできる目先の対策としてはオススメかもしれませんが、それらは根本的な解決にはなりません。
根本的な解決をするには、体臭の本質的な部分を理解し、そこを改善する必要があるからです。
だからこそ、体臭予防グッズで体臭対策を取るのは、半分間違えてもあるんです。
ですが安心してください。
このページでは、汗の臭いから来る体臭で悩んでいる方のために、いざという時に役立つ体臭予防グッズと、根本的な体臭予防方法を詳しく解説しています。

まずは悩みの種である、汗の臭いが嫌な体臭に変わってしまう原因と仕組みについて見ていきましょう。

そもそもなんで汗をかくと嫌な体臭が発生するの?

実際に汗をかいた時に、その場で臭いを嗅いでみても、その時は嫌な体質ってしないですよね?
それは、そもそも汗自体はほぼ無臭だからなんです。
これを言うと驚かれる方がとても多いのですが、汗の成分の99%は水分でできており、とてもサラサラで臭いはしません。
問題は残りの1%である、ミネラル分を多く含んだ粘り気の強い悪い汗と言われるものが原因だったんです。
汗をかいた時に、この残りの1%の悪い汗を求めて、皮膚の上に生息している常在菌と言う細菌達がやってきます。
そして1パーセントの悪い汗の成分を捕食し、やがて発酵していきます。
その際に細菌が嫌な臭いを放ち、それが体臭となっていたんです。
汗が体臭に変わってしまう仕組みは、ざっと言うとこんな感じです。

つまり、汗をかいた時に悪い汗の割合が増えてしまうと汗臭くなりやすいと言うことになります。
よく、汗をあまりかかない人、生活習慣が乱れている人や、食生活が乱れている人は、体臭が臭くなりやすいと言いますね。
その話とつながっていて、汗をあまりかかない人や生活習慣の乱れ、食生活の乱れと言うのは、悪い汗を作り出してしまう原因となっています。

つまり、食生活や生活習慣が乱れている方や、普段あまり汗をかくことがない人は、おのずと悪い汗の割合が増えてしまうため、ひどい体臭が発生しやすい状態になっていたんです。
どうやら汗から発生する体臭の本質は、ここにあるようですね。

体臭予防の4つの方法とそこで役立つグッズ

汗が嫌な体臭となってしまう仕組みがわかったところで、それらの体臭を予防するための4つの方法と、そこで役立つグッズを紹介したいと思います。

マスキング消臭

名前はかっこいいのですが、この消臭方法はいたってシンプルです。

この体臭対策は、既に発生している嫌な臭いを、別のいい香りで制圧してしまうと言うものです。
この時に使われる対策予防グッズは、いい臭いのついた制汗スプレーや香水などになります。

また身体部分のところで行ったら、トイレの芳香剤も嫌な臭いを予防するためのグッズになりますね。
これも仕組みは同じです。

物理的消臭

これはどういうことかと言うと、簡単に言えば炭などを使って、空気中に浮いている臭いをキャッチして消臭すると言うものです。
これは直接的な体臭予防にはあまり役立ちませんが、部屋の中が自分の体臭によって臭くなってしまった際などは、その予防として効果があるかもしれませんね。

生物学的消臭

汗が嫌な体臭となってしまう原因の段落でお話ししたことと少し内容が似ていますが、そもそも、汗の成分を細菌が食べて発酵させると言うサイクルが起こると、嫌な体臭が発生するわけですから、その細菌を除去してしまえばいいんです。

その時に使われる手段が、抗菌作用やイオンの力が配合されたデオドラントスプレーです。
また、抗菌作用のある衣類等も今ではよく見かけますが、このようなものを身に付けることで、臭いを生み出してしまう細菌達の発生を防いだりする働きがあるので、体臭予防グッズとしてはとても効果的だと言えますね♪

反応式消臭

これも少々難しそうですが、実際難しい内容です。w
テーマが悪臭なので念のため解説を入れておきますが、あまり参考にならないと思いますので、さらっと解説します。

この消臭方式は、臭い成分をさらに細かく分解して臭いを消し去ると言うものです。
これも物理的消臭と同じく、体臭には直接的な実用性はなさそうです。

根本的な体臭予防はどうすれば良いの?

ではこのページの1番重要な部分である、根本的な体臭予防についてのお話をしていきます。
正直なところ、このページで先ほど解説したように、汗をかいてから嫌な体臭が発生されるまでの間や仕組みを見ていくと、世の中にある多くの体臭予防グッズの出番はあまりありません。笑

確かにその場しのぎの方法としては、先ほど紹介したようなデオドラントスプレーやその他の体臭予防グッズなどが役立ちますが、それも時間が経てばまた無意味になってしまいますよね。
そういった経験は誰でもあるはずです。

というようなことを踏まえても、やはり根本的な体臭予防には、汗による体臭の本質的な部分を改善してあげる必要があります。

では実際にどうしたら良いのかについてですが、汗の質を高めてあげることがポイントです。
そのためにどうしたら良いのかと言うと、
脂っこい食生活を止めて、野菜中心の食事を意識する
早寝早起きの生活リズムに変える
汗をたくさんかく
この3つが重要になってきます。

食事について

食事については先ほど箇条書きした部分のことがそのまんまになって来るのですが、脂っこい食べ物や、肉系の食べ物が中心になっていると、やはり汗の質が悪くなっていってしまいます。
そうなると皮膚に生息している常在菌の餌が増えてしまい、体臭の元となってしまうので、野菜や果物中心の食生活に変えていく事が重要です。

生活リズムについて

体臭と生活リズムはあまり関係していないように思いますが、朝遅く起きて、夜遅い時間まで寝ないような生活を繰り返していると、体全体のパフォーマンスが下がってしまい、それらが巡りにめぐって悪い汗を作り出してしまうきっかけになります。
なので早寝早起きの生活にリセットすることが、とても大切なんです。

汗をいっぱいかく

正直この部分が1番大切です。
と言うのも、悪い汗を書いてしまう人の多くは、日常的な運動の習慣があまりない人が多く、普段からあまり汗をかかないという方がたくさんいらっしゃいます。
先ほど挙げた2つの改善点を実行し、普段から汗をかくことを意識することで、間違いなく悪い汗は良い汗と変わっていきます。
どんな方法でもいいので、日常的に汗をかきましょう!
・・・この3つのポイントを意識していくことで、悪い汗から良い汗に変わっていくため、皮膚に生息する常在菌の餌が減り、体臭の発生を抑制することが可能になります。

またワンポイントアドバイスとしては、汗をかいてしまった場合、汗拭きシートでこまめに皮膚の清潔を保ってあげることで体臭の発生を防ぐこともできます。
汗ふきシートがない場合は、濡れタオルや濡れたハンカチなどで拭くだけでも構いません。

とにかく皮膚の表面にあるベタベタの汗と、常在菌たちをどかしてあげることで、汗による体臭が発生する事はなくなります。
少し長くなってしまいましたが、これが汗による嫌な体臭の本質を理解した、根本的な体臭予防方法になります。
体臭予防グッズと合わせて、上手に体臭と向き合っていきましょう♪

その体臭の原因は内蔵の病気の可能性があるかも!?

私たち人間の体臭には原因が様々ありますが、その中の1つに内臓の異常が関係していることをご存知でしょうか?

内臓は人間が生きていく上で非常に大切な働きを行っています。さらに私たち人間の体の中には沢山の内臓があり、一つ一つがなくてはならないものです。またそれらは体内にあるため特に悪臭を発生させるような本にはならないのですが、そういった内臓は働きが低下すると私たちの体に何らかの不調をきたすことがあります。

その中の1つに内臓機能の低下が原因となる体臭があります。
体臭と言えば、身体の清潔が保たれていなかったり、外面的なものがほとんどですが、時として内臓が原因となる体臭も存在するんです。ここでは、そういった“内臓の病気が原因の体臭”の原因や対策方法を特集していきます。
目次

  1. 体臭の原因となる内臓の病気とは
  2. なぜ内蔵機能は低下してしまうのか
  3. 内臓が原因の体臭を改善する方法

体臭の原因となる内臓の病気

ではまず体臭の原因となる内臓の病気について見ていきます。

先ほども書いたように人間の体の中には沢山の臓器があります。その中でも特に体臭につながりやすいと言われているのが肝臓です。肝臓は臓器の中でも最も重要な働きをしています。
この能力が低下してしまうと嫌な臭いを発生する原因となります。
普段肝臓は内臓の中でも、栄養仕分けしたり、吸収する働きを行います。その際に体にとって不要なものは便として排出させてくれます。
健康な肝臓であればこういった働きをしてくれるのですが、肝臓の機能が低下してしまうと、本来は体にとって不必要なため便として排出されるような物質を、体の中に取り込んでしまいます。
このように間違って取り込んでしまった老廃物などは、血液の働きにより身体中を巡ります。
そしてその流れで体の外に排出されるのですが、その際は汗、呼吸などから外に出て行くため、それが直接的な体臭となります。

内臓の中でも、肝臓が働いていないとこのような仕組みから体臭が発生してしまいます。
また腸などもこのように体の中に必要な働きを担っています。こちらも機能が低下してしまうと、それが体臭につながります。腸の場合は機能が低下することにより便秘につながりやすくなります。便秘になってしまうと何が良くないのかと言うと、体内の不要なものを外に排出できなくなり、溜め込みやすくなるため、不必要にため込まれてしまったものは、肝臓の時と同じように汗、呼吸などから外に排出され、それが体臭となります。
体臭の仕組みとしては肝臓とほとんど同じなんです。
では次の段落にいて、このように内臓がなぜ低下してしまうのかについて見ていきます。

なぜ内蔵機能は低下してしまうのか

主に肝臓について話しますが、悪い生活習慣を送ることでその機能が低下してしまいます。
代表的なのが偏った食生活、これに関しては肝臓以外の内臓にも言えることなのですが、偏った食生活を続けることにより肝臓にとっては大きなストレスとなってしまいます。
また男性に多いのが早食いです。早食いは肝臓にダメージを与えてしまう原因の1つです。早食いをすることで、一気に取り込まれてしまった栄養を急ピッチで処理しなければならないため、肝臓がフル稼働になり、疲れやすくなってしまいます。

休肝日と言う言葉がありますが、断食などで食べ物を何も入れないことで、肝臓を休ませるという健康法があります。そこまでする必要はありませんが、食べ物を処理する肝臓は、仕事量を一気に増やしてしまうとその機能が低下してしまうということです。
ストレスや睡眠不足も肝臓に負担をかける原因です。

まずストレスを強く感じると、ノルアドレナリンと言うホルモンが分泌されるのですが、そのホルモンの影響で血管が収縮されてしまい、肝臓の機能に負担がかかってしまいます。

また適度に睡眠をとることによって肝臓などの内臓機能を回復させることもできるため、睡眠不足の方は回復が十分に行われないため、肝臓に負担がかかったままそれが蓄積されてしまいます。

過度なダイエットも肝臓に負担をかける原因となります。
例えばダイエットの最中についつい避けられがちなのが肉や魚などのタンパク質です。
ですがタンパク質が不足してしまうと、脂肪だけが肝臓に蓄積されていき、脂肪ばかりの肝臓になってしまう可能性が高くなります。
これが蓄積され慢性的になると、肝臓の病気に発展する恐れがあります。
このように悪い生活習慣は体にさまざまな悪影響及ぼしますが、このように内臓に直接的なダメージを与えてしまう要因にもなります。
そうなることで内臓の機能が低下し、それが巡りにめぐって体の体臭の原因となります。

内臓が原因の体臭を改善する方法

このページでまとめたような内臓が原因による体臭は、改善する方法は、生活習慣を整えて、内臓の機能を改善するしか方法はありません。
偏った食生活を止めて、3食バランスの良い食事を取ったり、ストレスを溜めないように意識したり、睡眠の質を上げること、過度なダイエットを避けること、そういった当たり前の健康的な生活習慣が、内臓の不調が原因となる体臭を改善することにつながっていきます。

コーヒーは体臭悪化の原因になる!?加齢臭を加速させる可能性アリ

コーヒーを飲んだ後は口が臭くなってしまうだけでなく、その他にもきつい体臭(加齢臭)の原因になってしまう場合があると言うことを知っていますか?

コーヒー自体はおいしくて身体に良い影響もありますから、魅力的な飲み物ではあるのですが、実はそのコーヒーがもしかしたらあなたの体臭の元になっているかもしれないんです。

近年は”スメハラ”というワードが広まり、ニオイも社会人のマナーとなりつつありますから体臭の原因となるものならば、無視することはできません。

そこでこのページでは、コーヒーが体臭の原因になってしまう理由やコーヒーのお供である“ある嗜好品”によるニオイの悪化など、「コーヒーx体臭」に関連する様々なコンテンツをまとめています。

後半部分では体臭の改善方法もあるので、コーヒーを日常的によく飲まれる方は特に要チェックです。

なぜコーヒーが嫌な体臭の原因になるのか

コーヒーには体臭対策の効果を持つとも言われている反面、飲みすぎることによって、体臭を悪化させる原因にもなります。

ではなぜそうなってしまうのか、それに関係するコーヒーがもつ5つの作用を見ていきましょう。

皮脂の酸化

コーヒーに含まれるカフェインには、交感神経と言う物を刺激する働きがあります。

そうなると男性ホルモンが活発になって、皮脂分泌つ量が増えてしまうんです。

さらにコーヒーに含まれる油分の過剰摂取も皮脂分泌増加の原因となります。

過剰に分泌されてしまった皮脂は、外の空気に触れることで酸化してしまい、油臭さや、加齢臭といった体臭に変化するんです。

肝機能低下

コーヒーの飲み過ぎは、肝臓に負担を与えてしまいます。

そうなると頭で肝臓の機能が低下する原因になります。

では肝臓の機能が低下してしまうとどうなるかと言うと、尿と排泄されるはずのアンモニアなどの老廃物が、排出されず蓄積されていきます。

それが血液に流出して身体中を巡ります。

その結果、アンモニアなどの体臭の原因となる臭いが、汗、呼吸に混ざって、あの独特の臭い体臭が発生されます。

血行不良

コーヒーの中に含まれるある成分が鉄分と結合しやすいもので、飲みすぎてしまうと体内の鉄分を少なくさせてしまい、血の流れが悪くなってしまう原因をつくります。

血の流れが悪くなってしまうと、唾液の量や、酸素の量の低下を引き起こしてしまいその結果体臭の原因となります。

睡眠不足

コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用の影響で眠りの質が下がってしまい、結果睡眠不足の原因になってしまいます。

そうなると、胃腸や肝臓などの内臓機能が低下してしまい、ストレスや、代謝の低下、自律神経の乱れ等を引き起こして、それがまた体臭の原因となります。

水分不足

コーヒーがもつ働きによって、体の中の水分が少なくなってしまうという可能性もあります。

体の中の水分が不足してしまうと、必然的に汗の量は減っていきます。

そうなると臭いの元となる成分が濃縮されてしまい、少し汗をかいただけでも通常以上の体臭が発生してしまうんです。

 

・・・このようにコーヒーを飲みすぎると様々な要因から、体臭が発生してしまう原因となるんです。

場合によってはコーヒーが体臭を抑えることもある

先程の段落では、コーヒーの飲み過ぎが体臭の原因になってしまうと言う話をしましたが、場合によってはコーヒーが体臭を抑えることもあるんです。

クロロゲン酸による抗酸化作用

少し難しそうに聞こえますが、簡単に言うとコーヒーの中の成分の1つであるクロロゲン酸と言う成分には、抗酸化作用と言う働きがありそのおかげで皮脂の酸化を防いでくれます。

なので頭皮のニオイや、脂質の参加による体臭はコーヒーによって抑えられる場合が

あるんです。

カフェインによる便秘解消効果

人間の体は便秘の状態が続いてしまうと老廃物が外に排出されないので、それらが汗として体から分泌され、それが体臭の原因へとつながります。

ですが、コーヒーに含まれるカフェインには腸内環境を活発化させてくれる働きがあるため、便秘が改善されて体臭を予防することにも使えるんです。

胃液分泌による消化促進効果

コーヒーを飲むと、胃液が多く分泌されるようになります。

そうなると体内の消化を促進してくれるんです。

体内が消化不良の状態になっていると、体臭の大きな原因となってしまいます。

これらの理由から適度にコーヒーを飲む事は、体臭を抑える働きを持つ場合があるんです♪

コーヒー×タバコで体臭悪化が一気に加速

職場などでよく見られるのが、一服休憩のお供にコーヒーという光景です。

コーヒーとタバコは味の相性がとても良いので、その2つをコラボする方がとても多いのですが、これは体臭の原因になってしまいます。

ただでさえタバコと言うのは、体臭がきつくなってしまう原因です。

というのも、タバコを吸うと体内に一酸化炭素が大量に入っていきます。

一酸化炭素と言うのは、体内の脂肪を酸化させて加齢臭をきつくしてしまいます。

 

ストレス解消目的でタバコを吸われる方も多いかと思いますが、タバコを吸うことで髪の毛や服にも臭いがつくし、まさに百害あって一理なしです。

実際にその組み合わせが気に入ってる方は強い実感は無いかと思いますが、ただでさえ講習がきつくなるタバコ、コーヒーのコラボは、周りの人に強烈な匂いを発します。

コーヒーの影響で体臭がする場合はどう改善したらよいのか?

ではコーヒーの影響で体臭がきつくなってしまった場合は、どのように改善したら良いのかについて解説していきます。

簡単に言うと、コーヒーの飲み方に工夫をする必要があります。

先ほども少し書きましたが、コーヒーは飲みすぎると体臭を強くしてしまう原因になりますが、コーヒーは適度に摂取することで体臭を抑える働きも持ちます。

では1日にどれぐらい飲むのがちょうど良いのか?という部分ですが、摂取量の目安は、1日に2杯から3杯が目安だと言われています。

これ以上の飲み過ぎは体臭の原因になりかねません。

コーヒーを飲むタイミング

次にコーヒーを飲むタイミングです。そのタイミングは食後だと言われています。

食後にコーヒーを飲むことで胃液の分泌つを促進することができ、食べたものを効率よく消化することができます。

そうすることで、嫌な体臭を発生することを防ぐことにもつながります。

またコーヒーを飲むのは、寝る前の8時間前までがよいでしょう。

その理由は、カフェインの覚醒効果と言うのは、およそ8時間から14時間あると言われています。

そのため寝る前にカフェインを大量に摂取してしまうと、睡眠の質を低下させ、睡眠不足の原因となってしまいます。

慢性的な睡眠不足は、体臭の原因となってしまうので、コーヒーを飲むのは寝る前の8時間前までとしましょう。

まとめ

コーヒーは飲みすぎると体臭の原因となってしまいますが、上手に飲んでいくことで逆に体臭を抑える働きを持つ飲み物です。

コーヒーを飲むポイントを押さえ、体臭の改善につなげていきましょう♪

女性が嫌う男性の体臭の原因|メカニズムと改善策まとめ

一言で体臭といっても、体臭は体中のいろいろなところから発生しておりさらには体の部分によっては、体臭の種類が違っていたり、また同じ男性でも年代によっては、臭いの種類や、発生してくるが変わってくるものです。

よく考えてみるととても不思議な事ですが、このページではそういった男性の体臭の原因についてまとめているほか、それらの改善方法なども同時に紹介しています。

自分の体臭が気になると言う方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

女性が嫌う男性の体臭にはどんなものがある?

このページのタイトルにもある通り、実は男性のおよそ90パーセントが、何かしらの嫌な体臭がするとの事。もちろんこれはある団体の調査結果に過ぎないのですが、実際この数字は無視できないものです。

なぜなら、体臭は自分が気づいていないだけで、他人には自分が感じている以上に臭いを敏感にキャッチしています。

その人が少しでも不快に感じれば、自分が体臭だと思っていなくても、それは嫌な体臭になります。

では世の中の女性たちが嫌う、男性の体臭にはどのようなものがあるのか、女性が嫌う男性の体臭ランキングを1位から3位まで紹介します。

第1位ワキガ

ワキガはどれだけ顔がいけている男性でも、それを一瞬にしてダメにしてしまうほどの力を持っています。

第2位口臭

口臭がひどい男性は、正直近寄ってほしくない。こういった女性はとても多いんです。自分が実際にそんなことを思われていると思うと、とても怖いですよね。

口臭がひどい男性に多いのが、アルコールをよく飲む方、タバコを吸う方、コーヒーをよく飲む方です。そういった方は、口の中が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなります。
特にお酒やタバコの臭いは、本人が自覚していない場合が多く、知らない間に周りの人から冷たい目で見られているかもしれません。

第3位足の臭い

これは女性にも言えることですが、やはり女性よりも男性の方が圧倒的に足の臭いがきつい人が多いようです。

また、足の臭いは数ある体臭の中でも、1番簡単に対策をとることができる部分ですので、一刻も早くケアを行いましょう!

それぞれの体臭の対策法

まずはワキガの対処法について紹介します。

ワキガと言うのは、自分で対処するのは難しいのですが、他の部分の体臭とは違ってワキガは、根本的な治療をすることによってほぼ100パーセント治療することが可能なんです。

治療方法は、ボトックス注射、外科手術、レーザー治療などがあります。

こういった対策があるのにもかかわらず、ワキガを治療していない方が多いのは、その時にかかる費用、リスクが関係しているのかもしれません。しかしワキガは近くに立つだけですぐにわかってしまいます。

相手からの印象を一気に悪くしてしまう原因でもあります。

確かに費用やリスクは仕方がないですが、ワキガは女性に嫌われる体臭ランキングでも堂々の1位を飾るほどの体臭なので、ぜひとも改善したいところです。

 

次に口臭です。

今週の主な原因は、歯磨きの行き届かなかったところ等に残っている歯垢や、虫歯、歯周病等によるものです。

1番最初のものに関しては、丁寧に歯磨きをすることによって改善の余地は十分にあります。

しかし虫歯、歯周病は自分で直す事は困難であり、歯医者さんに行って治療してもらう必要があります。

また、口内環境だけではなく、肝臓等が悪い場合もきつい口臭を放つ原因となります。

その際はその部分の治療が必要になるため、病院へ行って直すことが必要になってきます。

最後に足の臭いです。

まず私たち人間の足の裏には多くの汗が出てくる腺があり、おおよそコップ一杯分の汗を1日でかくと言われています。

そんな足の臭いは、たくさん出てしまった汗と足についた雑菌が混ざることによって発生してしまいます。

そのため足の臭いを消す方法としては、単純に足の汗を制汗するか、足に着く雑菌を増やさないようにすることで臭いを抑えることができます。

その2つの役割を担ってくれるのがデオドラントスプレーなどです。

1番手っ取り早いのは、常にサンダルを履き、すぐに汗が乾きやすい状態を作り、こまめに足を洗う事です。

ですが多くの方はそれが難しいと思います。

そういった場合は、スプレー等のアイテムを使って対策を取ると良いでしょう。

また脱いだ靴の中に湿気が溜まり、臭いの原因となる雑菌などが繁殖しやすい状態になっています。

そのため10円玉を入れたり、新聞紙などを詰め込んで湿気がたまらないような状態を作ったりすると、まず靴の中に雑菌が繁殖することを抑えることができます。

これを行うだけでも十分に効果は出ますよ。

男性の体臭まとめ

体臭と言うのは、自分ではそれほど気にならなくても、第三者には届きやすいものであり、どれだけ用紙が良くても、どれだけ人間性が優れていても、体臭がその人からしてしまうだけで、相手は少なくとも良い気分はしません。

また不潔なイメージがついてしまいます。

体臭を押しするためには、このページでまとめたような体臭の原因を根本的につぶしていくに尽きます。

体臭が原因で相手からのイメージが悪くなってしまうのは非常にもったいないので、できるだけ早くこの問題は解決したいですね。

運動後の汗が臭い!その原因と効果的な対策方法

運動部に所属している方、もしくは休日の趣味として何かスポーツをされている方の中で、運動中や運動後の汗の臭いにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
私は学生時代ソフトボール部で、今は休みの日に運動公園を走ったりして汗を流しています。
なのでまさに経験があるのですが、スポーツをして爽やかな汗をかいたつもりでもその数時間後には強烈な体臭と変わってしまうんですよね。。
これは本当に厄介な問題です・・・。

スポーツをしているときの汗はサラサラして爽やかなはずのイメージですが、なぜクセのある体臭と変わってしまうのか。

それには運動中に体内で発生する乳酸と言う成分が深く関係しています。

このページでは運動したときに発生する汗の臭いを改善するためにも、運動中や運動後の汗が臭くなってしまう原因や、それをどう対策していけば良いのかについて詳しくまとめていきたいと思います。
運動後も爽やかな香りでいたい方はぜひチェックしてみてください♪

汗をかいた数時間後に臭い体臭となってしまう仕組み

まずはスポーツの時に出る汗だけでなく、汗をかいた後数時間経つとなぜ臭くなってし

まうのか?という部分について簡単に解説していきたいと思います。

これには汗に含まれるアンモニアなどの成分と、皮膚や衣類に生息する常在菌が関係しています。

この常在菌とやらが汗に含まれるアンモニアなどの臭い成分に群がり、それを餌にして分解し、増殖を繰り返します。
この時にあの独特の汗臭い悪臭が発生すると言われています。

 

では次に、運動したときにかく汗が独特の臭いになる理由について見ていきましょう。

運動したときの独特の汗の臭いの原因

運動した時に出る汗が臭くなってしまう仕組みについては、先程の段落で紹介したものと全く同じです。

ですが運動したときに書く汗と言うのは、通常の汗の成分に加えて運動したときに筋肉の中から発生する乳酸と言う成分が血液に混ざり込むことが原因だと言われています。

 

これがどういうことかと言うと、まず私たちの汗は血液から作られるのですが、運動したときに発生した乳酸がたくさん血液の中に混ざり込んでしまうと、汗となって皮膚の表面から排出されることになります。

これ自体が、アンモニアのような臭いをよりレベルアップさせてしまうと言われているんです。

 

つまり、運動中もしくは運動した直後にかく汗と言うのは、乳酸がたっぷり含まれているため、どうしても独特の臭いが発生しやすいんです。

こういった仕組みを見ると、運動による汗の臭いは防げないように思いますが、これを改善するためにできる対策方法はいくつかございます。

それを一つ一つ解説していきますので、一緒に見ていきましょう!

現場でできる!運動による汗の臭いの対策方法

運動による汗の臭いの対策方法では、汗の成分と皮膚の常在する雑菌をどうするかがポイントになります。

では具体的にどのような対策方法があるのか見ていきましょう。

スポーツドリンクで水分補給を行う

スポーツドリンクはお金がかかってしまうため純粋に水で水分補給をされる方もいらっしゃるかと思いますが、それが決して悪いわけではありません。

ですが、スポーツドリンクの方が汗の臭いを抑えるのにはより効果的だと言われているんです。

と言うのも、運動中は汗をたくさんかいて塩分やミネラルが失われていきますが、このような状態は汗の臭いを悪化させる原因になるとも言われているんです。

 

なので、塩分やミネラルを効率よく摂取できるスポーツドリンクで水分補給をすることでサラサラとした臭くなりにくい汗を促すことができるようです。

運動後は汗を拭き取ってコットンの肌着に着替える

スポーツをする際はスポーツウェアを着て運動される方が多いかと思いますが、こういったものは素材そのものが水分を吸収しにくい作りになっているため、分泌された汗は衣類に吸収されることなく体の表面に溜まりやすい状態になります。

 

これをそのままにしておくと皮膚に生息する雑菌が群がり強烈な臭いを発生させながら増殖する元となりますので、運動した後はシャワーを浴びる、もしくは濡れたタオルで体を拭き取って肌に優しいコットン素材の肌着に着替えると良いでしょう。

香水やデオドラントスプレーは汗を拭き取った後にする

私も学生時代よくやっていたのですが、部活で汗をかいた後そのままドラッグストアで買ったデオドラントスプレーを体中に一生懸命吹きかけていました。

これは確かにその時は良い香りがするかもしれませんが、汗の臭いが発生する仕組みを考えると、皮膚には汗の臭い成分と常在菌がたくさん付着していますので根本的な解決にはなりません。

むしろ、クサイ臭い+デオドラントスプレーまたは香水の臭いによって余計にわけのわからない臭いになりかねません。

 

なのでまずはタオルでしっかりと汗や雑菌を拭き取ってからデオドラントスプレーなり香水なりを体につけましょう。

臭くない汗をかくための習慣

先程の段落では運動の現場でできる汗の臭い対策について紹介しましたが、今度は運動している時ではなく普段の日常生活の中で良い汗をかきやすくするためのコツを紹介したいと思います。

食生活を変える

実は汗の臭いと食生活は深い関係性にあります。

と言うのも、私たちが食べたものは内臓の働きによって分解され血液によって体中に運ばれます。

すると、油ギッシュで憎々しいいわゆる栄養バランスの偏った食生活をしていると、血液中に含まれる栄養素はどうなるでしょうか。

臭いの元となりやすい食べ物ばかりを食べていては、分泌される汗も臭くなりやすいのは容易に想像ができますね。

 

なので、ヘビーな食事をしてはいけないとは言いませんが、野菜や果物も普段の食事の中でバランスよく取り入れることで汗そのものの質を改善する効果が期待できます。

汗をかく習慣をつける

運動部の学生さんのように毎日毎日頻繁に汗をかく方ならば大丈夫だと思われますが、週に1回程度の運動もしくは月に1回か2回しか運動をしない。

と言う方は、もしかすると汗をかかなすぎて汗が分泌される汗腺が鈍ってしまっているかもしれません。

そうなってしまうと分泌される汗も臭いやすくなってしまうと言われています。

 

なので、習慣的な有酸素運動もしくは半身浴などで運動の予定があるとき以外も汗をかく習慣をつけると汗のニオイが改善されていくかと思います。

ストレスを放置すると汗のにおいが臭くなる

ストレスを溜めてしまうと体臭が臭くなる。このような噂を聞いたことがありませんか?

こういった噂はあながち間違っておらず、実際にストレスを受けてしまうと自律神経に乱れが生じてしまい、運動した時のように汗に乳酸が混ざってしまう原因となると言われているんです。

それに加えて体内のデトックス状況が良くない状態だと

  • ストレスによって乳酸が分泌され
  • デトックス状態が悪いと乳酸が排出されにくい

と言う悪循環に陥っ行ってしまいます。

そのため、ご自身でストレスと上手に工夫をすることや、野菜や果物を積極的に取り入れて酵素の力で体内のデトックスを促すと言う習慣も、酸っぱい臭いの汗をかかなくするために効果的な手段だといえます。

まとめ

先程の段落にもありましたが、一般的に運動したときに分泌される乳酸による汗の酸っぱい臭いは、ストレスや体の巡りの悪さによっても発生することがわかりました。

なお、運動によって発生してしまった乳酸については運動で乳酸が発生すること自体は避けられませんが、その後にシャワーを浴びたりタオルで拭き取ったりといったような適切な対策をとることで、運動後のあの独特な臭いを予防することが可能です。

また、ストレスや体の巡りの悪さによる臭いの場合は、運動をしていないときでも発生しかねないので、常に酸っぱい臭いの汗をかいてしまわないように根本的な対策を取る必要があります。

 

香水やデオドラントスプレーでごまかすのも1つの手ですが、それでは根本的な改善にはならない事はお忘れなく!

 

体臭には病気が原因のものがある!詳細と対策方法まとめ

私たち人間は何らかの体臭を持っています。

その体臭は大して臭くないものから、他人を不快にさせるような臭い体臭までさまざまです。

その理由のほとんどは純粋に不潔であったり、生活習慣の乱れなどによるものです。

ですが体臭の中には何らかの病気が原因となっている場合もあるんです。

いくら体を清潔に保っても体重がなかなか取れない、生活習慣を整えてしばらく経つけど体臭がなかなか消えない。

最近いつもと違うような体臭がする。

このような疑問や悩みが浮かんできたら、病気であることを疑った方が良いかもしれません。

このページでは、病気が原因によって発生する体臭についてまとめていきます。

病気が原因の体臭まとめ

では病気が原因によって発生する体臭を見ていきましょう。

甘酸っぱい臭いの体臭

これは主に糖尿病の方に多いようです。

糖尿病になると体内にケトン体と言う臭いの強い物質が大量発生し、それが血液中に取り込まれ、その一部が汗と一緒に出てくることで甘酸っぱい体臭が発生します。

尿のような臭い体臭

腎機能が低下して尿が出にくくなってしまうと、体内の毒素や老廃物が排泄されずに体内にとどまってしまいます。

そうなるとその毒素や老廃物は血液中にとどまることになり、血液中の毒素などの濃度が高くなってしまいます。それらが汗となって出てくるんです。

そのため体から尿のような体臭が発生してしまうんです。

ドブやカビのような臭い体臭

これは主に肝臓の機能が低下することによって起こります。

原因は本来肝臓で分解されるはずの臭い物質が分解しきれなくなってしまって、それが血液に取り込まれて行ってしまいます。

そしてドブ臭い汗と一緒に体の外へ排出され、それがドブ臭い体臭になります。

硫黄の臭いの体臭

これは主に胃腸の病気が原因だと言われています。

そういった病気になると消化不良を起こしてしまい、食べ物が体内で異常発酵してしまうんです。

そのため体内で卵が腐ったようなにおいが発生します。

その物質が血液に溶け出して汗をかいた時に体臭となります。

便の臭いの体臭

この臭いの原因は便秘によるものです。

体の中に便が長い間溜まった状態になると、悪臭を放つ有毒ガスが発生します。

それが腸内の壁から吸収されて体臭として体の外に放たれます。

魚臭い体臭

これは主に代謝異常の病気が原因となります。

この症状は、食べたものを消化するときに発生する魚臭い物質が肝臓で分解されずに汗や尿と混ざって排出されるため、体臭が魚臭くなってしまいます。

脂臭い体臭

これは主に頭皮の話です。

頭皮が炎症をおこすと、後にカビの一種であるマナセチアと言う菌が発生します。

これが頭皮からの嫌な体臭の原因です。

病気が原因の体臭の解決策は?

先程の段落でまとめた病気が原因の体臭は、臓器などの体内の病気を改善することが必要になります。

また便秘が原因となる体臭に関しては、便秘を改善することで臭いは落ち着いてくるでしょう。

頭皮からの体臭は、頭皮環境を整えることで臭いも次第に落ち着いてきます。

これらは薬などで1回ですぐに治るようなものではありません。それぞれの原因を解決することで体臭の改善につながっていくので、まずは自分の体臭の原因となる病気を把握することが重要になります。

汗をかきやすいのも病気が原因かも

また汗をかきやすいと言うのも病気が原因かもしれません。

と言うのも、体質的にアポクリン腺と言う汗が出る腺が多く、脇の下が臭くなってしまうワキガ、日常的に支障をきたしてしまうほど汗が出てくる多汗症、新陳代謝を促進するホルモンが過剰に分泌されることで、汗や皮脂が必要以上に分泌される病気などもあり、これらも体臭の原因となります。

特にワキガに関してはとても有名な体臭です。

ちなみにワキガに関しては、病院行って治療してもらうことですぐに改善することができます。

ワキガは他人に嫌われる体臭ランキングにて、堂々の1位となる体臭のですので、もしも心当たりのある場合は、すぐに病院へ行って直してもらった方がよさそうです。

まとめ

このページでは通常の体臭でなく、病気が原因の体臭について特集しました。

少し難しい内容だったかもしれませんが、実際に街中で臭いを気にして歩いてみると、これらの体臭が当てはまる人は、意外と少なくないんです。

あなたがそうならないためにも、病気に気をつけることはもちろんですが、それ以外の清潔感を保つことや、生活習慣を整えることで改善される体臭もたくさんあるので、改善点がある場合は、正しい習慣を継続し体臭のない体でいたいですね。

 

口臭予防の為に知っときたい事・やるべき事

口臭予防はむやみに行なうのではなく、原因に基づいた予防法を行なう必要があります。

なぜならば、口臭の種類は1つや2つだけでなく、広く見ると10種類以上もあり種類ごとに臭いの発生源やその原因も変わってくる為、それに合わせた予防策を取る必要があるからなんです。

だからこそむやみに口臭予防をするのではなく、まずは口臭の原因や度合いをきちんと知ることからはじめる必要があるんですね。

そこでここでは、口臭の原因や自分の口臭を確認する方法をご紹介した後、どの口臭にはどんな予防法が適切なのかを見ていきたいと思います。

口臭を確認する方法

口臭と一言で言ってもそれには種類がいくつかあり、それぞれ原因も変わってきます。

例えば先程の段落では、口臭の種類は約10種類を超えるといいました。

それらはざっくりジャンルごとに分けると

 

  • 口の中から発生する口臭
  • 病気が原因で発生する口臭
  • その他の口臭

 

などがあります。

なお、それぞれの口臭の原因についてより詳しくこのページで特集されています。

まずはご自身の口臭の原因をしっかりと把握したい。と言う方はこちらを参考にしてみてください。

『12種類の口臭の原因を徹底解説』

 

それでは、次の段落で口臭の確認方法についてみていきたいと思います。

口臭を自分で確認する方法

自分で口臭をチェックするためには3つの方法があります。

舌の大半が白くなっていないか確認する

これがどういうことかと言うと、舌の表面に付着する白いものが関係しています。

これを一般的に舌苔と言うのですが、これはいわゆる口の中で発生している雑菌が集合して固まったもので直接的に口臭の原因となってしまいます。

なので、歯磨きの際に舌の表面を見て舌苔がたくさんついていないかどうかを確認しましょう。

使った後の糸ようじの臭いをチェック

糸ようじでなくデンタルフロスでももちろん構いません。

一度使用した後使った後の糸ようじの臭いをご自身で省みてください。

この時に歯垢の強烈な臭いを感じたら、それがそのまま口から出ているかもしれないと言うサインになります。

家庭用口臭測定器を使う

あまり持っている方はいないかと思いますが、ブレスチェッカーと言う家庭用口臭測定器が販売されているんです。

この装置を使うと感覚だけでなく自分の口臭の度合いが数値化して具体的に把握することができます。

本格的な口臭対策をしたいと言う方は1つ持っていると便利かもしれません。

口臭の原因ごとの予防方法

このページの冒頭で口臭の原因はいくつかあり、それぞれで予防方法も変わってくる。と言う話がありましたね。

そこでこの段落では、大きく分けて3つの口臭の原因の予防方法についてご紹介していきたいと思います。

口の中から発生する口臭予防法

  • ガムを噛んで唾液を分泌させる
  • マウスウォッシュで口の中を洗浄する
  • 舌苔ケアを専用ブラシで行う
  • 糸ようじこまめに歯の間をきれいにする
  • 歯周病の治療をする
  • 虫歯の治療をする
  • 親知らずを抜歯する
  • 3DSを使って口の中の原因菌を殺菌する
  • プロデンティスを舐める
  • 次亜塩素酸電解水で口の中の原因菌を殺菌する
  • 定期的に歯医者さんで歯の掃除をしてもらう

病気が原因で発生する口臭の予防法

  • 頻繁に水分補給をして体内をデトックスする
  • ブレスケアを服用する
  • 内臓の病気が原因だという疑いがある場合病院へ行く
  • 腸内環境を整える

その他の口臭の予防法

  • キムチなどの臭いが強い食べ物を避ける
  • 空腹状態を避ける
  • ストレスをためない
  • 鼻呼吸を徹底する

サプリメントによる口臭予防はアリ?ナシ?

これについては場合によりますが、個人的にはありだと思います。

場合によると言うのも、先ほどもお伝えしたように口臭の原因によってアプローチ方法も変わってきます。

それはサプリメントによる口臭予防においても同じことが言えます。
例えば、口の中が歯周病になっていればサプリメントを飲んだところで、歯周病が改善されるわけではありませんので何の予防にもなりません。

 

逆に、腸内環境が良くなくて便秘の状態が続いている。

こういった方が腸内環境を整えて口臭を改善するのに特化したサプリメントを服用し続ければ、当然口臭改善効果が期待できます。

また、飲んだ瞬間から息がバラの香りに変わる。といったようなサプリメントであれば、においのきつい食べ物を食べてしまった直後の方や空腹によって体の奥から悪臭が発生してしまっている方などにとってはオススメだと言えるでしょう。

 

このように、口臭の原因も様々ですし、口臭サプリメントといってもどのようなアプローチをするかはサプリメントによって違ってくるんです。

なので、ひとくくりで嫌な口臭にはサプリメントがあれば間違いない。
とは言えないんです。

ただし、飲んですぐにバラの香りが体の中から広がり、息がバラの香りになる。と言うサプリメントを私自身も持っており、勝負どころに備えて普段持ち歩くバックの中に携帯しています♪

(実際あると結構便利ですwww)

口臭予防まとめ

このページでは主に、これから発生する口臭を事前に予防するための方法をメインにご紹介してきました。

ページ内でも何度かお伝えしているように、口臭予防の方法にも様々なものがあり、口臭の原因にあった正しい予防方法をしなければ意味がありません。

なので、口臭予防を検討される際はご自身の口臭の状態をきちんと確認し、何が原因なのかを把握する事からはじめる必要があります。

なお、「12の口臭の原因」を1つ1つ詳しく特集したページについては先ほども同じリンクを貼ったのですが、わざわざ戻るのは面倒かと思いますのでここにも貼っておきますね♪

www.bodyodorlabo.com

本格的な口臭予防を検討されている方は、まずはご自身の状態と照らし合わせて原因を明確にしてみてはいかがでしょうか?