首周りが汗臭い!原因はワキガの元となるアポクリン汗腺?!

首周りが汗臭い!これには複数の原因が考えられます。調べていく中で私もびっくりしたのですが、首周りの汗臭さの原因の1つとして、ワキガの原因と言われているアポクリン汗腺の存在が関係していることがわかりました。

首周りとワキガは一見関連性がないように思いますが、意外なところで繋がっていたようです。

ここではそういった内容も踏まえて首周りが汗臭くなってしまう原因を総合的に解説していきたいと思います。

そして首周りの汗臭い匂いをどうしたら良いのか?と言う改善策の部分についても一緒に特集していきます。

首周りが汗臭くなる原因

それでは早速、首周りが汗臭くなってしまう原因について見ていきましょう。

耳の後ろに潜むアポクリン汗腺

首周りの匂いに大きく影響してくるのが、耳の後ろに潜むアポクリン汗腺の存在です。

アポクリン汗腺と言うと、ワキガ体質の方の脇の下に多く潜む汗を分泌する腺のことで、遺伝的にこのアポクリン汗腺が多い方がワキガ体質と言われており、数十万円払って脇の下のアポクリン汗腺を摘出することが可能です。

そんなアポクリン汗腺は、実は耳の後ろにも存在していると言われています。脇の下にアポクリン汗腺が少ない方(ワキガ体質でない方)でも耳の後ろにはアポクリン汗腺が少なくとも存在していると言われています。

このほかにもデリケートゾーンや首周りなどに存在します。

汗を分泌する汗腺は、アポクリン汗腺以外にエクリン汗腺と言うのがあります。

エクリン汗腺から分泌される汗はさほど強烈な匂いを発しないのですが、アポクリン汗腺から分泌される汗は成分の内容が少し違ってきて、皮膚の常在菌がこれを分解するとあの強烈な匂いを発するわけです。

それが耳の後ろや首周りに多少でも存在するとなれば、たくさん汗をかいた際に首周りが臭くなってしまうのもうなずけます。

年齢によっては加齢臭の可能性も…

基本的に学生さんなどの若い方はこれには該当しませんが、ある程度年齢を重ねた社会人になると、首周りの汗臭さの原因が加齢臭であることも考えられます。

これは男性に限らず女性にも該当します。なお加齢臭は首周りだけでなく体全体に共通するものですが、特に耳の後ろから発生する加齢臭はかなり強烈だと言われています。

加齢臭の原因は年齢とともに衰えていく体が原因で発生するノネナールと言う成分が関係しているのですが、こういった加齢臭の仕組みについてはこちらで詳しく特集されています。

「加齢臭の仕組みの詳細」

これらが首周りが特に汗臭くなってしまう時に考えられる原因です。

では次に、首周りが汗臭くなってしまわないように予防する方法をご紹介します。

首周りの汗臭さを予防する方法

首周りの汗臭さを予防する方法として1番手っ取り早いのが濡れタオルなどでその部分を拭き取って清潔にすることです。

なぜならば、首周りに限らずですが、汗をかいて体が臭くなってしまう原因は、分泌された汗に含まれる成分を皮膚の常在菌が分解して増殖を繰り返すからです。

常在菌が汗の成分を分解する際に、あの独特の汗臭い匂いが発生するんです。

つまり、極論を言うと汗を完全にストップするか常在菌を排除してしまうことが改善と予防のポイントです。

しかし、制汗剤などを使っても継続的に汗を完全にストップすることは不可能ですし、常在菌を100%完全に上京してしまう事は不可能です。

じゃあどうすればいいのか。こまめに濡れタオルなどで拭き取ってあげる。これに尽きます。

あまり画期的な方法とは言えませんが、これが1番手っ取り早い対策方法です。

コンビニやドラッグストアなどに行けば汗の臭い対策アイテムが複数売られています。

ですがそれらのほとんどは、汗を抑制!菌を殺菌!といったものばかりです。それらをお金をかけて手に入れて使うのもありですが、結局やる事は同じなんです。

分泌された汗と常在菌をどうするか?これに尽きるので、お金をかけずに手軽に行える濡れタオルで拭き取る。これが1番良いのではないかと思います。

本格的に何かをしたい方必見!

女性の方でスキンケアアイテムを使い日々お肌のケアを入念に行っている方はたくさんいらっしゃると思います。中には、高額なスキンケアアイテムを購入して、人一倍こだわって肌ケアをされている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、お肌のケアは外が3割・内が7割と言われています。

つまり、外側からのスキンケアは無意味ではないけれども、体の内側からのアプローチの方が大きな影響を及ぼす。と言うことです。

この話から私が何を言いたいのかと言うと、外側のアプローチも重要ですが、私たち人間は体の中の目に見えない成分やホルモンなどの影響を想像以上に受けています。

これは体臭も同じことです。何かとお金をかけて体臭対策アイテムを使う事は無駄ではありませんし私もいくつかそういったものを持っています。

しかし、それ以上に大事なのは内側からどのようなアプローチをするかです。

それでは本題に戻ります。

ここまでの流れで、あれだけ首周りの汗の臭い対策は濡れタオルで拭き取るのが1番ですよ〜。と言っておきながらなんですが、体の内側のある部分を整えてあげることで汗の成分の質が改善され、臭くなりにくい汗に変えていくことが可能なんです。

そのある部分というのが腸内環境です。

汗の匂いと腸内環境の関係

腸内環境が悪い方の多くは、便秘気味だと言われています。そして腸内環境が悪く便秘の状態だと汗が臭くなりやすいんです。

ちなみに腸内環境の善し悪しには、生活習慣や普段の食生活、生理によるホルモンバランスの変化などが関係しており、改善方法もいくつかあります。

「腸内環境整える方法はこちら」

では、腸内環境が悪いとなぜ汗に悪い影響が及ぶのかと言うと、便秘の状態だと本来排出されるべき便が腸内環境に留まりますよね。そうすると時間の経過とともにその便は腐敗し、さらなる悪臭物質や毒性の強い成分などを作り出します。これがやがて血液に溶け込んで体中に運ばれます。

汗と言うのは血液から作られますから、悪臭物質などが大量に混入した状態の血液から汗が分泌されればどうなるでしょうか。

既にお分かりかと思いますが、より一層汗が臭くなりやすいんです。

つまり、元をたどると腸内環境を良い状態にし、お通じを良くすることで汗の匂いの質が変わってくるということです。

濡れタオルでのその場しのぎの対策だけじゃなく、ほかに何か本格的なことをしたい!という方はこの方法をぜひ試してみてください♪

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*