汗の臭い対策に使いたいおすすめスプレーTOP3

主に夏場の暑い時期になると、10代の学生さんから、スーツを着た大人の方まで多くの方が、汗の臭い対策としてコンビニやドラッグストアなどで購入したデオドラントスプレーなどを携帯して使われるかと思います。

ですが、実際にドラッグストアなどへ行くと、いろんなメーカーの様々なデオドラントスプレーがあり、汗対策に最も効果的なのはどれか?と迷われてしまう方も少なくないはずです。

そこでこのページでは、数時間のネットサーフィンの末、手軽に購入できる汗の臭い対策のデオドラントスプレーはどれが人気なのか?といった内容をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

またその後には、多くの人がやってしまいがちな間違ったスプレーの使い方や、なぜスプレーを使うと汗の臭い対策ができるのか?いつどのように使うのが最も効果的なのか?といったような、スプレーの使い方や仕組みなどについても後半部分で特集しています。
そちらもよかったらチェックしてみてくださいね♪

汗の臭い対策で最も選ばれている上位3つはこれ!

数時間のネットサーフィンの末、ネット上で人気が高かったのが以下の3つで、上から1.2.3位といった感じになりました。

  1. AG +
  2. 8×4
  3. Ban

他にも何十種類と言う豊富な数がある中で、特にこの3つが人気があることがわかりました。

もちろん、どれが1番お気に入りか?という点については、どんな視点で選ぶか、どんな匂いがお気に入りか?などといったそれぞれの基準があると思いますので、あくまで上記の結果は参考程度に抑えていただければ良いかと思います。

管理人が使っていたデオドラントスプレー

私自身も以前までは夏場にAg+を使っていました。
このスプレーの良いところは、匂いでごまかしたり、汗を抑えたりと言うだけでなく、汗をかいて嫌な匂いが発生してしまう原因となっている雑菌を銀の力で殺菌すると言うものです。
つまり、汗の匂いの仕組みに対して根本的な対策をとることができるデオドラントスプレーなので、私は気に入って使っていました。

ですが最近では、他のアイテムを使うようになりました。

デオドラントスプレーが汗の臭いを抑える仕組み

まず汗の匂いが発生してしまう仕組みについて簡単に言うと、私たちが普段かく汗の中には、ほんのわずかにアンモニアやタンパク質、鉄分などの臭いの原因となる部室が混ざり込んでいます。
そして皮膚の表面には目に見えない常在菌が生息しています。
私たちが汗をかくと、そのわずかな臭いの物質を求めて常在菌たちが寄ってきます。そしてそれを餌にして増殖を繰り返します。
そうなっていく過程で雑菌たちからあの独特な汗の匂いが発生するんです。

つまり、汗の匂いをスプレーで抑制するためには、汗を抑えるか、常在菌を殺菌するか。がポイントなんです。

ただ、デオドラントスプレーといってもアプローチ方法は様々で、ただ単に良い香りで汗の匂いを上からかぶせてごまかす。といったものもあれば、汗そのものの発生を一定期間抑制するというものもあります。
また、私が以前使っていたスプレーのように、皮膚の表面に生息する常在菌を、銀の力で根本的に殺菌するというタイプのものまであります。

自分の好きな香りで汗の匂いを上からかぶっしてごまかすのも1つの手段ですが、それでは根本的な対策が取れないことがわかります。
汗の匂いが発生する仕組みに沿ったものを選びたいですね。

多くの人が間違っているデオドラントスプレーの使い方

もしかしたら、あなたもデオドラントスプレーの使い方を間違っているかもしれません。
というのも、デオドラントスプレーの使い方と言えば、スプレー缶をよく振ってその後に匂いを改善したいに吹きかけると言うものです。
これについてはほとんどの方がその通りにしているかと思います。
ですがある重要なポイントが抜けています。

それは、皮膚の表面を拭き取ると言うことです。
先程の段落で紹介した内容からすると、汗の匂いが発生してしまうと言う事は、すでに皮膚の表面で雑菌が増殖を繰り返している状態です。
つまり、スプレーを吹きかける前にすでに増殖している雑菌たちを水で洗い流す、もしくは湿ったタオルで拭き取るといったような、いわゆる下準備が必要だったんです。

これをせずにただただスプレーをかけるだけだと、増殖している常在菌たちはそのままの状態になります。
つまり、汗の匂いが再発しやすいと言うことです。
また、何度も何度も頻繁にデオドラントスプレーを吹きかけるのは逆に匂いを強くしてしまう原因になるとも言われています。
正しい使い方をして無駄のない汗の臭い対策を行いたいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*