足の臭いを重曹とクエン酸で改善する方法

足の臭いはクエン酸や重曹で改善できるの?

足の臭いはクエン酸や重曹で改善できると言われています。
足の匂いを改善する方法と言えば、足を洗う、靴下を変える、靴のソールを変える、靴を洗う、靴の中に新聞紙を中に入れるなどのちょっとした工夫を行うことができます。

ただここでは、そういった一般的に知られた方法ではなく、クエン酸や重曹を使った足の臭いの改善方法について特集していきたいと思います。

足の臭いの正体とは?

足の匂いの正体は皮膚に存在する常在菌だと言われています。
もちろん目に見えるわけではありませんが、私たちが汗をかいてしばらくすると汗臭くなってしまうのと同じ原理で、足の裏は多い方でいちにちコップいっぱい程度の汗をかくと言われています。
その汗の99%は無味無臭の成分だと言われているのですが、残りの1%が、アンモニアなどの常在菌の餌となりやすい成分が含まれた汗だと言われています。

その1%の悪い汗を餌にして常在菌は分解され増殖していくと言われています。
その過程の中であの嫌な悪臭が発生すると言われています。

また、足と言えば、靴下も履いて靴も履きますよね。
そうなると何が起こるかと言うと湿気がめちゃくちゃ凄いんです。
湿気が多いところに菌が繁殖しやすいと言うのはご存知かと思います。
ここまでで何となく想像がつくかと思いますが、上記のような理由から足の裏は悪臭の元となる常在菌が繁殖しやすい条件が体のどの部分よりも整っていることがわかります。

これが足の匂いの正体でもあり、足が臭くなってしまう原因でもあります。

どんな人が足が臭くなりやすい?

ではどんな人が足が臭くなりやすいのかと言えば、
・生活習慣が悪い人
などが該当すると考えられます。
1番最後の生活習慣が悪い人については、生活習慣が悪い方だとどうしても汗の質がどんどん悪くなっていき常在菌の餌となる汗が出やすいと言われています。
なので、よく汗をかいて革靴などを履く生活習慣の悪い方は足のにおいが臭くなりやすいと言えるでしょう。

足が臭くなりやすいタイミング

足が臭くなりやすいタイミングは、やはり長時間靴を履いて活動した後だと思われます。
私は足が臭くなるのが嫌なので出来る限り靴をはかずにサンダルで過ごすようにしています。サンダルを履いて過ごした日は足の匂いを嗅いでもあまり足が臭くないんです。
ですが、仕事や出先などで長時間靴を履いてなかなか靴を脱がないような時間を過ごした後は靴を脱ぐとやはり足が強烈に臭いです。

なので、最も足が臭くなりやすいタイミングは長時間靴を履いて活動した後だと考えられます。

特に足のどこが臭くなりやすい?

特に足のどこが臭くなりやすいのかと言われると、やはり指の間でしょう。
その部分はあまり空間がない靴の中でも唯一空間がある場所であり、雑菌なども繁殖しやすいポイントだと言われています。

以前私は足の臭い対策で5本指ソックスを履いていたのですが、多少効果は実感したもののあまり大きな改善効果は得られませんでした。
それほど指と指の間は雑菌が繁殖しやすく匂いが発生しやすい部分だと考えられます。

足の臭いはどのように改善する?

足の匂いを改善する方法はいくつかありますが、ここではクエン酸と重曹を使った足の臭い改善対策について紹介していきたいと思います。

クエン酸を使った足の臭い改善方法

クエン酸をお湯に加えて足湯として使います。

やり方はとてもシンプルで、何が水をためることができる容器にお湯を張って食えんさんを大さじ2杯程度入れます。私の場合はレモン汁をクエン酸として使いました。そして水洗いでもボディーソープでも良いのですでに洗ってある足をお湯の中に入れて10分前後つけておきます。その後きれいなタオルでしっかりと拭いて乾燥させます。私はこれをするときに念には念を入れてドライヤーを使って足を乾かしています(笑)

やり方はたったこれだけです。この方法で頑固な足の臭いもびっくりするぐらい改善されました。

重曹を使った足の匂い改善方法

次は重曹を使います。重曹の場合は重曹そのままで使うのではなく、クエン酸と混ぜて使います。

クエン酸と重曹を混ぜる割合は、2対1の割合がちょうど良いのではないかと思います。(重曹が2.クエン酸が1)このように混ぜ合わせたものをお湯の中に入れて足湯として使って行きます。

敏感肌の方はあまりオススメできないようですが、お肌があまり強くないと言う形でなく、普通に洗っても落ちてくれないような足の臭い臭いを落としたいと言う方にはとてもオススメな方法です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*