女性特有のデリケートゾーンの臭い対策について

女性の方は自分のデリケートゾーンの臭いに悩んだことがあるかもしれません。
特に生理の最中は生理特有の臭いが嫌ですよね。
ここではその臭いをどう対策するのか紹介したいと思います。

・デリケートゾーンが臭う原因

デリケートゾーンが臭う原因は雑菌です。
雑菌が栄養を摂って繁殖することにより排出される老廃物が、臭いを発しています。
雑菌の栄養となるものとしては、ショーツについたおりもの・尿・汗・経血などがあります。

中でもおりものや汗、経血は気をつけても軽減できるものではありません。
おりものはタンパク質が豊富で雑菌の格好の餌となります。

デリケートゾーンにはアポクリン腺と言う汗腺が多くあり脂肪やアンモニアなど雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されます。
そして高温と多湿が雑菌が繁殖しやすい環境を作り出しています。
高温と多湿はなかなか避けることができないため、雑菌にいかに栄養与えないかということを対策していきます。

・デリケートゾーンの病気

デリケートゾーンが臭うからといって全てが病気ではありませんが、婦人科系の病気のサインとなっている場合もあります。
急に臭いがきつくなったりおりものの量が増えたた、または色が変わった等の場合は要注意です。

臭いが強くなり悪臭だと感じた場合は、子宮頸がん・子宮内膜炎・細菌性腟炎・淋病・トリコモナス腟炎などの可能性があります。

また、おりものがカッテージチーズのように変わってきたら、カンジダ腟炎の可能性があります。
これはかゆみを伴う症状が多い感染病です。

カンジダ菌自体は常に膣内に存在していますが、膣の中まで洗ってしまったり抗生物質を服用したりすると膣内の善玉菌が排除され、カンジダ菌が異常に繁殖してしまうのです。
膣内には自浄作用があるので、石鹸などでごしごし洗ってしまうとトラブルの元になってしまうのです。

・デリケートゾーンの臭い対策

デリケートゾーンの臭い対策は、基本的に清潔を保つ事です。
お風呂でデリケートゾーンをしっかり洗うことが大切です。
しかし皮膚は薄く傷つきやすいため、たっぷり泡を立てて指の腹を使って丁寧にやさしく洗いましょう。
大陰唇と小陰唇の溝は恥垢が溜まりやすいので、入念に汚れを落とす必要があります。
そして通気性の良いショーツを身に付け、おりものなどで汚れたら履き替えるなど清潔を保つようにしていくことが大事です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*