本人に体臭がキツイことを伝える上手な方法

自分とよく接する人が体臭がきつくて、どのように伝えたらいいのかわからない。このような悩みをお持ちでは無いでしょうか?

私も最近ありましたが、その人は体臭と言うよりは口臭がきつい人でした。仲が良い友達だけど、毒舌を言い合えるような中ではなく、どのように伝えたら良いのか本当に迷いました。

長らく付き合っていく友人ですし、自分的にもそうですが、本人の為にもどうしても伝えたかったのです。

結局私は本人に体臭のことを伝えました。結果として友人を酷く傷つけることなく、前向きに口臭改善をしようとする気になってくれました。

その時私が意識したポイントをこのページ内でご紹介していきたいと思います。

ポイントは前置き

もしもあなたとその体臭のことを伝えたい相手が、ストレートなことを言い合えるような仲であれば、そのままあなたが思うように普段の感じで体臭がひどいことを伝えてあげれば良いと思います。

しかし多くの場合はストレートに直接言えないと思います。

その時に意識していただきたいのが前置きです。具体的には、「伝えておきたいことがあるんだけど、傷つけちゃったらごめんね。」と言う前置きを先に伝えておきます。

そうすることで、ネガティブな話を開いても取り乱さずに受け止めようと言う気持ちの準備をしてくれます。そうした上で体臭、もしくは口臭が気になっていることを伝えます。

もしも前置きをなしにしてストレートに本題から入ってしまうと、間違いなく相手は感情的になるもしくは傷つけ、怒らせるなど関係性がネガティブな方向に行きかねません。

なんせこのようなネガティブな話題は、相手も反応に困ってしまいますからね。

だからこそ前置きを置いて本人に直接伝えるのが効果的です。

いろいろ考えましたが他に方法は思いつきませんでした

私自身もできれば本人に直接言わないスタイルで体臭のことを伝えたかったのですが、いろいろ考えた結果わかりやすく伝えるのにはやはり直接言うしかないのではないかと言う結論に行き着きました。

こういった事はメールや電話で言うことではありませんし、メモを残すのもどうかと思います。誰かにお願いするわけにもいきませんし、直接言うこと以外の方法で伝えてしまうと、ほとんどの確率で誤解を生んでしまうのではないかと思います。

普段関わる相手だからこそそれだけは絶対に避けたいですよね。そういったことも踏まえてトータルで見てやはり1番だと思いました。その時に前置きを入れるか入れないかが非常に大切です。

まとめ

今回は私の体験談の話になってしまいましたが、相手に体臭のことを伝えたいけどどうしたら良いか分からない。こういった場面は意外と多くの方が経験したことがあるのではないでしょうか?

もしも今後このようなシチュエーションがあった時、「前置き」を有効活用して優しく伝えてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*