脇毛は抜いてはいけない?!ワキガ臭悪化の恐れあり

脇毛の処理の仕方はどのように行なっていますか?

基本的には脇毛を“抜く”か、脇毛を“剃る”かの2択になるかと思いますが、もしもあなたがワキガもしくは多汗症などで脇の臭いを気にされているのであれば、脇毛を抜くのはあまり賢明とは言えません。

ここでは、その理由と脇の下の臭いを悪化させないためにも、どんな方法で脇毛の処理を行ったら良いのか。といった部分についても一緒に見ていきたいと思います。

脇毛の処理をすることはワキガ臭改善に良い

脇毛を処理するのが脇の臭いを考える上では良いのか悪いのか。と言う部分についてですが、結論から言うと脇毛をこまめに処理すると言うこと自体は、脇の匂いを改善する効果が期待できます。

ワキガ体質の方にしても、そうでなくただ単に汗の臭いが臭くなってしまいやすいと言う方にしても、脇の下の匂いが悪化してしまう仕組みは基本的には同じです。
簡単に言うと、皮膚の汗が分泌される汗腺から汗が分泌され、その成分と皮膚の常在菌が混ざり合い、常在菌によって成分が分解され、常在菌が繁殖していくと脇の臭いが臭くなり、深刻な体臭へとつながっていきます。
ですが、こまめに脇毛の処理を行っていくことで、皮膚の表面が乾燥しやすく、そうなると臭いの発生源である常在菌の繁殖がしにくい状態になります。
なので、脇毛の処理をしないよりかは脇の下の匂いを抑える効果が期待できます。

脱毛は脇の臭い悪化の原因に

脇毛処理をすること自体は、ワキガなどの脇の下の匂いを改善する効果が期待できます。
ただ、ページの冒頭部分で脇毛を抜くと言うお手入れの仕方は、脇の下の匂いを考える上ではあまりオススメできない。と言う話がありましたね。

なぜそうなのかと言うと、もしも毛を抜くときに、毛根からきれいに抜いてしまうと、ただただ痛みが伴うだけでなく、毛穴やその周辺に対して実際に強いダメージを与えてしまいます。
このようなダメージが、ワキガ臭の原因である汗の分泌腺の1つ「アポクリン汗腺」の働きを強くしてしまうんだそうです。
汗が分泌される汗腺には、エクリン腺とアポクリン汗腺の2つがありますが、アポクリン汗腺は脇の下に集中しており、この汗腺から分泌される汗がワキガ臭を強くしてしまう原因ですので、脇毛を引っこ抜いてアポクリン汗腺を刺激してしまうのは、かなり良くないことである事はイメージできますね。

このような理由から、脇毛処理をする際は、脱毛をすると言うのはあまりおすすめできません。

脇毛はどのように処理したらいいの?

もしもあなたが脇の下の匂いを特別気にするのであれば、脇毛をしまうのではなく脇毛を剃りましょう。
限りなくお肌へのダメージが少ない電気シェーバーなどを使ってお肌への刺激を最小限に抑えることで、アポクリン汗腺を刺激することなく、きれいに脇毛処理をすることができますので、美容面でも体臭面でもプラスになります。
なので、脇毛を抜いたら良いのか剃ったら良いのか迷われているのであれば、ここでは脇毛剃ると言う脇毛処理の方法をお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*